難 消化 性 デキストリン イヌリン。 難消化性デキストリンとイヌリンの違い 併用はできる?副作用は?

イヌリンと難消化性デキストリンはどう違う?効能や効果を比較

難 消化 性 デキストリン イヌリン

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシのでんぷんから作られました。 消費者庁から特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても許可されています。 難消化性デキストリンとは、読んで字のごとく「消化しにくいデキストリン」というわけですが、どういうものでしょう? まず、トウモロコシのデンプンを焙焼し、アミラーゼ(食物として摂取したデンプンを消化する酵素)で加水分解します。 その中の難消化性成分を取り出して調製した水溶性食物繊維が難消化性デキストリンです。 日本人の食生活が欧米化し、食物繊維の役割が重視されるようになったため、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られました。 難消化性デキストリンは、低粘性・低甘味で溶けやすく、水に溶かした場合はほぼ透明、耐熱性・耐酸性に優れている食品素材です。 いろいろな生理機能をたくさんもっているため、さまざまな食品に利用されています。 1グリコシド結合・・・多糖の糖単位を連結している構造のひとつ。 2重合・・・簡単な構造をもつ分子化合物が2つ以上結合して分子量の大きな別の化合物を生成すること。 難消化性デキストリンは安全? 安全性はどうでしょうか。 難消化性デキストリンについて、米国FDA(食品医薬品局)は、1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材であると認めています。 また、消費者庁長官が許可する特定保健用食品(トクホ)の関与成分となっています。 過去の安全性を調べたヒト試験では、難消化性デキストリンを1日3回毎食前に10gを16週間にわたり摂取した結果、血圧などの生理学的検査値は変化を認めず、またその他の臨床検査値、特に血清タンパク質およびCa(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)などのミネラル濃度について、難消化性デキストリン摂取が原因となる変化は認められなかったと報告されています。 さらに、試験期間中、下痢などの消化器症状をはじめ、とくに問題となる症状はみられず、安全であると報告されています。 出典 臨床栄養 83,301-305 (1993) 難消化性デキストリンの体内での働き 難消化性デキストリンには主に5つの作用があります。 糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用) 食事から摂った糖質は小腸で消化され、吸収されて肝臓に送られます。 単糖類や二糖類と一緒に難消化性デキストリンを摂取させたラットおよびヒトを対象としたいくつかの試験では、難消化性デキストリンは単糖類のブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)の吸収には影響を及ぼさないが、二糖類の麦芽糖(マルトース)の消化・吸収には影響を及ぼし、食後血糖値の上昇を抑えました。 食事と一緒に難消化性デキストリンを摂取させたヒト試験では、でんぷんの消化過程で生成される麦芽糖の消化を抑制することで食後の血糖値の急激な上昇を抑えることが確認されています。 日本内分泌学会雑誌、68,623-635(1992) 日本栄養・食糧学会誌、46,131-137(1993) 糖尿病、35,873-880(1992) 栄養学雑誌、53,361-368(1995) 日本食物繊維研究会誌、3,13-19(1999) 出典:健康・栄養食品研究2, No. 4(1999) 被験者36人に対して、難消化性デキストリン5g配合したお茶と一緒にうどん定食を食べると、難消化性デキストリンを配合していないお茶と一緒にうどん定食を食べた時と比べ、血糖値の上昇が食後30分と60分の時点では有意に抑制されました。 整腸作用 難消化性デキストリンは、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を改善するなど、整腸作用と関わりのある生理作用があることもわかっています。 難消化性デキストリン摂取により糞便量および排便回数が増加したことが、ヒト試験では報告されています。 難消化性デキストリンを1日5gまたは10g摂取することで、排便回数と糞便量が増加し、便の性状と排便後の感覚が良好になったという結果も報告されています。 出典 栄養学雑誌 51,31-37(1993) 3. 脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後血中中性脂肪の上昇抑制作用) 難消化性デキストリンを食事とともに摂取すると、食事に含まれる脂肪の吸収は遅延し、食後血中中性脂肪の上昇は緩やかになりました。 出典 薬理と治療 36,445-451(2008) 4. 内臓脂肪の低減作用 BMI 23以上の成人男性36名が難消化性デキストリン9gを含む茶飲料あるいは含まない茶飲料を摂取した試験で、難消化性デキストリンを摂取した場合、内臓の脂肪量および食後の血中中性脂肪値は有意に抑えました。 出典 肥満研究 13,34-41(2007) 5. ミネラルの吸収促進作用 難消化性デキストリンはCa(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)、Zn(亜鉛)の吸収を促進することが動物実験で確認されました。 また、血液中の鉄成分が低値の女子大生が難消化性デキストリンを4週間毎日15g摂取した試験では、血清鉄の値が上昇し、改善が認められました。 よく食品素材として使用される水溶性食物繊維•

