君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃

漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」ネタバレ!悪魔と呼ばれた高校生の記憶を辿る物語!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ

出典:「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」、著者:さの隆、出版社:講談社 残酷ないじめの数々と謎に満ち溢れたストーリー展開で人気を博している『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』の作品やあらすじをはじめにお伝えしていきます。 作品の設定や概要• 著者:さの隆• 出版社:講談社• ジャンル:ミステリー、サスペンス• 巻数:12巻(連載中:2020年5月14日現在) 記憶喪失であった斎藤悠介。 中学時代、表では優秀な非の打ちどころがない生徒であったが、裏では「悪魔」と呼ばれるほど悪行の数々を行っていた。 そして記憶をなくした悪魔はかつての罪とぶつかっていく。 悪魔と呼ばれた記憶喪失者が記憶を取り戻したらどうなるのか? 記憶の片隅に眠るナイフを突き立てたシーンはなにがあったのか? 謎と暴力の記憶喪失サスペンスを描いた衝撃の物語が始まる。 あらすじ 記憶喪失になった主人公の斎藤悠介。 彼女との幸せな日々を過ごしていたが、平穏な日常は突如変貌していく。 かつて壮絶ないじめを受けて背中に大きな火傷の痕があるバイトの友達から、いじめの真相を聞くと犯人は中学時代の自分であったという。 それから自分の過去を知る者や復讐者が押し寄せ、記憶も徐々に戻っていくが…。 いじめと加害者と被害者で溢れる『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』の主な登場人物 この作品は登場人物の多くがいじめの加害者、そして被害者で構成されています。 それぞれの感情が激しくぶつかりあり、非常に考えさせられる作品である『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』の主な登場人物をご紹介していきます。 斎藤悠介(さいとう ゆうすけ) 中学時代に「悪魔」と呼ばれていて、極悪非道な所業を重ねていた『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』の主人公。 現在は記憶喪失の高校生。 表の顔は成績優秀、スポーツ万能、誰からも頼りにされるリーダー的存在。 他人から恨みを買うことなんてことは一切ない絵にかいたような優等生。 しかし、裏の顔はクラスメイトをリンチや拷問、レイプなどをしていた。 人 を玩具としか思っておらず、相手の反応を楽しむためにいじめの限りを尽くしていた正真正銘の「悪魔」である。 失踪していた半年後に、小型ボートの上で裸で手足を縛られていたところを発見されていて、中学時代の記憶も失踪中の記憶もない。 唯一の記憶は、ふとした時に頭をよぎる死肉に突き立てた刃だけ。 自分の記憶を探るべく、かつての親友である会澤と過去を反芻するような場所や行動を繰り返すことになった。 一ノ瀬明里(いちのせ あかり) 中学時代に斎藤悠介にいじめられていた人物の1人。 かつて、斎藤悠介に陵虐され続けたが最後までなびかなかった女の子。 結局は孕せられたが無理やり堕ろさせてられて、自殺未遂を図る。 そして学校は自主退学し、他人を見ると自分を虐げる幻聴が聞こえてしまうため家に引きこもることになる。 斎藤悠介に復讐するために、毎日斎藤悠介に家にこさせるというサバイバルゲームを開始して、悪魔を殺すことを考えていた。 家庭でも壮絶な体験をしていて、別の悪魔に両親を殺されていた過去がある。 会澤陽二郎(あいざわ ようじろう) 斎藤悠介のかつての親友。 斎藤悠介とともに思いつく限りの遊び(いじめ)をしていた。 見た目はイケメンであるが、手には異様に大きな穴が開いている。 その穴は中学1年生の時に工作の時間に誤ってドリルで開けたもの。 しかし、それを隣で見ていた斎藤悠介に毎日ちょっとずつ穴を広げられて、現在では大きな穴になり、真ん中の指2本の神経も死んでいる。 記憶喪失になった斎藤悠介に近づき、過去の犯罪を隠すための相手の弱みデータの在処を斎藤悠介に思い出してもらうため、悪魔だった斎藤悠介を蘇らせるために記憶探しを協力している。 大河原環(おおがわら たまき) 斎藤悠介と高校の同級生であり、彼女でもある人物。 