変わらぬご愛顧のほど 意味。 ご愛顧/引き立ててもらう /文例・敬語の使い方・意味

ご愛顧 の例文10パターン (意味と類語)

変わらぬご愛顧のほど 意味

ご愛顧/引き立ててもらう / ご愛顧賜るとは、目をかけてもらう、引き立ててもらう。 末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。 今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。 皆様のご期待に沿えるよう、これからも邁進してまいりますので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 平素は、格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 これを機にさらなる努力を重ねてまいる所存です。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 日頃、ご愛顧頂いている皆様をお招きして、下記の通り忘年会を開催したいと存じます。 今年も余すところわずかとなり、ご多忙のところ誠に恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。 皆様の日頃のご愛顧に感謝をこめて、ささやかながらお食事の席をご用意させていただきます。 今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。 これもひとえに皆様もご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。

次の

「ご指導ご鞭撻のほど」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

変わらぬご愛顧のほど 意味

「ご愛顧」の意味と使い方 愛顧とは、「 贔屓(ひいき)にする」・「 目を掛ける」・「 引き立てる」という意味です。 ただし、自分の行為や相手に対する想いについて用いることはなく、相手また は第三者から厚遇や便宜を受けることについて用いられます。 ビジネス上では、一般顧客やお得意様に自社の商品やサービスを購入・利用してもらったことに対し、「ご愛顧を賜る」や「ご愛顧を頂く」・「ご愛顧いただく」という敬語表現の定型句で用いられます。 「ご愛顧」の同義語でよく使われる言葉には、「 ご贔屓」・「 お引き立て」があります。 「ご贔屓」はビジネス上で大変よく用いられますが、贔屓という商い言葉には古臭い語感があり、会話以外の場で使うときは気をつけなければなりません。 特に漢字熟語が多用されるビジネス文書でも、きわめて古風な字面の漢語である「ご贔屓」は主として形式的な挨拶文で使用され、一般的には「ご愛顧」が頻繁に用いられます。 一方、訓読みの和語である「お引き立て」は、上品な言葉遣いにしたいときや「ご愛顧」の重複使用を避けたいときなどに向いています。 スポンサードリンク ご愛顧の例文 拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素格別の ご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 謹んで新年のお慶びを申し上げます。 旧年中は一方ならぬ ご愛顧に与り、誠に有難うございました。 今後とも何卒倍旧の ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 長年にわたり貴社の ご愛顧とご厚情に浴し、衷心より深謝申し上げます。 これからも変わらぬ ご愛顧を頂戴できましたら幸いと存じます。 日頃 ご愛顧のお客様をお招きし、年に一度の大感謝祭を開催いたします。 ご愛顧の類語の例文 謹啓 陽春の候、貴社愈々ご隆昌の由、大慶至極に存じます。 また日頃より一方ならぬ ご贔屓を賜り、衷心より御礼申し上げます。 このたびは破格の お引き立てに与り、望外の栄誉に存じます。 これもひとえに斎藤部長のご指導の賜物と心より御礼申し上げます。 このたびの契約締結も西東さまの お口添えのお蔭です。 今後とも相変わらずのご指導と お力添えをお願い申し上げます。 私のような不肖の社員に お目を掛けていただき、心より感謝申し上げます。 この上は、粉骨砕身、相勤めさせて頂く覚悟ですので、今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。 スポンサードリンク.

