なす の 煮浸し めんつゆ ストレート。 フライパンで時短!基本の「なすの煮浸し」レシピ&アレンジ

なすの煮びたし/揚げずに作る簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

なす の 煮浸し めんつゆ ストレート

よくおひたしや含め煮などに間違われるのですが、食材を茹でた後、器に盛り付け、その上からだし汁をかけて召し上がるのが 「おひたし」、だし汁を用いて食材を煮込むのが 「煮浸し」です。 煮浸しのメリットはだし汁が浸み込みにくい食材にも利用することが出来る点です。 煮浸しに向く食材はほうれん草や青梗菜などの葉物野菜や大根などの根野菜ではなく、茄子などの皮が厚い野菜に向いている調理法です。 近年では、煮浸しを醤油や日本酒などで1から作るのではなく、めんつゆを用いて簡単に作ることが出来るようになり、今では夏の定番メニューの1つとなっています。 では、めんつゆを用いたなすびの煮浸しの作り方をご紹介します。 茄子は100gおよそ22Kcalとたいへん低カロリーな食材なのでダイエット中の方にもお勧めです。 他にも茄子には、ナスニンと呼ばれるアントシアニン系の色素成分やクロロゲンと呼ばれるポリフェノールの1種などが含まれています。 めんつゆはだし汁と醤油、日本酒もしくはみりんに砂糖を加えて製造されている調味料の1種です。 めんつゆの製法は2タイプあり、1つが濃口醤油に砂糖とみりんなどを加えて煮詰めたものを「かえし」、もう1つが昆布やいりこなどから抽出されたエキスを用いて作られる「出汁」です。 めんつゆのカロリーはストレートタイプで100gおよそ44Kcalとなっています。 ですので大さじ1杯使用すると7Kcal、小さじ1杯で3Kcalとなります。 めんつゆは醤油やだし汁などがたっぷり含まれた調味料ですので、醤油やだし汁、砂糖などを用いる料理はめんつゆ1本で代用することが可能です。 しかも、醤油やだし汁、砂糖などを分けて入れるよりも、めんつゆ1本でまとめて味付けした方が摂取カロリーを抑えることができ、健康に気を遣っている方にお勧めの調味料です。 例えば、親子丼 1杯463Kcal を作る際、醤油や砂糖、みりんを分けて用いると61Kcalとなりますが、めんつゆに切り替えただけでなんと17Kcalダウンの44Kcalとなります。 では、どんな料理にも使えることから、今では「万能調味料」と呼ばれるめんつゆを用いてなすびの煮浸しの作り方をご紹介します。 材料 ・茄子:3本もしくは4本 ・すりおろし生姜:2片 チューブ生姜を用いる場合、3cmほどがオススメです。 3倍濃縮のめんつゆがご自宅にない場合は、2倍濃縮のめんつゆを用いることも可能です。 その場合は2倍濃縮のめんつゆ80ccに水160ccが丁度良いでしょう。 また、ご使用のコンロによって茄子が煮詰まり過ぎてしまう危険性があるため、途中で蓋を開けて中の様子を窺うと失敗しません。 また、茄子と共にピーマンやししとう、厚揚げなどを共に煮詰めることも可能ですので、是非お試しください。 めんつゆやだしつゆは漬け料理や焼き料理をはじめ、炒め料理に揚げ料理など幅広い調理方法で用いることが出来る 万能調味料です。 しかも用いるめんつゆやだしつゆによって得られる健康や美容効果が異なるため、 めんつゆやだしつゆを購入する際は目的に合わせて購入することをオススメします。 鰹だしタイプのめんつゆやだしつゆには鰹節に含まれるイノシン酸が含有されており、老化予防に効果的です。 反対に昆布だしタイプのめんつゆやだしつゆにはビタミンB2やヨウ素が含まれているので美肌効果を得ることが出来ます。 まとめ なすびの煮浸しを作る際は、使用するめんつゆの素材にもこだわると良いでしょう。 しかし1点気を付けなければならないことがあります。 茄子は加熱調理を施しても体を冷やす効果があります。 そのため、妊娠中の女性や冷え性の方がなすびの煮浸しを摂取する場合は身体を温める効果を持つ生姜やネギ、唐辛子などの薬味を加えて食べると良いでしょう。 今が旬の茄子を堪能して頂きたいと思います。 スポンサードリンク.

