ノン アルコール ビール 軽減 税率。 お歳暮・お中元は軽減税率の対象になる?

軽減税率とは?いつから、なぜ導入されるのか?

ノン アルコール ビール 軽減 税率

Getty Imagesより 生活防衛、健康のため、ノンアルコール飲料に高まる関心 消費増税を機に、ノンアルコール飲料の市場が伸びそうだ。 今年4~5月にサントリーが行なったによると、消費増税をきっかけに、4割以上の人が「休肝日をつくる機会が増えそう」と回答した。 また、「ノンアルコールビールテイスト飲料の使用頻度が増えそう」と回答した人も4割を超えた。 調査結果からは、生活防衛、健康のためにアルコールの摂取を減らそうとする傾向、その結果、ノンアルコールビールをはじめとするノンアルコール飲料に関心が高まっている様子がうかがえる。 ノンアルコール飲料の市場規模は10年間で約4倍に 市場にノンアルコールビールが登場したのは2009年のこと。 その後、味がよくなったことで2012年に市場が一気に拡大。 以降、ノンアルコール飲料市場は、微増ながら堅調に拡大している。 2018年 約4,660万ケース(内ノンアルコールビールテイスト飲料 約4,028万ケース) 2019年見込 約4,778万ケース(内ノンアルコールビールテイスト飲料 約4,091万ケース) 同調査結果によると、種類としてはノンアルコールビールが主流だが、ノンアルコールRTDテイスト飲料(Ready To Drink:そのまますぐ飲める缶入りのノンアル酎ハイ、ノンアルカクテル等)も、堅調に微増で推移している。 ノンアルコール飲料の市場規模は、2018年は対前年103%と推定。 2019年も対前年103%と伸長し、10年前と比較して4倍以上の市場規模になるものと推定されている。 ノンアルコール飲料を飲む理由は、以前は、「車を運転するから」「明日の予定に響くから」など、やむを得ず飲んでいた人が多かった。 しかし今回の調査では、ノンアルコール飲料をより高い頻度で飲む人は、「アルコール飲料と味が遜色ないから」「加齢により健康が気になるため」「体の脂肪が気になるから」など、おいしさや健康面への効果を期待して選択していることがわかった。 おいしくて、健康を損なわなくて、軽減税率対象だからおサイフにもやさしいノンアルコール飲料。 これを機に、従来のビールからノンアルコールビールに変えてみようと思う人が増えても不思議ではない。 ヘルシー志向のノンアルコールビールがトップ10入り ひとくちにノンアルコール飲料といっても、実際どんなものが飲まれているのか。 1位はパナバックとドイツの老舗メーカーとの共同開発という「ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー 」。 原料はプレミアムモルト、ファインホップと天然水のみで、添加物は一切使用していないというもの。 2位はサントリーの「オールフリー」。 「まるでビールを飲んでいるよう」とコメントされているように、擬似ビールとしての秀逸さがポイントだ。 3位はSouth Australian Brewing Companyの「ブローリー プレミアムラガー」。 ユーザーコメントによると、「原料、製法がほぼビールと同じなので(アルコール度数が0. 9%になった時点で発酵を止めている)、ビールを飲んでいるのとほぼ同じ味わいが楽しめる」のだそうだ。 アルコール度数がゼロではなく0. 9%あるので運転などはできないが、あまり酔いたくはないが飲みたいときにはよいチョイスかもしれない。 4位はアサヒビールの「ドライゼロ」。 「くせがなくて飲みやすい」、「スーパードライっぽい味」と、人気ブランドの擬似ビール路線。 5位は日本ビールの「龍馬」。 添加物不使用、プリン体ゼロ、低カロリーが売り。 また、6位から10位には、脂肪の吸収を抑えるトクホ(特定保健用食品)タイプ、コラーゲン入り、ライム風味など、さまざまな特徴で付加価値をつけたビールがランキング入りしている。 ひとくちにノンアルコールビールといっても、アルコール度数、カロリー数、糖質のパーセンテージ、製法、味、機能など実にさまざまだが、ヘルシー志向という点は共通している。

次の

【飲食店の軽減税率】外食は10%でテイクアウトは8%?判断基準を税理士が解説!|スモビバ!

