サイバー セキュリティ クラウド 株価。 株価3倍【4493】サイバーセキュリティクラウド!次くる期待の銘柄は?サイバーセキュリティ関連銘柄【3040】ソリトンシステムズに注目だ

株式会社サイバーセキュリティクラウド

サイバー セキュリティ クラウド 株価

IPO当選株数 公募株数 70,000株 売出株数(OA含む) 0株 当選株数合計 70,000株 ・当選株数は70,000株。 売買単位が100株なので、当たりは計 700枚。 ・当選本数は非常に少なく、 かなり当たりにくい部類に入る。 幹事証券リスト(管理人独自予想あり) 証券会社名 割当率 割当株数 当選本数 (枚) 完全抽選本数 (予想) 主幹事 85. 00% 59,500株 595枚 267枚 幹事 6. 00% 4,200株 42枚 6枚 みずほ証券 2. 00% 1,400株 14枚 1枚 1. 00% 700株 7枚 0枚 あかつき証券 1. 00% 700株 7枚 0枚 1. 00% 700株 7枚 0枚 エース証券 1. 00% 700株 7枚 0枚 岡三証券 1. 00% 700株 7枚 0枚 香川証券 1. 00% 700株 7枚 0枚 1. 00% 700株 7枚 7枚 ・(主幹事)、、、、から当選のチャンス。 (3月3日追記) 株主構成、ロックアップなど 株主名 比率 ロック アップ Vector Group International Limited 16. 48% 90日間 (株)オークファン 14. 33% 90日間 GMCM Venture Capital Partners I Inc 13. 21% 90日間 1. 5倍 西江 肇司 9. 38% 90日間 武永 修一 6. 37% 90日間 大野 暉(社長) 5. 21% 180日間 海老根 智仁 4. 17% 90日間 B Dash Fund 3号投資事業有限責任組合 3. 74% 90日間 1. 5倍 (株)AMBITION 2. 88% 90日間 S173(株) 2. 4 52. 1 19. ・2019年12月期は、第3四半期時点で売上579百万円、経常利益122百万円を達成しています。 IPOで得た資金は、Webセキュリティ事業における付加価値向上を目的とした開発体制強化および販売体制の拡充のための人件費・採用費に充てる予定です。 管理人からのコメント 、サイバー攻撃による情報漏洩は社会的問題になっており、ネットセキュリティに対する企業側の意識は以前より高まっています。 提供サービスは、「クラウド型WAF( Web Application Firewall)サービス」分野で、導入社数・サイト数、国内1位を獲得しています。 人気・実績ともに素晴らしく、加えて、公開株数が極端に少なくなっていますので、需給で初値高騰の展開が期待できます。 ネット証券では、(主幹事)、、、、、から申し込み可能となっています。 同日に、が上場しますが、サイバーセキュリティクラウドに優先的に買いが入ると思いますので、ほとんど影響はないでしょう。

次の

サイバーセキュリティクラウド (4493) : 株価/予想・目標株価 [Cyber Security Cloud]

