モノ マニア 朝日 店。 コダテマニア

最新買取実績|リユースショップ「モノマニアグループ」

モノ マニア 朝日 店

これまで 120カ国以上を巡り、世界各地の奇妙な光景を撮り続けている。 過酷な現地取材をまとめた写真集『奇怪遺産』(エクスナレッジ)シリーズはベストセラーに。 近年では TBS『クレイジージャーニー』で世界中の異境を探検し、その知名度をさらに高めている。 写真家・佐藤健寿さん。 仕事道具であるカメラはもちろん、旅先での動きやすさを考慮して服装から髪形、自動車までこだわり抜いている。 その佐藤さんが、一目見てハマり、長らく偏愛するもの。 ミニクーパーのサスペンション(*)を開発したイギリス人のアレックス・モールトン博士が、ミニの特許を全部売り払った後に「自転車の分野はまだ開発の余地がある」という考えのもと 1962年に立ち上げたブランドです。 モールトンが斬新だったのは、当時の自転車タイヤは 27インチくらいが主流だったところを、 17インチという小径にしたこと。 そして自転車のフレームに橋梁(きょうりょう)と同じトラス構造(三角形を組み合わせた構造)を取り入れ、軽くて細い骨組みなのにしっかりとした剛性感を持たせたこと。 もっともそれだけだと路面から受けるショックが大きいため、トラス構造のフレームと小さなタイヤの両輪を、ミニ譲りのラバーコーン(ゴム製)のサスペンションでつなげ、小径車なのにマイルドな乗り心地を実現しました。 *車輪と車体をつなぎ、路面からの衝撃や振動を吸収する装置 トラス構造を採用したフレーム。 東京タワーの脚のような形をしている。 佐藤さんはいつ頃からハマったんでしょうか。 佐藤 ぼくは比較的新しいユーザーで、 10年くらい前ですね。 もともとロードバイクが好きで……と言っても今どきのカーボンフレームのバリバリ乗るタイプじゃなくて、昔ながらのクロモリ(*)フレームにビンテージ系のパーツをくっつけて。 しかもそんなに走り回るタイプでもなくて、乗るにしても家のまわりをちょこっと流すくらいで、自分で「インドア系サイクリスト」だと自認してます(笑)。 *クロモリ:鉄にクロモとモリブデンが添加された素材。 だから普段は部屋に置いているのですが、ただ飾りっぱなしではなくて、やっぱりちょっとは乗りたいという思いもある。 がっつり乗るわけでもないから小径車でいいんです。 それで、最初にイギリスの「ブロンプトン」という自転車メーカーの折りたたみの小径車を買いました。 これはこれで趣味性の高い自転車で、今はモールトンより人気があるし、だいたいの人はそこで止まるんですけど、ぼくはその後モールトンにいってしまった。 カメラでもクルマでも何でもそうなんですけど、自分の中で趣味性の高いものを突き詰めていくと行き着くブランドというのがあって、自転車の場合、それがモールトンだったんですよね。 ? 佐藤 価格帯は二段階あって、いわゆる「お城製」と「パシュレイ社製」でかなり違います。 お城製というのは、もともとモールトン博士が「ザ・ホール」という城に住んでいてその敷地内にファクトリーを設けていたから。 そこで造られるパーツは、例えばフレームだけでも 100万円以上します。 モールトンにはお城製とは別にパシュレイという会社でライセンス生産している製品がありますが、それでも 30万円ぐらいですね。 モールトンは値段も値段ですし、生産量も少なく、注文してから届くのが 2、 3年と聞いていたから、当初これは普通じゃない人が買うものだと思ってたんです。 でもあるとき小径車屋さんに入ったら、幻のお城製が 1台つるし(完成車)で売られていて。 