明るくて優しくて、芯の強い性格をしている。 かつて、斎藤悠介が好きだった一ノ瀬明里によく似ていて、高校の下駄箱で初めて会ったにもかかわらず、斎藤悠介に告白されて付き合うことになった。 付き合うことを決めた理由は記憶喪失で空っぽな悠介に同情してのことだったが、現在は心から好きになっている。 突然別れを告げられたり、斎藤悠介の過去を知らされたりしても、悠介から離れることなく記憶を探すことを助けている。 久保秋(くぼ しゅう) 中学時代に斎藤悠介にいじめられていた人物の1人。 記憶喪失になった斎藤悠介と同じバーガー屋でバイトしている。 中学時代、斎藤悠介に熱湯風呂の真似事として、やかんで沸騰した熱湯を背中から浴びせられ、火傷で日本地図を書こうとされるなどの過酷ないじめを経験している。 熱湯に耐えればいじめは終わると考えていてが、結局ほんとうの悪魔である斎藤悠介から逃げることにした。 しかし、バイト先で記憶を失った斎藤悠介と再会することになる。 三田村:兄(みたむら) 中学時代に斎藤悠介にいじめられていた人物の1人。 1つ下に人見知りの妹がいて、いつも妹を守る優しい兄であった。 しかし、中学時代に斎藤悠介に妹を目の前で犯されて、その場で無理やり自慰行為をさせられた過去がある。 強い復讐心を抱いていて、記憶喪失になったと聞いた後に、斎藤悠介の母親を復讐として襲った。 藤森蒼志(ふじもり あおし) 2章から登場する藤森一家の大黒柱として働く青年。 「1秒でも早く自立したい」という思いから中卒で毎日バリバリ働いている。 母を亡くしており、悪魔のような父親を持っていて、空腹を超えた飢餓を経験しているため、家族を守るために必死に働いている。 これまで父親の暴力に耐えて、必死に妹たちを守ってきた。 藤森茜(ふじもり あかね) 蒼志の妹。 蒼志の負担を少しでも減らすために学校に行きながらバイトをしていて、妹の緑の送り迎えもっ毎日している。 はじめのころは斎藤悠介に全面的に心を許していなかったが、辛い気持ちをぶちまけてからは下の名前で呼ぶほど心を許すようになる。 さらに何者かに襲われた時に斎藤悠介に助けられ、好意を抱くようになる。 藤森緑(ふじもり みどり) 5歳になる蒼志の妹。 義理の父親が家に押しかけて長女の茜を襲い、蒼志に暴力を振るっているときに斎藤悠介に助けを求める。 言葉も喋れないときから毎日のように兄と姉が痛めつけられているのを見ているため、大人を怖がっており、とても人見知り。 しかし斎藤悠介にはなついている。 加地(かじ) 蒼志のバイト先の先輩。 良い人だけど、距離感が近い。 蒼志や蒼志の家族のことをなにかと気にかけている。 恩田夏樹(おんだ なつき) フリージャーナリストをしていて、斎藤悠介を追っている。 斎藤悠介のことを悪魔と読んでいて、藤森家族に関わるのをやめるように忠告する。 そして、蒼志たちの父親の悪魔と協力して斎藤悠介を塀の中へ放り込もうと画策する。 また悠介と蒼志の父親の悪魔から藤森家を守ると言っている。 エグすぎる『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』の衝撃の見どころ(ネタバレあり) 出典:「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」、著者:さの隆、出版社:講談社 読者の想像を超えたいじめの数々、そしてその罪に向き合う主人公を描いた『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』には、多くの注目ポイントがあります。 重いテーマのため考えさせられるシーンが数多くありますが、その中でも特に注目してほしい3つポイントをお伝えします。 かつての悪魔の所業 『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』は、手に穴を開けたいじめが衝撃的で話題となっていますが、それ以外にも数多くの凄まじいいじめをしています。 廃校の女子トイレではいろんな人を監禁する遊びもしていました。 しかも、うっかり忘れてて2日間放置したこともあったとか。 さらにアルコールランプで肌を炙ったり、お金を巻き上げたり…。 食べたパンの数よりも多くの女性も犯していたり、背中に日本地図を描くために熱湯をかけて火傷させたりと本当にむごいものばかりです。 見ていて胸が苦しくなるほど残酷ですが、漫画であるからこそ描けるいじめの実態を目に焼きつけてもらいたいです。 いじめ被害者の思い この作品では、かつて斎藤悠介に壮絶ないじめを受けた人物たちの感情もリアルに描かれています。 