次の

「ご愛顧(あいこ)」の意味と使い方!「ご愛好」は別の意味?類語や英語も紹介

変わらぬご愛顧のほど 意味

「ご愛顧」という言葉をどこかでよく耳にしたり目にすることはありませんか。 普段あまり意識することなく自然と入り込んでくる響きでもあります。 特にビジネス上でのやり取り、文章やメールの常套句としても活用される機会があります。 今回は、わかっているようで本当にわかっているのか疑問の浮かぶ言葉、ご愛顧に関する特集です。 ご愛顧とは、これを知らなきゃ絶対いけないというほど大げさなものではありませんが、ちょっと知っておくだけで、どこかの場面で活用できるような内容でお送りします。 ご愛顧を使用する時 ご愛顧という言葉を使用する時の特徴としては、「日頃のご愛顧に感謝」「ご愛顧のほどよろしくお願いいたします」「ご愛顧を賜りますようお願いいたします」といった表現が一般的です。 認知されている企業やお店が、大々的なセールスやイベント、キャンペーンなどのインフォメーションやPRをする際に、ビジネス文書の序文や結びの言葉にして頻繁に登場させています。 ご愛顧を使う理由 企業や店舗にとってのご愛顧という言葉は、顧客がサービスや商品を愛用してくれていることを感謝し、今後も変わらずに贔屓していただきたいという願いを伝える意味合いとして活用している常套句です。 また時として謝罪文としても利用します。 謝罪した後に「そうは言っても変わらぬ贔屓をしてほしい」といった、自分たちの思いをさりげなく伝えたい時にも使用します。 メールでご愛顧を使用する 取引先や得意先などへの社外あてのメール、および一般的ビジネス文書にて、 ご愛顧は結びの言葉として使うことが頻繁です。 しかもほぼ定型文となっていて決まりきったフレーズと使い方になっています。 「今後ともご愛顧のほどお願い申し上げます」「今後とも末ながくご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます」「本年も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます」といった形式で使用します。 常に挨拶をともなうビジネスメールでの締めくくりとされています。 ご愛顧が使われる背景としては、特に「就任の挨拶」「着任の挨拶」「退任の挨拶」「本社移転の挨拶」などの何かしらの変動があった際のインフォメーション的役割が多いとされています。 ご愛顧のメールでの具体的な使用例 具体的に社外宛てに、本社が別地へ移転することになった際の挨拶メールをすると想定した場合、 「このたび、下記のとおり本社を移転いたします。 ~(中略)~今後とも末ながいご愛顧のほどお願い申し上げます」といった一つのメール文の結びとして使うことになります。 これは言いかえれば「場所は変わっても、今までと同じようにお付き合いしてください」という意味で、常識的に交されています。 なお同系統の表現では、ご愛顧の代わりに「お引き立てくださいますよう」「ご支援くださいますよう」でも通用します。 年賀状での挨拶文としてのご愛顧 では具体的に、ご愛顧という言葉がどのように使用されているのかを、いくつかの例文を踏まえながらご紹介します。 ご愛顧は普段交される日常会話の中ではあまり登場しない言葉ですが、ビジネスなどの世界では頻繁に使われています。 ご愛願のほど 頻繁に使われる表現としては、「ご愛顧のほど」という言い回し方があります。 例えば 「このたびは、皆様のおかげで一周年を迎えることができました。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます」「このたびは、多大なるご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。 まことに勝手ではありますが、今後とも変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます」といった言い回しをします。 日頃より 「日頃より」とご愛顧とのマッチングした表現も見かける機会が多いはずです。 賜ります 「賜る」の意味は、目上の人から何かをもらうことを表現しています。 特に顧客とサービス担当者といった間柄での常套句の中に登場します。 例えば、 「すえながくご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます」「皆様の温かいご支援、ご愛顧を賜りましたこと、心より深く感謝申し上げます」といった使い方をします。 あくまでも目上や尊敬する人物などを対象として取り扱います。 ありがとうございます 手紙やビジネスメールの冒頭部分によく登場する「時候の挨拶」や「慶賀の挨拶」とともに「感謝の挨拶」と呼ばれる定型句があります。 ご愛顧はその中でもよく利用されます。 例えば 「平素より格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます」「「平素より弊社商品をご愛顧いただきありがとうございます」といった挨拶文です。 その際には、「ありがとうございます」という言葉を添えて一つの文章にするというのが一般的です。 ご愛顧の意味 ご愛顧の意味は、「贔屓 ひいき にし、目をかけて相手を引き立てること」です。 丁寧語である「御」もしくは「ご」を頭に付けて「ご愛顧・御愛顧」というセットに使うのが通例です。 ひいきをされるている側から発する言葉として成立しています。 なので敬語の一種になります。 そのため自分よりも相手が目上だったり尊敬に値する人物や対象に使う言葉として定着しています。 ご愛顧のルーツは、元々芸人や芝居の役者が、自分をひいきにしてくれている常連客に対して使う言葉として扱われていたとされています。 それがいつしか転用されて、時代の流れとともにビジネスシーン全般的でも使用されるようになっていきました。 近年で一番目立つのは企業や法人、団体側から、自分たちをひいきしてくれている顧客へ向けて使います。 ご愛顧と間違いやすい言葉 社会人としての挨拶の方法や敬語の使い方から始まり、名刺交換での手順、電話応対、ビジネスメールの書き方などを掲載しています。 テーマは「入社1年目」とはなっていますが、意外とベテラン社会人も、もはや人には聞けない押さえるべき基本の再確認として手に取れる一冊となっています。 中身はわかりやすいイラストで解説されているので読みやすさが人気です。 ビジネスマナーの超決定版となるおすすめな本です。 特に参考になりましたのは、ビジネスメールやお茶出しです。 ビジネスメールを使用したことがありませんでしたので、周囲は教えてくれないところが書かれてあり、少しずつですが、改善しようと努めております。 そもそも言葉遣いがよくないので、言葉の言い回しなどは他の本で学ばさせていただきます。 大人の語彙力ノート ベストセラー著者でメディアにも頻繁に登場する明治大学教授の齋藤孝氏による本です。 普段より気になる恥ずかしくない「語彙力」について実践的な活用方法を紹介しています。 プライベートなeメールやLINE、SNSが流行る中で、言葉を多く使っているかのように思われがちです。 しかし同じ言葉と同じ属性の人達とばかりとの交流が続いてしまっていることで、本当は日本人に語彙力がなくなっている風潮です。 そんないまどきの日本人向けに「言い換え」で語彙力がどんどん増える1冊に工夫されています。 日常シーンで使える言葉、やまとことばの上品さ、ビジネスシーンでの正しい言葉などに置き換え、言い換え力を養える一冊です。 自分の知らなかった語彙が結構あり、興味深く読ませていただきました。 正確に使えるようにしたいものです。 大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート 言葉とともに伝わるのは、そのシーンでの相手の印象です。 どのような態度を振る舞ったのかで同じ文章でも伝わり方が変わっていきます。 この本は、 社内外でのコミュニケーション、接客、電話対応、会議、面接、近所付き合いも含め、すべてのシーンで役立つ、大人らしい言葉を集めたフレーズ集です。 役に立つ実例や解説もたくさん登場し、あっという間に読めて好印象な会話力が身につく工夫がされているおすすめな一冊です。 同じ日本語の表現でこんなに違うのですね。 50歳を超える自分より、日本語をきちんと習った外国人の方がしっかりした日本語をしゃべることが良くあります。 この本で勉強させて頂いています。 ご愛顧は親しみはないけど使う機会はある 以上、ご愛顧という言葉についての特集をお送りしました。 ご愛顧もしくは御愛顧というキーワードは、日常生活の中ではほとんど扱う機会がありません。 しかし、ビジネスシーンでの交流機会が多い方にとっては、何かと耳にしたり口にすることもあって、実は無意識に扱い方に慣れていると言えます。 しかし無意識なあまり、正確性までを理解して使い分けるに至っていない人も多いと言えます。 前述している 「ご愛好」という言葉と混同しているケースも目立ちますので、ぜひ使い方を間違えないよう意識しながら取り入れてみてください。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の