次の

【違いを比較!併用はOK】菊芋イヌリンと難消化性デキストリンの違い

難 消化 性 デキストリン イヌリン

に難消化性デキストリンの推定構造を示す。 難消化性デキストリンは平均分子量約2000程度のグルカンである。 下痢発症の最大無作用量は男性は体重1キログラム当たり1. 0グラム、女性は体重1キログラム当たり1. 1グラム以上であり 1)、他の難消化性糖質と比べ、下痢発症のリスクは低く、さまざまな安全性試験により十分安全性が確認された食品素材である。 近年、食品素材について、食経験が安全性の面から重要視されている。 難消化性デキストリンは原料の焙焼デキストリンが食品、医薬品の原料として半世紀以上用いられ、難消化性デキストリンも発売後25年以上経過し世界で使用されており、米国FDAが目安としている広範囲に最低25年、豪州・ニュージーランド食品基準局(FSANZ)が提唱している2〜3世代、条件次第では10〜20年の条件を満たしていることから 2)、十分な食経験のある安心して使用できる素材であると言えよう。 近年、食物繊維の持つ生理機能が考慮されるようになり、コーデックスにおける食物繊維の定義は、「ヒトの小腸の消化酵素で消化されない10個以上の構成単位からなる炭水化物の重合体(3〜9個の重合体を食物繊維に含めるかどうかは各国で判断)で、 1)食品に自然に含まれているもの、 2)物理的、酵素的、化学的手段で得られたもの、 3)化学合成により作られたものである。 ただし、 2)と 3)は健康に対して有益な生理学的効果があることを科学的根拠を持って監督官庁に対して証明していること」とされている 4)。 難消化性デキストリンはコーデックスの定義における 2)のカテゴリーのものであり、特定保健用食品における利用実績や査読付き論文が多数存在することから、十分な科学的根拠を持った素材である。 この難消化性デキストリンの持つ6つの優れた生理機能を紹介する。 1つ目は食後の血糖上昇やインスリン分泌を穏やかにする作用である。 難消化性デキストリンは炭水化物の多い食事と共に摂取すると、物理的作用による吸収遅延により食後の血糖値の上昇が抑えられ、インスリンの上昇も穏やかになる() 5)。 一方で、難消化性デキストリンを空腹時に単独で摂取しても血糖値はほとんど変化せず、低血糖を誘発しないことも確認されている 6)。 3つ目は中性脂肪、コレステロールを低下させる作用である。 難消化性デキストリン10グラムを1日3回3カ月間とり続けた結果、高かった中性脂肪と総コレステロールが低下したことが報告されている 9)。 4つ目は内臓脂肪の蓄積を低減する効果である。 難消化性デキストリン10グラムを1日3回食事と共に12週間とり続けた結果、内臓脂肪面積が減少したことが報告されている 10)。 5つ目はおなかの調子を整える整腸作用である。 一般的に食物繊維は便秘を改善することが知られているが、水溶性食物繊維である難消化性デキストリンも便秘を改善する作用を有する() 11)。 また、高齢者では食事量の減少、運動不足、筋力の衰えなどの理由から、便秘になる方が多い。 難消化性デキストリンを還元した還元難消化性デキストリンの高齢者に対する有効性について、特別養護老人ホームにおいて評価したところ、排便回数や排便日数の増加、便の性状の改善効果が認められた 12)。 高齢者の排便を改善することは、本人のためのみならず、介護者の負担軽減にもつながることから、今後ますます重要であると考える。 さらに、難消化性デキストリンは腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内菌叢 きんそう を改善し、下痢を改善できることも明らかとなっている 13)。 難消化性デキストリンを利用したさまざまな商品が開発されている。 それらは大きく 1)食物繊維素材として、 2)物性を利用して、 3)生理機能を利用しての3つに分類される。 (1)食物繊維素材として 難消化性デキストリンは85〜95%の食物繊維を含むため、食物繊維としての利用が可能である。 消費者庁が定める食品表示基準制度において、食物繊維入りと表示するためには、食品100グラム当たり3グラム(飲料の場合は100ミリリットル当たり1. 5グラム)、食物繊維高含有と表示するためには、食品100グラム当たり6グラム(飲料の場合は100ミリリットル当たり3グラム)の食物繊維の含有が必要である。 