お申し付けください 意味。 「申し付ける」の意味/類語/使い方・敬語表現の例文

「お申し付けください」は敬語? 正しい使い方と例文【ビジネス用語】

お申し付けください 意味

まず「ご用命ください」の「ご用命」の「ご」は接頭語で単独では使うことはなく、常に他の言葉の前について、その言葉とともに一語を形成するものです。 語調を整える時に使われます。 「ご挨拶に伺う。 」「お話をする。 」「ご親切にありがとうございます。 」など日常会話を丁寧に言い換えるときに使います。 次に「ご用命ください」の「用」はその漢字の通り「用事」の使い方をします。 「用事」の「用」を「ご用命ください」に使うことにより、「用事を申し付けください。 」という意味を相手に伝える形となります。 最後に「ご用命ください」の「命」は「命令」という意味で「ご用命」の中で使われています。 このことから「ご用命ください」を分かりやすく言い換えると「あなたの用事を私に命じてください。 」となります。 これは主に目上の人に対して使う言葉であることが分かります。 ビジネスシーンで会社の上司や目上の人に対して、敬語をうまく使いこなしている人でも「ご用命ください」はなかなか使いにくい言葉です。 自然に「ご用命ください」という言葉を使うにはどのような使い方が良いでしょうか? ビジネスの上でお客様からのクレームは限りなくあるものです。 その時の対応次第で、自分の会社や本人の印象も大きく変わります。 その中でもクレーム処理の後が重要になってきます。 謝罪が終わったからといって、気が抜けてしまうと、今までの対応が無駄になってしまいます。 その為にも最後の一言が重要となってきます。 その為に謝罪の最後に「またご用命くださいますように心からお待ちしております。 」を伝えることが良いでしょう。 この文章を使うケースは自分の会社で、上司に対してや企業間の新規取引の際に使う事が良いでしょう。 この言葉も言い換えると「私にその仕事をまかせて頂ければ、必ず結果をだして成功させて見せます。 」となります。 「私にご用命くださいましたら、必ず結果を出して見せます。 」よほどの自信がないと使いずらい言葉ではありますが、相手から見るとそこまでの意気込みがあるのなら任せてみようかと、まずスタートラインに立つことが出来るフレーズです。 自分自身を追い込むことでプレッシャーはかかりますが、結果を出すことで自分に自信が付きますし、上司との今後の付き合いも深めることができ、次回の取引も必ずあなたを指名してくれるでしょう。 こちらはクレームに対して使われるフレーズです。 「ご用命ください」に近い言葉で十分に丁寧な言い方で、企業間だけでなく、自分の会社の上司や目上の人に対して使っても問題ない言葉です。 また「ご要望」の類語として「ご所望」という言葉がありますが、少し使い方が変わってきます。 「ご要望」も「ご所望」どちらも「望むこと、望むもの」ですがこの二つの言葉は少しニュアンスが変わってきます。 「ご所望」は「希望する物の対象や目的が具体的で、明らかなこと」に対して使用しますが、「ご要望」は「希望する物の対象や目的が抽象的で、曖昧なこと」に対して使用します。 状況や場面において「ご要望にお応えできず申し訳ございません」と「ご所望にお応えできず申し訳ございません」を適切に使い分けることが必要です。 「ご用命ください」の類語である「ご要望」に関しては下記で詳しく記述されていますので気になる方は参照ください。 「ご用命ください」は上記で述べたように自分に対してではなく、相手に対して自分を使って下さいとお願いする言葉です。 また目上の人、会社の上司に使う敬語です。 目下の人に対して使うのは適切でないと言えます。 目下の人などに使う場合は、類語の「ご利用」「ご注文」「ご要望」などを使うと良いでしょう。 またメールなどの文章で使う際には特に注意が必要となります。 誤った使い方をすると相手に違和感を持たれたり、自分の評価を下げることに繋がってしまいます。 「ご用命ください」をうまく文章に組み込むための注意点はどのようなものがあるでしょうか?まず相性の良い使い方としては、自分を相手に使って貰うのが前提なので「ご用命ください」の後に続く言葉は遜った謙譲語がふさわしいでしょう。

次の

お申し付けくださいの意味と例文 類語(上司・目上宛)

