二葉 要。 二葉 要のプロフィール・出演作品・口コミ

双葉要(刀剣乱舞)の年齢や彼女は?経歴や双子のお兄さんについても

二葉 要

2018年10月18日、推しが燃えた。 彼女 元? が撮影したであろう写真や動画がに流出した。 当然だが何の前触れもなく、あっと言う間の出来事だった。 燃えた、という表現が適切かはわからない。 炎上と評するほどの注目は集められなかったように思う。 1日経って3日経って1週間経って、そうしてこの騒ぎが誰の話題に上らなくなっても、私は毎日毎日彼のことを考えて考えて考えてばかりいる。 そんなわけで今回はブログという形をとってぐちぐち吐き出すことにした。 彼はいわゆるというやつで、名前を二葉要くんと言う。 私自身も、彼が出演する作品をきっかけに彼のファンになった。 5月に長期の舞台への出演を終えてからは、双子の兄とのユニット活動に本腰を入れるようになった。 俳優業よりも音楽活動を中心にやりたいようで、ライブではよく「武道館に行きたい」と語っていた。 そうは言っても、少なくとも私は、彼に武道館に連れて行ってほしいだなんて思ったことはただの一度もない。 私が好きになったのは俳優としての彼だった。 彼が目指す方向性と、私が彼に望む方向性は同じではないことには気が付いていた。 それでもライブには欠かさず通っていた。 ライブ中の彼はとても輝いて見えたし、彼の音楽活動を応援することで、彼の仕事に対するモチベーションが上がればいいと思った。 つまらない舞台だって通った。 要くんに会えるのならどんな現場にでも行った。 安っぽいユーチューバー活動に身をやつすようになっても好きだった。 チャンネル登録をして、いつも高評価を付けた。 ズボンのファスナーを高速で上げ下げしている動画には本気で頭を抱えたけれど、こんなことで彼の魅力は損なわれないと自分に言い聞かせた。 要くんはとにかく顔がかっこよかった。 笑った顔はかわいかった。 の対応も良かった。 どこまでもやさしかった。 歌も演技も、悪くはなかったと思う。 全部全部好きだった。 中でも私は彼の人となりがいっとう好きだった。 それでもいまいち売れなかった。 彼に何が足りないのか、私には分からなかった。 そんな彼が燃えた。 正確には、プライベートの写真と動画が流出してファンの間で話題になっただけで、炎上という言葉は不相応だった。 炎上するにもや人気が必要だと学んだ。 かつて炎上した先人たちは要くんよりもずっと人気があったんだなぁ、とぼんやり思った。 写真も動画も、紛れもなく要くんだった。 疑う余地もなく要くん本人で、かつ、隠し撮りでもなんでもなく、ただ普通のルが同意の上でたわむれに撮ったものだと窺えた。 要くんは彼女と夢の国に行ったり彼女のとなりでゲームをしたり銀座のフレンチで記念日を祝ったり、どこにでもいる普通の彼氏だった。 中絶費用をワリカンしようと提案したり、女の子を膝の上に座らせて胸を揉んだりすることもなかった。 人並み外れて顔がかっこいいだけの、ただの彼氏だった。 要くんはかっこよかった。 板の上では特にかっこよかった。 誰よりもキラキラして見えた。 夢を諦めずに追いかけ続けるところがすてきだと思った。 私にとっては、全く手が届かない存在だと思っていた。 でも、そうではないと思い知らされた。 要くんは特別な存在なんかではなくて、なんでもないただの男だった。 折しもその週末はCDのリリースイベント最終日だった。 私はもちろん予定を空けていたけれど、行くかどうか迷った。 流出した画像と動画を見てから、顔も見たくないと思う瞬間と、一目会いたいと思う瞬間とが入れ替わり立ち代わり訪れていた。 迷って迷って、やっぱり行くことにしたけれど、会場に向かう私の足取りは重かった。 早くから並んで前方の立ち位置を確保する気力はもはや湧いてこなかった。 到着すると、すでにリハーサルが始まっていた。 少し離れた場所から見る要くんはやっぱりとてもかっこよかった。 