ドーベルマン。 ペットショップCoo&RIKU

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ (ドーベルマン.com)

ドーベルマン

近寄りがたい印象のドーベルマンですが、実際は甘えん坊で無邪気な性格の持ち主です。 その見た目とは裏腹に友好的で穏やかな気質に魅了されたファンの多くいる犬種でもあります。 一方、利口で飼い主に忠実な性格も持ち合わせているため、愛情を注ぎ従順な家庭犬として育てることはもちろん、トレーニングを積んで優秀な番犬としても飼育が可能です。 性格上、トレーニングを楽しめ多くのことを覚えていくので、良好な関係が築きやすく訓練しやすい犬種ともいえます。 またドーベルマンといえば、とがった耳と短い尾が特徴的ですが、これは生後間もなく行われる断耳・断尾の習慣による影響で、 実際には垂れた丸みのある耳に細長い尾をしています(この習慣は現在ヨーロッパで禁止され、日本でもこの動きが大きくなりつつあります)。 ドーベルマンの持つ自然な容姿からはとてもやさしい印象を受け、より好感がわいてくるでしょう。 ドーベルマンの歴史 ドイツのフリードリッヒ・ルイス・ドーベルマン氏の手により19世紀ごろ生み出され、繁殖者である彼の名がつけられた犬種です。 その起源は彼の仕事に由来しており、税金を徴収する危険な仕事のかたわら、犬の保護員も行っていたとされる彼には 自身の身を守ってくれる犬が必要でした。 そこで、ブリーディングの知識を生かし警備犬作りを始めたのがきっかけといわれています。 はじめにジャーマン・シェパードとジャーマン・ピンシャーを掛け合わせたドーベルマン氏はさらに、 ブラック・アンド・タンカラーのマサチューセッツ・テリアやグレイハウンド、ワイマラナーなどを掛け合わせることで警備犬の原型といわれる犬作りに成功。 その後、繁殖家たちによって改良が繰り返され、あらゆる犬種の優秀な性質を取り入れた現在のドーベルマンが誕生しました。 その優秀さは、1910年にドイツ警察が警察犬としてあらゆる都市に配置するほど認められました。 アメリカでも、警戒心の強さや美しい引き締まったフォルムから番犬・家庭犬として爆発的な人気を博し ついには1970年代後半、同国で2番目に人気の犬種となり、その存在は一般家庭にまで広く浸透していくこととなりました。 ドーベルマンの性格 大変活発な犬種なので毎日十分な運動が必要です。 長めの散歩を心がけ、広い場所で思いっきり走らせてあげましょう。 若いころは最低でも朝・晩1時間ずつの運動が理想的です。 非常に賢い犬種ですが、警戒心・防衛意識が強いため他人やほかの動物に対して思いもしない行動を取ることがあるので、注意が必要です。 ドッグランや散歩中に周りに迷惑が掛からないよう、幼犬のうちからしっかりしつけを行いましょう。 気をつけたい病気には肥大性心筋症・股関節形成不全・皮膚疾患などが挙げられますが、ドーベルマン特有の疾患はありません。 定期的に動物病院に通って診てもらうとよいでしょう。 被毛は硬質で短毛なため、最低限のケアをしていればとくに問題ありません。 週に1〜2回程度ブラッシングをしてあげるとよいでしょう。 室内犬です、抜け毛の事ですが 夏前などは 良く抜けます。 ヒート前(生理)にも抜けます シングルコートは抜けにくいと言いますが 結構 抜けます。 ですが、ゴールデンや猫の毛のように 室内を「舞う」事も無く ホウキなどで 軽く掃いて 雑巾かけなどすれば綺麗になります。 攻撃性のお話しですが 近年のドーベルマンは 繁殖の段階で 気性をおさえて 優しい性格にブリーディングして 今に至ります 現在の日本で 純正のドイツタイプ(ヨーロッパ) は少ないです アメリカンタイプとのハーフも増えていますよ? 