第 二 次 スーパー ロボット 大戦 攻略。 第4次スーパーロボット大戦(第4次スパロボ)攻略・解析

第2次スーパーロボット大戦 攻略

第 二 次 スーパー ロボット 大戦 攻略

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 攻略の缶詰 スパロボ、PSP、フローチャート、誕生日、隠し要素 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 データベース・攻略 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 攻略の缶詰へ ご訪問いただきありがとうございます。 スパロボZシリーズの正統続編である 「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」がPSPで発売される。 第2次スパロボZは二部構成となっており、今作はその第一部にあたる。 第一部と第二部は繋がりを持ちつつもそれぞれ独立した 完全新作ストーリーとなっている。 携帯機スパロボシリーズ最大級のボリュームを銘打っており、 そのボリュームは据え置き機のスパロボシリーズに引けを取らない。 続編攻略も宜しくお願いします。 当サイトは"バンダイナムコゲームス"と一切の関係のない、非公式攻略ファンサイトです。 サイト内の名称・商標・画像等全ての権限はそれぞれのゲーム会社・運営会社・運営者に帰属します。 記載されている会社名・製品名・システム名などは各社・各者の登録商標、もしくは商標です。 掲載する一切の文書・画像・データ・ソース等を、複製、転載することを禁じます。 利用において被ったいかなる不利益、被害についても、当サイト管理者は一切の責任を負いません。

次の

第2次スーパーロボット大戦 攻略

第 二 次 スーパー ロボット 大戦 攻略

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 攻略の缶詰 スパロボ、PSP、フローチャート、誕生日、隠し要素 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 データベース・攻略 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 攻略の缶詰へ ご訪問いただきありがとうございます。 スパロボZシリーズの正統続編である 「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」がPSPで発売される。 第2次スパロボZは二部構成となっており、今作はその第一部にあたる。 第一部と第二部は繋がりを持ちつつもそれぞれ独立した 完全新作ストーリーとなっている。 携帯機スパロボシリーズ最大級のボリュームを銘打っており、 そのボリュームは据え置き機のスパロボシリーズに引けを取らない。 続編攻略も宜しくお願いします。 当サイトは"バンダイナムコゲームス"と一切の関係のない、非公式攻略ファンサイトです。 サイト内の名称・商標・画像等全ての権限はそれぞれのゲーム会社・運営会社・運営者に帰属します。 記載されている会社名・製品名・システム名などは各社・各者の登録商標、もしくは商標です。 掲載する一切の文書・画像・データ・ソース等を、複製、転載することを禁じます。 利用において被ったいかなる不利益、被害についても、当サイト管理者は一切の責任を負いません。