次の

麺つゆ・そばつゆ・そうめんつゆの違い

なす の 煮浸し めんつゆ ストレート

SNSで話題を呼んだ無限ピーマンはじめ、これまでに色んなブームを起こしてきた「無限レシピ」シリーズ。 今回そんな無限シリーズに、アマノ食堂スタッフが新革命を起こします! 満を持してご紹介するのはその名も 「無限たけのこ」。 「これは無限ピーマンを超えるかも…!」と、いま編集部内で持ち切りのとっておきレシピなんです。 しかも、これまでにないほど簡単につくれるのもポイントで、調理時間はたったの 3分! 世のズボラさんたちの必須アイテム・めんつゆが大活躍しますよ。 アマノ食堂のイチ押しレシピ、ぜひお試しください!! たけのこをくし切りにする(写真のように出来るだけ断面が広くなるようにくし形に切ると、味が染み込みやすくなります)。 耐熱容器に、たけのこ・バター・めんつゆをまとめて入れる。 ラップをかけて、電子レンジで加熱する(600Wで2分間が目安)。 熱~いうちにかき混ぜて、かつおぶしをまぶして完成! 調味料も少なく、電子レンジで簡単にできます。 今回のレシピを教えてくれたフードユニット・Uchilaの飯泉友紀さんが、「とにかく簡単でおいしい! 騙されたと思ってぜひつくってみて」と自信を持っておすすめするレシピです。 実際に取材スタッフが調理してみて実感した簡単さたるや無限大。 たけのこを切って、混ぜて、チンするだけと工程は極めてシンプル。 あっ!という間に完成しちゃいます! そして味のほうは、文句のつけようがないほどおいしい…! これはもう全方位カンペキと言い切ってしまいましょう(笑)。 仕上げにまぶした、踊るかつおぶしのいい香りとめんつゆ&バターの黄金コンビ、そしてたけのこのシャキシャキ感。 これは本気で無限に食べ続けられるかもしれませんよ~! *** もっとおいしく!おつまみからご飯まで!無限たけのこアレンジレシピ4選 そのまま食べてもおいしい「無限たけのこ」ですが、味により変化をプラスできるレシピを4つご紹介します。 最後の2つは驚きアレンジですよ。 必見! 粒マスタードで洋風アレンジ まず1つめは、「粒マスタードと合わせる」方法。 ベースの無限たけのこに、粒マスタードをまぶすだけ。 マイルドな辛さが加わり味わいがギュッと引き締まります! 洋酒のおつまみにも最適です。 もっとズボラを極めるならば冷凍ごはんをレンチンして混ぜてもOK。 簡単につくれるスープなどが家にあれば、あっという間に体に良さそうな食卓のできあがり。 用意するのは、お好きなパン。 食パンでもコッペパンでも何でもOK! トースターでこんがり焼いて無限たけのこを乗せれば完成です。 例えばバケットにトッピングして、お好みでオリーブオイルをかければ、写真のようなおもてなし料理に大変身。 見た目がおしゃれなので、ホームパーティやアペロ(=アペリティフ)などお客さんに出すお料理としてもぴったりです。 お酒のおつまみに。 なんちゃって「ポテサラ」 蒸したじゃがいも(2個)と、無限たけのこを和えるだけの即席ポテトサラダ。 たけのこのシャキシャキ感とじゃがいものホクホク感は、ありそうでなかった絶妙なバランスです。 ポテサラはおつまみの定番ですが、無限たけのこの食感&めんつゆバターのコクによってさらにお酒が進んじゃうこと間違いなし。 夜のおつまみにはもちろん、ごはんのおかずとしても重宝する1品です。 *** 食べ始めると止まらない「無限たけのこ」。 普段はあまり料理をしない人でも簡単に作れて、保存もしておける重宝レシピです。 今回飯泉さんに教えてもらったアレンジ方法もぜひ挑戦してほしいですが、七味をサッとかけたり、他の野菜を加えてみたり…と、自分好みの食材でアレンジしてみるのも楽しいかも! 淡泊な味だからこそ無限のレシピが見えてくる…。 読者の皆様にご迷惑おかけいたしましたことを、謹んでお詫び申し上げます。 【レシピを教えてくれた人】 飯泉友紀さん(Uchila) 【PROFILE】 移動式フードドリンクユニット「Uchila(ウチラ)」のメンバー。 各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。 思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。 ページ (スタイリング/荻原由佳).

