鹿児島 実業 高等 学校。 学園の歴史 ┃ 学校法人 川島学園本部

生徒会ブログ

鹿児島 実業 高等 学校

みなさんこんにちは! 今回は吹奏楽部と書道部の合同パフォーマンスについて紹介したいと思います。 本来は、毎年こどもの日に鹿児島県青少年研修センターで行われている「GOGO若葉フェスタ」というイベントで披露する予定でした。 しかし、新型コロナウィルス感染拡大防止のため緊急事態宣言が出され、このイベントの中止が決定されて披露する機会をなくしていました。 私は書道部に所属していますが、最初はイベントの中止が決定して悔しくて何もできずに落ち込んでいました。 でも、何かできることがあるのではないかと考え、動画配信という形で私たちのパフォーマンスを多くの方々に届けたようということになり、披露する予定だった合同パフォーマンスの撮影をしました。 吹奏楽部の「夢をかなえてドラえもん」と「学園天国」の華やかな演奏と、書道部が今伝えたい思いをこめたメッセージによるパフォーマンスになっています。 ぜひ最後まで楽しんでご覧ください。 風紀部副部長 2年 新福 里穂 東谷山中出身 生徒総会 みなさんこんにちは! 生徒会長の土川海音です。 今回は先日行われた生徒総会について紹介したいと思います。 今年度の生徒総会は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、放送での実施となりました。 私はなかなか1年生のみなさんとも対面することができず残念ですが、学校全体で予防に取り組んで、乗り越えていきましょう! 例年とは違う生徒総会ということで、私たち生徒会役員も準備などに追われましたが、臨機応変に対応する力が身に付いたのではないかと思います。 先生方、生徒のみなさんのご協力のおかげで無事生徒総会を終えることができました。 ありがとうございます! 1年生のみなさんは全体集合も学校行事もまだ体験してませんが、再開したら何事も一生懸命取り組んでください! 2年生のみなさんも後悔がないよう1日1日を大切に、楽しんでください! 3年生のみなさん、私たちに残された時間は多くありませんが、私たち次第で良くも悪くも変えられます。 高校生活最後の年にできることはまだまだあるのではないでしょうか。 感染症のために、いろいろなことが中止になったり、延期になったりしてがっかりしている人も多いかと思います。 Q,なぜ英語教師になろうと思ったのですか? A,祖父や父など、身内で教師をする人が多く、教え子達と触れ合っている姿を見て育ちました。 卒業後も楽しく語り合う様子を見て、やりがいのある仕事であると思い、教師になりたいと強く思うようになりました。 Q,もし今に仕事に就いていなかったら、どんな仕事に就いていたと思いますか? A,大学時代、卒業後の進路で随分悩みました。 「教師になる」ためにはまだ未熟であり、信頼される教師になるのは難しいと思うようになりました。 教師以外の仕事として、通訳ガイドやツアーコンダクター、マスコミ関連の仕事も考えた時期もありましたが、人と接する仕事である教師になれて本当に良かったと思っています。 Q,もうすぐ英検を受けます。 勉強法やアドバイスをください。 A,まず自分にあった勉強法を見つけ、やってみることが大切です。 学校の授業でしっかり基礎基本を学び、アンテナを高くして情報を集め、その中で続けられるものを選んでやってみよう。 洋楽や洋画、アプリ等を利用してみるのも、長続きさせるものだと思います。 目標に向けて計画を立て、英語に触れる機会を増やせば、合格に近づけるはずです! 失敗を恐れず諦めずに頑張れ! Q,座右の銘とその理由を教えてください。 A,「完全燃焼」です。 