竹の子 保存。 干したけのこの作り方

干したけのこの作り方

竹の子 保存

干したけのこの作り方 まさこ式干したけのこの作り方 干したけのこを作ってみませんか。 かなりの年数保存がきくし、 お煮しめにするととても美味しいです。 またわが家では混ぜご飯に入れて 食べるのも好きです。 孟宗竹で干したけの子を作りますが 他の竹でもできるのではないでしょうか。 わが家では写真のように 大きくなった竹の子も柔らかい上のほうだけとって 干したけのこにします。 でたばかりの竹の子より量が多いし 乾燥しやすいし柔らかくて美味しいです。 もちろんまだ成長してない小さい竹の子も 干し竹の子に出来ます。 竹山の様子 下の写真は平成18年3月7日 平成18年4月29日第3回目の水路の浚渫 山で下の写真のようにむいてもって帰ります。 そうすると大量の竹の子でも持ち帰るのが楽です。 家に帰ったらすぐにふたつわりにして 節の所を取ります。 節をつけて乾燥させてもかまいませんが 出来上がりがきれいですし、 乾燥も速いように思います。 節を取る前に大鍋に水を入れて火をつけておきます。 その中に節を取った竹の子を入れます。 その中に米ぬかを入れます。 そして竹の子が煮えるまで炊きます。 米ぬかがない時はお米を入れてもかまいません。 量が多い時は大鍋でたきますが 少ない時は家庭用の大きい鍋を使います。 それは、プロパンでたきます。 そうすると簡単です。 わが家には乾燥機がありませんので煮えたら 写真のようにストーブで乾燥させます。 このストーブでも結構乾燥ができるから不思議です。 時々場所を変えたりひっくり返したりします。 そうしないと竹の子が焦げることがあります。 竹の子が煮えて水から出したら すぐ乾燥させたが良いようです。 味は変わらないようですか 干し竹の子の色がきれいに出ないようです。 一応乾燥できたら天気のいい日に 太陽に当てて最後の仕上げです。 からからに乾いたらビニール袋に入れて保存します。 かなりきれいに仕上がっているのですが 上の写真ではきれいに見えませんね。 もっときれいな写真ができるまでこれで我慢してください。 竹の子の塩漬け(2005年7月14日UP 2005年5月竹の子をたくさんとりました。 山で竹の皮を取り、家で糠を入れてむき、湯がきました。 今年は干し竹の子は作らないで塩漬けにしました。 塩をたくさん入れて漬けました。 それを7月14日に取り上げました。 それを再び大きな樽に塩漬けしました。 重石も以前と同じものを載せました。 台所に下の写真のように保存しました。 2005年7月16日 水200gに塩200gを入れてよくかき混ぜ 漬け直した塩漬け竹の子に入れました。 少しは水が上がってきていましたが不足気味でしたから。 2006年3月7日 2005年作った冷凍たけのこを解凍して煮しめで食べましたが美味しかった。 塩漬けたけのこも塩抜きして煮〆て食べました。 これも美味しかったです。 たけのこはノンカロリーだからダイエット食品として食べています。

次の

たけのこ 筍 竹の子の種類や違いには!

竹の子 保存

金属製のトレーがあれば使ってください。 タケノコを冷凍したけど解凍するコツは? 冷凍したタケノコを解凍するときはどうしたらいいでしょうか。 使うときは タケノコご飯にしたり、味噌汁の具にしたりが使い勝手がいいのでおすすめです。 チンジャオロースーなどの炒めものに使う時も、冷凍したものをそのまま炒めればいいので手軽ですね。 簡単たけのこレシピを紹介しますね。 煮汁と一緒に冷凍したタケノコは、煮物に使う場合は、 自然解凍してからでもいいですし、 そのままでも使えます。 少し味付けしていますので、煮物の調味料は加減してくださいね。 一回分ずつ小分けにしておくと料理に使うときに便利です。 家庭の冷蔵庫は、頻繁に開閉をしますので温度が一定していませんし、保存期間が長くなればなるほど風味も落ちてきます。 一般的に家庭で冷凍したものは一か月をめどに食べるようにするといいと言われています。 できるだけ風味が落ちない間に早目に食べるようにしてくださいね。