犬の性格は 飼い主との生活で変っていきます・・・ ドーベルマンに限らず どの犬種にも当てはまりますが 遺伝子の関係で 気性の荒い仔も居るので もしドーベルマンを 検討中であれば 仔犬を飼う前に親犬を見て欲しいです。 アメリカ系は強面のする外観の割に穏和な犬が多いですが、飼い方によっては、元々のピンシャーの正確が出てしまう事があるので、初期の訓育が大切です。 訓育の段階では体罰は避けてください。 叱るときはマズルコントロールとチョークと声符のみを使います。 かつてドーベルマンの飼い主になるには、犬に勝たなくてはだめだ、みたいな風潮があって、叩いたり、蹴ったりしてしつけているつもりになった飼い主さんが結構いました。 そういうしつけをすると、ドーベルマンの攻撃性を助長する事になります。 時には飼い主が逆襲される事もあります。 ドーベルマンは賢い犬なので、良くできた時に褒める、できなかった時は残念そうなそぶりを見せる、または無視するだけで、飼い主が何を望んでいるか短期間で悟ります。 スワレ・マテ・フセ・ツケ・コイ程度なら、お散歩に出した最初の数日で全てできるようになる賢い犬です。 あと冗談が通じない犬がいるのも要注意です。 普通の犬なら気にしない事、たとえばリトリーブ訓練中にボールを投げる振りだけして投げないとか、持来用のアレイを立てておいてくる、と言ったちょっとした事を嫌がる犬がいます。 ドーベルマンは飼い主を信頼したい基本的に忠実な犬なので、からかう様な事、いじめる様な事を避けて、愛情を持ってしつけと訓練をしてあげてください。 最低限でもCD2は取ってください。 犬の訓練の経験がなく、自力でCD2を取るのが難しいときは、飼い主ごと受け入れてくれる訓練所に通う事をお勧めします。 強面のする大型犬だからこそ、単独で庭に放して番犬にする事はさけ、普段は室内飼いで、子犬の時から他の犬と積極的に遊ばせ、社会化を促してください。 ドーベルマンは美しい外観に負けない様、大人になったときに常に礼儀正しく振る舞える様に、ちゃんとしつけるべき犬だと思います。 宜しくお願いします^^ 色々なサイトを閲覧していますが、価格. あと・・小型犬1頭(1歳) ドベは初めてですが、今までに大型犬は〜シェパード・コリー・ボクサー・・雑種等など、大型・小型、室内・室外、多頭だったり違ったり??ハタマタ、野良犬〜警察犬だった老犬等・・・私が生まれてきてから、ワンコがズ〜〜っといます。 気性の荒いのもいれば(小型犬でしたが)何でそこまで、従順なの??と思うくらいの、お利口さんが居たり様々でした。 今居るドベ達、 毎日、運動会です。 雨が降れば、家の中で・・晴れれば、もちろんランで・・ 1頭は、まだパピーなのでギャング状態・・・ でも、ドベはホント^^ 可愛い〜〜 見た目と、評判・・ 全く違いますね。 訓練も出さず、最低の躾しか出来ていませんが、何なのかなぁ〜?? アイコンタクトが、きちんと、とれてさえ居れば、大方言葉(お喋りと私は表現させて下さい)で躾けや、何を要求しているのか察して聞くと、返事してくれます。 家族には、犬きちがい〜〜って・・言われますがね。 ロープの物も、時間との勝負で、ブチ切れるまで保障ですが・・・ 無理難題かもしれませんが、お許しを・・ こんな、飼い主ですが、 宜しくお願いいたします。 手作りですね^^ 出来るかな〜〜?(><) ロープは、市販のオモチャだと・・・3日間位はもちますが、いつの間にか糸玉の、かたまりトカしています。 最終的に、口元がスパイダーマンで・・・・ (笑) 革製のオモチャは、まだTRYしてみて無いので・・探して、まず気に入ってくれるとこから・・(**) ゴム製が丈夫なのは、分かっているのですが・・何が嫌なのか・・・?? よく、オモチャで音のする物ありますよね(子供のサンダルで、キュッキュッって音みたいな??)あれも、実は怖いんです(*_*) ドベって、ホント臆病です。 アドバイス、有難うございました。

