考え て ください 敬語。 ビジネスにおける考えるの敬語表現|メールで使える考えるの敬語表現例

敬語表現「お越しください」の使い方をマスターしよう!

考え て ください 敬語

「お聞かせください」は、敬語表現としてやや失礼になる場合があります。 「お聞かせください」自体は、間違いではありません。 しかし、「お聞かせください」の「ください」という部分には、やや命令的な印象があります。 このような印象の言葉であるため、使われると失礼に感じる人もいるのです。 そのため、別の言い方をした方が無難でしょう。 目上の人に対しては失礼になる可能性が高い 特に目上の人に関しては、「お聞かせください」という敬語は使わない方が正しいでしょう。 目上の人は、特に敬意を表さないとならない存在になります。 そのため、このような失礼に聞こえる可能性がある言葉を使うのは、やはり良くありません。 きちんと敬意が伝わる敬語で、「お聞かせください」と表現していきましょう。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現が適切 では、「お聞かせください」がやや失礼になってしまうであろう人達への敬語表現としては、どのような形が適切になるのでしょうか。 その正解のひとつが、「お聞かせ願えませんか」になります。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現あれば、「ください」という命令的な表現も入っていないため、目上の人に対しても失礼ではありません。 お願いの印象が強く出るため失礼にならない また、「お聞かせ願えませんか」は、「お聞かせください」と比べると、お願いの形になっています。 言葉の中に「願う」が入っているため、よりお願いの印象が強く出るのです。 このような敬語であれば、まず失礼になることはありません。 そのため、「お聞かせください」と目上の人に述べる際は、「お聞かせ願えませんか」と言い換えるといいでしょう。 「お聞かせいただけませんか」も目上の人にふさわしい敬語 「お聞かせください」を目上の人に使っても失礼のない敬語にするには、「お聞かせいただけませんか」にする方法もあります。 「お聞かせいただけませんか」でも、命令ともとれる失礼に聞こえがちな言葉遣いではなくなります。 そのため、適切な敬語表現と言えるのです。 「いただく」は謙譲語になる さらに、「お聞かせいただけませんか」には、「いただく」という謙譲表現が入っています。 自分を下げて相手を上げるため、失礼な敬語表現にならなくなるのです。 謙譲語の言葉の作りになっているため、何かを聞きたいときには「お聞かせいただけませんか」という表現をしていくのも正解です。 「お聞かせください」は失礼に感じられる場合があるため他の敬語に言い換えるのが適切 「お聞かせください」は、敬語として正しい表現かどうかを見てきました。 結論としては、「お聞かせください」の敬語は、必ずしも失礼になる言葉遣いではありません。 しかし、失礼に感じられる場合もあるため、「お聞かせください」ではなく、「お聞かせ願えませんか」や「お聞かせいただけませんか」に言い換えるのがおすすめです。