それが本当にレアな 1台だったので、けっこうなお値段だったんですが、その場で買ってしまいました。 フレームのみで 100万円くらいなので、全部合わせるとそこそこの中古自動車が買えるくらいです。 つまり買い物や観光の足として使って停めておくのはダメです、と。 でも、ぼくは打ち合わせなんかにも乗っていっちゃいますけどね。 もちろん出先で屋内に入れられるという確信があってこそですけど。 ただ、知名度がそもそも高くないので、スポーツバイクほど狙われている感じはしません。 新宿とか走っていると、社会的地位の高そうな人から『すごいの乗ってるね』って話しかけられたりしますね。 だいたい 50歳以上のスーツを着た、お金を持ってそうな人(笑)。 後輪とフレームをつなぐのはラバーコーンのサスペンション。 まず、普通の自転車屋さんは修理の仕方がわからない。 パンクくらいなら直せると思いますけど、ただ今となっては 17インチも特殊なタイヤ径で交換タイヤがないんですね。 しかも数年前に、メーカー自身が 17インチのタイヤの生産を一時停止したらしく、モールトンコミュニティーの中でにわかにタイヤ価格が高騰したり買い占め騒動が起きたりするという珍事が起きました。 その後徐々に流通が回復してきてるみたいですが、今ではモールトンもタイヤのサイズの主流を 20インチに移行しつつあるようですね。 あとはある種、工芸品みたいなところがあって、技術力の高い自転車屋さんで買わないと、センターがズレてたり、アライメント(*)、サスペンションの調整ができなかったりします。 幸い主要都市には少なくとも専門店が 1店舗はありますが。 佐藤 はい、やっぱり乗り心地はいいですね。 よく「シルキーライド」って言われますが、石畳の多いヨーロッパで生まれたからか、道路のデコボコを上手に吸収してくれます。 あとは、本当に見ていて飽きないんですよね。 盆栽的な美しさというか、仕事中にちょっと疲れて室内に置いたモールトンにふと目をやることがありますが、そのたびに「カッコいいな」と惚れ直します。 どの角度から見てもカッコいい。 構造や造形に魅せられるという感じですね。 見た目はコンパクトだが、性能は高く、スピードもかなり出る それと、多少のクセはありますけど、フルサイズのロードサイクルの部品が装着できるのでカスタムの自由度が高いのもいいですね。 ぼくが乗っている車種だと優雅さを求めたカスタムにするのが一般的ですが、王道のパーツはほぼ付けずに、カーボンパーツを付けて軽量化したり、ロングライドとかするわけではないので前後ともシングルにしたり、ある種邪道なカスタムを楽しんでいます。 佐藤 だいたい 8. 5kgくらいかな。 折りたたみではないのですが、真ん中で簡単に分割できるのでクルマにも載せやすいですよ。 一度モールトンで東京湾を時計回りに一周したことがあって、千葉を経て南房総の金谷から横須賀の久里浜までフェリーで渡ったんですが、ギア変速も出来ないので横浜を過ぎたあたりで「もう限界だ!」と思って、分割してタクシーに載せて帰ってきたこともあります(笑)。 ただ、車体の軽さやコンパクトな見た目とは裏腹に自転車としてはしっかりしているので、けっこう走れるんですよね。 プロダクトとして見ると、最新技術を備えた製品には性能で負けているかもしれないけど、何か一点が秀でているブランドが好きですね。 それはどんなジャンルにでもだいたいあるじゃないですか? なんか使いにくいんだけど、デザインがいいし、他では替えられない価値があるみたいな。 例えば……って、自分で言っといて他になにかあったっけな?と思うんですけど(笑)。 (文・熊山准 写真・野呂美帆).

