モッピー anaカード。 ANA VISA ワイドゴールドの入会はどのポイントサイトが一番マイルがたまる?

モッピー(セレス)の「POINT WALLET VISA PREPAID」の申込方法と初期設定

モッピー anaカード

モッピーの人気キャンペーン「エクスプレスキャンペーン」が恒久化し、当面継続されることになりました!!!!これはマジで朗報!!JALマイルが貯まる「」と合わせて、モッピーは陸マイラーには最高のポイントサイトです。 「」を利用した ANAマイル交換レート86. では、モッピーがスタートしたANAマイル交換レートがを超える 86. エクスプレスキャンペーンの公式ページは。 モッピーの「エクスプレスキャンペーン」とは。 TOKYUルートでANAマイル交換レートが86. まず、今回紹介するキャンペーンは人気ポイントサイト 「モッピー」が開催するものです。 まだアカウントのない方は、下記よりアカウント作成で ボーナスポイントがもらえる入会キャンペーンを開催しているので、今のうちに作成しておきましょう(ボーナスポイント詳細は下記バナー内にて)。 入会キャンペーンの詳細はでもご確認ください。 モッピーポイントの使い方 モッピーのポイントは1P=1円で複数のポイントに交換も可能です• 1pt=1円で銀行振込、Amazonギフト券、楽天スーパーポイントなど• 例えば20,000P=15,000ANAマイル• 例えば20,000P=16,000JALマイル ポイントの使い方が超魅力的なのが、モッピーの強みです。 現金で受け取りもOK、ANAマイルやJALマイルにも交換可能です。 JALマイルにも高レートで交換できるポイントサイトはモッピーしかありません。 さて、今回ANAマイル交換レートが86. 25%になる 「エクスプレスキャンペーン」という名称のキャンペーンの概要をまず説明しておくと、• モッピーの10,000Pをドットマネーに交換(スマホからのポイント交換でリアルタイムに交換完了)• ドットマネーから10,000マネーをTOKYU POINTに交換• 後日モッピーのアカウントに1,500Pが付与 というものです。 キャンペーン期間は恒久的に継続予定で終了日は未定です。 つまり、このルートを利用すると、 1,500Pが付与されるので、モッピーのポイントが事実上10,000Pから11,500Pにアップします。 ただし、このモッピーの「エクスプレスキャンペーン」を利用してANAマイル交換レートを86. 25%にするには、条件があるので、その条件だけしっかり確認しておいてください。 先月すでに発行された方も多いかもしれませんが、まだの方は是非発行しておきましょう。 今後も各ポイントサイトが、このカードを利用したキャンペーンを利用する可能性があるので、発行しておいた方がいいと思います。 モッピー経由での発行で、300P~1,500P程度(在庫切れでポイントサイトに出ていないこともあります・・・)ですがポイントがもらえます。 月に15,000P以上の広告利用をしないと「エクスプレスキャンペーン」の適用がありません。 なお、この15,000P以上の広告利用というのはモッピーのJALマイル交換レート80%の「」の条件と同じもので、• エクスプレスキャンペーンの15,000Pをクリア=JALマイルのドリームキャンペーンの15,000Pをクリア となっています。 どちらも同じ条件に設定してくれているので、JALマイルのドリームキャンペーンを利用したことがある人にはわかりやすいかもしれません。 月内の15,000Pの利用というのは、下記のように解説されています。 通帳への「予定反映あり」のものは、• となってます。 基本的には、ほぼすべての広告に「ドリームキャンペーン対象」のマークはついています。 そして、その広告を利用すると、通帳に記載されるのですが、その利用日が当月になっているものの合計予定Pが15,000以上になる必要があります。 ポイントが確定しなくてもいいので、予定でもいいので当月中に15,000Pの利用が必要になります。 また、通帳への「予定反映なし」の広告に関しては、• という条件になっており、こちらは広告の利用日ではなく、ポイント獲得日が広告利用の対象日となります。 先ほどの「予定反映あり」の予定Pと、「予定反映なし」の確定Pで、合わせた合計額が15,000Pに到達すると条件クリアになります。 また、 予定反映がない広告で、確定明細の記帳時期が月をまたぐ場合はカウント対象外となります。 という注意点もあります。 つまり、例えとして1月に広告利用して、それが通帳に記載されないタイプの広告であった場合には、例えば1月中にポイント反映すれば、15,000Pにカウントされますが、2月以降にポイント反映した場合には 1月分・2月分どちらとしても15,000Pの広告利用にはカウントされません。 ここは注意がいります。 あと何ポイントで15,000Pが達成できるのかわからなくなったら、のページで確認できます。 あと何ポイントでクリアなのか表示されるので確認してみてください。 キャンペーン期間中の、各月末までにTOKYU POINTへのポイント交換を申請した方は、翌月の下旬までに モッピーのアカウントに1,500Pが付与されます。 注意点は、• モッピーのポイントから10,000PをTOKYU POINTまで交換したもののみ対象(モッピーからとハピタスとポイントインカムを合わせてドットマネー10,000マネーにして、TOKYU POINTに移行しても1,500Pはもらえない) という点です。 以上、モッピーの「エクスプレスキャンペーン」の紹介です。 dカードゴールドなんか発行すれば、一撃20,000Pですし、人気の「ネスレ」系の広告なんかも高ポイントでかなりおススメです。 モッピーはJALマイルへの交換キャンペーンに非常に力を入れてきましたが、ANAマイルへの交換キャンペーンも開催することになりました。 今後にもかなり期待しています。 まだアカウントのない方は、下記よりモッピーのアカウント作成で入会キャンペーンを開催しているので、今のうちに作成しておきましょうね。 モッピーのエクスプレス情報ありがとうございました。 すけすけ様の情報のおかげでこの数年特典航空券でアメリカを往復しております。 今年の春はコロナのために残念ながら予約をキャンセルしましたが、11月と来年4月の分はファーストクラス、ビジネスクラスの予約を取りました。 いただいた情報のとおり、日本発のファーストクラスはスイートラウンジが素晴らしいので夕方の出発便でも11時までには空港に到着するように家を出ます。 帰りのアメリカ発は午前中なのでラウンジを楽しむ時間がないためビジネスで帰国しています。 私は高齢のため航空会社のサポートも着くので重たい荷物を持つこともなく快適な旅を楽しんでいますが、これもすけすけ様の情報のお陰と感謝しております。 これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