次の

なすの煮びたし/揚げずに作る簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

なす の 煮浸し めんつゆ ストレート

ハマってるんです、「なすそうめん」! こちら、 県の郷土料理。 なすを軽く炒めて、油揚げと一緒に煮て、そのおつゆでそうめんをいただくというもの。 「ピリ辛のあったかいおつゆ+そうめん」、これが新鮮でした。 つめたーいそうめんも当然いいけれど、逆に食欲を刺激されたんですよねえ。 まずはレシピをご紹介します。 なすそうめん(2~3人前) 【材料】• なす 3本• 油揚げ 2枚• めんつゆ 300ml(ストレートタイプ。 濃縮タイプなら希釈して使用してください)• ゴマ油 大さじ1• そうめん 200g前後 1:なすはヘタを落とし、タテ半分に切って、 ナナメに軽く切り込みを入れます。 切り込みの間隔はだいたい1㎝ぐらい。 こうすることで 味がよく染みて、火の通りも早くなるんだそうですよ。 あと、トップ画像のなすはタテ4つに切ってますが、これだと崩れやすいので半分にしました。 2:フライパンにゴマ油をひき、なすの皮を下にして入れます。 中火で3分熱してください。 3:3分経ったら、 ひっくり返して、フタしてさらに3分。 その場合、あとで煮るとき1~2分プラスして、加熱してください。 あと、ひっくり返すのはトングがあると楽。 私もそうなんですが、菜箸などでエッチラやってるとドンドン火が通っちゃって、失敗のもとですな。 ちなみにトング、私は100均で買ったのを活用してます。 これで十分。 4:油揚げは三角に切っておきます。 油揚げ、油でべとべとの場合は熱湯をかけてざるにあげて、冷めてから切ってください。 サラッとしている場合は、そのまま使っちゃいましょう。 1枚をまず半分にして、それぞれを三角に。 ただこれ、県人にたずねると 「厳密じゃないから、好きな大きさに切ればいいよ」という声もありました。 なのでアバウトでもOK! フタして3分熱して、こんな感じ。 5:フライパンに油揚げも入れて、めんつゆ、唐辛子を入れて煮ます。 中火で5分ほど煮てください。 6:さあ、そうめんの準備です。 手でグッと握るようにしぼってOKです。 これをやらないと、 つゆが薄まってうまくないっす(涙)! さあ、盛りつけましょう。 お皿にそれぞれを盛って、煮汁をかけていただきます。 そうめんをすすって、油揚げやなすを一緒に口に含むと、おつゆがジュワッ。 これがいいんだなあ。 好みで、 おろしショウガ、刻みネギ、ミョウガなどをご一緒にどうぞ。 ちょっとアレンジ。 豚ひき肉をショウガたっぷりで炒めて、輪切りのなすとめんつゆで煮たバージョン。 これもスイスイ入っちゃいましたねえ……。 ゴマ油で野菜・肉などを炒める• めんつゆで煮る• そうめんにぶっかけで食べる この方法論、いろいろと応用できそう。 しかしやっぱり……「 なすと油揚げ」という「口の中でジュワッ」という食材がポイントですな。 これがないと寂しくなりがち。 なすもそうめんもの特産物 「県=うどん」のイメージが強いでしょうが、 そうめんも特産物なんですね。 小豆島(しょうどしま)というところで、約400年前から作られてきたそう。 ちなみにこの小豆島、オリーブの産地としても有名。 また、かつての大ヒット作『二十四の瞳』という映画の舞台にもなりました。 そして なすも県三豊市の特産物。 三豊なすという、大きななすが有名なんです。 昔は、なすと油揚げを煮た鍋に直接そうめんも入れて、一緒にゆでてたね。 夏の農作業のいそがしい昼間に、パッと作れる手軽な料理だったよ。 と、ある年輩の県人さんが教えてくれました。 一緒の鍋でそうめんを煮ると簡単だけど、そうめんの塩分も一緒に食べてしまうので、現在では健康を意識してやられなくなったとか。 郷土レシピも時代に即して変わりますな。 県、栗林公園(りつりんこうえん・上の写真)や「こんぴらさん」で名高い金刀比羅宮(ことひらぐう)など、観光も実に楽しいところですよ。 魚もうまいし。 気になったかたはぜひ、足を運んでみてください。 またどこかで「これは全国でマネすべし」な美味を見つけたら、ご紹介します!.

次の