次の

第2次スーパーロボット大戦

第 二 次 スーパー ロボット 大戦 攻略

概要 [ ] で表現されたロボットたちが競演する「」の一つ。 PS2で発売された同シリーズの2作目であり、同ハード初の完全新作となる。 全57話。 後の作品では本作の戦いを「 封印戦争」と呼称している。 新規で制作された戦闘アニメーションには、被弾時の仰け反りの演出が新たに追加された。 また、一部の武器でトドメを刺した場合、共通の撃破演出が行われず、専用の演出によって爆破する。 これは以後のシリーズでも多く取り入れられる。 主人公機4体のフィギュアが付属する限定版「 コレクションフィギュアBOX」も 発売された。 「」において、ゴールドプライズ(累計出荷本数50万本以上100万本未満のタイトルに対して贈られる)を受賞した。 あらすじ [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 解説 [ ] 初参戦作品は『 ブレンパワード』・『 勇者王ガオガイガー』・『 機動戦士クロスボーン・ガンダム』・『 鋼鉄ジーグ』の4作品。 この他、参戦作品には表記されていないが、『』からブラックゲッターが登場。 またガンダムシリーズの機体の一部は、原作アニメではなくフィギュアシリーズ『』のデザインとなっている。 『勇者王ガオガイガー』と『鋼鉄ジーグ』は、玩具会社のがスポンサーを務めた作品からの初めての参戦である。 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』は、『真・ゲッターロボ(原作漫画版)』以来の漫画作品からの参戦で、声優のキャスティングや戦闘BGMはゲーム作品『』と同じものを使用している。 やなどの『機動戦士ガンダムF91』にも登場するキャラクターは、本作では『機動戦士クロスボーン・ガンダム』名義で登場。 『』の登場人物、ヴィレッタ・バディムや関連人物のレーツェル・ファインシュメッカーは『』名義で登場しているが、主人公のSRXチームやRシリーズの機体は登場しない。 パッケージ登場機体 [ ]• 鋼鉄ジーグ(鋼鉄ジーグ)• (勇者王ガオガイガー)• (機動戦士クロスボーン・ガンダム)• コン・バトラーV(超電磁ロボ コン・バトラーV)• ゴーショーグン(戦国魔神ゴーショーグン)• ガイキング(大空魔竜ガイキング)• ヒメ・ブレン(ブレンパワード) システム [ ] ここでは、本作特有のシステムや新規追加・変更されたシステムについて解説する。 シリーズ共通のシステムについてはを参照。 本作では、ヘルプ機能の充実やワンボタンによる各動作(ユニット変形、小隊長変更、ステータス画面からキャラクター辞典・ロボット図鑑への移動、マップへのマーキング)など、インターフェイス面でも大幅な強化がなされている。 また新規のシステムも多数搭載された。 小隊システム 複数のユニットで小隊を編成するシステム。 この結果1シナリオで出撃できるユニットの数が大幅に増えることになった。 1小隊は各ユニットに設定されている「コスト」の合計が5以内であれば、最大4ユニットまでを組み合わせることが可能。 このシステムに合わせて様々な変更点がある。 攻撃方法は、敵小隊長ユニットを小隊全体で集中攻撃する「小隊攻撃」と、敵小隊員も攻撃可能だが小隊長ユニット単独で攻撃することになる「単体攻撃」の2種類がある。 パイロットパラメータには小隊長にしたときに発動する「小隊長能力」が、武器パラメータには「小隊攻撃」で小隊員ユニットが自動的に選択する「小隊攻撃武器」(PLA武器)や、「単体攻撃」でのみ使用可能で敵小隊全体を攻撃できる「全体攻撃武器」(ALL武器)がそれぞれ追加されている。 援護システムは、援護攻撃は「単体攻撃」を行う際に、隣接する小隊の小隊長ユニットが「援護攻撃」の技能を習得している場合に攻撃し、援護防御は「援護防御」の技能を習得している同小隊のユニットが防御する。 バリア系特殊能力は、自機にのみ効果があるものと小隊全体に効果を及ぼすものの2つに分けられた。 修理・補給は自分の小隊全体に対しても使用可能。 また、小隊員に修理・補給ユニットがいる小隊は、毎ターン一定のHP・ENが回復する。 小隊の移動力は全ユニットの移動力の平均値になる。 ただし、1機でも移動タイプがあっていない機体が混じっていると、まともに移動ができなくなる(移動タイプが陸のユニットの中に移動タイプ空のユニットを組み込むと、空のユニットが地上扱いで戦闘することになる)。 システムの詳細はを参照のこと。 ダメージのサイズ差補正 これまで回避率にのみ影響していた機体サイズが、本作より与えるダメージにも影響するようになった。 これにより、回避しにくいだけであったサイズLの機体は攻撃力が上昇し、回避しやすいというメリットのみのサイズSの機体は、攻撃力が下がるデメリットも発生するようになった。 原作設定を再現したシステム [ ] 『鋼鉄ジーグ』のシステム 鋼鉄ジーグは、ビッグシューターが同一小隊にいるか5マス以内にいると、ジーグバズーカ・マッハドリルが使用可能になる。 また、中盤で入手するジーグ・パーンサロイドに換装する際やジーグヘッドから鋼鉄ジーグに換装する際も同様の条件を満たす必要がある。 ただし後者はMAP中一度だけしか行えない。 『大空魔竜ガイキング』のシステム 大空魔竜は、ガイキングの出撃時や搭載時で形態が変化する。 MAP上にガイキングが出撃していると大空魔竜は「頭部無し」となり、ガイキングが出撃していないか大空魔竜に搭載している場合は「頭部あり」になる。 頭部の有無で大空魔竜の武装が変化する。 大空魔竜は戦艦扱いなのでガイキングと小隊を組むことはできないが、大空魔竜が7マス以内にいればミラクルドリルがガイキングの武装として追加される。 『ブレンパワード』のシステム 各ブレンパワードは広域バリアの特殊能力を持っており、小隊全体にバリア効果を及ぼす。 また、気力120以上で発動するバイタルジャンプは地形による移動力補正を無視した移動が可能(発揮されるのはブレンパワードが小隊長の場合のみ)。 オリジナルキャラクター [ ] 各キャラクターの詳細は、を参照。 残りの2人は本作で初登場。 