歌声は右から左へ流れてまったく耳に入ってこなかったけれど、うっすら涙が浮かんできた。 まだこの人のことを好きでいたい、と思った。 リハーサルが終わって、ライブが終わった。 イベントではCDを購入・予約するごとに彼らと握手ができる特典会の参加券をもらえた。 言いたいことはたくさんあったけれど直接伝える勇気はなかったし、伝えたい言葉なんか何も無いようにも思えた。 CDは1枚だけ予約することにした。 たった1枚しか買わないなんて、初めてのことだった。 特典会が始まっても、私の足はすぐには動かなかった。 喉の奥に大きな石がどっしり詰まっているように息苦しかった。 いつも通り、たくさんの女の子たちが列に並ぶところを見た。 古参でもTOでもない私1人がいなくなったところで何も変わらないと思えた。 彼女たちが要くんに何を話していたのかは聞こえなかったけれど、要くんは1人1人に対して眉根を寄せて神妙な顔をしたり力強い笑顔を見せたり、きちんとファンと向かい合っているように見えた。 そう見えるのは当たり前だ。 だって彼はあんなんでも俳優の端くれなんだから。 その程度の演技もできない男なら最初から推してなんかない。 列に並ぶと、すぐに握手の順番が回ってきた。 勇くんはやさしかった。 要くんだって、やさしかった。 要くんの手のひらはあたたかかった。 初めて行ったライブの物販で、ゆっくり話ができた日のことを思い出した。 私は緊張でまともに話せなかったけれど、要くんはやさしく微笑みを浮かべながら相槌を打ってくれた。 適当に聞き流したりなんかしないで、耳をすましてきちんと話をしてくれていることがわかって嬉しかった。 店頭に並んだCDを何十枚も買った日々を思い出した。 特典会の参加券を握りしめて繰り返し列に並び続ける私に「もう話すことなくなってるやん」と要くんが笑ってくれた、あの頃に戻りたかった。 もうおしまいだ、と思った。 特典会はまだまだ続くようだったけれど、見ていられなかった。 のろのろと会場を後にした。 あんなに好きだった要くんは、誰か知らない人のように見えた。 まだ彼のことを好きでいたかった。 それができないなら嫌いになりたかった。 自分の気持ちすらよく分からなくなってしまった。 その日の夜、イベントの様子を詳細に書き連ねたツイートを見かけた。 それによると、最初に彼から状況説明と謝罪があった、と書かれていた。 私にはまったく心当たりが無かった。 イベント中のMCは、今回の事態を把握していること、それでも前に進み続けるという意気込みくらいしか話していなかったように思う。 だからきっと、そうした説明や謝罪はリハーサル開始時の出来事なんだろう。 特典会が終わった後にも話があったとも書かれていた。 彼自身はファンへの感謝の言葉とこれからの抱負をツイートした。 これで終わらせたつもりなんだな、と思った。 そりゃあ、わざわざ大宮くんだりまで行って、イベント開始前のリハーサルから会場に来て、握手会それからサイン会が終わるまで会場に居るような人たちなら、どんなことを言ったってあなたのことを肯定してくれるだろう。 でも、イベントに来なかったあなたのファンは、そうした盲目的なファンの言葉をどう受け止めるだろうか。 あなたが、そうやって自分のことを甘やかしてくれる人たちに囲まれて好きなようにやりたいのなら、それでいい。 そんなあなたにいつまでもファンが付いていくと、新規のファンが付くと、そう思うなら、それでいい。 そんなあなたはこれからも売れないだろうと私は思う。 いつまでもこうしてくすぶっているのがお似合いだ。 要くんは普通の男だ。 彼女のほっぺたにキスをしたりふざけてブラジャーを頭に被ったりする、普通の男だ。 普通の男だから恋愛もするし彼女だって作る。 要くんは何も悪くない。 ただ普通の男だというだけだ。 手紙を書いて楽しかった。 プレゼントした服を着てくれて嬉しかった。 頑張っている姿に元気をもらえた。 要くんはきっとこれからも売れない。 bbchiwabb.