難消化性デキストリンはあらゆる加工食品に配合しやすい物性であるため、食物繊維入り表示をするのに必要な量を容易に添加可能である。 (2)物性を利用して 近年、メタボリックシンドロームや生活習慣病の増加に伴い、摂取カロリーや糖質を減らしたいという消費者の要望が強くなっており、カロリーゼロ、糖質ゼロや低糖質を訴求した商品の開発が盛んである。 カロリーや糖質を抑えた食品は食感や味質が劣ることが多く、従来のおいしさを維持することは困難であるが、難消化性デキストリンを利用することで、カロリーや糖質を抑えながらもおいしい食品を実現することが可能となる。 難消化性デキストリンは脂肪と類似のテクスチャーを有するため、アイスクリーム、カレールウ、ソーセージなどで脂肪代替機能を持つ低カロリーデキストリンとしての利用が可能である。 また、カロリーオフ、ノンカロリー飲料は高甘味度甘味料を用いることでカロリー低減を図っているが、高甘味度甘味料は特有の後味があり、味切れが悪いことが問題となる場合がある。 難消化性デキストリンを添加することで、甘みの強さがピークに達する時間が前方に移行し、まろやかな甘味となるなど、優れた味質改善効果を得られる。 さらに、コラーゲンペプチドのような独特の風味のマスキングなどにもよく利用されている。 アルコール飲料においては、難消化性デキストリンは麦芽由来の酵素や酵母による利用を受けにくいという特徴があるため、糖質ゼロを実現したアルコール飲料などの設計が可能となる。 通常、低カロリーのビールなどは水っぽいものになりがちであるが、醸造原料として難消化性デキストリンを使用すると非醗酵成分がもたらすコク味を付与することができる。 さらに、二次的な効果として、泡がクリーミーになり口当たりが向上する。 (3)生理機能を利用して 難消化性デキストリンを関与成分とし、整腸作用を表示した特定保健用食品は1992年の素材認定以来、175品目に上る。 「血糖値が気になる方に適した特定保健用食品」として許可を取得しているものは182品目に上る(2015年7月現在)。 これらの実績を基に、整腸と血糖のいずれにおいても規格基準型特定保健用食品に利用可能な成分として認められており、添加量の目安は、整腸では1日当たり3〜8グラム、血糖では1食当たり4〜6グラムである。 2007年から難消化性デキストリンが食事由来の脂質の吸収を抑えることが明らかとなり、その作用を利用した特定保健用食品が2012年から販売されている。 例えば、「脂肪の吸収を抑える トクホコーラ」で話題の飲料は、難消化性デキストリンを関与成分としている。 今回ご紹介した難消化性デキストリン「ファイバーソル2」だけでなく、弊社には水不溶性の食物繊維レジスタントスターチ、希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」など、健康で豊かな食生活に寄与する商品開発に役立つ食品素材がある。 今後もより良い素材をお客様に提供できるよう、さらなる素材開発、用途開発に励みたい。 参考文献 1)J Nutr Sci Vitaminol 59 No. 4, 352-357(2013) 2)消費者庁 食品の新たな機能性表示制度に関する検討会報告書 p8 平成26年7月30日 3)Am J Clin Nutr Vol. 83, 1321-1330(2006) 4)Codex Alimentarius Commission. Guidelines on Nutrition Labelling. Nutritional Food 5(2), 31 -39(2002) 6)糖尿病. 42(1), 61-65(1999) 7)Eur J Nutr. 46, 133-138(2007) 8)J Health Science. 55(5), 838-844(2009) 9)日本食物繊維研究会誌. 4(2), 59-65(2000) 10)肥満研究. 13(1), 34-41(2007) 11)健康・栄養食品研究. 3(4), 31-38(2000) 12)前嶋さゆり,第21回全国介護老人保健施設大会発表要旨(2010) 13)第28回日本臨床栄養学会総会 講演要旨集225(2008) 14)Eur J Nutr. 49, 165-171(2010).

