大磯 町 コロナ。 コロナウイルス関連情報(6月30日更新)/大磯町ホームページ

大磯プリンスホテル 新型コロナウイルスに伴う営業変更について【楽天トラベル】

大磯 町 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、平塚市教育委員会と大磯町教育委員会は22日、今夏の公立小中学校の夏季休業を3週間程度短縮する、と発表した。 緊急事態宣言が解除された場合、臨時休校中の公立学校は分散登校で再開する方針も決めた。 平塚市は夏休みを8月8日から23日までの16日間とする。 冬休みは短縮しない。 6月1日から再開する方針で、26日までは全学年を2グループに分けて1日ごとの分散登校とする。 12日まで午前中授業とし、29日からの通常授業を目指す。 大磯町は夏休みを21日間短縮して8月1日から17日とする。 冬休みも3日間短くし、12月26日から1月5日とする。 学校再開時期は未定だが、小学校では2グループに分けて隔日の分散登校を実施。 中学校は2グループが午前と午後に分かれて登校する。 授業は1時限50分を30分に短縮する。 約1カ月で通常授業に戻すとしている。 また、真鶴町教委も緊急事態宣言が解除された場合、6月以降から町立小中学校を再開する方針。 週1~2回程度午前中だけ、学年ごとに分散登校を始め、段階的に授業時間を増やしていくという。 神奈川新聞社.

次の

新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

大磯 町 コロナ

このサイト内を検索• ウェブ全体を検索 トピックス・ニュース・近況など 太平洋岸自転車道の大磯町国府本郷地先が開通しました 横浜国道事務所では、太平洋岸自転車道の大磯町国府 本郷地先(旧吉田邸〜大磯西IC間約0. 3km)の整備を進めており、この度、橋梁等の工事が完成したことから、 令和2年6月26日(金)11時に開通しました。 馬場地区にとっては、身近な散歩道でもあり、早速、歩いてみました。 自転車道の新規開通部分は、旧吉田邸〜大磯西IC間の約0. 3kmですが、ICの際の入口は交通量が多く危険です。 馬場からだと、大磯警察のところから、大磯プリンスホテル正面玄関際経由で歩かれると安全・快適です(「自転車ナビライン」に沿って歩くと迷わないです)。 とくに葛川・不動川の真上から見る景色は、今までに見たことのない景色で最高でした。 皆様も一度、歩いてみると良いです。 大磯町「新型コロナウィルス感染症緊急経済対策」について、「特別定額給付金事業」が実施されています。 詳細は、をご覧ください。 なお、 給付金を装った詐欺も十分予測されます。 申請をするのに、メールがあったり、ましてやATMを操作することは絶対にありません。 変な電話やメール、郵便が届いたときは、家族やご近所の友人、または大磯警察所へ連絡してください!! 詳細は地区緊急回覧をご覧ください。 引き続き、地区回覧などにご注意ください。 相模国府祭が中止になりました 馬場地区の大行事の一つである相模国府祭が、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、中止になりました。 本年は、神揃山・逢親場 馬場公園)での全ての神事及び行事の中止、また、各社の白木神輿・行列・大神輿の渡御、粽(ちまき)の頒布は中止となりました。 なお、この日から新役員にて新年度のスタートを切りました。 総会資料につきましては回覧をしました。 新たに組長になられた方々には、別途、引継ぎなど、話し合いの場を町内会単位で行いました(少人数)。 (詳細はをご覧ください) これに関する情報等を町内に回覧していますので、ご覧いただくようお願いいたします。 詳しくは、町ホームページをご覧ください。 なお、稲荷大明神の御社殿は、昭和61年に守公神社の敷地内に遷座され、守公神社の社務所としても利用している「馬場老人憩の家」に隣接しています。 やや寒い日でしたが、好天に恵まれた駅伝日和でした。 馬場Aチームは、総合順位10位(地区4位) 1時間25分56秒、 馬場Bチームは、総合順位23位 1時間37分0秒2の記録でした。 両チームともに、昨年度の順位、記録より向上しました。 沿道や運動公園での皆様のご声援ありがとうございました。 また、選手の皆様、お疲れ様でした。 小学生チーム「馬場BOYS」は、3位 14分44秒 子ども会チーム「JS馬場」は、11位 17分48秒 の成績でした なお、駅伝大会の全結果は、大磯町ホームページの「」をご覧ください。 僅かに小雨がぱらつくなか、無事に行われました。 今年は、例年より火入れ時間、消火時間が1時間早くなってます。 寒い中、大勢の方の参加をいただきありがとうございました。 今年は、例年とは趣を変え、楽器による演奏と皆さんで歌っていただけるプログラムになりました。 好天に恵まれたこともあり、憩いの家がほぼ満杯になるほどの、総勢53名の来場を頂きました。 ありがとうございました。 また、アンコールも頂き、アンコール曲「ふるさと」で、さらに盛り上がりました。 例年同様、安否旗の確認訓練も行われました。 一時避難場所に参加の方々には、参加記念品として「非常用簡易ライト」が配布されました。 その後、午前10時から大磯港で開催の、大磯町主催の津波対策訓練に参加しました。 また、例年通り生産班即売会や防災餅の販売も行われました。 今年は、2日間とも好天に恵まれ、多くのみなさまのご来場を頂きありがとうございました。 また、多くの方々に出品いただき、ありがとうございました。 「写真愛好家展」も、下記のとおり開催されました。 関係各位のご協力に感謝いたします。 昨年は、台風による悪天候のため、国府小学校避難所初期開設訓練を行うことができませんでしたが、今年は好天に恵まれ訓練を無事に行うことができました。 安否確認訓練の内容は、地区より各戸に配布された案内資料をご覧ください。 本冊子は、約1年の歳月をかけて、馬場地区在住の多くのボランティアの方々の協力により作成されました。 馬場平成史の発刊について、および、編集委員・方法についても、本冊子をご覧ください。 なお、pdf版の「各種役員名簿」ページについては、ボカシをかけています。 馬場平成史 pdf・HS版 (掲載写真の多くに、高分解能写真へのリンク がついています。 通常版です。 ) 馬場地区敬老祝賀会が開催されました 馬場地区敬老祝賀会は、好天に恵まれ、下記の通り開催されました。 日時:令和元年(2019年)9月16日 月 (敬老の日) 午前11時から午後2時まで 場所:世代交流センターさざんか荘 ご招待者:満75歳以上(町内会加入)の方。 (昭和19年9月17日以前に生まれた方) 金婚(結婚50年)を迎えられたご夫妻。 数回、一瞬の雨に降られることもありましたが、ほぼ好天に恵まれ、盛大に開催することができました。 暑い中、参加された皆様、ご協力いただいた各団体の方々にお礼を申し上げます。 また、多くの方からご祝儀を頂き、まことにありがとうございました。 本大会の運営資金は、皆様の協力金、寄付金で賄われています。 月日:令和元年8月13日(火)・14日 水 時間:午後6時30分〜9時 踊り開始:午後7時 会場:馬場公園 模擬店、お楽しみ抽選会も行われました。 詳細は、町内各戸配布書(抽選券付)をご覧ください。 守公神社境内は、模擬店に集まった子どもたちでいっぱいになりました。 沿道での応援など、ありがとうございました。 この度、あらたにAEDが、憩いの家の玄関に設置されましたのでお知らせいたします。 また、馬場自主防災会では、消防署の協力を得て、AEDの使用方法を含めた心肺蘇生法の講習会を定期的に行っています。 組長の方々には回覧でご案内をしていますので、是非、参加いただくようお願いいたします。 第27回 馬場写真愛好会 写真展が開催されました 多くの方々の来場をいただき、ありがとうございました。 まずは、皆様のご協力に感謝いたします。 ありがとうございました。 作品:会員自由作品/テーマ作品:《影のある風景》を展示 会場:馬場老人憩の家 会期:2019年6月1日(土)〜6月2日(日) 時間:10時〜17時 詳細案内は、右の画像をクリックすると、大きな画像を表示します。 皆様のご協力に感謝いたします。 ありがとうございました。 期日:令和元年5月26日(日) 時間:午前7時〜9時 清掃場所:馬場地区は不動川、川岸周辺、ほか。 詳細は回覧をご覧ください。 作業内容、使用器具、保護具、集合場所などの詳細は回覧をご覧ください。 あわせて、馬場稲荷大明神の鳥居なども新調されました。 大磯町の国府本郷に、相模の六社が集う祭典です。 現在、神奈川県の無形民俗文化財に指定されています。 昭和39年<1964年>頃に行われた時の写真を掲載しました。 (撮影:馬場地区 大竹様。 掲載希望がありましたら、町内会役員にお申し出ください 第1作は、 源頼朝ゆかりの鎌倉道〜〜馬場地区の古道 2月の寒空の下、源頼朝ゆかりの史跡・馬場地区の鎌倉道〜〜馬場地区の古道〜を歩いてみました。 当ホームページへのリンクは自由です。 ただし、リンクをしたことによって問題が発生しても当町内会では責任を負いません。 リンクについては、当ホームページのトップページへのリンクを推奨します。 トップページ以外はアドレスが変更される場合があります。 また、リンクは「新しいウィンドウ」で開く設定としてください。 発行:馬場 (ばんば)地区 町内会 区長:鈴木 啓支.