お申し付けください 意味

「お申し付けください」は「申し付ける」を丁寧に表現した言葉 「お申し付けください」とは、 「言い付ける」の謙譲語である「申し付ける」をさらに丁寧した言葉です。 接頭語に「お」を加えて尊敬を表し、丁寧語の「ください」を付け加えているため敬語として正しい表現となります。 命令や指示の意味合いを含む「言い付ける」をそのまま使ってはビジネスシーンにおいて失礼にあたる場合があります。 相手を敬ってへりくだる形で「お申し付けください」とお願いすることで、目上の方や取引先の方などに敬意を表すことが可能です。 「お申し付けください」と同じ意味を持つ類語も存在します。 同じ言葉を使って表現しても良いですが、デキるビジネスパーソンを目指すのであれば語彙力を高め、時と場所によって使い分けできるよう、準備しておくことが大切です。 「お申し付けください」の意味 「お申し付けください」は、わかりやすく言うと 「なんでも遠慮なく言ってください」という意味です。 「なんでも遠慮なく言ってください」では目上の人やクライアントに対する言葉として軽い感じがするため、ビジネスシーンでは丁寧な敬語表現として「お申し付けください」を使いましょう。 「お申し付けください」の使い方 「お申し付けください」の意味を知ったうえで 正しい使い方を確認しましょう。 「お申し付けください」はビジネスシーンで目上の方や取引先との交渉など、相手側の要求を求める場面で使われます。 「部長にはよろしくとお言付けください。 」 「ことづけ」と読み、相手に対して伝言を伝えたい時や言葉を取り次いでもらう時に使います。 「言い付ける」という 命令や指図などの意味を持つ言葉ですが、告げ口や密告などと同じ読み方なので「言付け」とした方が丁寧です。 「お申し付けください」と「お申し出ください」に違いはある? 「お申し付けください」と「お申し出ください」は、共に同じ意味を持つ言葉なので使い方に大きな違いはありませんが、「お申し付けください」のほうが 要求や指示の度合いが高い言葉として使い分けることが可能です。 「お申し付けください」と「お申し出ください」はどちらも、指示や命令、要求などに対し丁寧に表現している言葉です。 目上の方や上司、クライアント、顧客など相手の立場や場面によって使い分けると良いでしょう。 ・If you have any questions, please let me know. 英語表現の場合は相手の行動に合わせた単語を使えばよいため、上記の場合は相手の「希望・願望」と「質問」を英語で表しています。 「お申し付けください」は間違いではない正しい敬語表現! 「お申し付けください」は「言い付ける」の謙譲語「申し付ける」をさらに丁寧した言葉です。 謙譲語を丁寧にした言葉であることからもわかる通り、相手の要望や命令に対して引き受けますという受け身の姿勢、へりくだった表現であるため、 正しい敬語としてビジネスシーンで使用可能です。 「お申し付けください」が正しく使える立派なビジネスパーソンを目指してくださいね。

次の

「お申し付けください」は敬語? 正しい使い方と例文【ビジネス用語】

お申し付けください 意味

「お申し付けください」の意味 お申し付けくださいといういい回しは、指示や要求の意味を表す「いい付ける」「申し付ける」が基になった言葉です。 「申す」は「言う」の謙譲語になります。 ですから、「申し付ける」が「いい付ける」の謙譲語になるといえます。 さらに、「申し付ける」に「お」を付けることで、受け手と送り手が入れ替わり、謙譲語の表現となります。 「また、ください」として依頼の形にすることで、相手に依頼や要求などを「いう」ことを促す意味合いを持たせます。 よりくだけた表現にすると「言ってください」となります。 ただし、厳密にいえば尊敬語の「お」と謙譲語の「申し付ける」を一緒に使うのは間違いとの説や、「お」は相手に向かう行動「言う」に対してつくので丁寧語であるなどと諸説あります。 それらの説があるにも関わらず、「お申し付けください」はすでに一般的に使われている言葉です。 言葉は日々変化するもので一般的に使われている以上、現在は丁寧な表現として使っても問題ないでしょう。 以下では相手に物を要求する際の言葉の使い方を解説しています。 ビジネス上で相手にお願いするときは大事な場面です。 よい印象をあたえる表現ができるビジネスパーソンを目指しましょう。 ビジネスでの謝罪・お詫びメールの件名・本文・結びの書き方と例文集 「お申し付けください」の正しい使い方 「お申し付けください」は、目上の方や、上司、依頼主、お客様に対して使います。 自分がいう側、発信する側では使用しません。 自分が何かを引き受ける立場、請け負う側にあるときに使います。 自分に引き受ける心づもりがあります、準備がありますということを伝える意味で使われる表現です。 言い換えると、「自分に何かいいつけてください」とお願い・依頼するともいえるでしょう。 相手がより言いやすいように、「何かございましたら」、「何なりと」、「ご遠慮なく」などをクッション言葉として、文頭に付け加えることもできます。 「お申し付けください」の類語 「お申し付けください」を他のいい回しで伝えることもできます。

次の