香典 お金 入れ 方。 法事のお金のマナーとは?袋への入れ方・一周忌の香典相場なども解説

葬式での香典[袋]の表書きの書き方とお金の入れ方や包み方・渡し方!

香典 お金 入れ 方

香典にまつわるマナーの中でもあまり注目されないお金の入れ方ですが、いったいどのような作法があるのでしょうか? ここでは、香典のお金を入れるマナーについて、正しいお札の向きから見ていきましょう。 お札の表裏・上下 日常生活の中でお世話になっているお札ですが、どちらが表または裏であるかについては、意外と正しく知られていません。 実は1万円札の福沢諭吉や5000円札の樋口一葉のような 肖像が印字されている方が表面、肖像が印字されていない方が裏面です。 もう1つ、香典袋に入れる際のお札の向きには上下もありますので見ていきましょう。 ここで1万円札の表面を見てみると、右側に福沢諭吉の肖像画、左側に「壱万円」という金額が書かれています。 そして肖像が印字されている右側が下、金額が書かれている左側が上です。 そしてお札の表裏と上下を区別できることは、実際に香典袋に正しい向きでお札を入れる際に重要になってきます。 お札の入れ方 お札の表裏と上下についてご理解いただいたところで、正しいお札の入れ方について見ていきましょう。 なお、お金の入れ方については、中袋がある場合と中袋がない場合とに分けて見ていきます。 中袋ありの場合 香典袋には中袋と呼ばれる、香典を包む際に実際にお金を入れるための袋が付いています。 コンビニやスーパーなどで市販されている香典袋であれば、中袋が付いているのが一般的です。 中袋に入れる場合は、まず 肖像が印字されている表面を中袋の裏面に向けます。 さらに お札の肖像が袋の底側に来るように入れましょう。 中袋なしの場合 香典袋の中には、中袋が付いていない場合もあります。 中袋が付いていない場合は、お金をそのまま香典袋に包むのが作法です。 香典袋にお金を入れる場合も、お札の向きは中袋に包む場合と同じく 肖像が印字されている表面を香典袋の裏面の方に向け、肖像が底側に来るように包むのがマナーです。 なお香典袋に中袋が付いていない理由としては、 故人のご遺族に不幸が度重ならないようにという願いがあるためです。 地域によっては中袋に包んでよい場合と香典袋に直接包むべきと考える場合とがありますので、この点は親戚の方やご近所の方などに事前に聞いておくとよいでしょう。 香典のお金に関するその他のマナー 香典については多くの方が悩みがちな点として、金額をいくら包めばよいかというものが挙げられます。 ここでは、香典の金額相場について見ていきましょう。 さらに、香典を包む際に心がけるべきお札の枚数や注意点についてもご紹介していきます。 金額相場 香典として包むお金の金額相場は、ある程度の相場は決まっています。 一般的には故人とどのような関係にあったのかによって決まり、特に故人と血縁関係にあった場合は、やや高くなる傾向といえるでしょう。 以下では立場別に香典をいくら包めばよいかについて見ていきます。 親族の場合は一万円~三万円 まず、 故人がご自身の親族である場合は1万円から3万円が相場とされています。 ただし、ご自身と血縁で比較的近いという方の場合は、この相場以上の金額を包むのが一般的です。 具体的には、 故人が親の場合は5万円から10万円、兄弟姉妹の場合は1万円から5万円を包みます。 故人と親しい関係の場合は一万円~三万円 次に、故人とは血縁関係にないものの、 比較的親しい付き合いをしていたという場合は1万円から3万円の相場で包みましょう。 