次の

【モッピー超完全解説】マイルを貯める~ポイント移行(ANA・JAL対応)

モッピー anaカード

ザクザクポイントが貯まるポイントサイトとして有名な「モッピー」。 主婦やサラリーマンのお小遣い稼ぎの場としても定評があります。 モッピーでおすすめの案件と言えば、クレジットカード発行案件です。 クレジットカード発行案件はクレジットカードをモッピー経由で発行するだけで、あっという間に大量のポイントが貯まります。 そして使いやすくて人気のあるクレジットカードに、「dカード」があります。 モッピーではdカードの発行案件も用意されているので、「dポイント」がどんどん貯まるdカードを発行するとモッピーでたくさんポイントが貯まります。 しかもモッピーでdカードを発行する理由はそれだけではありません。 今回はdカードのご紹介や、モッピーでdカードを発行したいメリットなどをご紹介します。 「モッピーでdカードを発行すると、どんなメリットがあるか知りたい」という方はぜひご覧ください。 dカード• dカードGOLD• dカードプリペイド• dカードmini がラインアップです。 この中でも今回の記事に関係があり、おすすめなのが「dカード」と「dカードGOLD」の2種類です。 dカードはクレジットカードで、ショッピングで利用すると100円ごとに1dポイントが貯まります。 dポイントは株式会社NTTドコモが提供するポイントサービスで、「ローソン」など提携店でポイントが貯まり、利用可能範囲も広いのが特徴です。 またローソンでは「お試し引換券」と言って1ポイント=2円以上の価値でdポイントを使う特典があったりと、ポイ活している方には魅力的なポイントサービスです。 dカードではこのdポイントが貯まるのに加え、ローソンでお買い物するときは• dカードを提示するだけで1%dポイント還元• dカードでのお支払いで1%dポイント還元• dカードでの支払いで買い物金額が3%OFF と、合計で実質5%OFFになる仕組みで大変お得です。 しかも年会費が初年度無料で、次年度からは毎年1回以上お買い物にdカードを使えば引き続き年会費が無料になります。 つまり毎年1回以上使っていればコストをかけずにローソンなどでのお買い物がお得にできるのがdカードです。 他にも「iD」が搭載されているので電子マネーでの支払いもできたり、「MasterCard」や「VISA」の国際ブランドから発行カードを選べたりと、メリットがたくさんあります。 そもそも還元率が0. 5%程度というのも多いクレジットカードで、1%のdポイント還元を受けられるのは大きいところがあります。 そしてもう1つの「dカードGOLD」では、dカードより発行条件は少々厳しい分たくさん特典が受けられるクレジットカードです。 dポイントが通常のお買い物で100円ごとに1ポイント貯まる他、特約店ならば還元率が2%になります。 さらに毎月のドコモの携帯電話の通信料金や、ドコモの光回線サービスである「ドコモ光」の料金支払いに利用すると、何と支払い1000円につき100dポイントが進呈されます。 他にも海外旅行に対してサポートが受けられたり、iDが使える、国際ブランド2つから発行カードを選べるなど、dカードと同じメリットもあります。 年会費が10800円かかってしまうのがデメリットですが、クレジットカード支払いをdカードGOLDにすればあっという間に元が取れます。 特に恩恵を受けられるドコモ回線サービスに契約している方におすすめです。 モッピーのdカード発行案件 上記のようにお得がたくさんあるdカードですが、モッピーではそんなdカード発行案件があります。 2019年6月時点では、• dカードへの入会• dカードへの新規入会時に、携帯電話料金の支払いをdカード払いに設定• ご入会翌月末までに20000円以上ご利用 をクリアすると、dカードでは最大6000円分、dカードGOLDでは最大11000円分のiDキャッシュバックが受けられます。 例えばモッピー経由でdカードGOLDを発行して、dカード公式でも条件を全部クリアすれば合計31000円分の還元が受けられる計算になります。 皆さんもこの機会にモッピーでdカードを発行してみませんか。 モッピーでdポイントを貯めて、dカードで使ってみよう モッピーでは2019年3月からdポイントの受付が始まり、貯めたポイントをdポイントに交換できるようになりました。 モッピーやdカードをどんどん利用して、dポイントをたくさん貯めましょう。 まとめ 今回はdカードの概要やモッピーで発行するメリットなどを解説してきました。 ポイントは次の4つです。

