オレフィン 系 エラストマー。 ポリマー/レジン/機能化学品:エラストマー|製品情報|三菱ケミカル株式会社

ポリマー/レジン/機能化学品:エラストマー|製品情報|三菱ケミカル株式会社

オレフィン 系 エラストマー

化学的な組成 [ ] TPUは、ブロック共重合体の一種で、以下のハードセグメントとソフトセグメントの交互配列で構成されている。 ハードセグメント と 短鎖(いわゆる鎖延長剤)から構成される• ソフトセグメント ポリエステルポリオール,ポリエーテルポリオール,ポリカーボネートポリオールなどの長鎖ポリオール と ジイソシアナートから構成される 上述のソフトセグメントの化学構造により、現在市販されているTPUは大体以下の2種類に分けられる:• ポリエステル系TPU (ソフトセグメントとして、主にの体が使われる。 ポリエーテル系TPU (ソフトセグメントとして、主に THF)由来のポリ体が使われる。 そして当然、極低温での柔軟性が求められる場合も検討されるであろう。 光に対する安定性と非黄変性が求められる場合は、かを原料として使用する脂肪族TPUが薦められる。 TPUの特徴、エラストマー領域での位置付け [ ] TPUの長所 [ ]• 非常に高い耐摩耗性 熱可塑性エラストマーの中で最高• 低温での性能発揮が良好、、耐オゾン性等も良好• 引張強さ、引裂き強さ等の機械的強度が高い• ゴム弾性・柔軟性に優れ、消音・防振効果が高い• 高い耐衝撃性• 石油とグリース、一般薬品性への耐性が良好• 化学構造や発泡技術より硬度が幅広い範囲で調整可能• 環境にやさしい材料:リサイクル性に優れ、低VOC()• 成形が容易:、、カレンダー成形、パウダースラッシュ成形など、汎用プラスチックと同様な成形が可能 TPUの短所 [ ]• 熱に弱いことから耐熱水性にも弱点• 1 - 1. 25 0. 88 0. 91-0. 95 1. 2-1. 3 1. 17-1. 25 1. ハードセグメント中の を含有するTPUも稀にある は、中のとのによる分子間相互作用により,強固な物理架橋構造 共有結合ではない、いわゆる擬似架橋構造 を形成している。 それで、ソフトセグメントでできる柔軟なマトリクスの「海」に、高度な凝集と結晶 または擬似結晶 の局所的な「島」ができてる。 このいわゆる「海」「島」両ブロックの相分離現象の強弱は、両セグメントの極性や分子量などで調整できる。 結晶 または擬似結晶 の局所的な「島」が、物理的な架橋を演じ、TPUの高弾性、硬度などに貢献する。 そして柔軟なマトリクスの「海」が、TPUの伸長特性などに貢献する。 ただ、この「架橋」作用は加熱されると解消されるため、これらの「擬似架橋物質」に対して、従来通りの、およびカレンダー成形が適用できる。 そして、TPU素材自身も、この「擬似架橋」性によってリサイクル性に優れている。 用途と市場概況 [ ] 用途 [ ] TPUは様々な物性や付加機能を実現できるため、自動車部品や工業部品をはじめ、靴底部材、キャスターホイール、ホース・チューブ、搬送ベルト、様々な商品のグリップ部材、機能性フィルム・シート、電線・ケーブル被覆材、パッキン材、医療・衛生用品、スポーツ用品、繊維塗層、ホットメルト用途・接着用途などで広く採用されている。 そしてもうひとつの重要な用途は、他のポリマー・樹脂への改質用途であり、特に樹脂に添加することで、耐摩耗性、耐衝撃性能、低温柔軟性が改良されることがよく知られている。 樹脂や樹脂などの改質にも応用が可能である。 現在一般に最も知られている用途は、携帯電話・タブレットのTPUケース 、およびノートパソコンのキーボード保護カバーであろう。 TPU 一部TSUを含む の市場概況 [ ] 2013年における全世界のTPUの販売数量は423千トンであるのに対して,TSUのそれは50千トンであった。 一方,2013年における日本国内のTPUの販売数量は16. 9千トンであるのに対して,TSUのそれは4. 5千トンであった。 2013年に、中国を中心としたアジアの需要拡大、および北米での需要回復に伴いTPU市場は拡大した。 2014年見込 2013年比 2018年予測 2013年比 市場規模 3,546億円 105. 欧州や北米では自動車部品、工業用部品のホース・チューブ、電線被覆向けが多い。 日本では自動車部品向けに加えて、ヘルスケア、スポーツ、衣料向け、また医療向けなどの高機能材料でも使用されている。 東南アジアでは靴、雑貨向けが多いが、建機や二輪車部品でも採用されている。 参考文献 [ ]• Merquinsa, A Lubrizol Company. 2013年1月31日閲覧。 www. dic-covestro. com. 2018年8月13日閲覧。 2018年8月13日閲覧。 2018年8月13日閲覧。 American Chemical Council. 2012年2月26日閲覧。 www. nomuratrading. 2018年12月13日閲覧。 日本語. スマホケース研究所. 2018年8月13日閲覧。 www2. elecom. 2018年8月13日閲覧。 2018年8月13日閲覧。 2018年8月13日閲覧。 富士経済社. 2018年8月13日閲覧。 外部リンク [ ]• - 日本ウレタン工業協会.

