ナルサス naruto。 姥桜 サスナルの部屋

『ナルヒナ』はショック!?小説に嫉妬…ツイッターの反応は?【NARUTO】【ナルト(NARUTO)】

ナルサス naruto

ナルヒナショックが波紋を呼んだ公式CP『ナルヒナ』に迫る!! 今回は、そんな二人の 生い立ちやなれ初めをTiPS特別徹底紹介!! うずまきナルト 4代目火影の息子として誕生した うずまきナルト(CV:竹内順子)は、生後まもない頃 火の国の襲撃により行われた木の葉崩しの犠牲として、その身に 九尾を封印された挙げ句、両親はナルトだけでなく里を守るために命を落としてしまい 天涯孤独となってしまう。 多くの犠牲を出した元凶でもある 九尾の狐をその身に宿すことから、里の人々からは物心ついた頃から迫害を受けてきたため、幼少期のナルトは 構ってほしさにイタズラ三昧に明け暮れていた。 そのため 問題児としても評判は悪かった。 さらに4代目の息子ではあるものの幼少期はかなりの 落ちこぼれ しかも4代目の息子ということは極秘なので周りはおろか本人すら知らなかった)だったため、周りからは 忍者としての評価も低く一歩間違えるとグレる手前からのはい上がりを見せる。 最初ナルトは本作の メインヒロインの春野サクラに憧れていたことや、 サスケにライバル意識を燃やしていたためヒナタの分かりやすい態度にも気づかなかった。 ナルトは当初ヒナタを イジイジした根暗でよく分からないやつとあまり良いイメージを持っていなかった。 (これはナルトを見ると恥ずかしくて気絶してしまうヒナタのせいもある)しかし、だんだんヒナタの 努力家なところや日向の因縁に巻き込まれていくうちに信頼できる仲間になっていく。 関連記事をご紹介! 日向ヒナタ ヒナタとサクラは本当にすごいと思う。 2人とも小さい頃からずっと好きだった人と結婚して子供が生まれて。 ヒナタはナルトがサクラのことを好きって知っててもずっと好きでい続けて。 サクラは殺されかけたこともあるのにサスケを見放さず好きでい続けて。 この2人の一途さは本当に尊敬する — 漫画ばか mangasmilelove 木の葉にて最強! な 名門日向家の長女として 一族固有の血継限界『白眼』を持つ日向ヒナタ(CV:水樹奈々)。 日向家 当主の娘として誕生したこともあり、父ヒアシからは幼少期から忍術の スパルタ教育を受けていた. しかし 気弱で心優しく争いを好まない性格や、五歳年下の妹ハナビが 天才的な忍びの素質を持っていたこともあり、当初はナルトと同様に一族の中でも 冷遇されていた。 さらに、 3歳の頃に白眼を狙って誘拐される事件もおきている。 そのことで命を落としてしまった1つ年上の従兄弟 日向ネジの父親の一件以来、ネジからは 長年殺意を抱かれていた。 これが第1部の 中忍試験のネジとの因縁の対決へと繋がっており、 ナルトの火影になって里を変えたいという意識が強まるきっかけにもなった。 ちなみに、すでにアカデミー入学時からは影ながらナルトを見つめ応援しているヒナタがいたので、この頃から 憧れから恋慕へと変わっていたとも言える。 関連記事をご紹介! 二人の関係性はどう変わっていったのか? 今日は大好きなヒナタの誕生日!!!おめでとっ🎵可愛いすぎ!奈々ちゃんの声 ヒナタにピッタリ😍もぉ~ほんとに好き💕うずまき夫婦これからもすえながくお幸せに💖. さらに物語的にも大きな展開を見せた 第1部の中忍試験では、ヒナタに声援を送ったり、ネジに 瀕死の重傷を負わされながらも健闘したヒナタのために怒り、ネジに挑んで誰もが予想していなかった勝利だけでなく、 ヒナタとネジの和解へと繋がるきっかけにもなっている。 『ナルヒナ』公式エピソード 1:ナルトがヒナタに告白したのは何話!? これにはヒナタの報われない片思いに諦めていたナルヒナファンはもちろんのこと、原作でも今まで一切恋愛要素が皆無だったこともあり、多くのファンが度肝を抜かれた!! 当時、ナルヒナファンの間では大きな衝撃をうみ、この後から一気にメインヒロインのサクラよりもヒナタ押しが急増していく。 ナルトを守るためにペインの前に飛び出したヒナタだったが、 圧倒的な強さに瀕死の重傷を負ってしまう。 