黒木華。 黒木華の映画作品

黒木華、佐藤健と再び夫婦役「もう一回お会いしたかった」「幸せ」<億男>

黒木華

が主演を務め、2019年7月期に放送された人気ドラマ『』(TBS系)が、早くも再放送されることがわかった。 『凪のお暇 お家でイッキ見SP』のタイトルで、5月16日 土)14時から放送される。 月刊誌 「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中の同名漫画を原作に、他人の目を気にしすぎる28歳のOL・大島凪(黒木)が、会社、彼氏、部屋、SNSなど、ありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す様を描く人生リセットストーリー。 凪の元カレ・我聞慎二を、凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンをが演じた。 さらに、、、、らが豪華キャストが名を連ねた。 5月16日は、第1話「凪、恋と人生をリセットする」、第2話「凪と新しい恋と、リセットされた男」、第3話「凪、そのキスで確信する」が放送される。 なお、5月17日(日)14時からは第4話~第7話、5月23日(土)14時からは第8話~第10話が放送される。 また、本放送でカットされた未放送シーンを、今回特別に地上波放送として初オンエアする。 <あらすじ> 都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の大島凪(黒木)は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。 そんな 「なんだかなぁ~」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二(高橋)からの一言がきっかけで心が折れてしまう。 それをきっかけに凪は人生のリセットを決意する。 <黒木華コメント> 『凪のお暇』再放送、また見て頂けるのが嬉しいです。 ご覧になった方も、見逃していたという方も、是非、お家で凪飯を作って食べながら見てください。

次の

ムロツヨシ 黒木華との14歳差“熱愛”発覚…モテ男街道まっしぐらのワケ(日刊ゲンダイDIGITAL)