次の

難消化性デキストリンの飲み方!飲むタイミングが悪いと・・・

難 消化 性 デキストリン イヌリン

体重データとエビデンスを追加。 毎日ごはんを思う存分食べ過ぎていませんか?いやいや大丈夫、それを補うために「トクホ飲料」なんてモノを飲む人も多いのでは? 巷では「健康飲料」と称し「からだすこやか茶」等のいわゆるトクホ飲料が好調に売れている。 なぜだろうか。 これらの商品のキャッチコピーは「脂肪と糖に効く」や「脂肪吸収を抑える」といった効果をアピールしているものばかりだ。 本当にそんな効果はあるのだろうか。 私も実は「トクホ飲料」なるモノを飲んでいるのだが、一体なぜコーラだとかサイダーが「トクホ」になってしまうのだろうか。 そこには、どのような飲料でもトクホになってしまう「 難消化性デキストリン」という関与成分が影響していた。 今回は、何でもトクホ化してしまう 難消化性デキストリンの粉末だけ買って12ヶ月間試してみた長期間に及ぶ体重減少の効果を公開したい。 難消化性デキストリンは本当に「脂肪と糖に効く」や「脂肪吸収を抑える」といった効果が期待できる「魔法の白い粉」なのだろうか?• トクホ トクホとはなんだろうか。 トクホとは「特定保健用食品」の事で、消費者庁に効能表示を許可された食品を指す。 何らかの効果が期待できることを国が認めた物だ。 例えば 難消化性デキストリンのように、脂肪や糖の吸収を抑えるという効果もその一つとして認められている。 では最近のトクホ飲料に 難消化性デキストリンはどれくらい含まれているのだろうか。 主要トクホ飲料の 難消化性デキストリンの含有量を、以下のようにまとめてみた。 からだすこやか茶350mlあたり:5. 25g(1ボトルあたり5. 25g)• 十六茶W350mlあたり:7g(1ボトルあたり10g)• メッツコーラ350mlあたり:3. 65g(1ボトルあたり5g) からだすこやか茶は350mlあたり5. 25gの 難消化性デキストリンが含まれている。 1ボトル飲むと5. 25g摂取できると有る。 価格は350mlにして157円程だ。 難消化性デキストリンとは 難消化性デキストリンというと何とも効果が期待できそうなネーミングである。 しかし、中身はデンプンの一種だ。 難消化性デキストリンは、読んで字のごとく「消化しにくいデンプン」の事である。 そしてその消化しにくいデンプンには、我々の体にもたらす以下の5つの良い効果がある。 糖の吸収スピードを遅らせる• 腸の調子を整える作用• 脂肪の吸収スピードを遅らせる• 内臓脂肪や中性脂肪の低減する• ミネラルの吸収を促進させる これだけ見てたらまさに「魔法の白い粉」だ。 それぞれ利点があるが、普段から体重を気にする人、健康診断で中性脂肪を指摘された人、ダイエットをしている人には朗報といえる。 特に脂肪の吸収、糖の吸収のスピードを遅らせる事は非常に嬉しい。 普段から脂肪を気にしている人は恩恵が大きいだろう。 ミネラルの吸収促進作用は、運動をして汗をかく場合有益といえる。 実験によると、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛の吸収を促進することが確認されている。 持久系アスリートの鉄欠乏性貧血にも効果があり、4週間15g摂取で改善したとのデーターも有る。 なぜ嫌な脂肪や糖の吸収を抑えつつ、必要なミネラル系の吸収を促進できるのか疑問に思った。 どうやら、胃や腸で等が吸収される際に 難消化性デキストリンが「うまく邪魔」をしてくれるらしい。 この効果により吸収を抑えてくれるのだ。 