ご近所づきあいで仲のよかった方や古くからの親友の方、日ごろから何かとお世話になっていた方が故人である場合がこの相場に該当すると考えてよいです。 一般的な間柄だった場合は五千円~一万円 故人と付き合いはあるものの あまり親しくない場合は5千円から1万円が相場です。 具体的には、普通の付き合いの知人や友人、会社の同僚が故人であるという場合がこの相場に当てはまります。 以下の記事で香典の金額相場について故人との関係や法要ごとに解説をしていますので合わせてお読みください。 お札の枚数 意外と意識されないことですが、香典でお札を包む際にはお札の枚数にも気を付ける必要があります。 香典で包むお札の枚数は、 1枚・3枚・10枚が理想的です。 逆に 避けるべき枚数が4枚や9枚とされています。 4は「死」を、9は「苦」を連想させる縁起の悪い数字であるためです。 また、地域によっては、偶数枚も2で割り切れる数字であり故人とご遺族の縁が切れてしまうことを連想させるため、避けるべきと考える場合があります。 新札は避ける 香典を包む際、せっかくご遺族にお渡しするのだから刷りたてのきれいな新札を包みたいと考える方もいるでしょう。 しかし、香典関係のマナーでは、 新札は避けるべきとされています。 新札は本来、前から時期が決まっていたおめでたいことに持参する場合で使われるものです。 しかし葬儀などの弔事では新札を使うことは、故人のご不幸を予想して用意していたとみなされます。 ご遺族に不快な思いをさせないためにも、 新札ではなく古いお札を使うようにしましょう。 もし新札しかない場合は、折り目を入れてから包むようにします。 香典袋の書き方 香典にまつわるマナーは、お金の入れ方や相場に関係するものだけではありません。 香典袋への正しい書き方も、覚えておくべき重要なマナーといえるでしょう。 香典袋に書いてあるものは周りから見てわかりやすいため、不適切な書き方をしてあると恥ずかしい思いをすることになるでしょう。 恥ずかしい思いをしないようにするためにも、正しい書き方を知ることが大切です。 表書き 香典袋の書き方の中で一番しておくべきものとして、表書きの種類が挙げられます。 表書きは香典袋の中でも最も目立つ部分であるうえ、宗教や宗派によって使うべきものが異なるためです。 以下では、宗教や宗派ごとに適切な表書きの種類をご紹介します。 仏式の場合 日本で行われている葬儀の9割以上が、仏教の考え方に基づく仏式葬儀です。 このため仏式で適切な表書きを知っておけば、ほとんどの葬儀に参列しても大丈夫でしょう。 さて仏式葬儀の場合、最も一般的に使われるのが 御霊前で、仏教のほとんどの宗派で使われます。 仏教のほとんどの宗派では、亡くなった方は閻魔大王の審判で49日に新しい生まれ変わり先が決まるまでの間、霊の状態でいると考えるためです。 なお仏式でも宗派がわからない場合は、 御香典と記しましょう。 「御香典」は仏教であればどの宗派でも使うことができ、トラブルを避けられるという意味で無難なためです。 浄土真宗の場合 同じ仏式葬儀でも、浄土真宗の場合は少し注意が必要です。 実は浄土真宗の葬儀では、ほとんどの仏教宗派で使える「御霊前」ではなく、 御仏前と書くのが作法とされています。 浄土真宗では亡くなった方は仏様のお力によって霊の状態を経ることなく、すぐさま仏様の状態で極楽浄土に生まれ変わると考えるためです。 言い換えれば浄土真宗で葬儀を行う時点で、故人はすでに成仏したものと考えればよいでしょう。 神式の場合 日本に古くからある神道の葬儀では、ほとんどの仏教宗派の葬儀と同じように 御霊前の表書きを使うことができます。 神道でも亡くなった方は、50日間霊の状態であった後でその家の守護神として生まれ変わると考えるためです。 