黒木華

スポンサーリンク 黒木華の経歴 大阪府で生まれ育った 黒木華は、父親、母親、本人、弟の4人家族である。 黒木華は「 はな」と読まずに「 はる」と読むそうです。 名前の由来は『 春のように華やかに生きてほしい』だそうです。 黒木華は着物の似合う方ですよね、名前と合っている気がします。 映画好きの母親と一緒に映画をよく観たそうで、その影響か高校は演劇に実績のある追手門学院高校に進学する。 高校時代、演劇部に所属していて1年生の頃から主役を演じていたというので、この時から女優としての才能があったのかもしれません。 大学は京都造形芸術大学で芸術学部俳優コースに所属し、友人と一緒に映画を作ったそうです。 他にも舞台を制作したりなど、かなり積極的に行動していたんですね。 2009年には大学在学中に 野田秀樹のワークショップ、オーディションに参加し舞台女優としてデビューしている。 2011年に映画『 東京オアシス』でスクリーンデビュー。 2012年に連続テレビ小説『 純と愛』でドラマ初出演する。 2012年には細田守監督の映画『 おおかみこどもの雨と雪』で声優に初挑戦。 興行収入42. 2億円という大ヒット映画となりました。 役は、主人公「 花」が、おおかみおとこである「 彼」と恋に落ち、人間とおおかみの間に生まれた、おおかみこども「 雪」の少女期を演じる。 その後、2015年に公開された『 バケモノの子』にも一郎彦(少年期)の声も演じている。 細田守監督の次回作にも、また声優として出演しそうですね! 2014年に映画『 小さいおうち』に出演し、 第64回ベルリン国際映画祭、 最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した。 日本の女優としては史上4人目で、この時 黒木華は23歳で日本人として最年少受賞という快挙なった。 他にも多くの賞を受賞しており、 黒木華の演技力が高いと認められているのだろう。 スポンサーリンク 写真集の売り上げがヤバいw 黒木華は2016年6月に映画『 リップヴァンウィンクルの花嫁』で主演を務め、映画の撮影に密着した写真集『 黒木華写真集 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」より』を出版。 初週の売り上げ389部という残念な数字を出してしまった。 その後も売上は伸びず・・・ 大赤字だそうです。 ネット上では「 そもそも誰?」、「 誰得?」などの声があり、まだ 黒木華の知名度が低いのと、買う人のターゲットが絞れてないのが原因でもあるようです。 黒木華の演技の評価は高いですが、容姿に関してはずば抜けた評価はなく、素朴で、自然な感じがいいというような声が多かったです。 やはり写真集だと、露出を求められる部分があるんでしょうか、この写真集はそういったとこがなかったようです。 水着を着てる写真があればもうちょっと伸びたかも? ちなみに、この写真集が売れてないと知った人たちが逆に「 欲しくなった」という声もあったようで、これから売れ行きが伸びるかもしれませんね。 スポンサーリンク ブサイクと言われてる? 黒木華で調べると「 ブサイク」というワードが出てきます。 特に資生堂『 TSUBAKI』のCMに関しての意見が多くみられました。 「 不快」、「 勘違い」、「 ブサイク」といったもの。 女優気取り、美女気取りとまで言われています。 CMの内容は正直しょうがない気がします・・・ 鼻につくのかもしれませんが、コンセプトやテーマにそって演技しているのでしょうから、これに関しては本人は悪くないと思います。 顔の好みは人それぞれですから、そこは・・・ 黒木華は良く言えば、現代のような流行りに流されない古き良き日本人顔って感じですかね? 色々な女優やモデルも、 メイクや整形で結構化けてる方もいます。 そういったなかで、 黒木華のようなタイプが好きな方もいるようですね。 黒木華本人も、「 自分を美しいと思ったことは一度もない。 色々な人に『ブス』って言われています。 のっぺりした顔ですから」と語っている。 ドラマや映画のテーマに合った人を起用するのもあるので、 黒木華は昭和が舞台、和服を着るなどのテーマに合いそうですよね! 実際そういうテーマの物に多く出演してるように見えました。 ゴリ押しでなく、起用する人もよく考えて起用して欲しいもんですよね。 特に実写化とか・・・ 黒木華は旦那がいる? これもまた 黒木華で調べると「 旦那」というワードが出てきました。 いつの間に結婚してたんだ?! と思ったら結婚していませんでした。 では、なぜ「 旦那」というワードが出てくるのかというと、俳優の 大森南朋の妻の 小野ゆり子に似ていることから検索されてるようです。 ということで、 黒木華に旦那はいません。 黒木華は女優の 蒼井優にも「 似てる」なんて言われてますから、 蒼井優にスクープがあったら「 黒木華」が注目されるかも? 2017年5月13日にドラマ『 みをつくし料理帖』で主演を務めることが決まっています。 江戸が舞台で、料理通じて人を幸せにしていく、という内容のようです。 容姿はともあれ、演技の評価は高い 黒木華の今後の活躍に期待です! 最後までお読みいただきありがとうございます.