というわけで早速自分で試してみた。 今回は、Amazonで評価の高かった「 難消化性デキストリン 水溶性食物繊維 400g激安100%パウダーシリーズ」を購入した。 色々とレビューを読んでいると面白い。 まさにステマの領域だ。 医療系の学校に通ってます。 そこで生理学の先生が、「難消化性デキストリンは糖の吸収を穏やかにしてくれる。 他のダイエットサプリメントはでたらめだけど、生理学的にきちんと証明されてる。 女性たちは高価なダイエットサプリメントを買わずにこれを飲んでみなさい。 」と仰っていたので購入してみました。 実行して約一か月、まさかの減量成功。 マイナス3㎏。 というわけで飲んでみないとわからないので、私も自分自身で人体実験することに。 購入自体後、定期的に飲み始め12ヶ月程体重の推移と、身体の様子を観察した。 しかし初めは目立った体重の効果は無かった。 しかし下記に公開した日々の体重データーを確認すると、長いスパンで見ればゆるやかに体重が減少していっていることがみてとれる。 無理せずダイエットができている。 ただ、私の場合は一般的な成人男性よりも運動量が多い。 元々運動が好きだし、ある程度の持久系トレーニングをしている。 また食べ物も気をつけているので全てが全て当てはまるわけではないかもしれない。 しかし 難消化性デキストリンの別の側面で、ウエイトコントロールを容易にしている可能性があるのだ。 血糖値 引き続き、炭水化物をめいいっぱい取らないようにしているが、その差異発見したのは「昼飯後に眠くならない」や「お腹が減りにくくなる」ということだ。 なぜかというと、血糖値が急激に上がることによりさらに食欲が増す。 そして血糖値が下がることにより眠気が襲うというものだ。 難消化性デキストリンは等の吸収をゆるやかにすることから、急激な血糖値の上昇が抑えられる。 甘いモノを食べたあとに更に甘いモノを食べてしまうのは、急に血糖値があがり、また下がった際、体がまた血糖値を上げようとする。 その際に糖を欲してしまうのが原因だ。 出典:水嶋昇他 健康・栄養食品研究 Vol. 2 No. 4 1999 難消化性デキストリンは少なからずこの悪循環を抑えてくれる作用をもたらしている。 また、には次のような有力な情報も寄せられている。 はじめまして。 友人の誰かがシェアしていたので拝見させていただきました。 管理栄養士をしており、大学病院がの予備研究に協力して24時間血糖値測定を1ヶ月実施した際、デキストリンを含む食物繊維と血糖値上昇抑制は確認しました。 期間中4kgの減量もしています。 ただし、早食い(特に糖質、炭水化物)をすると効果が明らかに落ちます。 ベジファーストの元になった論文にも炭水化物は15分以上かけてゆっくり摂取と書いてあります。 他にもいくつか条件がありそうな現象が示唆されたので、今後の研究と発表を待ちたいところです。 大学病院の研究でも優位に血糖値の上昇を抑制することが確認されている。 そして4kgもの減量を可能にしたという。 また早食いには効かないそうなのでよくかんで食べることはやはり基本である。 飲み方 難消化性デキストリンの大きな効果は理解できた。 しかし、大量に飲んだ場合害はないのだろうか。 元々デンプンの一種の為副作用などは少ない。 ただ便が緩くなったりする場合があるので注意が必要とのことだ。 また、運動量が多いアスリートの場合も注意したい。 難消化性というだけあって、消化を妨げている。 運動後に体が回復し、栄養分を欲している時に飲むのは避けたほうが良いだろう。 