サイバー セキュリティ クラウド 株価

サイバーセキュリティクラウドがSTOP高!上場してから株価3倍と暴騰なっているな! IPOで久々に驚異的な大ヒットとなり上昇をしている【4493】サイバーセキュリティクラウドを、全ての投資家が羨望の眼差しで見ているだろうが、 テレワーク、巣ごもりの勢いはまだまだ衰える事はなさそうだぞ!注目の銘柄を記載したので是非確認してもらえたらと思うぞ! 安倍総理が47都道府県に「緊急事態宣言」を発令! 7都府県の緊急事態宣言から一週間で47都道府県「緊急事態宣言」を安倍総理が決断したという事は、さらに「テレワーク、巣ごもり」は加速するとみていいだろう。 実際にテレワークは東京都など大都市では進んでいるが、地方となるとそれなりの企業以外は皆無といえる。 この47都道府県の緊急事態宣言は、「官民ともにテレワークを推奨する流れ」からも各都道府県でもテレワークの導入を余儀なくされる事態となるだろう。 テレワークの導入は「ウイルス感染のリスク」がある! だがテレワークの問題は、自宅で働くという事から監視の目が薄く情報漏洩もだが、これを好機とみて「ハッキングなどを仕掛けてくるハッカーは今後増えてくるだろう。 」 実際に私用のパソコンを使う事で「ウイルス感染」などの脅威もある。 新型コロナウイルスの感染を防ぐ為にテレワークにしたのに、 自宅で別のコンピューターウイルスの感染などしたら本末転倒である。 今の時流に沿ったテーマ株「テレワークからのサイバーセキュリティ」このテーマはしっかりと押さえておくべきだ。 そこで当方はサイバーセキュリティ関連はここからもう一段高が見込めると見ている! チャート良し、業績良し、テーマ性良しの「3高」といえるサイバーセキュリティ関連銘柄で注目するべき銘柄を記載するぞ! 目次• サイバーセキュリティ関連銘柄 3040 ソリトンシステムズ 時価総額:27,733百万円 PER: 連 連 44. 39倍 PBR: 連 連 4. そして3月4日にはテレワークに必要なソフトウェアとサービスの無償提供を始めており今の企業のテレワークの拡大を考えれば、導入社、ユーザー数は間違いなく拡大しているといえる。 同社の 「必要なソフトウェアとサービスの無償提供」は、リモートで会社にある自席パソコンへ安全にアクセスしデータ集計などの業務を可能とする「Soliton SecureDesktop」と、あらゆるサイト類に安全にアクセスできるWEBシステム「Soliton SecureBrowser」この2つを5月末まで無償利用するとの事だ。 実際に〝テレワークでセキュリティに心配をもっているという企業にとって〟まずこの新型コロナウイルスの期間に無料でお試しできる同社を利用する企業はかなり増えているとの話を聞くぞ。 需要の高さからチャートも反応しているが、既に年初来高値を更新を続けており右肩上がりとなっている。 PER、PBRでは割高感はあるが今後の業績もだが、 テーマ性から材料も多数内包している思惑も強いだけに一段高、二段高となり上場来高値2040円を超えていく可能性もあるといえるだろう! 株式 投資 は情 報が 命 2020年は波乱要因が多い相場だ! だが、この相場でも情報収集さえ徹底すれば…〝買い、空売り〟と駆使して利益を出せる筈だ! 逆にいえば、 有力情報さえあればズブの素人でも勝ててしまうのが株の世界。 だが本当に有用な情報を個人投資家がイチ早く入手することは大変難しい。 ならば… 株式投資の「プロ」が日々無料で銘柄を提供してくれる投資顧問を利用しない手はないぞ! 実際、などでは、無料銘柄ですらSTOP高が連続するという 「脅威の実績」を叩き出している!投資顧問の情報は 「今一番アツい」と言っても過言ではないだろう! ここで有力情報を手にするかが、勝ち組と負け組の分かれ目だ! その有望銘柄を手にしたいなら「投資顧問」を利用するべきだ! いいか無料登録だけで、有望な銘柄をバシバシ提供してくれるぞ! インターネットを活用して情報を集めるのも有効な手ではある。 たしかにインターネットの某巨大掲示板や一部の株ブログなんかでは、たまに本当に面白い情報が早い段階で手に入ることもある。 だがそんなケースは稀だし、少しでも情報が遅いと高値掴みのリスクだってある。 ならばどうするか? 一般的な個人投資家にとって最も有効でなおかつラクなのが 「信頼できる投資顧問を利用すること」だと当方は思う。 もちろん投資顧問もピンキリだ。 投資顧問サイトは星の数ほどあるが、本当に価値ある情報を教えてくれるとことは少ない。 実際、当方は数々の投資顧問会社に登録し、いろいろチェックしたことがあるがほとんどのところは クソだった。 クソなところは本当にクソ。 これだけは肝に銘じておくべき。 だが、厳選して信頼できるサイトだけを使うなら話は別だ。 本当にけっこう役に立つケースは多い。 すべての投資顧問に登録し比べたわけではないが 下記は当方が知る無料会員登録が可能な投資顧問会社5社をピックアップしたもの 、現段階で 当方がオススメできる投資顧問は下記のサイトである。 独断と偏見コミなので参考までにご覧頂きたい。 とにかく、実績がしっかりでている投資顧問をまとめた。 情報収取が命の投資家ならば、下記の投資顧問の銘柄はしっかりとチェックはしておくべきだろう。 とにかく実績重視という投資家には 株エヴァンジェリストをオススメしよう。 見てみればわかるが、まず目を引くのはサイト全面にあの「向後はるみ」さんがドーンと出ているところだろう。 向後はるみさんはラジオ番組も持ち、ロイターや株探など数々のメディアに執筆する有名なアナリストだ。 株エヴァンジェリストは向後はるみさんをストラテジー顧問の一人として迎え銘柄情報を提供してくれるらしい。 これは株エヴァンジェリストの特徴と言っていいだろう。 またこのサイトにはもう一つ目を引く部分がある。 