次の

モッピーでJALカード入会はお得?【6月】最新は最大7,500円+マイル獲得キャンペーンを開催中

モッピー anaカード

【2019年8月更新】 こんにちは!このページにこられた方は、ANA VISA ワイドゴールドカードをお得に申し込みしたい方だと思います。 ANA VISA ワイドゴールドカードは、軽く見ても、以下のような利点があるお得なゴールドカードですね。 ANAゴールドカードでは年会費最安値• SFC(スーパーフライヤーズカード)ゴールドでも年会費最安値 特に、 飛行機に乗らずにマイルをためてSFCゴールドを目指す方には必須 と言えるカードでしょう。 この記事では、ANA VISA ワイドゴールドカードのお得な申し込み方法をご案内しています。 サービス名 通常ポイント 期間限定ポイント 円相当換算 2,500pt 15,000pt 1,500円相当 1,000pt 15,000pt 1,500円相当 250pt 1,000pt 1,000円相当 100pt 1,200pt 1,200円相当 ANA VISA ワイドゴールドカードの高還元ポイントサイトはここ! 2019年8月現在、ANA VISA ワイドゴールドカードはして申し込むのがお得になっています。 げん玉から申し込むと、1,500円相当のポイントがもらえます。 ANA VISA ワイドゴールドカードを当サイトからの申し込みで2,000マイル獲得できる 新規入会キャンペーン等とは別に、 ANA VISA ワイドゴールドカードを 当サイトから申し込むと、2,000マイルのボーナスマイルがもらえます。 ANAの「マイ友プログラム」キャンペーンを利用します。 通常入会ボーナスマイル2,000マイルはもちろんのこと、マイ友プログラムの入会ボーナスマイル2,000マイルももらえます。 合計で4,000マイルが獲得できます。 順番が逆になってしまうと、マイ友プログラムの入会ボーナスマイルがもらえません。 また、既にANAカード(下記リンク先のカード)を所持している場合も、マイ友プログラムの入会ボーナスマイルがもらえません。 【入会者】対象カード一覧 ANAマイレージクラブ ただし、以下のカードは既に持っていても問題ありません。 ANAプリペイドカード• ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード ANA VISA ワイドゴールドカードのお得な申し込み方法 1:ANA VISA ワイドゴールドカードより先にマイ友プログラムのページに移動 ANA VISA ワイドゴールドカードを申し込んで2,000マイルを獲得するには、当サイトから「マイ友プログラム」に登録します。 オレンジ色の「登録用ページ」ボタンを押します。 2:紹介者の名前と紹介者番号を入力 紹介者情報・申込者情報の入力を求められます。 紹介者情報には、当サイト運営者の 「紹介者氏名(タカハシ コウゾウ)」 「8桁の紹介番号(00032752)」 を入力します。 申込者情報には、あなたの「氏名」「生年月日」を入力します。 「次へ」ボタンを押して「マイ友プログラム」の登録は完了です。 3:ポイントサイトに登録し、ANA VISA ワイドゴールドカードを申し込む ポイントをもらうために、ポイントサイトに登録し、登録したポイントサイト経由で、ANA VISA ワイドゴールドカードを申し込みます。 ポイントサイトの1,500円相当のポイント の2重どりが完了です。 4:入会キャンペーンを確認 現在の入会キャンペーンは以下の通りです。 「ANA(最大23,000マイル)」• 入会&キャンペーン参加登録(必須)• 通常入会ボーナスマイルで2,000マイル• ANAグループ運航便に1回以上ご搭乗で5,000マイル• カード利用合計15万円(税込)以上50万円(税込)未満で3,000マイル• カード利用合計50万円(税込)以上で15,000マイル• プライム会員としてANAカードファミリーマイル登録で1,000マイル ANAのキャンペーンは、既にANAカードを持っている場合 残念ながら適用対象外です。 適用対象の方は必ず、カード到着後に• ANAのキャンペーン参加登録 を行なってくださいね。 