次の

会社案内

モノ マニア 朝日 店

百貨店業界が新型コロナウイルスの直撃を受けている。 頼りの訪日外国人客が激減し、緊急事態宣言による外出規制が追い打ちをかける。 食料品以外のフロアは閉めざるをえない。 そんなタイミングで本書『百貨店・デパート興亡史』(イースト新書)が発売された。 「江戸時代から続く"小売の王様"は、その使命を終えたのか?」という帯が付いている。 主要都市で「百貨店閉店」 著者の梅咲恵司さんは1971年生まれ。 同志社大学商学部卒業後、地方銀行勤務を経て、現在は、「週刊東洋経済」副編集長、兼報道部消費・生活チームのリーダー。 『週刊東洋経済 名古屋臨時増刊2016・飛翔する名古屋』や『週刊東洋経済 名古屋臨時増刊2017・名古屋の逆襲』編集長も務めた。 「江戸時代の呉服屋に起源を持ち、およそ四〇〇年の歴史を誇る百貨店。 近代小売業の先駆、業界のトップとして、日本の消費文化を創ってきた。 しかし、いまや経営は厳しさを増す一方で、その存在が揺らいできている。 三越、伊勢丹、高島屋、松坂屋、大丸、西武、東急、阪急......。 かつて隆盛を極めた百貨店は、商品販売で、宣伝戦略で、豪華施設で、文化催事で、いかにして日本社会を牽引してきたのか。 確かにコロナ以前から百貨店業界は大揺れだ。 地方の主要都市で「百貨店閉店」のニュースが報じられている。 以下、最近の朝日新聞の見出しを拾ってみた。 「県庁所在地で初、百貨店が消える 山形の老舗大沼が破産」(20年1月27日) 「そごう徳島店、20年8月末に閉店 驚き広がる」(19年10月11日) 「西武大津店が20年8月閉店 売上高ピークの3割」(19年10月11日) これらはいずれも県庁所在地の動きだ。 「消えゆく百貨店、生き残りに苦闘 『地域にゼロ』の県も」(19年11月18日)という記事もあった。 最近では、「松坂屋豊田店」や「三越恵比寿店」などさらなる閉店の動きも各紙で伝えられている。 大再編後も続く深刻な販売不振 本書は、「序章『イノベーター』として君臨した百貨店」から始まり、以下の構成。 近年の象徴的な出来事として、「不振にあえぐ『西武』と『そごう』の合併」、「関西の両雄、『阪急』と『阪神』まさかの経営統合」、「老舗中の老舗、『大丸』による『松坂屋』の救済合併」、「百貨店の牽引役、『三越』と『伊勢丹』の大型統合」などを取り上げ、「大再編後も続く深刻な販売不振と『地方百貨店』の崩壊」について論じている。 結局のところ、なぜ百貨店・デパートは駄目になったのか。 業界再編の動きが本格化したのは2000年代に入ってから。 そごうと西武は01年に包括的な業務提携を結び、03年に経営統合したが、思わしくなく、06年にはセブン-イレブンやイトーヨーカドーを展開するセブン&アイ・ホールディングスの傘下に入った。 日本百貨店協会の統計によると、2018年の全国百貨店の売上高は5兆8870億円。 これはピークだった1991年の約6割にとどまっている。 百貨店の数も1999年の311店から2019年の5月時点では202店に激減している。 不振の理由は、主力商品だった衣料品が売れなくなったことが大きいという。 単価が高く採算性が良かった衣料品が売れないために百貨店の収益も悪化したというのだ。 背景にはバブル崩壊後の日本経済全体の沈滞があり、消費税の導入、利率アップもあって、中間層の財布のひもが固くなったことが影響しているという。 今や百貨店の中に「ユニクロ」が入っている時代だ。 そごうと西武がセブン&アイ・ホールディングスにのみ込まれたことは、状況を象徴しているといえる。 加えて、ネットショッピングの普及も大きい。 海外、特にアメリカの百貨店はその影響をもろに受けた。 百貨店再生への処方箋も このところ、苦境の百貨店業界の救世主ともなっていたのが、訪日外国人客だ。 2011年には8135億円にすぎなかった訪日外国人の消費額は2018年には4兆5189億円。 高級品の売れ行きも加速し、東京・銀座の松屋銀座や銀座三越では免税売上高が20%台に達していた。 その姿がパタッと消えたのが2月以降の百貨店だ。 3月の途中からは、日本人の客足も鈍り、4月に入ると、緊急事態宣言で事実上の休業を強いられている。 本書はコロナ騒動の前に原稿が出来上がっているので、そのあたりの論及はないが、たいへんな状況になっていることだろう。 この数日でも、関連の芳しくないニュースが矢継ぎ早に報じられている。 「オンワード 不採算店舗700店閉鎖へ」(NHK、4月13日)、「三陽商会 4期連続最終赤字 最大150店舗を閉鎖へ」(NHK、4月14日)など、アパレル大手が実店舗を大幅に縮小するとのニュースが流れている。 百貨店内の店舗でも、クローズされるところが出てくるだろう。 「三越伊勢丹、融資枠要請 大手2行に800億円 新型コロナ対応」(時事通信、4月15日)などという厳しい情報も。 観光庁が4月15日に発表した3月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比93%減で過去最大の減少だ。 コロナが沈静化しても、頼りの中国人観光客は当分戻ってこないだろうし、日本人も高額商品を買うような心理状態になるには、時間がかかると思われる。 本書では、百貨店再生への処方箋もいくつか掲載されている。 「不動産ビジネス」として活路を拓く、という提言もある。 その象徴として、「ギンザ シックス」をあげている。 百貨店側が不動産会社や商社と一体になって立ち上げた施設だ。 高級感を打ち出し、外国人向け比率が約3割。 こちらも今回は、相当なダメージを受けていると思われるが、オフィス用の賃貸フロアもかなりあるので、百貨店単体よりは軽減されているかもしれない。 BOOKウォッチではアパレルと百貨店の関係を『アパレル興亡』(岩波書店)で紹介。