ヒナタの姿に理性が飛んだナルトは、 九尾の封印を解いて一時暴走状態に…と告白の後に 色々な事件が立て続いたことや、戦争の激化に伴い、この告白は 終盤までスルーされるというナルヒナファンにとっては生殺しの状態がしばらく続き、あの告白の回答はどうなったのかと論争も巻き起こった。 『ナルヒナ』公式エピソード 2:ヒナタルート確定!! ナルヒナショックに迫る 「NARUTO」64巻615話「告白」 これが噂のナルヒナショックってやつ 是非俺にも。 もちろんお金は払います。 — KOYUKI[下田 kreva99k 64巻615話『断ち切れない絆』が公開された瞬間、全国のナルヒナファンがほぼ ナルヒナルート確定に沸いた!! 誰も死なせないと決めていたナルトの前で ネジが命を落としてしまう。 その様子に追い打ちをかけるように敵のうちはオビトはナルトに仲間の死を突きつけ、ナルトのトラウマを煽るように このまま戦い続ければ孤独だとナルトの決心を揺るがせた。 ほんとナルヒナショックとか騒がれてたけどガイ達がくるまでネジは目すら閉じてもらえなかったんだよ? ナルトくんの手って…中略…安心する…って言った時こいつはどこまで恋愛脳なんだって思ったよ — ピスタチオ jwpawtj275tma62 その時、ヒナタがナルトに平手打ちをし自分の従兄弟ネジが自分の目の前で亡くなるという辛い事態に、毅然とナルトを諭し 「私と一緒に立とうナルトくん…まっすぐ自分の言葉は曲げない…私もそれが忍道だから! 」とナルトを奮い起こす。 そんなヒナタに答えるかのように 「ヒナタ…ありがとう! 」と手を握り返したナルトは、なんとしても この戦争を終結させるために決意し、ネジの死を無駄にしないためにも奮闘していく。 これがファンの間では ナルヒナショックとして語り継がれているのだが、 実際に告白をしたのは47巻が先なので、初期の頃からのファンが本当に衝撃をうけたのは実質47巻で、その後のナルヒナショック時に衝撃をうけた多くが元々ナルヒナ押しではなかった、あるいは47巻の告白自体がナ ルトを暴走させるためのただの伏線としか考えていなかったファンが多かった。 しかし615話で初めてナルトが ヒナタに対し好意的な気持ちや態度を示したこともあり、この話でほぼ ヒナタルートが確定したこともあり、今でもナルヒナファンの間では当時のショックは鮮明に刻まれている。 『ナルヒナ』公式エピソード2:二人の結婚式 「NARUTO」映画699. その間もファンの間では 「あの告白はどうなったのか」「もしかしてこのまま終了か」とヒヤヒヤしていたが、なんと映画でまさかのラブラブっぷりが描かれることに!? 映画は 原作699話の2年後を補完し、最終話の700話に繋がる構成となっている(この話は映画ながらも 699. 5話として 本編相当の扱いとなっている)。 さらに 原作者の岸本先生自身も総監督を務めるだけでなくハッキリ 「今回の映画はぶっちゃけ恋愛です! 」とまで言い切って衝撃をよんだ。 」と錯覚させるほどの、 最大のナルヒナショックをよんだ。 その後、映画を補完するような形で アニメ2期500話「祝いの言葉」に至る数話は、 二人の結婚式のために奮闘する仲間たちの姿だけでなく、その時にはすでに連載が開始していたBORUTOに至る他CPの姿も描かれている。 更に今までのファン泣かせの演出、 ヒナタの白無垢姿とイルカ先生に父親として付き添い人を頼むナルトなどに注目して欲しい!! BORUTOに至るまでの二人のなれ初めまとめ 幼少期の 孤独だった二人や、そこから 同じ忍道のもと修行を重ねお互いを支え合うほどに成長し、あの 第4次忍界対戦も乗り越えた二人。 まさかの メインヒロインのサクラではなく、あまり絡みも多くなかった サブヒロインのヒナタとくっつき話題を呼んだ ナルヒナショックについてなど、ここまで数々のエピソードを紹介してきたがいかがだっただろうか? 映画ではまさかの原作者もノリノリの急展開で結ばれ、現在は 長男ボルトと長女ヒマワリも誕生し、次の世代へと二人の 火の意志は確実に受け継がれ次作BORUTOも目が離せない!! 関連記事をご紹介!.