次の

黒木華&中村倫也のベッドシーンが「やばすぎる」“メンヘラ製造機”ゴンの本性とは?<凪のお暇>

黒木華

略歴 幼いころより母に連れられて映画や芝居を見て育ち 、兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められたことをきっかけに演技が好きになる。 全国大会で優勝実績もある演劇の名門・に進学して演劇部に所属し、「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めていた。 を志して卒業後は映画制作や演劇を学べる大学への進学を希望し、自宅から通える芸術学部映画学科俳優コースに進学 、、らに師事して演技を学ぶ。 学内製作の作品にキャスティングの声がなかなか掛からなかったことから、大学在学中の12月に「演劇ワークショップ in 大阪」に参加。 翌にはオーディションに合格して6月のNODA・MAP公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台に立ってデビュー し 、さらに同年9月のNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ! 』で1,155人が応募した娘役オーディションを経て野田秀樹、との3人芝居でヒロインの娘役 として舞台に立った。 翌にはNODA・MAP公演『南へ』、公演『荒野に立つ』、演出『』などの舞台作品に出演し、演劇界の期待の新人として注目を浴びる。 2011年には映像作品に進出し、『』にメインキャストとして映画に初出演、2012年には『』で声優にも初挑戦。 2012年度後期の『』に演じるヒロインの同期社員役で出演して初出演を果たし 、「表向きは柔和だが実は陰険」という腹黒いキャラクターを演じてその高い演技力が評判となり、知名度を高める。 翌2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演 した『シャニダールの花』や『』での演技が評価され、や、など日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。 2014年にはオーディションを経て『』で監督作品に初出演し 、同作での演技によりを受賞。 日本の女優では、、に次いで史上4人目であり、23歳での受賞は日本人最年少となる。 映画祭の総評では「(黒木の)演技力は群を抜いていた。 」と評された。 銀熊賞受賞に際しては、の(当時)も祝意を示した。 同作では・最優秀助演女優賞も受賞。 また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られる新人賞も受賞した。 映像外部リンク - YouTube 冒頭で灰皿を投げつける先生役を演じている。 2015年公開の『』(監督:)では黒木が高校・大学と演劇に没頭し、舞台役者としてプロのキャリアをスタートしたことから演劇部の顧問役としてキャスティングされた。 作品中では弱小演劇部の運命を一転させる重要な役回りを演じており、映画評論家のらがその存在感を高く評価している。 同年4月期の60周年特別企画『』での好演が話題を呼び 2015にて主演女優賞を受賞 、同年公開の『』で・最優秀助演女優賞を受賞して前年に続いての「連覇」となった。 2年連続の最優秀助演女優賞受賞は、第32, 33回に連続受賞した以来6年ぶり、史上2人目の快挙である。 2016年3月公開の『』で映画単独初主演を務め 、同年4月期の『』で連続ドラマに初主演。 同年秋にはのフェスティバル・ミューズを務める。 人物・エピソード 名前は「華」と書いて「はる」と読み、「春(はる)のように華やかに生きてほしい」との思いを込めて名付けられた。 映画『』の監督を務めたは民族的な風貌の役者が台頭するの傾向を引き合いに、黒木はむしろ「最も現代的」であり「の最先端女優」であると評している。 岩井はCMの演出を手掛けた際に黒木を評して「文学的な香りがする女優」とも語っている。 大阪出身で、かなりのお笑い好き。 第23回の授賞式ではやのファンだと明している。 『』にゲスト出演した際にはの大ファンであると明かし、いつもは物静かでキャピキャピではない黒木が「バナナマンの前では『キャーっ』となる」とマネージャーも語っている。 気になる若手芸人としてはを挙げている。 小学6年生の時、『』に依頼者として出演したことがある。 出演 映画• (2011年10月22日、) - ヤスコ 役• 告白する紳士たち 「握った手」(2012年9月29日、) - 綾子 役• (2013年2月23日、) - 遠間弥生 役• (2013年7月20日、) - 主演・美月響子 役• (2013年11月16日、松竹) - 柴田静子(青年期) 役• (2014年1月25日、松竹) - 布宮タキ 役• (2014年3月7日、東宝) - 南九条あやめ 役• (2015年1月31日、) - 葉子 役• (2015年2月28日、) - 吉岡美佐子 役• (松竹) - 森内恵美子 役• 前篇・事件(2015年3月7日)• 後篇・裁判(2015年4月11日)• (2015年12月12日、松竹) - 佐多町子 役• (2016年3月26日 、東映) - 主演・皆川七海 役• (2016年9月3日、) - 夏海 役• (2016年10月16日、アスミック・エース) - 福永智尋 