小さなことがらであっても、よく考え実行する、目標を設定したら、後で悔いが残らないように状況を正しく把握し、こだわりを持って遂行するように努めたいです。 このことを心がけることで人から信頼されるようになると思います。 Q,最後に私達にメッセージをお願いします。 A,これまで4つの高校で勤務し、様々な生徒と出会い、楽しいこと苦しいことを経験してきました。 この度、伝統と実績のある鹿実で教師として働く機会を得られたことを嬉しく思います。 年齢的に最後の教育現場になろうかと思いますが、英語教師のひとりとして、原点に戻って基礎基本を大切にして、分かりやすく丁寧な授業を目指し、工夫・改善に努めたいです。 また、教科外活動では、放送部の生徒達と番組作りに取り組みました。 1つの作品を完成するまで、生徒達とコミュニケーションを深め、撮影から編集まで「生みの苦しみ」がありましたが喜びや達成感を共有することができました。 鹿実にはニュース素材がたくさんあり、これからが楽しみです。 映像作品に興味を持っている皆さん、どの部活に入るか迷っている皆さん、声をかけてもらえたら嬉しいです! 勝部先生ありがとうございました!! 勝部洋先生とは授業で教えていただいていますが、とても丁寧に指導してくださいます。 教師になろうと思ったきっかけは何ですか? A. 中学校1年生のときに、英語を教えてもらった先生がきっかけです! 小学校の頃から英会話をしていて、中学校でその先生に出会ってこの職業いいなと思いました。 教師になって大変だなと感じるのと良かったなと感じるのはどんなときですか? A. 大変だと感じるのは、自分がこうやったら分かってもらえるかなと思ってもそれが分かってもらえなかったときです。 良かったと感じることはたくさんあります。 1番楽しいのは高校生のみんなと話すことです! Q. 学生生活での思い出を教えてください。 私立高校にいたので、とにかく行事が多くて楽しかったです! 英語コースに通っていて、1年生のときに1ヶ月間カナダに行ったこともあります。 趣味は何ですか? A. ライブに行くことです。 インディーズバンドが好きなので、大学時代にはライブハウスとかにたくさん行ってました! Q. 英語で好きなことばは何ですか? A. 最後に鹿実生にメッセージをお願いします! A. 楽しく頑張った分だけ、良い思い出ができると思います。 皆さんこんにちは! 今日は今年度から新しく鹿実の先生として赴任された、総合学科 工業系 の 山元康平先生をご紹介します! 山元先生は鹿実卒の先生で、高校時代はバレーボール部だったそうです!! Q. 鹿実に来て思った事は何ですか? A. 懐かしい感じがして、戻って来たので頑張ろうと思いました! Q. 鹿実で楽しみな事は何ですか? A. 行事は全部楽しみですが、全校応援が1番楽しみです! Q. 高校生活の思い出は何ですか? A. 登校中に原付バイクで事故をしてしまったことですね 笑 痛い思いをしたので、それから気を付けるようになりました。 あとは友達が甲子園に出場したのでそれは本当に嬉しかったですね。 それと、最初は克己弁当に驚きましたね。 入学する前はそんな習慣があるなんて全然知らなかったので 笑 Q. 座右の銘を教えてください。 「遠回りが一番の近道」です! Q. 先生になろうと思ったきっかけは何ですか? A. 小学校の先生に憧れたことがきっかけですね。 でも高校生になって鹿実に進学して校風がこんなにもしっかりしているのは凄いことだなって思って、ここで生徒に教えたいと思ったからです! Q. 最後に鹿実生に一言お願いします A. 鹿実に来たことを誇りに思って、高校生活を楽しんでください! 山元先生は工業系担当の先生です。 気さくで話しやすいので、気軽に話してみてください! 環境美化部長 3年 小原 みずき 松元中出身•

