桃 ブログ 魚拓。 【パチンコ・スロットライター】自粛中の気になるツイート

桃 果物ブログ

桃 ブログ 魚拓

初回配信をご覧になった方々ならびにご参加くださった方々、ありがとうございました。 怒鳴り散らさないようにと気を回し過ぎたせいか、グッタリ疲れて今起きました。 自粛期間が明けるまでは毎日配信しますので、お時間ある方はお付き合いください。 今夜は22時スタートです。 退屈な自宅待機に一筋の光が見えました。 これからも楽しませてください 🙇🙇🙇 — アンパンちゃん れあ役🌈🌸 o33soJMNpJ3Lz6R パチンコやパチスロのことは全くわからないですが、ただ見てて面白かったです。 お疲れ様でした。 毎日配信されるということですが、できればアーカイブを残して欲しいです。 あんなに面白いのにタイムリーにしか見れないのは残念過ぎます。 — 弱気な紳士🐽カツ丼自粛中 kurohune63.

次の

★★魚拓専用★あいのり桃ブログ★part5★★@したらば

桃 ブログ 魚拓

日付別• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年•

次の

魚拓 人気ブログランキング

桃 ブログ 魚拓

「ウェブ魚拓」とは 「ウェブ魚拓」とは、いったいどのようなものなのでしょう。 Wikipediaでは、次のように説明されています。 ウェブ魚拓(ウェブぎょたく)とは、WWW上のウェブサイト(ウェブページ)をキャッシュとして保存する無料のサービスである。 日本の株式会社アフィリティーが2006年より運営している。 一種のスナップショットによるウェブアーカイブである。 () すごく簡単に言えば、 「特定のウェブページをネット上に保存するサービス」と申しましょうか。 たとえページが管理者によって削除されたとしても、その前に魚拓を取ってあれば、削除後もほぼ完全な状態でページを閲覧することができます。 アウトドアとしての「釣り」を嗜む人であれば、もともとの「魚拓」の意味を参照すればイメージしやすいのではないかと思います。 縁のない人には耳馴染みのない言葉ではありますが、これはまだ写真技術のない時代、釣り上げた魚の大きさや形を記録するために使われていました。 魚拓(ぎょたく)とは、釣りで釣った魚の像を、墨や絵の具を使って紙などに転写したもの。 釣り上げた魚の原寸大の記録を残すために行われる。 () なぜ「魚拓」を取るのか では、このウェブ魚拓、実際にはどのように使われているのでしょうか。 まず思いつくものとしては、純粋な アーカイブ用途ですね。 「自分が好きなサイト(ページ)が急に消えてしまっても、あとで読み返せるように」と保存するケース。 実際、そのように使っている人も少なくないはずです。 他方、ウェブ魚拓の創業者さんへのインタビュー記事では、次のようなお話もされていました。 けっこうデザイン会社さんとかが使っています。 「うちのデザイン、あのサイトで勝手に使われてる。 魚拓に取っておこう」とか。 あとはアカデミックな使われ方をする人も多いですね。 () 言うなれば、ある種の 「証拠」を保存するための使い方。 冒頭で触れた「炎上初期段階での魚拓」も、利用意図としてはこれに当てはまると言えるでしょう。 アカデミックな使い方としては、資料としてのアーカイブであり、その時々で話題になった出来事を資料として記録する形ですね。 このように、一口に「魚拓」と言っても、使い方はさまざま。 自分用にウェブページを保存する場合もあれば、炎上し削除されたページを他の人と共有するために魚拓を取るケースも少なくありません。 炎上すると「削除」「修正」では対応できない場合がある アーカイブのための魚拓利用は、「個人的な使い方」であるとも言い換えられます。 しかし一方で、僕らがネット上で目にする魚拓の多くは、どちらかと言えば、主に炎上記事の「証拠」を多人数で共有するために引用されている場合が大多数であるようにも感じます。 何らかの理由により、ブログ記事や個人のツイートが炎上してしまった場合の対処法として、「削除」や「修正」を推奨する言説はたびたび見られるもの。 しかし、当たり前のように魚拓が利用されている今となっては、 少なくとも「削除」はほとんど意味をなしません。 炎上した記事・ツイートがそのままの形で保存されてしまっているからですね。 ということはもちろん、「修正」しようという場合にも注意が必要となってきます。 なぜなら、炎上した記事が「修正前の状態」で魚拓を取られていれば、その原因となったであろう過激な言説や問題のある画像もまるまる保存されているためです。 急いで取り繕ってなかったことにしようとしても、「修正前はこんなこと書いてたじゃん」と指摘されてしまっては意味がありません。 そういった意識を念頭に置きつつ、インターネットとその先のユーザーに対して、真摯に向き合っていく必要があるのではないでしょうか。 ともあれ、ウェブ上の証拠保存にしても、個人的なアーカイブに使うにしても「ウェブ魚拓」はとても便利なサービスです。 まだ使ったことのない人は試しに一度、利用してみてはいかがでしょうか。

次の