次の

エラストマー成形 技術紹介

オレフィン 系 エラストマー

熱可塑性エラストマー TPE の物性と種類 熱可塑性エラストマーは TPE(Thermo Plastic Elastomer)と言われ、 常温ではゴム、高温ではプラスチックの物性を持ちます。 ゴムは加硫されたあとは、伸ばしても元に戻ろうとする性質を持ち、プラスチックは高温では流動性を持つため、型に流し込んで成形を行うことができます。 TPEの製造工程には加硫工程がなく、 シンプルに射出成形機で成形を行うことができます。 ゴムと異なりリサイクルが可能なため、 ゴムの代替素材としての需要が伸びています。 当社では、 6メーカー、15グレードを取り扱っています。 ゴムとの加工方法の違い ゴム 粘土状に原材料を良く練り合わせ、金型に挟んで焼いて固める。 熱可塑性エラストマー ペレット状の原材料に熱をかけて溶かし、金型に注入し、冷やして固める。 熱可塑性エラストマー TPE の利点 「熱可塑性」のエラストマーが開発されたことによって以下のような利点が生まれました。 1 加工時間の大幅な短縮、加工費削減、大量生産が可能に 2 ゴムに比べて 金型の自由度が大きく、複雑な形状でも高精度を実現 3 通常のプラスチックの加工設備がそのまま使用できる 4 ゴムに比べて簡単に着色が可能、調色も容易であるため美しい外観が得られる 5 熱で溶けるため、リサイクルが容易 当社では、一般的に加工が難しいと言われる 硬度30以下の柔らかいエラストマー素材の成形にも対応しています。 お気軽にご相談ください。 エラストマー成形技術 2色成形 ダブルモールド 2色成形では、 異なった材料同士を組み合わせて一体に成形します。 基本となる金型を回転させ、多段階で樹脂を注入していきます。 1台の成形機で安定して2色成形を行うために、過去の経験を活かした樹脂素材をご提案させていただきます。 インサート成形 インサート品 主に金属 を金型内に装填した後、樹脂を注入し、樹脂とインサート品を一体化させて成形します。 複数部品の組み立てを成形段階で行うことができます。 熱可塑性エラストマー(TPE)の主な種類と材料記号 熱可塑性エラストマーにも化学的構造、配合、製造方法などの違いにより種類があり、それぞれ異なった物性を持っています。 熱可塑性エラストマーは、「ハードセグメント」と「ソフトセグメント」を構成する2種類のプラスチックから成り立っており、主に それぞれの構成比によって硬さを調節しています。 ソフトセグメントを構成するプラスチックにもいろいろな種類がありますが、「ハードセグメント」の物性が支配的であるため、ハードセグメントを構成するプラスチックの種類によって分類されます。 ・塩化ビニル系熱可塑性エラストマー TPVC ・ポリウレタン系熱可塑性エラストマー TPU ・ポリアミド系熱可塑性エラストマー TPAE TPA ・ポリブタジエン系熱可塑性エラストマー RB 製品用途により、最適な素材と加工方法をご提案させていただきます。

次の

系 エラストマー 【通販モノタロウ】

オレフィン 系 エラストマー

TPS スチレン系エラストマー• TPEE ポリエステル系エラストマー• TPO オレフィン系エラストマー• TPA ポリアミド系エラストマー• ABS アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン樹脂• PS ポリスチレン樹脂• PE ポリエチレン樹脂• PP ポリプロプレン樹脂• AS アクリロニトリル・スチレン樹脂• PC ポリカーボネート樹脂• PMMA アクリル樹脂• PA ポリアミド樹脂• PPS ポリフェニレンスルフィド樹脂• POM ポリアセタール樹脂• FRTP ガラス繊維強化プラスチック など各種プラスチック.

次の