次の

生徒会ブログ

鹿児島 実業 高等 学校

生徒数・学科・校訓・教育・通学方法 [ ] 全校生徒は約800名。 鹿児島実業と尚志館が兄弟校である。 文理科は東京大学や京都大学、九州大学など難関大学に多くの生徒が合格している。 また多くの部活動の強豪校とされている。 学科 [ ]• 文理科• 進学コース• ビジネスコース• キャリアアップコース• 建築コース• 土木コース• 情報コース• 校訓 川島学園共通の「不屈不撓」である。 通学方法• より徒歩約1分。 鹿児島市内からの生徒も多いためJR鹿児島本線を利用する。 または寮。 阿久根・出水方面からの通学生は肥薩おれんじ鉄道を利用している。 登校1便・下校2便のスクールバスを線と線、線の3路線で運行している。 沿革 [ ]• - 川内分校(商業科、土木科、普通科)として新設。 - 建築科開設• - 川内実業高等学校と改称。 - 普通科文理コース(国公立進学コース)を開設。 - 川内中学校を併設。 - れいめい中学校・れいめい高等学校に改称。 - 普通科文理コースを文理科として分離、女子生徒募集を開始。 - 土木科・建築科を統合し、工学科に変更。 - 普通科で女子生徒募集を開始。 - 工学科に情報コース開設、女子生徒募集を開始。 野球部、卓球部、体操部、新体操部、サッカー部、男子バスケ部、女子バスケ部の強豪校として知られている。 野球部は県大会優勝や過去には甲子園にも出場している。 卓球部は常に県大会優勝や九州大会3位、インターハイは毎年出場など多くの成績を残している。 体操部は毎年インターハイに出場している。 新体操部はインターハイで入賞するほどの実力である。 サッカー部は県大会上位入賞や過去には選手権出場もしている。 男子バスケ部はインターハイやウインターカップに出場している。 女子バスケ部はインターハイに出場している。 中学校女子バスケ部は九州大会優勝、全国中学校総合体育大会では5位入賞など素晴らしい成績を残している。 また県内唯一の管弦楽部がある。 部活動・同好会 [ ]• 野球部• 卓球部• 体操部• 新体操部• サッカー部• 剣道部• 柔道部• 男子バスケ部• 女子バスケ部• 陸上部• バレー部• 弓道部• 硬式テニス部• 管弦楽部• 新聞部• 美術部• インターアクト部• 放送部• 書道部 同好会 [ ]• 邦楽同好会• ダンス同好会• クイズ同好会• バドミントン同好会• 将棋同好会 著名な出身者 [ ]• (元選手)• (元選手)• (サッカー: 選手)• (元選手)• (サッカー選手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• プロ野球選手• 打撃投手• (選手)• (元プロバスケットボール選手) 系列校 [ ]• (旧・志布志実業高等学校)• (旧・KUCユニバーサルカレッジ)• 脚注 [ ] [].