役• (2016年12月10日、東宝) - 小川初美 役• (2017年5月27日、東宝) - 五十嵐美紀 役• (2017年6月3日、) - 伸子 役• (2018年9月28日、東宝) - 坂下里美 役• (2018年10月19日、東宝) - 大倉万佐子 役• (2018年12月7日、東宝) - 田原香奈 役• 甘いお酒でうがい(2020年公開予定、よしもとクリエイティブ・エージェンシー)- 若林ちゃん 役 テレビドラマ• 第1話 - 第76話・第148話 - 第149話(2012年10月1日 - 12月27日・2013年3月27日 - 28日) - 田辺千香 役• 第4週 - 最終週(2014年4月24日 - 9月27日) - 安東かよ 役• スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん(2014年10月18日、)• (NHK)• (2016年1月 - 12月) - 梅 役• (2018年1月 - 12月) - 役• 第8話(2013年3月1日、) - 宮本由香里 役• (2013年10月9日 - 12月18日、) - 本田ジェーン 役• (2014年10月18日 - 11月8日、) - ミナミ 役• グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat- 第1話(2016年6月11日)• (2014年1月11日 - 12日、フジテレビ) - 三木小百合 役• (2016年4月 - 6月、TBS) - 主演・黒沢心 役• (2017年5月13日 - 7月8日、) - 主演・澪 役• みをつくし料理帖スペシャル(2019年12月14日 - 12月21日、NHK総合)• (2018年10月10日 - 12月12日、) - 長門朱里 役• (2019年1月18日 - 、テレビ東京) - 三浦カモメ 役• (2019年2月3日、) - 白河球磨子 役• (2019年7月19日 - 9月20日、TBS) - 主演・大島凪 役 劇場アニメ• (2012年7月21日、) - 雪(少女期) 役• (2015年2月20日公開、ティ・ジョイ) - 萩野里美 役• (2015年7月11日公開、東宝) - 一郎彦(少年期) 役• (2018年7月20日公開、東宝) - ミライちゃん 役 舞台• ザ・キャラクター(2010年6月20日 - 8月8日、、)• 表に出ろいっ! (2010年9月5日 - 28日、NODA MAP、東京芸術劇場) - 娘 役• 南へ(2011年2月10日 - 3月31日、NODA MAP、東京芸術劇場) - あまねに似た少女 役• 飛龍伝(2013年1月23日 - 27日、ゴーチ・ブラザーズ、) - 主演・神林美智子 役• 赤鬼(2014年6月4日 - 15日、青山円劇カウンシルファイナル、) - 主演・あの女 役• 書く女(2016年1月21日 - 31日、二兎社、) - 主演・ 役• (2017年8月27日 — 9月26日、 ) - ソーニャ 役• (2020年4月4日- 29日、Bunkamuna シアターコクーン)- ワーリャ 役• (2003年1月17日、) - 依頼者としての出演• 岩井俊二映画祭presents マイリトル映画祭(2012年3月4日 - 、)• (2018年10月3日 - 2019年9月30日、) - 出演及びナレーションを担当 CM• BS日本映画専門チャンネル(2012年)• (2012年)• (2014年2月 - )• オールフリー コラーゲン(2015年)• (2019年10月 - )• (2012年)• ダノンオイコス「脂肪0 ストロベリー」篇(2015年)• 「TNGA STORY」(2015年) - 長野 役• 「」(2016年)• シャルロッテ「NEW OPEN篇」(2017年10月 - )• 「パルスイート」(2017年10月 - ) その他• フェスティバル・ミューズ(2016年) 書籍 写真集• 黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より(2016年6月、、) 受賞歴 映画 2013年度• 第5回 最優秀新進女優賞(『』『』『』)• 第26回 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』ほか)• 新人女優賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『』『』)• 第35回 最優秀新人賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『くじけないで』)• 新人俳優賞(『舟を編む』『草原の椅子』)• 第56回 新人賞(『草原の椅子』『舟を編む』『シャニダールの花』)• 第23回 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』)• 第23回 新人賞(『草原の椅子』) 2014年度• (『小さいおうち』)• 最優秀助演女優賞(『小さいおうち』) 2015年度• 最優秀助演女優賞(『』) 2016年度• シネマ大賞 2016 ベストアクトレス賞• 第26回 主演女優賞(『』)• 優秀主演女優賞(『リップヴァンウィンクルの花嫁』) 2017年度• 第32回 最優秀助演女優賞(『』) 2018年度• 優秀主演女優賞(『日日是好日』) テレビ 2015年度• 第85回 助演女優賞(『』)• 主演女優賞(『天皇の料理番』) 2016年度• 第89回 主演女優賞(『』) 2018年度• 第14回 助演女優賞(『』) 2019年度• 2019 助演女優賞(『獣になれない私たち』)• 第102回 主演女優賞(『』) その他 2014年度• 平成26年度あけぼの賞 2015年度• 第39回 新人賞(『小さいおうち』『』『』『』『』) 脚注 [] 注釈• 2014年4月13日. 2018年9月26日閲覧。 