なお神道ではほかにも 御玉串料・玉串料・御神饌料といった独特の表書きを使うこともできます。 キリスト教の場合 キリスト教の葬儀では、宗派に関係なく使うことのできる表書きに 御花代・御花料があります。 このためキリスト教の葬儀でカトリックかプロテスタントかがわからない場合は、以上のどちらかを使うと無難です。 仏式や神式でよく使われる「御霊前」はカトリックで使うことができます。 このほかカトリックのみで使える「御ミサ料」や、プロテスタントのみで使えるものである「弔慰金」も覚えておくとよいでしょう。 名前 香典袋には表書きとともに名前を書くことも大切です。 名前は表書きの真下に書くのが一般的で、 包んだ個人のフルネームを書くのが作法とされています。 もし、夫婦で一緒に包んだ場合は、夫のフルネームを書いたうえで、左下に妻の下の名前を書きましょう。 さらに、複数人の連名で書いた場合は、3人までであれば立場順に右からフルネームで書きます。 4人以上の場合は部署名などを書いて、詳しい内訳を書いた紙を同封するのが作法です。 金額 香典袋の書き方では、他にも金額も重要です。 この際に 縦書きの場合は漢数字の旧字体を、横書きの場合は算用数字を使う点がポイントです。 書く場所については、中袋の表面か香典袋の裏面左下に書きます。 注意点 香典袋に表書きを書く場合は、いくつか注意すべき点があります。 まず葬儀で持参する場合は、普通の墨ではなく 薄墨を使って書くのがマナーです。 これは、墨に涙が混じって薄くなった様子を想像させることから、故人のご不幸に対する悲しみを示すために使われます。 また、書く際に使うペンも、 サインペンやボールペンは避けましょう。 サインペンやボールペンは冠婚葬祭では略式で使うものとみなされ、使うことでご遺族への誠意が疑われる可能性があるためです。 香典袋の包み方• お札には表面と裏面があり、肖像が印字されている面が表面である。 また、上下もあり、香典関係では肖像が印字されている側が下側となる。 お札を入れるときは中袋や香典袋の裏面側にお札の表側を向け、さらに肖像が底側に来るようにする。 香典の金額相場は、故人との関係によってさまざまだが、特に血縁関係にある場合は多めに包む。 故人が親族の場合や親しい付き合いのあった方の場合は1万円から3万円、普通の知人や友人の場合は5千円から1万円が相場である。 お札の枚数は1枚・3枚・10枚がおすすめである一方、4枚や9枚は縁起が悪いとされるため避けるべきである。 また、新札の使用は故人のご不幸を予期していたと思われかねないため、古いお札を使うか新札に折り目を入れて使う。 香典袋の表書きは、葬儀を行う宗教や宗派に合わせて適切なものを使う。 「御霊前」は宗教や宗派に関係なく広く使われる。 名前は包んだ個人のフルネームで書くのが基本だが、複数人が一緒に包んだ場合は作法に基づいて連名で記す。 葬儀の場合は薄墨を使って書き、また書く際にはサインペンやボールペンは使わないようにする。 香典袋を包む際には、広げた袱紗の真ん中より右寄りに香典袋を置き、右・下・上・左の順に包んでいく。 香典のお金を入れるときは、お札の表面を中袋や香典袋の裏側に向け、肖像が底側に来るように入れましょう。 やや細かいことですが、故人にきちんと弔意を示すうえで大切なことですので、覚えておいて損はありません。 「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、一周忌の香典の相場について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