彼を主人公とすると『グレートマジンガー』、『鋼鉄ジーグ』や『大空魔竜ガイキング』が序盤の中心となるシナリオが展開する。 ライバルキャラクターが仲間にならない代わりに、このルートのみで仲間になる敵キャラクター(『鋼鉄ジーグ』のタケル)が存在する。 彼女を主人公にすると『戦国魔神ゴーショーグン』や『勇者王ガオガイガー』、『ブレンパワード』が序盤シナリオの中心となる。 ケン太少年とは知り合い。 また、シリーズ初の胸が揺れる(いわゆる「」)主人公でもある。 彼を主人公とするとガンダム系の作品が中心となったシナリオが展開する。 少年兵が戦いの中で戦士として成長していく過程を描いているが、アラド自身のキャラクターにより、過度に悲壮なものではなく明るい展開が多い。 プロデューサーの寺田曰く「アラドは最初から最後まで新米で、最初は敵側だった新米兵が味方に捕まって更生する……というある意味王道パターン」 と述べている。 本来は勝ち気で明るい性格だったが、事故によって自信を失い、閉鎖的になってしまっている。 彼女を主人公とすると序盤は『機動戦士クロスボーン・ガンダム』が中心となったシナリオが展開する。 その他のキャラクター [ ] ククル ヒミカに滅ぼされた古代の王国の姫で、邪魔大王国の女性幹部。 ゼンガーのライバルとなる。 他主人公のライバルは無条件で仲間になるが、彼女のみ必ず死亡するため仲間にすることができない。 ソフィア・ネート アースクレイドルの女性科学者。 安西エリ博士とは友人。 ゼンガーに斬艦刀を託す。 ゼンガー編にのみ登場。 ブルックリン・ラックフィールド クスハの恋人で、虎王機のパイロット。 修行に入ったあと行方不明となりガンエデンに洗脳されてしまう。 クスハ編にのみ登場。 ゼオラ・シュヴァイツァー アラドのパートナー。 アラドが死んだと思い込み、彼の機体であるヒュッケバインMk-IIIを勝手に使われていると憤る。 アラド編にのみ登場。 ツグミ・タカクラ アイビスのパートナー。 自信を失っている彼女を支える。 アイビス編にのみ登場。 スレイ・プレスティ アイビスのライバルでありプロジェクトTDの責任者フィリオ・プレスティの妹。 実は重度のでアイビスがアルテリオンに乗ることを嫌がっている。 アイビス編にのみ登場。 レーツェル・ファインシュメッカー 自らの愛機を「トロンベ」と呼ぶ謎の美食家。 彼の弟はSRXチームにいたらしい。 本名はゼンガー編の最後で明かされる。 ヴィレッタと共に仲間になり、黒いヒュッケバインMk-III(アラド編ではアラドのヒュッケバインMk-IIIを黒く塗装したもの)に乗り込む。 彼の専用BGM「Trombe! 」は、本作でのレオナルド・メディチ・ブンドル(『戦国魔神ゴーショーグン』)との戦闘以外、必ず優先されて流れる。 拘束されていたクスハを助けた。 なお、レーツェル、ヴィレッタの2人はアイビス編では他の主人公よりも仲間になるのが遅くなる。 本作では『超機大戦SRX』ではなく『バンプレストオリジナル』として登場。 イルイ 記憶喪失の少女。 バラルの園(クストース) [ ] ガンエデン 地球の守護者を名乗る人造神。 カナフ クストースの1体。 ガンエデンの僕。 ケレン クストースの1体。 ガンエデンの僕。 魚型でどんな地形でも泳ぐ。 ザナヴ クストースの1体。 ガンエデンの僕。 獣型でどんな地形でも走る。 戦闘アニメでは顔を洗うことも。 以降の作品でも、最終シナリオのBGMでJAM Projectが歌うOPテーマのアレンジが使用されることが多い。 テレビCM [ ] ティザー編 初期のCMではCGムービーを使用したもの。 勝利の鍵 ナレーションは。 小林が以前ナレーションを担当した『勇者王ガオガイガー』の次回予告風の演技で、本作を「勝利の鍵」としている。 記憶の部屋編 初老の外国人の紳士が巨大スクリーンに映し出される本編の映像を見て、戦いの記憶に涙するという内容。 街頭上映 [ ] 本作のPVが全国6大都市の巨大ビジョンで公開された。 購入特典 [ ] 予約特典はDVDソフト「Memorial Giga Disk」。 関連作品 [ ] 攻略本 [ ]• 掲載されていた『』の休刊のため未完で、単行本化もされていない。 バンプレスト監修によるアンソロジーコミック。 バンプレスト監修によるアンソロジーコミック。 複数作家による二次創作4コマ漫画。 2 2003年8月28日初版、双葉社、アクションコミックス。 複数作家による二次創作4コマ漫画。 複数作家による二次創作短編漫画。 複数作家による二次創作4コマ漫画。 複数作家による二次創作短編漫画。 複数作家による二次創作4コマ漫画。 複数作家による二次創作短編漫画。 複数作家による二次創作4コマ漫画および短編漫画。 複数作家による二次創作短編漫画。 複数作家による二次創作短編漫画。 理由は不明だが、参戦作品の一つ『大空魔竜ガイキング』はこれら4コマ・アンソロジーに登場していない。 ムック [ ]• 各BGMは1ループやそれ未満で終了し、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』のBGMは収録されていない。 周辺機器 [ ] 8MB 2003年3月27日 PS2用のメモリーカード。 タイトルロゴがプリントされており、4人の主人公のシールが付属している。 スーパーロボット大戦コントローラー 2003年3月27日 HORI 全ての操作を片手で行えるコントローラー。 本作だけでなく過去に発売された本シリーズにも対応している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2012年1月10日閲覧。 2012年1月10日閲覧。 2012年1月10日閲覧。 『』、2005年5月27日。 2011年10月1日閲覧。 『』、2005年6月30日。 2011年10月1日閲覧。 『』、2003年7月29日。 2011年10月2日閲覧。 『』、2002年11月30日。 2011年10月11日閲覧。 『』、2003年3月25日。 2012年2月29日閲覧。 『』、2003年2月7日。 2011年10月5日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の