また、ANAのキャンペーンは 2019年10月15日(火)までの申し込みが対象です。 もし申し込むのであればお早めに。 詳細は、以下のリンク先でご確認ください。 上記をすべて適用すると、23,000マイル相当になります。 マイ友プログラムの2,000マイル• ANA VISA ワイドゴールドカードの主な特徴 陸マイラー御用達のANAゴールドカード!年会費が安い! 陸マイラー(飛行機に乗らないでマイルをためる人)の方は、航空券購入にクレジットカードを利用する機会は少ないと思います。 ですので、航空券購入時のカードポイント還元率はあまり関係ありません。 (ANA VISA ワイドゴールドカードは、通常利用時においては、ANAのゴールドカードの中でも屈指の高還元率カードです。 あくまで、航空券購入をメインに考えると、もっと高還元のゴールドカードがある、というだけです。 ) となると、カード維持費にあたる、年会費が重要なポイントのひとつになります。 金額だけで判断するものではありませんが、基本、できれば年会費は安い方がよいですよね。 ANA VISA ワイドゴールドカードの年会費(4,500円割引適用後)は、ANAのゴールドカードの中では最安値です。 割引前(税抜き) 割引後(税抜き) 本会員 14,000円 10,500円(3,500円割引) 家族会員 4,000円 2,500円(1,500円割引) マイ・ペイすリボはリボ払いですが、月々の支払金額をカード利用限度額と同額に設定しておけば、通常の一括払い同様、リボ手数料は発生しません。 カード利用時の手間は、ショッピング一括払い時と全く変わりません。 特にリスクなく年会費が割引になるので、リボ払いに抵抗がある方でも、絶対に設定しておいた方がお得です。 カードご利用料金WEB明細書サービスのご利用で、翌年度以降年会費が割引 カードご利用料金WEB明細書サービスを利用し、かつ、過去1年間に6回以上の請求がある場合、 翌年度以降の年会費が税抜1,000円割引になります。 初年度は過去1年間に6回以上の請求がないため、割引対象外です。 ご注意ください。 割引前(税抜き) 割引後(税抜き) 本会員 14,000円 13,000円(1,000円割引) 家族会員 4,000円 4,000円(割引対象外) このサービスは、カード料金明細の郵送を止めて、支払い金額の確定をメールでお知らせしてくれるものです。 料金明細はそもそもWEB上で確認できるので、どうしても料金明細が紙で必要な方以外は、利用した方がお得です。 最大で税抜4,500円の年会費割引になります。 割引前(税抜き) 併用割引後(税抜き) 本会員 初年度のみ 14,000円 10,500円(3,500円割引) 本会員 翌年度以降 14,000円 9,500円(4,500円割引) 家族会員 4,000円 2,500円(1,500円割引) ANAマイル還元率は1%~1. 648% 通常ポイントは1,000円につき1ポイント=10マイル ANA VISA ワイドゴールドカードの利用額1,000円につき、ワールドプレゼントという通常ポイントが1ポイントたまります。 1ポイントを10マイルに直接交換できます。 利用の都度、ではなく、 月単位での利用合計額にまとめてポイントがつきます。 これは、 少額決済の場合でも、ポイントのことをあまり気にしなくてよいのが利点になるかと思います。 例えば、同月内で999円を100回決済した場合、月の利用合計額の99,900円に対して99ポイント(990マイル相当)がたまります。 900円分にはポイントがつきませんが、利用の都度ポイントがつくタイプよりはだいぶ無駄がないです。 仮に、利用の都度、100円につき0. 1ポイントつくとした場合、900円に0. 9ポイントつくので、100回分で90ポイント(900マイル相当)がたまりますが、同じく99円*100回=9,900円分にはポイントがつきません。 獲得ポイントに9ポイント(90マイル相当)の差がでますね。 (余談ですが、99円を1,000回決済にした場合はもっとえらいことになります。 ) ボーナスポイントは1ポイント=3~4. 05マイル ANA VISA ワイドゴールドカードのポイントには、通常ポイントとは別に、ボーナスポイントというものがあります。 