監督・俳優. 2018年9月26日閲覧。 インタビュー. Lmaga. jp(). 2018年2月6日閲覧。 イベント情報. 2018年9月26日閲覧。 インタビュー. 2018年9月26日閲覧。 2014年2月28日. 2018年9月26日閲覧。 インタビュアー:足立茂樹. AdverTimes(アドタイ)(). 2018年9月26日閲覧。 2013年2月1日. 2013年11月2日閲覧。 SANSPO. COM. 2011年1月9日. 2011年12月15日閲覧。 NODA・MAP. 2011年12月15日閲覧。 、2010年9月13日、林海象ブログ、2012年11月22日参照。 、2010年12月17日、映画学科ブログ(京都造形芸術大学)、2012年11月22日参照。 観劇予報 えんぶ. 2019年12月11日閲覧。 2016年1月1日. 2018年9月26日閲覧。 岡本耕治 2016年3月20日. 産経ニュース. 2018年9月26日閲覧。 NODA・MAP. 2013年11月2日閲覧。 NHK人物録. 2019年2月6日閲覧。 ZAKZAK by. 2014年2月17日. 2018年9月25日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年7月12日. 2018年9月25日閲覧。 黒木, 華 2014年1月22日. インタビュー. (プレゼントキャスト).. の2015-03-30時点におけるアーカイブ。 2018年9月26日閲覧。 (2014年2月16日)、、2014年2月16日閲覧。 (2014年2月17日)、マイナビニュース、2015年3月9日閲覧。 『キネマ旬報』2015年3月下旬号• (2014年2月17日)、、2014年2月18日閲覧。 シネマトゥデイ. 2015年2月27日閲覧。 阪清和 2015年4月1日. エンタメOVO. 2018年9月26日閲覧。 DIGITAL 日刊現代. 2015年6月30日. 2018年9月26日閲覧。 ORICON STYLE 2015年10月21日. 2015年10月21日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2016年3月4日. 2016年3月4日閲覧。 2015年11月19日. 2019年11月2日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月3日. 2016年2月3日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月26日. 2016年10月13日閲覧。 加藤弓子 2015年12月11日. zakzak by : p. 2019年2月6日閲覧。 ORICON. 2015年2月27日閲覧。 2015年5月13日. ZAKZAK by. 2018年9月26日閲覧。 2015年5月17日. 2018年9月26日閲覧。 ORICON NEWS. 2016年11月12日. 2018年9月26日閲覧。 ORICON NEWS. 2016年3月17日. 2018年9月26日閲覧。 錦怜那 2016年4月22日. シネマトゥデイ. 2018年9月26日閲覧。 産経ニュース. 2012年2月29日. 2012年3月1日時点のよりアーカイブ。 2012年3月31日閲覧。 ネットネイティブ. 2017年5月12日. 2018年9月26日閲覧。 (2014年2月17日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2012年11月3日. 2017年5月24日閲覧。 CINRA. NET 2013年8月7日. 2013年8月19日閲覧。 サンケイスポーツ 2014年11月5日. 2014年11月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年8月8日. 2014年11月5日閲覧。 com 2014年12月17日. 2014年12月18日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年12月24日. 2015年12月24日閲覧。 映画ナタリー 2015年11月19日. 2015年11月19日閲覧。 com 2015年11月24日. 2015年11月24日閲覧。 com. 2016年3月18日. 2016年3月18日閲覧。 映画ナタリー. 2016年7月29日. 2016年7月29日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月5日. 2017年1月5日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年5月24日. 2017年5月24日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年10月30日. 2017年10月30日閲覧。 