お葬式の香典 お金の入れ方と包み方は?お札を裏向きに入れる理由|じゃかいよ!自由気ままにちびっと語ってみらんけ?

香典 お金 入れ 方

葬式の重要なマナー「香典袋」の種類や選び方!偶数の水引はダメ?! 葬式の香典袋には、色々な種類がありませんか? 「袋にはどんな種類があるのか?」葬式の香典袋の選び方について説明していきますね! どれが最適?葬式の香典袋の種類をチェック! 葬式の香典で使う袋は、「 印刷」と「 水引付き」の2種類を見かけるのではないかと思います? それは、葬式に行くか、郵送するかどうかによって、最適な香典袋の選び方が違ってくるからです。 印刷の葬式用香典袋は、現金書留に入れやすいサイズなので 郵送したい時に使用しましょう。 「 物事を2度と繰り返さない」という意味合いをもつ結び方「 結びきり・ あわじ結び」の水引が、葬式の香典袋や結婚式のご祝儀袋などには使用されます。 葬式のマナー!宗教による香典袋の選び方? 葬式においては、 宗教によって香典袋の選び方に違いがあるので、故人の宗教にそったものを用いましょう。 先方の宗教と全く違った香典袋の選び方をしたら、葬式当日に赤っ恥をかいてしまう事になります。 各宗教の葬式ごとに、使用される香典袋の種類をまとめましたので参考にしてみて下さいね。 無宗教の際は、極力 無地を使用しましょう。 無宗教だからといって、葬式用の香典袋の種類が何でも良いという訳ではありません。 水引の色の特徴として、香典の金額が高い時には「 双銀」が使用される傾向があります。 葬式の香典に偶数はタブー?!袋の水引に注目! みなさんは、葬式の香典袋にある水引の本数を数えた事がありますか? 香典袋は葬式の受付ですぐに渡してしまうので、水引の本数が偶数か奇数かなんて注視した事がないかもしれませんね。 実は、葬式でよく見かける香典袋の水引をチェックすると、 偶数が使用されてない事がわかります。 何故なら、水引の数は、中国の 陰陽説が起源であると言われているからです。 陰陽説では、「偶数は陰数(良くない数字)」「奇数は陽数(良い数字)」とされています。 それによって、葬式で使用されている香典袋の水引には、陰数である偶数が使用されていないのです。 一般的には「 5本」と「 7本」が多く、格式を重視する葬式の場面では「 7本」の水引が使用された香典袋が好まれます。 日本では、9は「苦しみ」を連想させる為、奇数であっても水引の本数として使用されていません。 葬式での香典[袋]のお金の入れ方や包み方の基本! 葬式の受付で渡す香典袋には、お金の入れ方や包み方について、ちょっとした決まりがあります。 コツを覚えて、葬式でスムーズな対応を心掛けましょう。 葬式に出るなら覚えよう!香典袋の失敗しないお金の入れ方! 中袋へのお金の入れ方には、注意したいポイントが2つあります。 1つ目は「 新札」を入れない事。 新札を使った場合、「 死を予期して用意していた」といった悪印象を与えてしまう事も懸念されます。 手元に新札しかないなら、一度 折り目をつけてから香典袋の中へ入れるのがポイントです。 2つ目は「 お金の 向き」を揃える事。 香典のお金は、 同一紙幣で揃える事も重要です。 お札の方向を揃えてから、 肖像画のある面が葬式に持参する香典袋の 下にくるように入れましょう。 もう一つ注意をしたい点は、中袋の表側に「 お札の裏側」が面するように入れる事です。 一度身につけてしまえば、いざという時でも慌てずに済むので忘れずに覚えておきましょう。 葬式へ持参する香典[袋]の包み方をチェックしよう! 葬式の香典は、「 ふくさ」に包んで受付で渡すのが一般的な方法です。。 葬式で使用する場合、香典袋を包むふくさの色は、「 紫」や「 深い緑色」など、出来るだけ地味な色を選びましょう。 結婚式の祝儀袋で使うような明るく華やかな色のふくさは避けましょう。 もしも、地味な色のふくさを持っていないのであれば、新しく購入するか、家族や知り合いに借りておきましょう。 葬式のマナーを守った香典[袋]の渡し方とは?郵送で送る方法も! どう頑張っても葬儀に参列できず、香典を郵送で送る場合はどうしたら良いのでしょうか? 葬式で遺族に不快な思いをさせない為に、マナーを守った香典の渡し方をお教えします。 