次の

新型コロナウイルス感染拡大防止対策に伴う記者発表について(令和2年4月9日記者発表)/大磯町ホームページ

大磯 町 コロナ

昨日の議員全員協議会、2時間ほどの説明と質問がありました。 正直、町の「町民の命を守る意識」の薄さにがっかりしました。 筆頭は町長に直接訴える「平成目安箱」に、マスクが購入できない 妊婦の方が「数枚でも配布いただけないでしょうか?」と求めたところ、「町民の皆さんに配布できる備蓄がないため、申し訳ありませんが 配布することはできません」と 信じられない回答を医師の町長がした事実です。 一人に配布したら申し込みが殺到すると心配したのでしょうか。 妊婦は二人分の命を守らなければならない人です。 基準を作り、大切な備蓄を必要な人に渡すことについてしっかり考えるのが、行政の仕事だと思います。 町の状況把握は最初に着手することですが、 保育園、学童保育、学校、町の施設、医療関係、家庭内虐待、失業、融資、生活費、セイフティーネット、周知方法(HP頼みはよくない。 町の掲示板の活用を)等々の議員の質問に対し、 町民の声を把握して、町政にいかす気概は感じられません。 「テレビなどで必要なことは周知されている」、「緊急事態宣言の具体的な対応は指示を待っている」など受け身に回っていて、 この大変な事態に対して、少しでも町としてできることを探しているようには思えません。 議員からは批判をはじめ踏み込んだ対応を求める声があがりました。 町長は「建設的な意見をいただいた。 検討する。 職員には初めてのこと、得難い経験、糧となるだろう。 忌憚なく意見をいただき町と力を合わせていただきたい」と発言。 それに対し「検討とは何もしないこと、と国の役人から聞いたことがある。 それでは困る。 いつまでに答えられるか」と求められ、町長は「1~2週間で」と答えました。 動物病院に行くように言われたが感染防止と逆行、おかしい。 ホームページも分かりにくい。 改善して。 106• 125• 107•

次の