次の

奇妙なモノを追い続ける写真家・佐藤健寿がハマった美しい小径自転車モールトン

モノ マニア 朝日 店

百貨店業界が新型コロナウイルスの直撃を受けている。 頼りの訪日外国人客が激減し、緊急事態宣言による外出規制が追い打ちをかける。 食料品以外のフロアは閉めざるをえない。 そんなタイミングで本書『百貨店・デパート興亡史』(イースト新書)が発売された。 「江戸時代から続く"小売の王様"は、その使命を終えたのか?」という帯が付いている。 主要都市で「百貨店閉店」 著者の梅咲恵司さんは1971年生まれ。 同志社大学商学部卒業後、地方銀行勤務を経て、現在は、「週刊東洋経済」副編集長、兼報道部消費・生活チームのリーダー。 『週刊東洋経済 名古屋臨時増刊2016・飛翔する名古屋』や『週刊東洋経済 名古屋臨時増刊2017・名古屋の逆襲』編集長も務めた。 「江戸時代の呉服屋に起源を持ち、およそ四〇〇年の歴史を誇る百貨店。 近代小売業の先駆、業界のトップとして、日本の消費文化を創ってきた。 しかし、いまや経営は厳しさを増す一方で、その存在が揺らいできている。 三越、伊勢丹、高島屋、松坂屋、大丸、西武、東急、阪急......。 かつて隆盛を極めた百貨店は、商品販売で、宣伝戦略で、豪華施設で、文化催事で、いかにして日本社会を牽引してきたのか。 確かにコロナ以前から百貨店業界は大揺れだ。 地方の主要都市で「百貨店閉店」のニュースが報じられている。 以下、最近の朝日新聞の見出しを拾ってみた。 「県庁所在地で初、百貨店が消える 山形の老舗大沼が破産」(20年1月27日) 「そごう徳島店、20年8月末に閉店 驚き広がる」(19年10月11日) 「西武大津店が20年8月閉店 売上高ピークの3割」(19年10月11日) これらはいずれも県庁所在地の動きだ。 「消えゆく百貨店、生き残りに苦闘 『地域にゼロ』の県も」(19年11月18日)という記事もあった。 最近では、「松坂屋豊田店」や「三越恵比寿店」などさらなる閉店の動きも各紙で伝えられている。 大再編後も続く深刻な販売不振 本書は、「序章『イノベーター』として君臨した百貨店」から始まり、以下の構成。 近年の象徴的な出来事として、「不振にあえぐ『西武』と『そごう』の合併」、「関西の両雄、『阪急』と『阪神』まさかの経営統合」、「老舗中の老舗、『大丸』による『松坂屋』の救済合併」、「百貨店の牽引役、『三越』と『伊勢丹』の大型統合」などを取り上げ、「大再編後も続く深刻な販売不振と『地方百貨店』の崩壊」について論じている。 結局のところ、なぜ百貨店・デパートは駄目になったのか。 業界再編の動きが本格化したのは2000年代に入ってから。 そごうと西武は01年に包括的な業務提携を結び、03年に経営統合したが、思わしくなく、06年にはセブン-イレブンやイトーヨーカドーを展開するセブン&アイ・ホールディングスの傘下に入った。 日本百貨店協会の統計によると、2018年の全国百貨店の売上高は5兆8870億円。 