メダロット s 周回。 【メダロットS】ルビーの集め方・効果的な使い道

【メダロットS】【攻略】上級くらいのMF周回はこう育てれば大体90カウント以内にほぼ全員撃破できるぞ

メダロット s 周回

理由は分かった。 現実的ではない。 それで研究値1000にするには、ガチャで50回当てる必要がある。 作ったやつ出てこいって話になる。 「ランクアップするな」と書いてある。 救済処置として「激闘ロボトル」では、ステージをクリアすれば同じメダロットが何回も手に入るので、同じ激闘ロボトルを何度もクリアすると、研究値1000にする事ができる。 なんだ40回クリアすれば、研究値1000にできそうだ(机上の空論。 実際に試してはいない)。 研究値が1000になったら、次は「サイプラシウム合金」だ。 これはガチャを回すしかない。 ガチャを回して、同じパーツがダブったら(かぶったら)、サイプラシウム合金がもらえる。 今確認したら268個持っていた。 てことは、468個くらい1. 5万円課金したユーザーは持ってるのかな(ベリハまで全クリ済み。 23章はノーマルのみ)。 これはきつい。 ということは、1. 今の環境では、「フラッシュ」「フリーズ」「サンダー」が強いので、威力はそこまで重要ではない。 ラスボスですらフリーズで凍っていた(上の画像)。 研究値1000にしておくのは悪くないが、「サイプラシウム合金」をここで使い切るのはもったいないと思った。

次の

周回おすすめ

メダロット s 周回

敵機体をワンパンできるパーツ 1箇所• 敵機体より素早く行動できる脚部• 獲得ポイントに特効が付くパーツ・メダロッター さて、1時間に10万ポイントを安定して稼ぐ際、重要となるのは上記3点。 まず、敵機体を1度の攻撃で倒せるようになると、当然周回効率が上がるのでここは目指したいところです。 特に今回のユウキ編では『フラッシュ』や『ウィルス』といった妨害パーツが多く、これらを撃たれるか否かで周回効率は数倍変化します。 それに伴い、妨害前に攻撃できる脚部を火力機体に搭載できるとさらに安定。 そしてもちろん、特効メダロッターやパーツは残り枠に積めれば積めるだけ積むべきでしょう。 敵機体をワンパンできるパーツ 1箇所 パーツ名 行動 入手先 モーゼ パワーライフル 激闘ロボトル オリメダ3人衆 2ゴウアーム パワーライフル 激闘ロボトル シサク2ゴウ 詳しい計算式は不明ですが、ユウキ編Exステージ3において、実際にクリティカルなしでワンパンできるラインは射撃ならざっくり威力3,000程度。 これを貫通ありで腕へ当てると、腕パーツと頭部パーツをきっちり削りきり戦闘不能まで持っていけます。 このへんはイベント適正というより、単純に最強パーツの一角ですね アークビートルのパーツだと厳しい パーツ名 行動 厳しい理由 イグニッション パワーライフル 威力が低すぎ プロミネンス ハイパービーム CGを貯める必要あり 回数少なすぎ エクスプロード メガガトリング 乱撃がパーツ破壊に不向き メダロットSのみならず、シリーズ共通で高威力といえばアークビートル。 パワーライフルであるイグニッションは素の火力が低すぎ 1,095 て頭まで割りきれず、ハイパービームであるプロミネンスはCGを30溜めないとやはり火力不足。 過去にシサク2ゴウとオリメダのどちらも周回していなかった場合、ランキング上位はかなり厳しい道になりそう 2. 敵機体より素早く行動できる脚部 超戦ロボトルユウキ編では、3体中2体が行動阻害系の技を持っています。 後手に回ってしまうと一切行動できずに倒されてしまうことが増えるので、火力担当機体は充冷の高い脚部を採用しましょう。 手持ちの特効パーツにも寄りますが、クロスメサイア 主人公の初期機体 の脚部『ハイブリッダー』は、「2」と高いHvリミットを持ちながら充冷もトップクラスのぶっ壊れ脚部なので普段使い含めてオススメ。 Hvリミットが低いと、その兼ね合いで他の特効パーツも外すハメになりかねませんし、最低でも2以上の脚部から選ぶと良いでしょう。 上記のワンパン火力と脚部を1機体分揃えてしまえば、あとはその機体が3~4回殴るだけでクリアできますので、他のパーツ枠や1機体は極力特効で埋めましょう。 獲得ポイントの恩恵を受けるのに、フレンドである必要はありません。

次の

【メダロットS】ルビーの集め方・効果的な使い道

メダロット s 周回

新しいメダフォース周回編成が登場!【従来より早いです】 メダフォース周回で、僕が使っている編成はこんな感じです。 それぞれ解説していきます。 中には必須のパーツもあるので、是非チェックしてみてください。 サムライの頭部パーツ以外は何でもOKです。 ただし、 横一閃を使うメダロットより充冷が早くなるように脚部を設定しましょう。 その仕組みはで解説します。 クロスメサイアの頭部パーツ以外は何でもOKです。 ただし、 ソニックショットを使うメダロットより充冷が遅くなるように脚部を設定しましょう。 その仕組みはで解説します。 メダフォース2を使う2体が2回目の充填完了までに行動できる速さがあれば充分です。 (2が多くて申し訳ないです笑) チャージプラントを設置するのは 1回だけでよくて、そのあとは、フルチャージで削れた分の装甲を回復したり、妨害クリアで支援してあげるといいでしょう。 チャージをすると、プラントは1個ずつ壊れていきます。 ドッグをサムライより先にする理由は、 ドッグが最初の55%をとるためです。 よって、次のチャージで55%とれば100%になる、というわけです。 チャージする回数が1回減っているので、効率が良くなっていますね。 さらなる効率を求めると調整が必要 実は、この編成にはちょっとした欠点があります。 それは、 ドッグが余分に1回チャージをしてしまうことです。 単純にドッグの方がサムライより足が早い上に、チャージ1回分短くメダフォースを撃てるからですね。 気にならなければいいのですが、最効率を求めると玉に瑕です。 記事の冒頭でも言いましたが、速度の調整に成功したので動画を載せておきます。 途中でサムライがドッグを追い抜いています。 ドッグのメダフォース2の速度 < サムライのチャージの速度 の瞬間があるのですが、詳しくは分かりません笑 メダフォース使用時の充冷が、どこの数値を参照しているのかが不明なんですよね。。 動画で使っている両者の頭部と脚部を解説します。 サムライの頭部はランク5かつレベル90なので、充填は 602、冷却は 578です。 クロスメサイアの頭部はランク3かつレベル60なので、充填は 529、冷却は 493です。 キントグーの脚部はランク5かつレベル90なので、充冷は 889です。 ビーストマスターの脚部はランク5かつレベル90なので、充冷は833です。 それに加えて、アラセ メダロッター をセットすると脚部の充冷が45がプラスされて、 878です。 各々比較して、 「頭部の充填・冷却が 大きい方」と「脚部の充冷が 小さい方」のセットと、 「頭部の充填・冷却が 小さい方」と「脚部の充冷が 大きい方」のセット を作ると、動画のようなズレが発生すると思います。 例えば、地形が「サイバー」なら、二脚も多脚も適正はSですが、「森林」とかになると、適性が変わるので、汎用性に欠けます。 アタッカーというのは、ソニックショットと横一閃を放つメダロットのことです。 改善策としては、当然ですが同じタイプの脚部を使うことですね。 僕は、キントグーの脚部ランク5と、クロスメサイアの脚部ランク4を使って調整しています。

次の