加島屋。 加島屋

加島屋本店

加島屋

フィナンシェ・マドレーヌ• バウムクーヘン• ケーキ・シュークリーム• クッキー・サブレ• パイ・ミルフィーユ• ラスク• マカロン• チョコレート• ゼリー・プリン• アイスクリーム・シャーベット• キャンディ・砂糖菓子• ワッフル• その他洋菓子• 饅頭・もち菓子・団子• 煎餅・おかき・かりんとう• カステラ• どら焼き• ぜんざい・おしるこ• 甘納豆• その他和菓子• セットワイン• 赤ワイン• 白ワイン• シャンパン・スパークリング• ビール• その他ビール・洋酒• 日本酒• 梅酒・果実酒• その他日本酒・焼酎• その他佃煮・漬物・海苔・梅干• その他米・穀類・餅• 味噌汁・お吸い物• 湯葉・麩• その他汁物・茶漬・湯葉• その他乾物• 魚介類• フルーツ缶• その他缶詰・瓶詰• ローストビーフ• ベーコン・ソーセージ• その他精肉・ハム・ソーセージ• 鮮魚・刺身• 魚卵・明太子• 蒲鉾・練り物• その他魚介・塩干・海産物• 和惣菜• 洋惣菜• 中華惣菜• その他惣菜• 魚介類系• 肉類系• 日本茶• 紅茶・フレーバーティ• ハーブティー• コーヒー• ジュース・ソフトドリンク• その他飲コーヒー・紅茶・日本茶・ドリンク• ジャム• はちみつ• その他ジャム・はちみつ• グラノーラ・シリアル• チーズ• ヨーグルト• その他チーズ・乳製品・卵• フルーツ• ドライフルーツ・ナッツ• うどん・そば• そうめん・ひやむぎ• ラーメン• パスタ• カレー・シチュー• その他麺類・レトルト食品• しょうゆ• オイル• ドレッシング• オリーブオイル• その他調味料・ドレッシング・オイル• サプリメント• 健康飲料• その他美容・健康食品• 保存食・非常食• その他フーズ・スイーツ 条件から探す.

次の

加島屋 (新潟市) の口コミ16件

加島屋

久右衛門家(広岡姓) [ ] 概要 [ ] の頃から大坂御堂前でを始め、も兼営した。 のちに「十人両替」に任命された。 諸藩の・になり、でと並び称された。 には新政府に援助をするなどしを設立したがにより廃業した。 『七十年史』(1973年)によると、加島屋を興した広岡家はに連なるを遠祖とし、寛永2年(1625年)に大坂御堂前で精米業を始めた広岡正教が初代・加島屋を名乗り、3代目が事業拡大をはかって両替店兼諸国取引米問屋を営み、4代目が大いに商才を発揮し、以後300年余り続く豪商加島屋の基礎を作ったとされる。 2015年、加島屋が幕末に各地の藩に貸した金の借用書やの手紙など、約1万点の資料が奈良県、橿原市の民家で発見された。 関連項目 [ ]• - 歴代当主が名乗る名• - 明治初期の当主。 頭取、初代社長を務めた。 - 正秋の娘婿。 第三代社長を務めた。 - 女性実業家。 (広岡久右衛門正秋の兄)の妻。 - 文部官僚、立命館大学創立者。 理事を務めた。 作兵衛家(長田姓) [ ] 概要 [ ] 年間に大坂に移り、年間に米仲買となって玉水町に店を構えた。 蔵元掛屋、紙方蔵元掛屋を勤めた。 年間頃に大川町に移転。 その後も諸藩に貸付を行い、万延御用銀は鴻池、玉水町加島屋とともに最高額3000貫目を引き受けた。 にて新政府の財政に協力し、維新を乗り切ったが、明治6年(1873年)、預り金の即時上納を命ぜられて果たせず、倒産・閉店した。 脚注 [ ].

次の

加島屋酒店

加島屋

新撰組の土方歳三と近藤勇が連署した加島屋への400両の借用書 江戸時代の大阪で加島屋久右衛門は鴻池善右衛門と肩を並べる豪商だった。 加島屋の子孫である広岡家の本家・分家に伝わる膨大な「広岡家文書」「広岡五兵衛家文書」の中に新撰組副長の土方歳三が署名し、局長の近藤勇が押印した借用書が残っている。 丁寧に虫干しをしていたために黄ばみもせず、美しい状態を保つ。 現在は加島屋の流れをくむ大同生命保険が保管・展示している。 だが、近藤勇は68年に処刑され、土方歳三も69年に五稜郭の戦いで戦死した。 大同生命の小笠原康常務執行役員は「おそらく債務不履行(デフォルト)になった」と話す。 なぜ貸したのか。 文書を分析した神戸大学の高槻泰郎准教授は「断るのが面倒だった」とみる。 実は証文の宛名は「広岡久左衛門」と間違えたまま。 こわもての新撰組に「正しくは久右衛門」と書き直しを求めるのは勇気が要る。 お寺にポンと100~200両を寄進する加島屋にとってはたいした額でない。 「最初から返してもらうつもりがなかったのだろう」 大阪市西区の加島屋本家。 正確な創業年は不明確だが、大同生命が本社を置く大阪市西区の土地に1693年時点で屋敷を構えている。 こうした経緯から大同生命も加島屋に関する約2500点の「大同生命文書」を継承している。 1782年当時で加島屋のキャッシュインフローは1513貫余。 島根県の津和野藩が70年に得た年貢収入は1430貫だった。 津和野藩は実質的な石高が15万石といわれる。 奉公人24人(1803年時点、下男下女除く)の加島屋はそれ以上に稼ぎ、労働生産性が極めて高い。 加島屋は幕府に政策資金を供給する御用商人で、幕末に約300あったといわれる諸藩の多くと取引し、「大名貸し」と呼ぶ融資を手掛けた。 あまたある融資先の一つが新撰組だった。 明治維新で幕藩体制が崩れて大名貸しの多くは焦げ付き、加島屋も深手を負ったが生き残った。 リレバンは金融庁が地域金融再生に向けて、2003年に打ち出した考え方だ。 取引先と密接に連携し、担保に依存しない貸し出しや、取引先企業の経営相談の強化で収益向上につなげる。 長州藩は資金調達する前に必ず相談し、他の商人から融資を受ける際は必ず加島屋が同席して助言した。 緊密な関係を築き、部外者では知り得ない情報を入手しつつ、継続的に融資する仕組みを「まさにリレバン」と小笠原常務執行役員は語る。 さらに三井家から嫁いできた広岡浅子が女性実業家として頭角を現し、加島屋をてこ入れした。 1886年に潤野炭鉱(福岡県飯塚市)を買収。 88年に加島銀行を設立し、さらに99年には大同生命の前身である真宗生命の経営権を得て生保事業に参入した。 世界初の小型ディーゼルエンジン開発に成功し、量産工場を着工したが、融資が受けられず事業を手放すかどうかの瀬戸際に追い込まれた山岡に日本興業銀行(現みずほ銀行)を紹介。 1935年に建設資金120万円の融資が受けられるようにお膳立てした。 加島屋は高い労働生産性、リレバン、女性登用、新興企業サポートと先進的経営を満載し、新撰組から長州藩まで相手にした、懐が深くてイケてる豪商だった。 (編集委員 竹田忍).

次の