次の

実は簡単!たけのこのアク抜き&保存のコツ

竹の子 保存

たけのこは傷みやすいので、冷蔵庫でも日持ちがしません。 そこで食べきれないときにオススメしたいのが冷凍保存。 美味しく冷凍保存するコツを野菜ソムリエプロの根本早苗先生に教えてもらいました。 茹で方(アク抜き)の方法もおさらいしましょう。 美味しく冷凍するポイントは「繊維を分断して薄く切る」「水分が外に逃げないように閉じ込める」の2つです。 これらのポイントをおさえたオススメの冷凍方法を紹介します。 水分を保持できて風味が抜けにくいので、この方法が最もおすすめです。 だし汁ではなく、コンソメスープや水に浸してもOKです。 1 たけのこを小さく切る アク抜き済みのたけのこを切る。 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りまたはいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 冷凍用保存袋にだし汁と一緒に入れ、冷凍する たけのこを冷凍用保存袋に入れ、だし汁を全体が浸かるくらい加え、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこだけ使ってもよいが、だし汁もそのまま煮ればスープなどに使える。 解凍後はほとんど甘みを感じないのでどんな料理にも使えますが、気になる人は煮物などにしましょう。 1 たけのこを小さく切る 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りかいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 砂糖をまぶしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する 砂糖がたけのこの表面をうっすらと覆うように、両面にまんべんなくまぶす。 1回使用分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこの茹で方(アク抜き)の方法 たけのこを冷凍するときは、事前にアク抜きしておく必要があります。 ここでは米ぬかと赤唐辛子を使う方法を紹介します。 米ぬかはたけのこのえぐみを抜きながらやわらかくする役割、赤唐辛子はぬか臭さを和らげ、保存期間を長くする役割があります。 1 穂先と根元を切り落とし、切れ目を入れる 穂先5cm程度と根元のかたい部分を切り落とし、縦に深さ2cm程度の切れ目を入れる。 切れ目を入れることで、火が通りやすく、アクも抜けやすくなる。 また、茹でた後に皮をむきやすくなる効果もある。 たけのこの根元に紫色のイボがあればそぎ落とす。 2 鍋にたけのこ、米ぬか、赤唐辛子、水を入れる たけのこ2~3本に対して、米ぬか1カップと赤唐辛子2本が目安。 水はたけのこがかぶるまで入れる。 米ぬかの代わりに生米(たけのこ2〜3本に対して大さじ4杯)を入れてもよい。 3 落としぶたをして強火にかけ、沸騰したら弱火で1時間茹でる 落としぶたをするのは、たけのこが浮いて空気に触れると酸化して色が悪くなるため。 沸騰後は、吹きこぼれないように弱火にする。 4 鍋のまま冷ます たけのこの根元の太い部分に竹串を刺してみて、スッと通れば火が通っている。 鍋のまま徐々に冷ますことでアクが抜ける。 流水などで急激に冷やすとアクがきちんと抜けないので注意。 粗熱が取れたら料理に使用できるが、しっかり冷ますほうがよりアクが抜ける。 5 皮をむき、不要な先端を切り落とす たけのこを水で洗ってぬかを流し、切れ目から皮を5枚程度むく。 穂先部分はさらに数枚皮をむく。 穂先を切り落とす。 そのとき、先から包丁でトントンと叩いていき、刃先がスッと入った場所で切る。 落とした部分はかたい皮なので食べない。 やわらかい皮は食べられるので、すべて取り除く必要はない。 根元の粒が写真右のように黒や紫に変色している場合はそぎ落とす。 (写真左は変色していないのですべて食べられる).

次の