ノン アルコール ビール 軽減 税率

POINT• 食品表示法に規定されている「飲食料品」は軽減税率8%。 ただし、酒類や医薬品等は、軽減税率の対象外• 飲食店での「外食」は標準税率10%• 飲食店でのテイクアウトやレジ前の菓子の購入、ピザなどのデリバリーは軽減 2019年10月1日から始まる軽減税率の概要 最初に今回の軽減税率制度の概要について説明しましょう。 消費税の税率は、2019年10月1日から標準税率10%へ引き上げられ、一定の品目については軽減税率制度により税率8%となる複数税率が予定されています。 軽減税率8%が適用になるのは、次の2品目の譲渡です。 なお、後述しますが、この飲食料品の譲渡には、「外食」や「ケータリング」は含まれません。 また、飲食料品の輸入(保税地域からの引き取り)についても、軽減税率の対象となります。 食品表示法では、「食品」はすべての飲食物(食品衛生法に規定する「添加物」を含む)をいいますが、いわゆる「医薬品」、「医薬部外品」、「再生医療等製品」を除くとされています。 例えば、コンビニで買える栄養ドリンクでも、清涼飲料水である「Red Bull」は軽減税率の対象となり、医薬部外品である「ユンケル」は軽減税率の対象となりません。 軽減税率8%の対象となる飲食料品の概要は次のとおりです。 国税庁「」から引用。 飲食店における軽減税率8%、標準税率10%の判断基準は? ここからは、飲食店における軽減税率の判断ポイントを見ていきましょう。 飲食店での「外食」やカラオケボックスでの飲食は標準税率10% 「外食」は軽減税率の対象とならないとされています。 ここでいう外食とは、テーブルなどが置いてある店で飲食をすることをいいます。 この飲食設備は、事業者自らが設置したもののほか、設備設置者から使用許可を受けている場合も含みます。 一般的にはレストランや居酒屋、喫茶店、フードコートなどでの食事の提供がこれにあたりますね。 おでん屋やラーメン屋の屋台のように事業者が飲食設備を設置している場合も軽減税率の対象とはなりません。 また、カラオケボックスや映画館、ホテルのルームサービス等で飲食する場合は、部屋や座席といった飲食設備を使用することになりますから、これら特定の施設での飲食料品の提供は軽減税率の対象となりません。 飲食店での「テイクアウト」や「レジ前の菓子」の購入は軽減税率8% 飲食料品を持ち帰りのための容器に入れ、または包装を施して行う譲渡、いわゆるテイクアウトは外食に含まれないため、軽減税率の対象となります。 また、飲食店で飲食し、その後残りを持ち帰った場合などは、提供時点では外食であるため軽減税率の対象になりません。 その飲食料品の提供等を行った時点で判定することとなっています。 回転寿司店などでは、お客様が案内された席で寿司をパック詰めして持ち帰ることができる場合がありますが、店内での飲食と区別されない状態での食事の提供は軽減税率の対象となりません。 もちろん、持ち帰り用として注文を受け、パック詰めをして提供するものは軽減税率の対象となります。 また、キッチンカーや弁当の露店販売など、飲食設備を設置しておらず、公園のベンチなど顧客以外の者も自由に使用できるもので使用許可(お祭りなどの催しで講演を占有する場合は公園使用許可が必要です)を取っていない場合などは、軽減税率の対象となります。 それから、飲食店であっても、レジ前での菓子の販売など、持ち帰りを前提とした飲食料品の販売は軽減税率の対象となります。 「ケータリング」は標準税率10% 外食と並んで、ケータリングも軽減税率の対象とならないとされています。 ケータリングとは、相手方が指定した場所において行う加熱、調理又は給仕等の役務を伴う飲食料品の提供をいいます。 出来上がった料理を宅配するのとは違い、ケータリングは現地で調理や給仕というサービスも料金に含まれるため、それが自宅であっても外食に準ずるものとして、軽減税率の対象とはならないのです。 ただし、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などでの飲食料品の提供や、学校給食として行う飲食料品の提供などのうち、同じ日の間に同じ者に対して行う飲食料品の提供の税抜き対価額の金額条件など一定の要件を満たすものについては軽減税率の対象となります。 具体的な対象範囲や要件について詳しくは 国税庁 「」を参照ください。 飲食料品の「出前」、「デリバリー」は軽減税率8% そば屋の「出前」やピザの「デリバリー」などは、できあがった飲食料品を単に届けるだけであるため、軽減税率の対象となります。 「果物狩り」や「潮干狩り」は標準税率10% 果樹園での果物狩りや潮干狩り、釣り堀等の入場料については、お客様が果物を収穫するなどし、その場で飲食するといったイベントとしての役務の提供になりますので、飲食料品の譲渡に該当せず、軽減税率の対象となりません。 ただし、収穫した果物等について別途対価を受け取る場合には、飲食料品の譲渡として軽減税率の対象となります。 例えば、あるぶどう農園での料金システムは次のようになっています。 入園料500円• 粒もぎ取り食べ放題30分毎に1,000円• おみやげ販売1kg1,000円 この場合、園内での収穫や飲食の対価である入園料、食べ放題料金は軽減税率の対象となりません。 一方で、持ち帰ることが明らかで別途対価を受け取るおみやげ販売は、軽減税率の対象となります。 まとめ 一言で飲食料品といっても飲食店の場合、外食なのかテイクアウトなのかといったシチュエーションによって税率が異なる場合もあります。 わかりやすい例を挙げると、ファーストフード店で店内で食べれば10%、お持ち帰りだと8%と、同じ商品でも税率が分かれるようになるのです。 軽減税率は対象品目の線引きが難しいですが、正しく理解するために、新しい情報を入手することを意識していきしましょう。 【関連記事】• photo:Getty Images.