これはピークだった1991年の約6割にとどまっている。 百貨店の数も1999年の311店から2019年の5月時点では202店に激減している。 不振の理由は、主力商品だった衣料品が売れなくなったことが大きいという。 単価が高く採算性が良かった衣料品が売れないために百貨店の収益も悪化したというのだ。 背景にはバブル崩壊後の日本経済全体の沈滞があり、消費税の導入、利率アップもあって、中間層の財布のひもが固くなったことが影響しているという。 今や百貨店の中に「ユニクロ」が入っている時代だ。 そごうと西武がセブン&アイ・ホールディングスにのみ込まれたことは、状況を象徴しているといえる。 加えて、ネットショッピングの普及も大きい。 海外、特にアメリカの百貨店はその影響をもろに受けた。 百貨店再生への処方箋も このところ、苦境の百貨店業界の救世主ともなっていたのが、訪日外国人客だ。 2011年には8135億円にすぎなかった訪日外国人の消費額は2018年には4兆5189億円。 高級品の売れ行きも加速し、東京・銀座の松屋銀座や銀座三越では免税売上高が20%台に達していた。 その姿がパタッと消えたのが2月以降の百貨店だ。 3月の途中からは、日本人の客足も鈍り、4月に入ると、緊急事態宣言で事実上の休業を強いられている。 本書はコロナ騒動の前に原稿が出来上がっているので、そのあたりの論及はないが、たいへんな状況になっていることだろう。 この数日でも、関連の芳しくないニュースが矢継ぎ早に報じられている。 「オンワード 不採算店舗700店閉鎖へ」(NHK、4月13日)、「三陽商会 4期連続最終赤字 最大150店舗を閉鎖へ」(NHK、4月14日)など、アパレル大手が実店舗を大幅に縮小するとのニュースが流れている。 百貨店内の店舗でも、クローズされるところが出てくるだろう。 「三越伊勢丹、融資枠要請 大手2行に800億円 新型コロナ対応」(時事通信、4月15日)などという厳しい情報も。 観光庁が4月15日に発表した3月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比93%減で過去最大の減少だ。 コロナが沈静化しても、頼りの中国人観光客は当分戻ってこないだろうし、日本人も高額商品を買うような心理状態になるには、時間がかかると思われる。 本書では、百貨店再生への処方箋もいくつか掲載されている。 「不動産ビジネス」として活路を拓く、という提言もある。 その象徴として、「ギンザ シックス」をあげている。 百貨店側が不動産会社や商社と一体になって立ち上げた施設だ。 高級感を打ち出し、外国人向け比率が約3割。 こちらも今回は、相当なダメージを受けていると思われるが、オフィス用の賃貸フロアもかなりあるので、百貨店単体よりは軽減されているかもしれない。 BOOKウォッチではアパレルと百貨店の関係を『アパレル興亡』(岩波書店)で紹介。

次の