体が一番栄養を吸収するゴールデンタイムを 難消化性デキストリンが阻害してしまうかもしれないからだ。 運動していない、活動量が少ない場合は 難消化性デキストリンの恩恵を受けられるが、栄養の吸収が必要なときはむしろ使用しないほうが良い。 要するに、適材適所、場合によって使い分けが必要だということだ。 私はタニタのデジタル測りで5g〜7gを摂取している。 まれに手元が来るって10g入れてしまったことがあるが特に問題はなかった。 さらに香りを楽しむコーヒーや、お茶と様々なモノに入れている。 副作用や気になる体の症状は全く出てこないので安心して飲んでほしい。 なお、食前に5g一気に取るのか、それとも1日でこまめに5g取るのかという疑問があるが、私は水筒400mlに7g程を溶かして会社に持っていっている。 毎日続けることと、少しづつ継続して飲むことで、一定の効果が得られるはずだ。 アルコールの相性 自分の体で実験しているのだが、アルコールを飲む前に難消化性デキストリンを摂取すること。 どうしてもアルコールが進むと、食べる量も増えてしまいます。 もちろん脂っこい物が多く、唐揚げ、ポテトフライ、炭水化物と・・・、飲んだら必ずセットで登場する食べ物に対抗シなくてはなりません。 しかし、アルコールと難消化性デキストリンの組み合わせは問題ないのでしょうか。 この相互の相性については全く問題ないと結論付けられています。 この事実は、大手製薬メーカーの大塚製薬でも公言している事実で、消費者庁、米国食品医薬局 FDA にも認められています。 アルコールと難消化性デキストリンの相性は問題がなく副作用も無い為安心して良いでしょう。 まとめ 摂取量 わざわざ高いお金を出して、トクホ飲料を買う必要はないようだ。 粉末をお気に入りの飲料へ入れれば、中身は変わらないし、何より安い。 ちなみに飲料だけでなくソイジョイのチョコにも 難消化性デキストリンが入っている。 身も蓋もない事を言うと、2Lの安い水に 難消化性デキストリンの粉末を溶かした自作トクホ(しかに消費者庁に認められていないが)と先に紹介した「魅力的なネーミング」を持つトクホ飲料とは大差ない。 売り方と、気持ちの問題でしかない。 私は炭酸水とコーヒーが好きなので500mlあたり5gの 難消化性デキストリンを入れてて好んで飲んでいる。 値段も安い。 そして炭酸水の難消化性デキストリンは未だ販売されていないのもポイントだ。 パンやコメを好んで食べる方は、糖を摂り過ぎる傾向にある。 その糖を摂り過ぎる事は肥満の原因の一つになる場合もある。 低炭水化物ダイエットが流行っているが、糖によって急激に血糖値を上げないことが大きなポイントだった。 なお実験中なのは難消化性デキストリンで炊いた米。 まったく味に変化もなくわからない。 難消化性デキストリンは糖の吸収を阻害し、血糖値の上昇を抑える。 結果的に血糖値を上げにくくするメリットがある。 難消化性デキストリンは至れり尽くせりだが、やはり規則正しい食生活とバランスのとれた食事をしたいものだ。 しかし、難消化性デキストリンの効果は各社飲料にこぞって採用されており、効果を示す論文も出ていることから効果は期待できるといえる。 私も実際に食生活を変えずに緩やかに体重が減少していったことから、難消化性デキストリンの効果はやはりあると言える。 私のように体重コントロールに難儀している方や、主食にパンやコメが好きな方はぜひ難消化性デキストリンを1度試して欲しい。 かならず食前に飲むことをお勧めする。 明日の昼飯からでも始めてみてはどうだろうか。 ただの水があの「トクホ」に化けるかもしれない。

次の