それは下記の文面だ。 要約すると下記3点を全て抑えた銘柄を無料で提供してくれるとのこと。 自信がある証拠なのだろう。 また新しいサイトゆえ、新規ユーザーの信頼確保に全力をあげている姿勢ともとれる。 そして2019年の年末にはSTOP高を銘柄を1週間で2銘柄以上提供、2019年年末に提供の銘柄は+20%上昇がゴロゴロとでてきたのだ。 とにかく今乗っている投資顧問は間違いない!ネクストジェンなどは提供して2日で+40%の上昇しているぞ! 圧倒的な実績である。 無料銘柄でこれだけの数字をだしている理由はその銘柄の分析力によるものかもしれない。 有料プランでしっかり成績を出せるからこそ、無料で出す銘柄も精度が良いのだろう。 なぜそう考えるか?これは有料プランになるが成功報酬プランも相当に成績が良いらしい。 すでに、乱高下を繰り返す難しい令和相場で4500万円以上の利益を確定しているとの事だからだ! これだけ素晴らしい成績があれば株式投資の利益だけ悠々自適な生活もできるかもしれない。 一度は登録して試してみるべきサイトだ。 ここは何よりもまず無料情報の推移を見て欲しい。 ここが推奨した無料情報の推移は勝率がヤバすぎる。 結論から述べるが 2017年1月~7月の7ヶ月間で275銘柄もの銘柄を推奨し、その内213銘柄が30日以内に上昇を達成している。 ハッキリ言ってこれは相当凄い数字だ。 「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が上昇とは尋常ではない。 それに中には株価2倍、3倍、4倍の銘柄も多数ある。 具体的には 【夢展望4. 32倍】【enish4. 17倍】【オンキヨー2. 57倍】などの大化け銘柄も輩出している。 無料でバンバン銘柄情報を配信してくれるので、チェックしておくだけでかなり面白いと思う。 オススメ。 だが話題性はバツグンだ。 と、いうのも代表を務める 「 高山緑星 こと 前池英樹氏」は株の世界では知る人ぞ知る人物。 20年以上にわたり歴史的大相場を的中させてきた人で、これまた株の世界で有名な「大岩川源太氏」とともにラジオNIKKEIで「源太緑星株教室」なる番組もやってるようだ。 したがって世間からの注目度は高い。 それに実力も今のところかなり凄いぞ。 HPの実績一覧を見てみてもなかなかデカい推移がズラリ並んでいる。 さらに… ココだけの話だが、ここは今登録すると「実力を証明する特選無料銘柄」とやらを即座に配信してくれる。 「実力を証明する為の銘柄」っていう以上、自信アリなヤツを見せてくれるハズ。 「これだけもらってとりあえず実力試し!」って手も賢い投資家のワザだと思うぞ。 筆者も登録している投資顧問会社で インターネット型の投資顧問としては老舗の部類に入るサイトである。 ここは当方が信頼を寄せている投資顧問の一社だ。 理由は単純だが、 推奨銘柄の推移でしっかりと上昇幅の大きいものを当てているからだ。 旬なテーマ株などを先読みしているケースも目立つし、ハッキリ言って情報の量・質に関して当方には文句のつけどころが無い。 まぁ細かい点を挙げれば無いこともないのだが、そんなのは重箱のスミをつつくようなものだ。 いずれにしても当方は株マイスターはオススメできる顧問さんであると自信を持って言える。 新規登録者には無料で銘柄をプレゼントしてくれるので未登録の方は試すべきだろう。 以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。 なお、当たり前のことだが一応断っておく。 上記の投資顧問会社を利用したところで 「確実に儲かる」という訳では無い。 株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。 だが一つ言える事は 上記のサイトはどれも相当情報が早い。 これは実際に使ってみれば実感できると思う。 株の情報は速度が命だ。 情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。 鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。 まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録までは ひとまず無料だ。 無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。 登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。 もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトにがあるのでそちらを見て判断してくれ。 カテゴリー• 659• 194• 798• 299• 2,210• 137• 117• また、当サイトでは投資に関する「助言」は一切行っておりません。 投資に関する最終決定はすべて利用者の判断にて行ってください。 なお投資方法・助言に関するお問い合わせには一切お答えできかねます。 当サイトに掲載している情報により被ったいかなる損害も当サイトでは責任を負いかねます。

次の

【サイバーセキュリティ】関連が株式テーマの銘柄一覧

サイバー セキュリティ クラウド 株価

コード 銘柄名称 株価 前日比 関連度 4704 6,020. 0 15:00 -1,130. 0 -10. 0 15:00 -3. 0 -0. 0 15:00 -230. 0 -2. 0 15:00 -220. 0 -2. 0 15:00 -14. 0 -0. 0 15:00 -3. 0 -0. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の