次の

#オトナルサス #ナルサス うつし世の鼓動

ナルサス naruto

(こ・ん・や、) 火影邸の廊下で目が合った瞬間、唇の動きだけでサスケはそう告げられた。 見とがめたサスケは歩をゆるめず、黙ったまま視線だけをナルトに向ける。 里が彼の者たちの襲撃を受けてまる一日が経ち、被害を受けた現場の検分と初動対応にも一応の目処が立ったのだろう。 移動中の火影とその側近たちは流石に疲れているようではあったが、どの顔も晴れやかだった。 すれ違いざまニヤリと口角を上げた七代目火影が、口元に左手を添えてさらにこう続ける。 (ね・の・こ・く!) 読心術など修めていなくても、実に分かりやすい口の動きだった。 どうせ火影室には自分かナルトが結界を張るのだし、そのくらい口で言えばいいだろう、と思えば多少はやましいのかとサスケは気が付いた。 どうもナルトは他人の前で声にさえ出さなければいいと思っているフシがある。 外見や言動が多少大人びたとしても、人間そう中身は変わらないものだ。 ナルトが仕事の節目節目で自分に会いたがり呼びつけるのは、現火影周辺では周知の事実であり、今夜会うことも当然のように予想されているのだろう。 それを証拠に一団の最後に続くシカマルが、「コイツ後で頼むわ」とでも言うようにサスケにちょっと手を上げた。 勝手知ったる火影専用仮眠室に先に入っていたサスケは、上半身だけ脱いでシャツを両肩にかけた姿だった。 それが照明も点けずに月光の中でベッドの端にちょこんと腰掛けている。 大人しく医者の診察を待つ患者そのものであった。 「お前クソ忙しいし疲れてるだろう。 時間短縮だ」 「いや、もう一段落して家でメシも食ってきたし……。 せっかくだから愛想のない踊り子さんにストリップしてもらおうと思ってたのに」 「だとしたらお触りはなしだな」 「や、それはもういいです。 触らせて」 ナルトがそう言うとサスケはすっと背を伸ばした。 同時に肩から黒いシャツがはらりとベッドに落ちる。 その姿は光量が足りないため色彩を失い、細身で均整の取れた身体の輪郭と濃い影だけが強調されている。 何より片腕が二の腕の途中で切り取られているため、まるで柔らかい石から切り出されたつくりものの彫像のようで、見る者を不安にさせるほどに美しかった。 だけど少し離れた位置から目を細めて眺めるナルトにはよく分かっている。 自分がその身に触れればあたたかく、話しかければ間髪入れず憎まれ口が返ってくると。 それにこの男が最も輝くのは戦いに身を躍らせる時だ。 自分を含めた誰よりも速いために、今回も怪我を負わせてしまったのだけれど。 (よかった、綺麗に治ってる) ナルトはふっと笑うと踊るような足取りでベッドに近付き、サスケの左側にすとんと腰を降ろした。 そのまま右手をサスケの腰に回し左手を心臓あたりに添えると、額同士を軽くくっつけた。 サスケは幼子のようにされるがままになっていて、ナルトの頬に触れる黒髪からは水の気配がする。 こいつもあの後家に帰って少しは休めたらしい。 色々なことが無性に嬉しくて、薄く笑いながら胸を撫で回していると、唇の横でサスケがため息をついた。 「お前、いちいちオヤジ臭い……」 「いい感じに枯れたとか、がっつかなくなったって褒めろよ。 それよりお前こそもう若くないんだから、オレが行く前に見境無く突っ込むな」 「お前の援護が遅すぎる。 実戦から離れすぎて、とうとうついて来れなくなったか?」 「言ってろ」 ぼそぼそと会話しながらナルトは手の甲でサスケの頬を撫で、指で髪を梳いてからこめかみや首筋あたりをそっと押さえた。 そうして満足そうにうんうんと何度も頷くと、指で辿った場所に思い出したように軽い口付け落とす。 それは巣穴で親狐が子狐の毛繕いをしている様子にも似ていた。 触れられる一方のサスケとしてはくすぐったいばかりで多少じれったくなったのだが、いったん始まってしまえばなし崩しであとはほぼ無言になるので、敢えて自分からは手を出さないようにしていた。 「オレの検分は終わったのか?」 「うん、もうちょっと」 ナルトはサスケの肩を引き寄せて反対側の手で耳朶に触れると、その後ろ側に強く唇で吸い付いた。 術者が触れたことに反応し、一瞬そこだけが熱くなる。 サスケがそう思うやいなや、ナルトに正面から強く抱きしめられていた。 終わり!」 (消えるわけがない。 あの時自分で言ったではないか、これは一生消えない印だと) 十代の頃、父親が得意とした避雷針の術を応用し自分なりに完成させたと言ったナルトは、さも当然のように真っ先に自分の相棒にマーキングを施そうとした。 自分たちに今更そんなものが必要なのかどうか、サスケは今でも疑問に思っているのだが、結局はサスケが根負けした形となった。 