次の

双葉要(刀剣乱舞)の年齢や彼女は?経歴や双子のお兄さんについても

二葉 要

— 2019年 4月月5日午前5時49分PDT 兄:二葉勇 ふたば ゆう 弟:二葉要 ふたば かなめ 生年月日:1991年4月8日 出身:大阪府 二葉勇、二葉要は二卵性の双子。 実は二葉勇、二葉要の双子は 小学校から高校3年まで ずっと野球をしていました。 しかし大学進学のタイミングで 二葉要は3つ上の兄がバンドをしていたため 大阪の地元に戻ってバンドをするように。 二葉勇は野球が上手く 二葉勇はエースで二葉要はベンチ。 そのようなこともあり 二葉勇は野球で大学へ行くか、 違うことをするかで迷い。 二葉要と共にバンドをしたいような空気を出すも 二葉要はその時は子供だったこともあり 「俺がせっかく見つけたバンド」 という理由で別のことをしたいため 少し突き放したような感じに。 そして二葉勇は野球をするも 大学2年生の時に故障。 二葉勇は燃え尽きてしまい、 二葉要のバンドを見に行き そこでようやく同じバンドへ。 なつかしー写真出てきた。 要とパネルに無表情でハマったやつに バンド時代の金髪野郎時代。。 なつかし。 また、二葉要・二葉勇の双子は ソニー・ミュージック エンタテインメントに所属。 こちらは現在も続いています。 そのため本日からの5公演を中止となってしまいました。 楽しみにされていた皆様、心からお詫び申し上げます。 緊急手術について具体的には一切不明。 ただし二葉勇によると 「必ず復帰して舞台に立つ」 との強い意志があるとしています。 病院で側に居たのですが、本人も謝罪と共に悔しさでいっぱいでした。 必ず復帰して舞台に立つという強い意思も受けとりました。 僕も帰ってきてくれると信じています。 皆様には多大なご迷惑をかけてしまいましたが、 要が戻って来た時はどうか 暖かく迎えて下されば幸いです。 その時になにか緊急手術が 必要であるかのような、 体調の悪さは伺えませんでしたが…。 本日もありがとうございました! くるむー。 双子のファサファサ気に入ってもうてるやん 笑 かわいい後輩やから好きなだけ触らせてやるか。 二葉要には入院と療養が必要であるため ミュージカル「刀剣乱舞」は 2019年9月21日から9月23日までの 5つの公演は中止に。 公演中止期間に二葉要の代役をたてて 2019年9月25日から公演を 再開するとしています。

次の

二葉要 WIKI風プロフィールや本名!炎上は彼女(カノバレ)が原因?