葬式での正しい香典[袋]の渡し方!郵送で送るのはダメ? 葬式の受付では、ふくさから香典を出す渡し方が基本です。 そして、葬式の香典は、「この度はご愁傷様でございました」や「心よりお悔みを申し上げます」など、 お悔やみの言葉を添えるのがマナーの良い渡し方となります。 けれども、スケジュールがどうやっても合わず葬式に行けない場合は、香典を郵送に託して送るのも一つの手段です。 葬式の為の香典は、普通郵便ではなく「 現金書留」で送る必要があります。 現金書留は専用封筒に入れて郵送しないといけない為、凹凸がない印刷したものを使用しましょう。 もっとも、香典を郵送するなら葬式への欠席を伝えると共に、事前に相手側に 連絡を入れておく事をおすすめします。 葬式の準備でドタバタしている時に、香典を郵送で送ると、受け取りが難しい場合もあるかもしれません。 都合の良い時間を聞いてから葬式の香典を送ると、相手も受けり取りやすくなるでしょう。 葬式ではマナー違反!香典袋の注意したい渡し方とは? 葬式で、マナーが悪いと思われてしまう香典袋の渡し方は以下のようなケースです。 ・ 無言で香典を渡す 葬式の受付を素通りしたり、芳名帳の記帳をしない人の中には、香典を持参せず、最後にお別れだけしたいという方がいます。 しかし、受付や芳名帳をすっ飛ばして葬式に参列をしてしまうと、「あれは誰だ?!」と遺族を 困惑させてしまう可能性があるので注意が必要です。 受付や芳名帳を飛ばしてしまう行為は、葬式ではやはりマナー違反となりますので、受付や芳名帳の記帳だけはきっちり行いましょう。 また、葬式で香典袋を渡す時にお悔やみの挨拶もなく差し出すのは、マナーが悪いので避けるべきです。 香典袋を出す時には、葬式で受付をしている遺族に対して、必ず お悔やみの言葉を添える渡し方を心掛けましょう。 葬式の香典袋の表書き「御仏前・ご霊前・御霊前」や金額の書き方! 香典袋の表書きである「御仏前・ご霊前・御霊前」は、葬式の受付でミスが目につきやすい部分です。 葬式用香典袋の金額の書き方をきっちり覚えて、表書きに間違いがないようにしましょう。 葬式の香典袋の書き方は?表書きの御仏前・ご霊前・御霊前とは? 葬式用香典袋の表書きである「御仏前・ご霊前・御霊前」は、 薄墨のペンを用意しましょう。 薄墨のペンを使用する事によって、「涙で墨が薄まってしまった」という 哀悼の意を表す事ができます。 葬式の香典袋の表書きの「御仏前・ご霊前・御霊前」を、 ボールペンや 鉛筆を使用するのはマナー違反になるのでやめましょう。 仏式のお葬式の香典でよく見かける「御仏前・ご霊前・御霊前」などの表書きは、種類が多すぎてどれを使用していいのか迷いますよね。 葬式用香典袋の表書きは、 宗教によって異なります。 御仏前・ご霊前・御霊前など、葬式の香典袋の表書きの書き方で悩んだ時には以下を参考にしてみて下さい。 葬式の香典返しに対するお礼は? 葬式では、香典のお礼として「 香典返し」をもらう事がよくあります。 葬式の香典のお礼 香典返し は、葬儀が終わってから郵送で送るのが特徴です。 けれども、葬式によっては、香典のお礼を 当日返しする場合もあります。 葬式の香典返しは「 半返し」が基本とされていますが、3分の1程度のお礼になる事もあり、その家の考え方によって変わるでしょう。 葬式に参列し、香典を渡した時にお返しをされる「 会葬品」と混同する人もいますが別物です。 葬式の香典返しを郵送でもらった場合、基本的にお礼は必要ありません。 何としても葬式の香典返しのお礼をしたい場合、直接会った時に挨拶をするか、封書を利用するのがおすすめです。 メールは 略式なので、葬式の香典返しのお礼をする方法としては、あまりおすすめできません。 それでもメールで葬式の香典返しのお礼をするのであれば、心が通う一部の理解ある人だけにしておきましょう。 ここまで、葬式においての香典袋の表書きの書き方と、お金の入れ方や包み方・渡し方などを説明してきましたがお悩みは解決できたでしょうか。 大切な方の葬式に、折角 出向く訳ですから、香典袋一つをとっても「不敬」とならないよう十分に注意を払って参列するようにして下さいね!.