次の

「考える」の正しい敬語の使い方とNG例【謙譲語・尊敬語】

考え て ください 敬語

敬語には大きく分けて3種類の使い分けがあることをご存知でしょうか。 私たちが日常的に使う言葉は相手によって変える必要があるのです。 まず、目上の人と話すときに用いられる『尊敬語』、次に自分の立場を下に下げるときに用いられる『謙譲語』、そして相手に対し丁寧に離す際用いられる『丁寧語』です。 この3つはどれも『見る』『食べる』『行く』などの動詞を変換してそれぞれの使い分けをしているのですが、ある規則性にのっとって敬語に変換されているのです。 敬語の基本ルール 敬語の基本的なルールをここで紹介します。 このように3つの敬語それぞれには規則があり、ルール上にのっとった使い分けがされるのです。 それでは次に「考える」という表現を利用して、それぞれの敬語表現を見ていきましょう。 【考える】の敬語表現 上記で説明したように、『考える』という動詞をルールに乗っ取って変換したいと思います。 まず、『考える』を尊敬語に直した場合「お考えになる」となり、更に謙譲語に直すと『拝察する』そして丁寧語になると『考えます』となります。 また、『考える』の敬語はこれ以外にも同じような意味でつかわれる言葉もあり、尊敬語においては「ご高察なさる」謙譲語であれば「考えておる」や「愚考する」という使われ方もしています。 このように3つの敬語に沿ってそれぞれの言い回し方があるので注意しましょう。 ビジネスにおける「考える」の敬語表現 会社などにおいて上下関係のない場所というのはまずありません。 必ず役職があり、年齢があり、経験年数などで上下関係が決まってきます。 こういった上下関係がはっきりしている場所において、若手や経験の浅い社員は上の立場の人に失礼のないよう注意を払わなければなりません。 また、同じ社内の人間だけでなく来客者や取引先のクライアントと話すこともあるでしょう。 そんな、来社した人の方が上の立場になる場合などは尊敬語を用いるのが正解です。 自分自身や自分の身内に関わることであれば謙譲語を使うようにします。 常に低姿勢で、丁寧語を心がけながら尊敬語や謙譲語を使い分ける必要があるのです。 こう考えるといっぺんに色々な話し方が必要だと、非常に難しく考えてしまいます。 いざという時きちんとした対応ができるよう、次はビジネスシーンにおける『考える』を用いた表現方法を紹介します。 考える対象が一人だけの場合 考える相手が一人だけの場合の敬語表現を紹介しましょう。 まず、尊敬語であれば『考える』という動詞は『お考えになる』という表現が用いられることになります。 例文として『これまでの資料を踏まえ、まずは課長のお考えをお聞かせ願えませんか。 』というような使い方になります。 次に謙譲語を見ていきましょう。 『考える』という動詞は謙譲語だと『~と考えております』と用いられます。 このことから、ビジネスシーンでよく用いられる例文に直すと『丁度今、その件に関して考えております』という使い方になります。 また、考えるの謙譲語として『愚考する』という表現もあります。 これは自分の考えを示す言葉なのでビジネスシーンでの敬語においては『この資料の問題に関しては、~のように愚考いたしております。 』と使われます。 考える対象に相手がいる場合 上記では考える相手が一人だけの場合を紹介しましたので、次は複数の相手がいる場合の敬語表現をご紹介しましょう。 まず、『考える』が尊敬語に直ると『ご高察なさる』という表現が用いられます。 ビジネスシーンにおいての使い方を見てみましょう。 このように、書面にて通知する際の文章として使われることが多く、非常に改まった丁寧な言い方となるのです。 それでは次に、『考える』を複数人を相手に謙譲語に直す場合をご紹介しましょう。 上記で紹介したように『~と考えております』が謙譲語の場合は用いられるようになっています。 似たような言葉で『拝察する』という表現もあり、こちらもまた他人の心中を察して使われるものなので、使い方としてはどちらも間違いではありません。 メールで使える「考える」の敬語表現 ビジネスシーンにおいて、メールで『考える』と伝える際はどのような敬語を用いたら良いのでしょうか。 ここではメールなど文章として送る際に使える『考える』の表現方法を紹介します。 『考える』は『検討する』に変更しよう まず、ビジネスメールにおいて、相手に『考える』と伝えるときはどういった時なのか考えてみましょう。 しかし、『考えさせてください』という伝え方はビジネスメールにおいてはあまり相応しくありません。 メールの文章で『考える』ことを伝える際には、より丁寧な姿勢が伝わるよう『検討します』と言い換えることをおすすめします。 『検討します』の意味 『検討します』という言葉は上記で説明したように『考えます』という意味を持っています。 しかし、ビジネスシーンにおいては2つの意味を持っており、『本当に考えたい時』そして『断りを入れたい時』の2パターンで使われています。 断りを入れたい時の表現方法としては『いいえ、結構です』というような用い方がありますがなぜこのように遠回しに伝えるのかご存知でしょうか。 それは、次でご紹介しましょう。 ビジネスでは直接的な拒否を嫌う ビジネスシーンにおいて断りを入れたい時、直接的に断ることはせず『考える』という言葉を『検討します』と言い換えて相手に伝えます。 『いえ、結構です』と直接的に伝えることは非常に言いづらく気まずささえ感じてしまうものです。 そんな時に使われるのが『前向きに検討します』という表現方法なのです。 YESかNOで考えると限りなくNOに近い回答の仕方だと言えるでしょう。 実際にこのようなメールを送る場合は、『期待はしないでくださいね』というニュアンスで相手も受け取ることを覚えておきましょう。 「思う」と「考える」の敬語表現と使い分け 『思う』と『考える』という表現方法は一見似たような意味を指しますが使い方が違ってくるので注意することが必要です。 ここでは敬語表現の違いと使い分けについて学んでいきましょう。 表現の違いを理解しよう まず、『問題の意味を考える』と言うことはあっても『問題の意味を思う』と使うことはありません。 例えば『相手のことを思う』『相手のことを考える』という、一見どちらの表現も間違いではない文章ですが、この時の『考える』とは知的に分析することを表すのに対し、『思う』というのは情意的、瞬間的表現であることが分かります。 このように、『思う』と『考える』には似ているようで似ていないポイントがあります。 特に重要な書類や論文、文書などで使う際には『考える』を用いて、感情的・突発的である『思う』の使い方を予め理解することが大切です。 『思う』『考える』の敬語表現.