二葉 要

略称は 番ボ。 11月、雑誌『』モデル募集や「ボーイズオーディション」など、様々なオーディションによって選ばれたメンバーで結成。 ソニー・ミュージックエンタテインメントの担当者は結成に関して、「オーディション通過者は必ずしも歌が得意な子ばかりではない。 そのままでは社内レーベルなどでデビュー候補生に選ばれるのは難しく、違う方法として考えたのが劇団だった。 」と述べている。 2015年4月、の制作協力により、旗揚げ公演『MY DOOR 〜熱〜』を上演。 公演は約1000人を動員 、舞台出演者のうち3名が所属となった。 これ以降もハイペースで舞台上演を行い 、2016年にテレビ・ラジオのレギュラー番組を持つなどメディア露出を増やす。 メンバーは個人で俳優・タレント・モデルとして活動する。 メンバー [ ] 旗揚げ公演時のメンバーは15歳から24歳までの年齢で、既にとして活動していた者を中心に構成されている。 のメンバーは、結成時に全員このユニットに参加した(その後何名かは卒業)。 候補生を経て正式メンバーに加入するシステムがある。 以下はすべてTDM Artistに所属する。 メンバー (たかもと がく) 2017年9月30日 2016年4月加入 元『smart』専属モデル TDM Artist所属 籾木芳仁 (もみき よしと) 2018年12月29日 (かじはら はやて 2019年4月12日 所属 二葉勇 (ふたば ゆう) 2019年6月16日 TWiN PARADOXメンバー TDM Artist所属 二葉要 (ふたば かなめ) 2019年6月16日 TWiN PARADOXメンバー TDM Artist所属 (しむら さだお) 2019年12月 XOXメンバー (おおすみ ゆうた) 2020年4月30日 XOXメンバー (きづ つばさ) 2020年4月30日 XOXメンバー 田中理来 (たなか りく) 2020年4月30日 XOXメンバー (やすい かずま) 2020年4月30日 XOXメンバー 公演 [ ] 第一回本公演 舞台『MY DOOR 〜熱〜』• 作・演出:笠原哲平• 日程・会場:2015年4月24日 - 29日、新宿村LIVE 第二回本公演 舞台『MY DOOR 〜熱〜』再演• 作・演出:笠原哲平• 日程・会場:2015年9月26日 - 27日、DDD AOYAMA CROSS THEATER 第三回本公演 HOME 〜魔女とブリキの勇者たち〜• 作・演出:笠原哲平• 原案:「」• 日程・会場:2015年11月18日 - 23日、• 客演:、、 ほか 舞台『空空漠漠明明白白』• 作・演出:(SUGARBOY)• 日程・会場:2016年4月6日 - 10日、ウッディシアター中目黒• 客演:、足立信彦 第四回本公演 with 人狼TLPTS 舞台『天下統一恋の乱 Love Ballade 〜序章〜』• 脚本:ニシオカ・ト・ニール• 演出:佐藤徹也• 日程・会場:2016年10月13日 - 18日、• 客演:松島勇之介()、 ほか 第5回本公演 スイーツボーイズ1st『甘くはないぜ! 脚本・演出:• 日程・会場:2016年12月2日 - 4日、DDD AOYAMA CROSS THEATER 第6回本公演 『ギブアップダンス!!! 脚本・演出:• 日程・会場:2017年3月23日 - 26日、しもきた空間リバティ 第7回本公演 オフィスクレッシェンドプロデュース『マネキンライフ』• 演出:佐藤徹也、脚本:• 日程・会場:2017年6月9日 - 11日、新宿シアターモリエール 第8回本公演『ニーテンナナゴー』• 脚本・演出:• 日程・会場:2017年7月27日 - 30日、池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER 第9回本公演『スイーツボーイズ2nd 甘くはないぜ! 2 〜ワールドオブシュガーレス〜』• 主宰:• 脚本・演出:ますもとたくや• 日程・会場:2017年8月31日 - 9月3日、新宿村LIVE 第10回本公演 舞台『』• 脚本・演出:山田能龍• 日程・会場:2017年11月30日 - 12月3日、• 脚本・演出:(空想組曲)• 日程・会場:2018年5月16日 - 20日、恵比寿・エコー劇場• 客演:大内厚雄() 第12回本公演 舞台『さらば、ゴールドマウンテン』• 脚本・演出:大歳倫弘()• 主宰:• 脚本・演出:ますもとたくや• 脚本・演出:山田能龍• 日程・会場:2019年5月23日 - 6月16日、パピヨン24ガスホール、ABCホール、草月ホール• 原作:柏葉ヒロ「壬生狼ヤングゼネレーション」 小学館「ビッグコミックス」刊• 脚本:谷碧仁 劇団時間制作• バラエティ [ ]• 番町ボーイずん(2016年1月 - 9月、) - MC:• (2015年 - 、)• TOKYO CITY GIRL -2016-(2016年) - 瑛、糸川、梶原、砂原、高本、千綿、西原、野嵜、二葉勇 主な個人の出演 [ ] 個人で単独記事のある者については各記事を参照のこと。 