次の

鹿児島実業高等学校出身の有名人

鹿児島 実業 高等 学校

概要 [ ] 歴史 (明治27年)に「鹿児島簡易商業学校」()として開校。 (23年)のによりとなった。 現校名になったのは(昭和32年)。 (平成26年)に創立120周年を迎えた。 卒業生の総数は1894年(明治27年)の創立以来25,000名をこえる。 制服は男子校の伝統でもある金ボタン5個の黒の(標準学生服)。 応援団も結成しており、「錦江湾頭」も制定され、高校野球の応援などでも歌われている。 また、も設置。 設置課程・学科 3学科• 情報処理科• 国際経済科 校訓 「誠實(誠実)・勤勞(勤労)」 校章 「日本人の魂」と「士魂商才」を表すのの絵を背景にして、中央に「商」の文字を置いている。 校歌 作詞は田代通廣、作曲は白尾義野助による。 歌詞は3番まであり、3番に校名の「鹿商」が登場する。 沿革 [ ] ウィキソースには鹿児島市立鹿児島商業高等学校に関連する文部省告示があります。 天保山校舎跡記念碑• (明治27年)10月 - 鹿児島市に「 鹿児島簡易」として開校。 (明治41年)3月 - 「 鹿児島市立商業学校」に改称。 (大正9年)5月 - 「 鹿児島商業学校」と改称 、同時にに移転。 (昭和19年)4月1日 - により、「 鹿児島市立工業学校」と改称。 商業科とを設置。 に移転。 (昭和21年)4月1日 - 「 鹿児島商業学校」に戻り、工業科はへ移管。 (昭和22年)4月1日 - (六・三制の実施)が行われる。 商業学校としての生徒募集を停止。 を併設し(名称:鹿児島商業学校併設中学校、以下:併設中学校)、1946年(昭和21年)に商業学校へ最後に入学した生徒を収容。 (昭和23年)4月1日 - 学制改革により、「 鹿児島市高等学校」が発足。 (昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止。 (昭和25年)4月1日 - 市立高校の再編により「 鹿児島県鹿児島商業高等学校」となる。 鹿児島市高等学校第三部の商業科(男女)、第二部の商業科(女子)、第一部の商業科(男子)、第四部被服別科(女子)を統合し、商業科と家庭科の2学科を設置。 校名に「鹿児島県」を冠しているが、市立の位置づけは変わらなかった。 この時、第一部の普通科(男子)と第三部の普通科(女子)が統合され、「」となり、第四部はに統合された。 (昭和31年)4月1日 - 女子商業科・家庭科がとして分離。 (昭和32年)4月1日 - 「 鹿児島商業高等学校」(現校名)に改称。 男子のみの商業高校へ復帰。 (昭和46年)4月 - 天保山町から西坂元町(現在地)に校舎移転。 (平成5年)4月1日 - 情報処理科・国際経済科を設置。 部活動 [ ] 部活動は盛んで全国大会で活躍する部も多い。 下記の部活のほか、部、部、部、部、部、部、サッカー部などが全国大会に出場している。 野球部• に創部。 選抜高等学校野球大会には()で初出場したのを皮切りに計12回出場。 最高戦績は()のベスト8。 には()で県勢初、以来13回の出場。 最高戦績は()のベスト4。 では1986年()に全国優勝している。 またには計42回出場し、優勝2回、準優勝4回の実績を有する。 かつては、(旧・鹿児島商工)とともに、県内では高校野球の「」と称されることがあった(『シリーズにっぽんの高校野球5 地域限定エディション 九州編2 熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄』参照)。 の成績は1勝12敗1分である。 軟式野球部もあり、こちらもに過去5回出場している。 バレー部• (男子の部)に県内最多の12回出場している。 ベスト4が最高。 応援団部• 運動系各部の応援、全校朝礼等の校歌音頭などで活動。 事故・訴訟 [ ] 1999年10月、同高に在籍していた男子生徒が同校雨天野球練習場横の鉄棒で逆上がりをしようとしたところ、支柱が折れてコンクリート床に転落し、頸髄損傷により重度の後遺症を負った同校OBの男性が鹿児島市に対し安全管理を怠ったとして約1億1000万の損害賠償を求める訴訟。 2003年1月鹿児島地方裁判所 柴田義明裁判官 は「鉄棒の安全管理に手落ちがあった」として、市に2400万円余りの支払いを命じる判決。 ・「日枝神社」バス停より徒歩約5分• 「上之原団地」バス停より徒歩約10分 著名な出身者 [ ] 野球• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手、2回(、)• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手 サッカー• - サッカー指導者、サッカー部総監督• - 元サッカー選手• - 現U-18監督 相撲• - 大相撲力士• - 大相撲力士 バレーボール• - バレーボール全日本選手、所属• -バレーボール全日本選手、• - 元バレーボール選手(、所属 陸上競技• - ・選手、所属 芸能• - ・(中退) 脚注 [ ] []• ただし、、のように商業のつく高校は県内に数校ある。 (平成21年)にがと統合・共学化したため。 工業高校で制度上は共学だが男子しか在籍していない学校は存在する。 明治四十一年文部省告示第149号(鹿兒島市立鹿兒島商業學校改稱認可、明治41年4月21日付官報掲載)• 大正九年文部省告示第326号(鹿兒島市立商業學校名稱變更、大正9年5月25日付官報掲載)• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の