次の

香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法

香典 お金 入れ 方

友人の母親が亡くなった…。 そんな知らせを受けて、香典を渡す側として初めてお通夜に行きました。 当時私は20歳。 まだまだ亡くなる人も少なく、お葬式に出るという機会もありませんでした。 「お香典ってどんな風に包むべきなのか!?」 そんな風に悩んだ記憶があります。 そして、お香典は宗派や、住んでいる地域によって違うのを知っていますか? 宗派だったら、キリスト教・神道・仏教によって香典袋が違います。 住んでいる地域によっては、薄墨、香典袋の中袋なし。 などがあります。 違いはあるけど、共通するマナーがあることも確かです。 それは、お札の向きだったり、新札のような綺麗じゃないお札を使う。 なども…。 他にもお香典に関するマナーを詳しく書いたので良かったらこの記事を読んでください。 ここでは、90歳の祖母に教わったお香典のお金の入れ方について書いています。 ・お札の表裏 ・お金の向き ・香典のお金の入れ方 お札の表裏 お札には表と裏があることはわかると思います。 香典に入れる時は、お札は裏側にして渡します。 それは、 「悲しみで顔を伏せる」と言う意味合いでお札の向きは裏側なのです。 お金の向き お金には向きがあります。 金額が書いてある方が上、顔が書いてある方が下です。 香典のお金の入れ方 実際に香典にお金を入れてみます。 住んでいる場所によって、「中袋を使う」、「使わない」と違いはあると思います。 両方の場合を書いているので、参考にしてくださいね。 中袋を利用する場合 中袋を利用する場合は、お札は裏側にしていれます。 金額が上、顔が下にしていれて下さい。 中袋を使用しない場合 中袋を使用しない場合もお札は裏側にしていれます。 金額が上、顔が下にしていれて下さい。 香典を包む時のマナーは? 香典を包む時のマナーは知っていますか? 間違った包み方は失礼になるので、マナーを守った包み方が必要です。 それは、「わざわざ不幸のために準備していたお札」としないためです。 もし、新札しかない場合は折り目をつけたりしてわざと汚くしてから香典袋に入れました。 という縁起が悪いと言われています。 なので、私の地域ではお葬式や法事などは中袋は使いません。 地域によって使わない所もありますが、香典を郵送する場合のみ私は中袋を利用させてもらっています。 中袋がないと、住所や金額を書くときグチャグチャになって汚くなるからです。 『中袋を使わないで、どこに金額を書くんだ?』 と悩んでしまいそうですが、 金額を書くときは袋の裏で見えない所に金額を書いています。 写真のように上側が下にかぶさるように包みます。 これは、不幸を受け入れないようにするためです。 (自分の身の回りにも不幸が起きないようにするため) と言う意味でもあり、逆のパターンは結婚式などに用いれられています。 香典は大切に扱う意味で、ふくさにいれます。 これは昔から、日差しや埃を防ぐための布からが由来なのです。 通夜や葬儀に参列し香典を持参する場合は、このふくさに入れてもっていきます。 受付に来たら、ふくさから香典を出し、「この度は、ご愁傷様でござます」と両手で渡します。 最後に 香典袋の包み方はいかがだったでしょうか? 人の不幸は急なことが多いので、いきなり香典が必要になったりします。 私も友人の母親が亡くなった時が初めてだったので、何をどうすればよいのか混乱しました。 それは、失礼なことは出来ない…。 という気持ちが強かったのかもしれません。 地域によって多少違うことはあると思いますが、共通する所の方が多いと感じます。

次の