テレビドラマ [ ]• (2016年、) - 野嵜(第2話)、千綿(第3話)• (2018年、) - 砂原• (2018年、TBS) - 木原、澤田(第5話)• (2016) - 籾木• ゆきおんなの夏(2016年) - 籾木• (2017年) - 梶原、菊池、砂原、高本、千綿• (2017年) - 籾木• 左様なら(2018年)- 籾木 配信ドラマ [ ]• シーズン2(2017年、) - 堂本、籾木• (2017年、Amazonプライム・ビデオ) - 砂原 インターネット、アプリケーション [ ]• 」(2016年) - 糸川、野嵜• 10神ACTOR幕末時代劇「明日に向かって斬れ」スピンオフ作品『志ノ塾、未来攻防戦!』(2016年) - 二葉要、二葉勇、千綿• D'TOT 6th Act『FRAG 〜新撰組Symphony of Destruction』(2016年) - 砂原• 露出狂(2016年) - 砂原、菊池• バグバスターズ(2016年) - 二葉勇• 黒薔薇アリス(2017年) - 野嵜• 劇団ヘラクレスの掟 本公演『オトコ、ひと憂。 』(2017年) - 二葉勇• SAB-on Produce「徒桜〜あだざくら〜」(2018年) - 西原、砂原• 御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-(2018年) - 砂原• 怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」(2018年) - 千綿• 雷神とリーマン(2018年) - 二葉勇• 最遊記歌劇伝-異聞-(2018年) - 二葉勇• ひらがな男子(2018年) - 二葉要• ワンツーワークス 25「私は世界」(2018年) - 砂原• レディ・オルガの人生(2018年) - 砂原• SOLID STARプロデュースvol. 16「熱血硬派くにおくん 乱闘演舞編」(2018年) - 二葉勇、二葉要• 劇団アメコミリーグVol. 1「アメコミリーグ ビギンズ」(2018年) - 二葉勇、二葉要• 夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage(2019年) - 菊池• こんなはなし。 ~星新一のはなし~(2019年) - 木原• 夢幻泡影~夢~(2019年) - 大隅、矢代• イケメン戦国 THE STAGE 上杉謙信編(2019年) - 木原• ナナマルサンバツ THE QUIZ STAGE ROUND 2(2019年) - 菊池 劇団TEAM-ODAC• 第17回本公演『DARMA』(2015年) - 糸川、濱、松本(西原・堂本はTEAM-ODACとして出演)• 第21回本公演『小さな結婚式〜いつか、いい風は吹く〜』(2016年) - 瑛、野嵜• 第28回本公演『猫と犬と約束の燈 再演 』(2018年)- 二葉勇• 第30回本公演『猫と犬と約束の燈2018-夏』(2018年) - 織部(西原・堂本はTEAM-ODACとして出演)• 第32回本公演『小さな結婚式〜いつか、いい風は吹く〜(再演)』(2016年) - 千綿(東京公演のみ) (2016年)- 瑛、安井、野嵜• あんさんぶるスターズ! オン・ステージ~Take your marks! ~(2017年)- 瑛、安井、野嵜• あんさんぶるスターズ! エクストラ・ステージ〜Judge os Knights〜(2017年) - 安井、野嵜• あんさんぶるスターズ! オン・ステージ〜To the shining future〜(2018年) - 安井• 24『VILLAGE 深紅に染まる村』(2016年) - 三上• 青学VS六角(2016年 - 2017年) - 二葉要、矢代• 青学VS立海(2017年) - 二葉要、矢代、大隅• 青学VS比嘉(2017年 - 2018年) - 二葉要、大隅 SHATNER os WONDER• #4『ソラオの世界』(2016年) - 瑛、千綿、西原• #5『破壊ランナー』(2017年) - 砂原 Live Musical『SHOW BY ROCK!! -深淵のCrossAmbivalence-(2017年) - 糸川、木原• -狂騒のBloodyLabyrinth-(2018年) - 糸川、木原 B-PROJECT on STAGE• 『OVER the WAVE! 