バクダン キャンディー。 バクダンキャンディーの通販での販売について【ZIP】

バクダンキャンディー

バクダン キャンディー

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう! みんなにシェアしよう!• 男子なら誰もが一度は経験する懐かしい思い出だ。 ターゲットである子供の人口が減少していることから、コンビニやスーパーに進出した商品を除けば、デザインと味、そして販売エリアは昔のままだったりする。 岡山県の「バクダンキャンディー」もまた、他所ではほとんど知られていない駄菓子の1つだ。 2015年5月18日放送の「ZIP! 」(日本テレビ系)で取り上げられたところ、地元民は「県内限定だったんだ……」と驚き、他県民は「なんだこのシルエットは??」とテレビの前であ然となった。 食べる前のバクダンキャンディー(Chen4さん撮影、より) 岡山県人には当たり前すぎる駄菓子 きっかけは、地方出身者が学生の4割を占める中央大学で、番組スタッフが学生にインタビューしたこと。 多摩キャンパスを歩いていた岡山出身の女性が、「(東京に)バクダンキャンディーがなくて驚きました」と発言したのだ。 「ゴムの中に入ってて……」 「先っぽ切ってチューって食べる」 一緒に歩いていた関東出身の女友達2人は、そんなものがこの世の中に存在するのかと言いたげな表情を浮かべて、「どういうこと??」とつぶやく。 しかし、岡山県人の間では地方菓子という認識がないほどメジャーな氷菓だった。 元祖は新見市の満奇洞観光ドライブイン。 ゴム製容器に入っていて、サイズは小さなバナナ程度。 チューペットと同じように、先端をハサミなどでカットして、中身を吸って食べる。 食べ終わった頃には容器がしおしおになっている。 食後のバクダンキャンディーのゴム製容器(Chen4さん撮影、より) ZIP!の電話取材に応じたドライブイン関係者の話によると、商品名の由来は「製造過程でよく破裂する=爆発するから」。 「作っているときによう破裂するんですわ」 「中に液体を入れるときに結構な圧力で入れますので、入れすぎるとバァーンといっちゃいますね」 フレーバーはイチゴやレモンなど全7種類で、1本200円程度で売られているようだ。 岡山県民は「お祭りや運動会の定番だよね!」と素朴に懐かしがっている。 それ!運動会も定番じゃな? なお、「食べてみたい」という人のために付け加えると、類似品はいくつか出回っているのだが、それらは食べている途中で味が薄くなるようだ。 元祖は「本物は違う!」と強調する。 せっかくなので、岡山に出かけたときは元祖を食したい。 バッタもんのバクダンキャンディー発見 原材料見たら味がすぐ無くなるのが良く分かる。 バクダンキャンディーなんてすぐに味が無くなって氷の味しか残らないと思ってる皆さん 確かにバッタもんはその通りです。

次の

『満奇洞観光ドライブイン (バクダンキャンディー)』by みこしゃん : 満奇洞観光ドライブイン (マキドウカンコウドライブイン)

バクダン キャンディー

知ってます!(笑) バナナロールは他県にいますが、今のところどこでも見たことないです。 なんか似たようなのありますが、ジャムみたいなのが入ってたりと変でした。 あと、鹿児島のジャスコには漬物コーナーにやけに大根の一本まるまるの漬物が大量に売られていたりしましたし。 鹿児島の焼酎売り場の多さにもびっくりしました。 麺!岡山はうどんと中華麺が半々くらいでしたよね?あと蕎麦もあったはず。 長崎はちゃんぽん麺とうどんが半々でした。 今横浜なんですが、横浜は豆腐売り場の絹が3なら木綿1の販売割合みたいで、最初びっくりしました。 私はいろんな県に行ったらほぼ必ずスーパーに行ってみます。 県によって本当に違いますよ。 是非いってみてください。

次の

バクダンキャンディー。 皆さんは知っていますか?岡山県民です。めっち...

バクダン キャンディー

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう! みんなにシェアしよう!• 男子なら誰もが一度は経験する懐かしい思い出だ。 ターゲットである子供の人口が減少していることから、コンビニやスーパーに進出した商品を除けば、デザインと味、そして販売エリアは昔のままだったりする。 岡山県の「バクダンキャンディー」もまた、他所ではほとんど知られていない駄菓子の1つだ。 2015年5月18日放送の「ZIP! 」(日本テレビ系)で取り上げられたところ、地元民は「県内限定だったんだ……」と驚き、他県民は「なんだこのシルエットは??」とテレビの前であ然となった。 食べる前のバクダンキャンディー(Chen4さん撮影、より) 岡山県人には当たり前すぎる駄菓子 きっかけは、地方出身者が学生の4割を占める中央大学で、番組スタッフが学生にインタビューしたこと。 多摩キャンパスを歩いていた岡山出身の女性が、「(東京に)バクダンキャンディーがなくて驚きました」と発言したのだ。 「ゴムの中に入ってて……」 「先っぽ切ってチューって食べる」 一緒に歩いていた関東出身の女友達2人は、そんなものがこの世の中に存在するのかと言いたげな表情を浮かべて、「どういうこと??」とつぶやく。 しかし、岡山県人の間では地方菓子という認識がないほどメジャーな氷菓だった。 元祖は新見市の満奇洞観光ドライブイン。 ゴム製容器に入っていて、サイズは小さなバナナ程度。 チューペットと同じように、先端をハサミなどでカットして、中身を吸って食べる。 食べ終わった頃には容器がしおしおになっている。 食後のバクダンキャンディーのゴム製容器(Chen4さん撮影、より) ZIP!の電話取材に応じたドライブイン関係者の話によると、商品名の由来は「製造過程でよく破裂する=爆発するから」。 「作っているときによう破裂するんですわ」 「中に液体を入れるときに結構な圧力で入れますので、入れすぎるとバァーンといっちゃいますね」 フレーバーはイチゴやレモンなど全7種類で、1本200円程度で売られているようだ。 岡山県民は「お祭りや運動会の定番だよね!」と素朴に懐かしがっている。 それ!運動会も定番じゃな? なお、「食べてみたい」という人のために付け加えると、類似品はいくつか出回っているのだが、それらは食べている途中で味が薄くなるようだ。 元祖は「本物は違う!」と強調する。 せっかくなので、岡山に出かけたときは元祖を食したい。 バッタもんのバクダンキャンディー発見 原材料見たら味がすぐ無くなるのが良く分かる。 バクダンキャンディーなんてすぐに味が無くなって氷の味しか残らないと思ってる皆さん 確かにバッタもんはその通りです。

次の