厳密にはボーナスポイントとプレミアムポイントがあるのですが、ポイントの価値・扱いはどちらも同じです。 通常ポイントとボーナスポイントとプレミアムポイント、ではなく、 通常ポイントとそれ以外のポイント(ボーナスポイントとプレミアムポイント) と考えて差し支えありません。 そのため、ボーナスポイントとプレミアムポイントについての以後の表記は「ボーナスポイント」で統一します。 1ポイントを3マイルに直接交換できます。 手間はかかりますが、各種ポイントサイトを経由して交換すると、 1ポイントを4. 05マイルに交換できます。 その交換ルートは以下のとおりです。 「えっ?でもボーナスポイントなんてそんな簡単にもらえないんでしょ?」 そんなことはありません。 少なくとも、毎月の利用合計額に対するボーナスポイントをもらうのは簡単です。 言い換えると、 毎月マイル還元率を1. 3%にするのは簡単です。 マイ・ペイすリボで少額の金利を発生させると1,000円につき1ポーナスポイントがもらえる 月々の支払でマイ・ペイすリボを利用し、金利(リボ払い手数料)を発生させると、 利用合計額1,000円につき、1ボーナスポイントがもらえます。 つまり、利用合計額1,000円につき1通常ポイント+1ボーナスポイントがもらえるのです。 この時点で、最低でも マイル還元率は1. ですが、月の支払い金額確定後にひと手間かければ 発生する金利は1円から、かなり多くても30円程度です。 具体的には以下のような感じです。 (金利計算はイメージ重視です。 実際はもう少し複雑です。 通常ポイントが15ポイント(150マイル。 ボーナスポイントが15ポイント(最低45マイル相当。 マイル還元率0. 3%~) がもらえます。 マイル還元率は1. 金利が1円でも発生すれば、月の支払い金額分のボーナスポイントがもらえるのです。 この臨時増額の手続きは毎月必要ですが、ネットで完結し、慣れれば数分で終わります。 なお、臨時増額は、1,000円単位で申請します。 マイ・ペイすリボ|クレジットカードの三井住友VISAカード ANAカードの場合、基本的に毎月15日締め、翌月10日払いです。 ですので、リボ払いの金利は、 支払い後残高(リボ払い残高)に対して リボ払い初月(初めて金利を発生させる月)には• 初月は、2~5日分、2回目以降は、1か月分の金利が発生するということですね。 ですが、完全ではありません。 返品があったり、なくても・・・ 細かいことを考えたくない場合は、初月とか気にせずに 毎月の支払い後残高を1,300円以上 で大丈夫です。 これなら他に考えることはありません。 この場合の金利は、かなり多くなった場合でも月30円程度です。 この方法を実行するにあたり、 大事な注意点があります。 それは、 カード代金の引き落とし口座です。 毎月26日あたりに、請求額確定メールがきます。 (基本、このメールがきたら臨時増額申請します。 ) 実際に引き落とされるのは翌月10日あたりです。 ですので、26日~翌月10日までの期間で臨時増額申請をする必要があります。 しかし、一部の金融機関では、この申請が間に合いません。 以下のリンク先の「上記以外」がそれに該当します。 利用後変更サービスのお申し込み期限|クレジットカードの三井住友VISAカード カード代金の引き落とし口座は、必ず、上記リンク先に名前がある金融機関にしましょう。 前年度のカード利用額に応じてポーナスポイントがもらえる 前年度(2月~翌年1月分)のカード利用額に応じて、翌年度のステージが決まります。 50万円以上から10万円刻みで、ステージに対応したボーナスポイントがもらえます。 ボーナスポイント|クレジットカードの三井住友VISAカード 年間50万円以上利用する場合は、利用額に応じて、 マイル還元率が最大1. 前年度利用額 翌年度ステージ マイル還元率 50万円未満 なし 1. 6倍にアップ 電子マネーの「三井住友カード iD」、「楽天Edy」をカード単体で標準搭載 セブンイレブンでの決済で200円(税込)につき1マイルもらえる 毎年カード継続ボーナスマイルが2,000マイルもらえる \ SNSでシェアしよう! / マイルの伝道師の 注目記事を受け取ろう•

次の