次の

ドーベルマンの性格、歴史、特徴や体重、しつけや適切な運動量は?

ドーベルマン

ドーベルマン 断耳と断尾を施されたドーベルマン 別名 ドーベルマン・ピンシャー Doberman Pinscher 愛称 Dobie, Doberman 原産地 特徴 体重 オス 40—45 kg 88—99 lb メス 32—35 kg 71—77 lb 体高 オス 68-72 cm 27-28 in メス 63-68 cm 25-27 in 外被 短毛 毛色 黒, 赤, 青, 子鹿色 寿命 9-12 年 主要畜犬団体による分類と標準 Group 2 Section 1. 1 Pinscher 143 Working Group 6 Utility Group 3 — Working Dogs Working Utility Guardian Dog Canis lupus familiaris ドーベルマン( Dobermann)は、原産のである。 ドーベルマン・ピンシャー、 ドーベルマン・ピンシェルとも呼ばれる。 断耳されていないドーベルマン 体毛は極短い。 体は細身だが全体的に筋肉質で敏捷性、走力に優れる。 その優美な筋肉質のスタイルから「犬の」とも呼ばれる。 一般的に本種のイメージとされる尖った耳と短い尾は、子犬のときに両方とも切断、切除することで得られるスタイルであり、本来は長く垂れた耳と細い尻尾を持っている。 また、この他にも前足の狼指を切断している場合も多い。 これは外見的な理由の前者と違い、狼爪による怪我を防ぐ目的が強い。 毛色 [ ] 一般的にブラック、レッド(ブラウン、チョコとも呼ばれる)が多く、ブルー、イザベラ(フォーン)等もある。 また眼窩周辺、鼻口部、胸、足先にタン色のマーキングがある。 である白い個体も存在する。 ブラックとレッド以外の毛色は色素欠乏などの理由により特定の疾病が発症しやすいため注意が必要となる。 正面顔 ・として品種改良した犬種であるので、難しい訓練にも耐えられる非常に頭の良い犬である。 ・・・・等として訓練され各分野で活躍している。 飼い主に対しては非常に従順であり、強い忠誠心と忍耐力を持つが、家族以外の人間、他の犬に対しては警戒心が極めて強く、縄張り意識も高い為攻撃的になり易い側面を持つ。 飼育する場合は厳しい訓練や適切なコミュニケーション、十分な運動を行える生活環境が必須であり、初心者には向かない犬種と言える。 健康上の注意点 [ ] 本種に見られる疾患症状で代表的なものには、、、などが挙げられる。 またブルー毛色の個体にはブルードーベルマン症候群と呼ばれる部分的な脱毛がある場合が多い。 脚注 [ ]• サラブレッドもドーベルマンも、人工的に作り出された品種である。 動物愛護の観点から近年は耳や尾を切除しないドーベルマンも多い。

次の

ドーベルマンの性格、歴史、特徴や体重、しつけや適切な運動量は?

ドーベルマン

オランダ出身の映像作家が に触発されて [ ]メガホンを取ったバイオレンス・コミック・アクション作品。 ストーリー [ ] パリで連続強盗事件が発生。 犯人はドーベルマンと名乗る男が率いる強盗団で、リーダーのドーベルマンことヤン・ルパントレックは生まれながらの強盗である。 彼の仲間には、薬に溺れ常に殺人の衝動に駆られているムス、斧を振り回す犬好きの巨漢ピットビュル、聖書の中に手榴弾を携帯する神父、同性愛者で女装好きのドラッグクイーン・ソニア、廃車回収業者でありマシンガンの使い手レオ、ヤンの恋人で爆弾の扱いに長けた聾唖の美女ナット、狙撃の名手にしてナットの兄であるマニュなど、多彩な顔ぶれが揃っていた。 鮮やかな手口で犯行を成功させる一味に対して、追い詰められた警察は目的の為には手段を選ばない非情なクリスチーニ警視をドーベルマン一味の壊滅作戦に登用する。 クリスチーニ警視 - ()• ナット・ラ・ジターヌ -• ムス - ()()• 神父 - ()()• ピットビュル - ()()• マニュ - ()• レオ - ()• クロダレック警視 - ()()• ボーマン刑事 - ()()• ダヴィッド刑事 - イヴァン・メラ=バルボフ()• ジョー叔父さん - ()() 出典 [ ].

次の