サスケは左耳の後ろと、あともう一箇所にマーキングされている。 そもそも避雷針うんぬんがただの口実なのかもしれなかった。 ナルトはもともと時空間忍術に長けているとは言い難い。 彼にはかなり負担の重い術であるらしく、あれから十数年が経っても未だその術を使ったことがないからだ。 ナルトが言うには、使うのはサスケの命が重大な危機に陥った時。 おそらく自分は碌な死に方はしないだろうし、ナルトより後までおめおめと生き延びることもないだろう。 そこまで考えてサスケは喉でくつくつと笑うと、運良く残されたもう一方の手でナルトの短い金髪頭を撫でてやった。 そうして今までのお返しとばかりに自分からナルトの首筋あたりに口付けると、察したナルトがマントの襟元をゆるめ始めた。 「なに? 機嫌いいじゃん。 思い出し笑い?」 「……いや、お前はオレの死体全部回収しねえと気が済まねえんだったな」 「当たり前だろ。 どんなことがあっても二人で生き延びるんだっつーの」 そう言われてようやくベッドに押し倒される。 サスケに言わせれば、久しぶりに一緒に戦って以来終始機嫌がいいのはナルトの方だった。 背中と命を預け合った高揚感を抱いたまま、唯一無二の存在とこうやって素肌を重ねるのも悪くはない。 自分の上でナルトが上衣を脱ぐのを手伝ってやりながらサスケが言う。 「オレはお前の抜け殻なんぞに興味はねえな。 ボルトやヒマワリのために墓が要るだろうから、骨くらいは拾ってやるが」 「知ってる。 墓参りも必要ねえよ……。 オレが先に死んだらここに入るから」 脱いだ服をベッドの下に投げ捨てたナルトはうっとりとした様子でそう言い、サスケの心臓の上をそっと押さえた。 そのまま鼓動を確かめるように動かなくなったので、焦れたサスケは金髪頭を抱き込み吐息だけで呟く。 九喇嘛をその身に宿すナルトにとっては、自分一人増えるくらい何の負担にもならないだろう。 オレたちにはこの現世で片割れが心臓を止めるまで、互いの魂にちゃんと居場所が用意されているらしい。 「ところで、死ぬのか生きんのか、結局どっちなんだよ……」 「とりあえず、今はサスケと一緒にイキたい」 そう言われ深く口付けられる。 もう面倒くさい会話は終わりとの合図だった。 サスケはナルトとたまにこうやって睦言のように冗談とも本気ともつかないやり取りをする中で、確かめていることがある。 例えばこの男がオレを取り戻すために躊躇なく互いの腕を吹っ飛ばしたように。 自分もナルトも次世代を守るためならいつか命を投げ出すのだろう。 そうしたら魂は互いの元に還る。 自分たちはお互いに執着しすぎていて、永遠に解脱はできそうにない。 月光の中で溺れていくサスケには、この碧眼の友がうっすらと微笑みを浮かべながら、静かに自分の首を抱く姿さえ見えるような気がした。

次の

姥桜 サスナルの部屋

ナルサス naruto

【マンガ動画】ナルト 漫画 Naruto おじサスナルまとめ R指定は少し気持ち落ち着いたら上げたいです。 マンガ動画】ナルト 漫画 Naruto 男性陣の心配事(NARUTO ナルヒナ、サスサク、サイいのです。 ------------------------- This video was made by my Fan, if this video contains any images, sounds or content that you believe is copyrighted by you, please contact us: tobelieve2017 gmail. com. We are willing to cooperate and remove such content. Thank you for following the channel. Thanks. ------------------------- 動画を気に入って共有する。 チャンネルのYoutubeを購読し、最新のビデオを追跡するために通知ベルをクリック どうもありがとうございました。 Song• Artist• Lanoe Cstal Orami• Licensed to YouTube by• Audiam Label ; Audiam Publishing• Song• Summer Love• Artist• DEAMN• Licensed to YouTube by• TuneCore on behalf of DEAMN ; LatinAutor, BMI - Broadcast Music Inc. , Concord Music Publishing, and 5 Music Rights Societies Show more Show less.

次の