』(2017年) - 千綿、木津• 『OVER the WAVE! 』REMiX(2018年) - 千綿 その他 [ ]• 「」 「おくろう。 リプトンレター」WebCM(2016年) - 野嵜• 「」 ミュージック・ビデオ(2015年) - 籾木• FM802 ACSESS キャンペーンソング「Hello Radio」 ミュージック・ビデオ(2016年) - 籾木• 「In the Morning」 ミュージック・ビデオ(2017年) - 千綿• (2017年) - 木原 書籍、連載 [ ] 雑誌連載 [ ]• 「We are Banchoboys5 〜After Cross Talk〜」(2017年、主婦と生活社) ウェブ連載 [ ]• マイナビウーマン「朝キュン男子」「夜キュン男子」(2017年、) 派生作品 [ ]• 山崎つかさ・可苗キユ『甘くはないぜ! 』(2017年、comico) 脚注 [ ]• Yahoo! JAPAN 2017年11月9日. 2017年12月5日閲覧。 スマートボーイズ 2017年11月9日. 2017年12月5日閲覧。 2016年3月13日. 2016年4月13日閲覧。 cinemacafe. net. 2015年8月20日. 2016年4月13日閲覧。 HARAJUKU PRESS. 2015年5月7日. 2016年4月13日閲覧。 2016年11月13日. 2016年4月13日閲覧。 HARAJUKU PRESS. 2015年3月24日. 2016年4月13日閲覧。 2015年9月22日. 2016年4月13日閲覧。 2016年4月13日閲覧。 2016年3月11日. 2016年6月3日閲覧。 2018年10月3日閲覧。 2017年4月10日閲覧。 モデルプレス. 2015年6月24日. 2016年4月13日閲覧。 2016年6月3日閲覧。 2016年9月4日閲覧。 2016年11月15日閲覧。 2017年8月4日閲覧。 ステージナタリー 2017年8月29日. 2017年12月5日閲覧。 MTRL 2016年3月22日. 2016年4月13日閲覧。 2015年10月20日. 2016年4月13日閲覧。 2016年3月25日. 2016年4月13日閲覧。 スマートボーイズ 2016年8月21日. 2016年10月27日閲覧。 ステージナタリー. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。 ステージナタリー 2017年7月28日. 2017年8月4日閲覧。 ステージナタリー 2017年7月19日. 2017年8月4日閲覧。 AbemaTIMES 2018年4月20日. 2018年10月3日閲覧。 ステージナタリー 2018年6月26日. 2018年10月3日閲覧。 ステージナタリー 2017年7月19日. 2017年8月4日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年1月7日. 2016年4月13日閲覧。 クランクイン!. 2016年6月15日. 2016年9月4日閲覧。 ステージナタリー. 2016年12月26日. InterFM. 2016年4月13日閲覧。 2017年12月5日閲覧。 ステージナタリー 2018年10月2日. 2018年10月3日閲覧。 ステージナタリー. 2016年9月3日. 2016年9月4日閲覧。 2017年12月5日閲覧。 マイナビウーマン 2017年9月28日. 2017年12月5日閲覧。 マイナビウーマン 2017年11月24日. 2017年12月5日閲覧。 コミックナタリー 2017年3月28日. 2017年12月5日閲覧。 コミックナタリー 2017年7月19日. 2017年12月5日閲覧。 [] 関連項目 [ ]• - 2014年、ソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同オーディションで結成された男性グループおよびテレビ番組。 - 2015年よりソニー・ミュージックエンタテインメントと、によって展開された男性タレントオーディション番組。 外部リンク [ ]• - ソニー・ミュージックエンタテインメントによる公式サイト• - 公式チャンネル.

次の