次の

【消費税増税】みりんやノンアルコールビールに軽減税率は適用される?Q&Aを確認しよう

ノン アルコール ビール 軽減 税率

ここであげた酒類には、軽減税率(8%)が適用されません。 そのため、2019年10月以降に消費税が増税された場合は、消費税率が10%となります。 酒税法第2条第1項(酒類の定義及び種類) この法律において「酒類」とは、 アルコール分一度以上の飲料(薄めてアルコール分一度以上の飲料とすることができるもの(アルコール分が九十度以上のアルコールのうち、第七条第一項の規定による酒類の製造免許を受けた者が酒類の原料として当該製造免許を受けた製造場において製造するもの以外のものを除く。 )又は溶解してアルコール分一度以上の飲料とすることができる粉末状のものを含む。 )をいう。 出典:酒税法 よくある質問 お酒・アルコールの軽減税率について、よくある質問をまとめました。 ノンアルビールは軽減税率の対象ですか? A. 軽減税率の対象です。 ノンアルビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないため、軽減税率の対象です。 なお、甘酒もアルコール度数が1度未満であれば、軽減税率が適用されます。 料理に使用される料理酒は軽減税率の対象ですか? A. 軽減税率の対象外です。 料理に使用する料理酒(みりん、日本酒、ワインなど)であっても、酒税法に規定する酒類に該当すれば、軽減税率の対象外です。 なお、みりん風調味料(アルコール度数が1%未満)であれば、軽減税率の対象となります。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 お酒・アルコールの取り扱いについては、使用用途ではなく、酒税法に規定するかどうかで軽減税率が決まります。 お酒・アルコールの取り扱い店は、消費税の導入をスムーズに行うためのと合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の