サンチョ ウイイレ。 【ウイイレアプリ2020】レべマ能力値91以上!有能金玉123選【トレード・確定スカウトで獲得すべし!】|yasublog

【ウイイレ2020】ジェイドン・サンチョ|能力値/スカウト/ポジション/プレースタイル/スキル【好調ドルトムントの立役者!】

サンチョ ウイイレ

なお変更数値はレベル最大時のものとなります。 アーノルド 変更された点• ヘッダー• PKキッカー• ダブルタッチ• なお変更数値はレベル1のものとなります。 コントロールループ• ヒールトリック• PKキッカー• ドロップシュート• ダブルタッチ• コントロールカーブ• ミドルシュート• ドロップシュート• アクロバティックシュート•

次の

【ウイイレ2019】ジェイドン・サンチョのモンタージュ&能力

サンチョ ウイイレ

サンチョのプレースタイル サイドからのドリブル突破 ドルトムントでのサンチョは、サイドから違いを作ります。 高いドリブルスキルを有しており、 「英国のネイマール」と呼ばれるほどのドリブラーです。 ドルトムントでは左サイドにロイスがいるため、主に右サイドになりますが、左右どちらでもプレーが可能です。 サンチョは中へカットインするよりも、 バイエルンののように縦への意識が強いです。 細かいボールタッチにフェイントを織り交ぜながら、相手ディフェンダーをかわしていきます。 イメージとしては、チェルシーで活躍したに近いかもしれません。 「サッカーはドリブルでしょ!」という方は、ぜひサンチョのプレーをご覧になってみてください。 チャンスメイクとフィニッシュ サンチョはドリブルのイメージが強い選手ですが、素晴らしい結果も残しています。 ブレークした18-19シーズンのリーグ戦においては、12ゴール14アシストを記録。 圧巻のパフォーマンスを披露。 また、若い頃から高い才能を証明しています。 16-17シーズンのマンチェスター・シティEDSでは、U-18プレミアリーグ15試合に出場して13得点を記録しています。 サンチョのフィニッシュ力やアシスト力は、今後どのように伸びていくかが非常に楽しみです。 マンチェスター・シティ EDS 英語: Manchester city Elite Development Squad は、イングランドのマンチェスター西部に本拠地を置きプレミアリーグ2を主戦場とするマンチェスター・シティFCの育成チーム。 引用: サンチョのプロフィール 名前 ジェイドン・マリック・サンチョ Jadon Malik Sancho 代表 イングランド 生年月日 2000年3月25日 身長 178cm 体重 74kg ポジション MF 利き足 右 代表 2018年10月にA代表デビューを果たし、ベッカム以来の国外組として大きな注目を集めました。 各年代別でも召集されており、2017年U-17欧州選手権では最優秀選手に輝き、同年U-17ワールドカップにも出場。 3得点を記録しています。 過去のクラブチーム 2007-2015 ワトフォード(ユース) 2015-2017 マンチェスター・シティ EDS 2017- ドルトムント まとめ ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョについてでした。 イングランド人といえば、マンチェスター・シティの も楽しみな選手ですが、18-19シーズンのサンチョを見ればフォーデン以上に期待を寄せてしまいます。 大きな怪我をすることなく、このまま順調に成長をしていけば、とてつもないプレイヤーになるでしょう。 ここまで読まれた方は、サンチョの成長を見守っていきましょう!.

次の

ウイイレ(ウイニングイレブン)がクソゲー・クソアプリである理由

サンチョ ウイイレ

名前:ジェイドン・マリック・サンチョ 生年月日:2000年3月25日 国籍:イングランド&トリニダード・トバゴ チーム:ボルシア・ドルトムント(背番号7) 身長:180cm 体重:76kg 利き足:右 ポジション:ミットフィルダー 今やブンデス最高額のプレイヤーとなったジェイドン サンチョですが、幼少時代は路地裏でサッカーを楽しむごく普通の少年でした。 しかし、ジェイドン サンチョのサッカーの才能は当時から優れていたようで 7歳の頃にワトフォードの下部組織への加入が決まります。 ワトフォードのユースではスキルを磨き、 15歳にイングランドの強豪マンチェスター・シティへの加入が決定。 マンチェスター・シティの下部組織加入後のジェイドン サンチョは素晴らしいパフォーマンスを見せ将来を嘱望されていましたが、トップチームでの出場機会がなかなか得られなかったことを理由に ボルシア・ドルトムントへの移籍を決断します。 ドルトムント加入後のジェイドン サンチョはトップチームでの出場機会が与えられ、2018-19シーズンからレギュラーを掴み大ブレイク。 ドイツ・ブンデスリーガで市場価値を高めており、マンチェスター・ユナイテッドやリヴァプールといったプレミアリーグのビッククラブが獲得に関心を示しています。 1プレイヤーになりました。 2019-20シーズンは記事執筆時点(2020年3月中旬)でまずまずの成績を残していますので(公式戦35試合出場17ゴール19アシスト)ウイイレアプリ2021では黒玉昇格もあるかもしれません。 【ウイイレアプリ2020】ジェイドン サンチョの能力値 レベル1 レベル51(MAX) 総合値 83 95 オフェンスセンス 74 83 ボールコントロール 87 96 ドリブル 92 99 ボールキープ 90 98 グラウダーパス 85 93 フライパス 72 80 決定力 73 81 ヘッダー 60 67 プレースキック 71 80 カーブ 81 88 スピード 90 99 瞬発力 93 99 キック力 74 83 ジャンプ 68 76 フィジカルコンタクト 61 69 ボディコントロール 87 96 スタミナ 75 83 ディフェンスセンス 51 60 ボール奪取 50 59 アグレッシブネス 58 66 GKセンス 40 40 キャッチング 40 40 クリアリング 40 40 コラプシング 40 40 ディフレクティング 40 40 逆足頻度 1 1 逆足精度 2 2 コンディション安定度 6 6 怪我耐性 2 2 【ウイイレアプリ2020】ジェイドン サンチョのポジション ウイイレアプリ2020でのジェイドン サンチョはRWGがメインポジションとなっていますが、CF、LWG、LMF、RMFのサブポジション適性もあります。 そのため当ブログではRWGとLMFでの起用をおすすめします。 2019-20シーズンのジェイドン サンチョはドルトムントで得点とアシストを量産しており素晴らしい成績を収めています。 この活躍ぶりからウイイレアプリ2021でのジェイドン サンチョは黒玉昇格も十分あり得ると思われます。 まとめ 今回はウイイレアプリ2020のジェイドン サンチョについて解説しましたがいかがでしたか。 プロフィールについて振り返るとジェイドン サンチョは7歳でワトフォード下部組織に加入し、それから15歳でマンチェスター・シティの下部組織に引き抜かれています。 将来を期待されていただけにマンチェスター・シティでそのままトップチーム昇格という道のりもあったと思いますが、異国の地での新たな挑戦を選んだサンチョは今やブンデス最高額のプレイヤーとなりました。 ウイイレアプリ2020でのジェイドン サンチョは19歳にしてすでに金玉と高い評価を受けています。 2019-20シーズンもドルトムントで活躍しているジェイドン サンチョは次回のアップデートで黒玉昇格もあり得る選手です。 ジェイドン サンチョをまだ持っていないウイイレアプリユーザーはウイイレアプリ2020のうちに確定スカウトやトレードで獲得しておくことをおすすめします。

次の