ネットネイティブ. 2018年9月21日. 2018年9月26日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年11月8日. 2018年4月24日閲覧。 ニュースウォーカー KADOKAWA. 2018年2月12日. 2018年2月12日閲覧。 Inc, Natasha. お笑いナタリー. 2019年5月22日閲覧。 NHKドラマトピックス. 2012年4月24日閲覧。 テレビドガッチ 2013年8月27日. 2013年8月30日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 CinemaCafe. net. 2014年12月5日. 2014年12月7日閲覧。 NHK 2017年2月7日. 2017年2月7日閲覧。 スポニチ 2018年6月19日. 2018年10月11日閲覧。 MANTAN. 2019年5月20日. 2019年5月20日閲覧。 ニュースウォーカー. 2012年4月6日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年12月11日. 2014年12月11日閲覧。 CINRA. NET 2014年12月11日. 2014年12月11日閲覧。 com 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年4月11日. 2018年4月11日閲覧。 第15回公演• NODA MAP番外公演• NODA MAP第16回公演• PRESENTS• ゴーチ・ブラザーズ プロデュース公演• 、シアターガイド、2012年11月22日参照。 (2014年5月7日)、、2014年5月29日閲覧。 シアターガイド 2014年6月6日. 2014年6月23日閲覧。 二兎社. 2016年12月13日閲覧。 Astage-アステージ-. 2016年10月8日. 2019年12月2日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2016年9月15日. 2016年12月13日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2016年12月13日. 2016年12月13日閲覧。 ステージナタリー. 2017年8月28日. 2017年10月4日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 Inc, Natasha. ステージナタリー. 2019年11月30日閲覧。 2020年6月29日. 2020年7月15日閲覧。 Inc, Natasha. ステージナタリー. 2019年11月30日閲覧。 電通報 2015年7月1日. 2015年7月3日閲覧。 PR TIMES、サントリースピリッツ株式会社 2019年9月30日. 2019年12月4日閲覧。 PDF プレスリリース , ダノンジャパン, 2015年10月6日 , 2015年10月11日閲覧。 スポニチアネックス 2015年10月28日. 2015年10月29日閲覧。 ORICON STYLE 2016年9月8日. 2016年9月8日閲覧。 ORICON NEWS 2019年. 2019年12月7日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2016年6月4日. 2016年6月4日閲覧。 、2013年、TAMA CINEMA FORUM、2013年10月11日閲覧。 公式サイト. 2014年1月17日閲覧。 (2014年1月23日)、、2014年1月23日閲覧。 、、2014年2月18日閲覧。 、日本アカデミー賞公式サイト、2015年2月27日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月20日. 2016年12月21日閲覧。 ORICON STYLE 2017年3月14日. 2017年3月14日閲覧。 com 2017年12月21日. 2017年12月22日閲覧。 日本アカデミー賞協会の運営する公式サイト。 日本アカデミー賞の概要、歴史の他、歴代の全受賞者受賞作品のデータを掲載。. 2019年3月23日閲覧。 「」『週刊関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、 2015年8月13日閲覧。 株式会社KADOKAWA 2016年8月10日. 2019年11月30日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 2019年10月28日閲覧。 株式会社KADOKAWA 2019年11月21日. 2019年12月2日閲覧。 京都府府民生活部男女共同参画課 2014年10月24日. 京都府. 2014年12月8日閲覧。 2014年10月25日. 2014年12月8日閲覧。 2019年2月6日閲覧。 2015年2月5日. 2015年2月8日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式ホームページ.

次の