次の

「お聞かせください」敬語の正しくビジネスメール等での使い方や注意点

考え て ください 敬語

「相手に検討してほしい」という場合は、検討を丁寧語に表現した「 ご検討」を使います。 、「ご検討お願いします」や「ご検討いただけますでしょうか」などです。 「自分が検討します」 という場合 は、前に 「ご」は付けません。 「検討」や「検討いたします」が敬語表現です。 自分が検討しますの意味で「ご」を前に付けてしまうのは、社会人になりたての方によくある間違いなので、気をつけましょう。 取引先だけでなく上司とのやり取りでも違和感なく使うことが可能です。 フランクに聞こえてしまう、もう少しに表現したいという方は「ご検討の ほどよろしくお願いいたします」にすると丁寧さが増します。 ご検討いただきたく存じます 「検討して欲しいと思っています」を丁寧に表現した言葉が「ご検討」です。 また、上記の 「ご検討よろしくお願いいたします」 より も硬い表現 です。 年が離れた上司や初めてやりとりするお客などに使いましょう。 社内で検討させていただきます 「考えさせてもらいます」という意味で、 自分だけでは判断できないお願いをされた場合によく使われる言葉です。 「一度社内で検討させていただきます」「持ち帰って社内で検討させていただきます」というフレーズで使います。• <例文>• 来月の広告予算に関しては 一考した上で改めてご連絡させていただきます。 新しい企画について、 ご一考いただければ幸いです。 4.「検討する」と相手に言われた時に取るべき行動 取引先に「検討させていただきます」と言われた場合、 取るべき行動は2つあります。 日本では遠回しに「断り」を意味する場合もあるので、お互いに認識の違いが生まれないようの2つに注意してください。 4-1.期限を決める (検討した結果の)返事をいただくまでの 期限を決めることが重要になります。 なぜなら、検討するといいながら、遠回しに断られている可能性があるからです。 期限を決めていないと、いつまで待っても連絡が来ないなんてこともありえます。 」とあらかじめ聞いておきましょう。 4-2.検討内容を明確にする 何について検討してもらうのかを明確にすることも重要です。 取引先の担当者はあなた以外にも何十人何百人と仕事をしています。 検討内容が曖昧なままだと優先順位が下がり、後回しにされることもあります。 そのため、 検討内容を明確に提示し、何について考えてもらうのかはっきりさせましょう。 5.「検討する」の英語表現 検討するを英語で表現すると「 think about」または「 consider」です。 <例文>• I will think about the plan. (そのプランについて考えておきます。 Shall we consider his proposal? (彼の提案について、私たちで検討しませんか?) 「consider」の方が「think about」よりも前向きなニュアンスです。 まとめ 「検討する」はじっくりと考えるという意味です。 敬語表現の「ご検討させていただきます」には「 断り」の意味が含まれている場合があり、検討内容を曖昧にしたままだといつまでたっても返信が来ないということもあり得ます。 そのため、相手に検討してもらう際は期限と内容を明確にしましょう。 言う側も言われる側も 相手が何を意図して「検討する」という言葉を使っているのかを考えると上手く使いこなせますよ!•

次の