いじめられたときに受けた消えない傷を体に残したり、心に消えない傷を負ったり、幻聴が聞こえるようになったり、自殺したりと読者まで読んでいて病んでしまいそうになるほど、残酷な傷痕を体にも心にも残しています。 復讐しても消えない傷を持っていたり、復讐する相手が記憶をなくしてやり場のない思いを抱いている人物もいたりと、読んでいて目頭が熱くなると思いますが、いじめの被害者の気持ちには是非注目してもらいたいです。 にじみ出てくる斎藤悠介の記憶 「悪魔」と呼ばれていた本人は過去の記憶はなく、あるのは死肉に向かってナイフを突き立てる場面のみです。 そこから、「悪魔」と呼ばれていた斎藤悠介の過去が 徐々に明かされていくため、読み始めたら止まらない、 目が離せないストーリー構成となっています。 記憶喪失の斎藤悠介からは想像もできない極悪非道の数々が明るみになり、斎藤悠介が困惑していく場面は考えさせられるものあり見物です。 そして記憶を思い出して、斎藤悠介がどのように変わり、どのような行動をとっていくのかも注目ポイントとなっています。 いじめの罪と葛藤を描いた『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』はこんな人におすすめ 『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』は、いじめをした経験がある方、そしてそうでない多くの方にも読んでもらい一作となっています。 この作品では、加害者の楽しんでいるいじめを表現しながら、それによって生まれる被害者の感情や悲惨な末路も表現されています。 いじめられた経験から幻聴が聞こえるようになり外に出られなくなった者、消えない傷痕を体に抱えている者、自殺する者などと誰も幸せにならないいじめは本当に最悪です。 そして、いじめた加害者にも一生償うことのできない罪を背負うことになることを示しています。 いじめをしてしまっている人にも、そうでない人にも、いじめがなくなるように多くの人に『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を読んでもらいたいと思います。 管理人の思う『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』が伝えたいこと(感想) 出典:「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」、著者:さの隆、出版社:講談社 『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』は、いじめの消えない罪の重さを伝えたいように感じます。 主人公の斎藤悠介は過去に壮絶ないじめをして、その過去の罪の復讐の波は悠介のとりまく環境にまで被害を及ぼします。 被害者の消せない思い、償うことのできない罪は悠介自身を苦しめます。 この作品からはいじめという消えない罪のむごたらしさが嫌というほど伝わってきます。 そのため、『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を多くの人に読んでもらい、消すことができない罪を犯さないようにしてもらいたいと思います。 そして、下のリンクのU-NEXTの無料トライアルを利用すれば、『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を無料で楽しむことができるので、この機会に是非ご利用ください。 『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』の評価まとめと感想 最後に記事執筆者の評価と他の漫画サイトからの評価をまとめてみました。 漫画を購入するときのひとつの指標として、よかったら周りの評価も参考にしてみてください。 当サイトの評価 3. 2(記事作成者の評価) コミックシーモア 3. 7(210件の評価) まんが王国 3. 4(103件の評価) Renta! 8(369件の評価) BookLive 3. 広告で手に穴を開けるような過激ないじめが描かれていて、刺激的な作品だと期待して読み始めたのですが、ミステリー要素が多い印象の作品でしたので上記のような評価をつけました。 いじめの首謀者が記憶をなくしてから自分の過去の罪に翻弄されていく話となっていて、考えさせられる部分も多いので、気になる方は是非ご覧になってみてください。

次の

君が僕らを悪魔と呼んだ頃11巻を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ

サイト上には常時150,000本もの動画が並んでいます。 2015年には会員数100万人を超えています。 【メリット】• 新作動画が豊富• ダウンロード機能でオフラインでも視聴できる• マルチデバイスで再生できる• 複数の子アカウント作れる上に4台同時視聴が可能• U-NEXTポイントが毎月1,200ポイントもらえる• マンガ、雑誌だけでなく、ファッション誌・週刊誌・ビジネス雑誌など 15ジャンル70誌の最新号が読み放題。 普段から雑誌を購入している方にとってはとてもお得です。 アプリをインストールすればスマホでも読めちゃいます。 通勤時の楽しみの一つになりそうですね。 【デメリット】 U-NEXTの欠点は、 課金する作品が多いことです。 最新作品もあるので月額の他に課金するのは分かりますが、 公式では150,000本中、見放題映像が13,000本と発表しているため、 約20,000本が有料作品ということです。 月に1,200ポイントがもらえますが、動画でもマンガでも500円強の作品が多いため、 ポイントを早く使い切ってしまう可能性があります。 まずはU-NEXTで無料体験をしてみましょう! 31日間無料で楽しむことができます。 もちろん無料期間中に解約すればお金はかかりませんのでご安心ください。 ぜひ無料体験をして「G線上のあなたと私」を楽しみましょう。 jp~ music. jpは、エムティーアイが運営する音楽配信サービスのサイトです。 現在は「動画」と「電子書籍」のサービスが追加され、 音楽・動画・電子書籍の3つを利用できます。 月額コースに加入すると毎月ポイントが支給されます。 そのポイントで購入やレンタルをすることが可能です。 そして、いくつかある月額コースによって、もらえるポイント数は異なります。 基本的には見放題のサービスではなく、購入とレンタルを中心としたサイトです。 【メリット】• 音楽・動画・電子書籍を利用できる• 購入・レンタルが中心• 超高音質の音楽• 国内最大級の18万本以上の動画• 毎月、通常ポイントと動画ポイントがもらえる• 普通に購入するより安く買うことができます。 月額コースのプレミアム会員なら 音楽5~20%、 書籍10%のポイント還元となります。 不定期に割引企画やキャンペーンもしていますので、さらに安く購入することもできます。 電子書籍は、無料でみれるキャンペーンなどもあるので他のサイトより安く購入できる可能性があるということですね。 【デメリット】 聴き放題や見放題ではないところです。 サービス形式の違いといえばそうなのですが、見放題でたくさん見たい方には大きなデメリットかと思います。 500、1000コースはお手軽の料金ですが、テレビコースは料金が高めで少し躊躇してしまいます。 『音楽、漫画を定期的に購入している人、動画をみたい人には作品を選べるのでmusic. jpがおすすめです。 』 まずはmusic. jpで無料体験をしてみましょう。 無料体験中に解約すればお金はかかりませんのでご安心を。 ぜひ無料体験をして「G線上のあなたと私」を楽しみましょう。 主人公・斎藤悠介を待っていた一ノ瀬明里は複雑な心境でした。 ちゃんと自分の事に気が付いてくれるのか? どんな顔をして目の前に現れるのか? しかし目の前に現れた悠介はホッとした表情だったので笑ってしまう一ノ瀬。 悠介は死ぬ気のようです。 なぜ会いに来たのか尋ねると 「好きな人にもう一度会いたかった」 と言って一ノ瀬は悠介に抱きしめられます。 一ノ瀬は悠介に聞いて欲しいことがあると言います。 「あなたの知らない一ノ瀬明里の物語を」 2人で過ごした最後の日。 気を失ってしまった悠介を計画通りに全裸のまま縛り放置した一ノ瀬。 ほとぼりが冷めるまでネカフェやカプセルホテルを転々と生活します。 お金は悠介が巻き上げてため込んでいた物を使ったので不自由をすることはありませんでした。 そろそろ事件も落ち着いてきたので一ノ瀬も日常に戻ろうと考えます。 最期に悠介の様子を見に行きます。 そこで悠介の記憶喪失に気が付き隠れ続けていた自分が馬鹿らしくなってしまいます。 自分も一度リセットしようと決意したことで呪いは消えます。 全て終わったはずなのに、記憶が消えてしまった悠介にがっかりしてしまう一ノ瀬。 その気持ちは悠介と会澤が再会して気が付きました。 悠介が悪魔に戻る以外に何を恐れているのか? 「願わくばこのまま何も知らずに過ごして欲しい」 しかし一ノ瀬の思いとは裏腹にどんどんと過去に近づいていってしまう悠介。 記憶を取り戻した悠介が自ら死を選ぶのだけは避けたかった一ノ瀬。 なので大家のおばあさんに手紙を託したのです。 その時、大家さんに今でも悠介の事が好きだと宣言したことで自分の気持ちに気が付いてしまいます。 「私、あなたが好きなの。 もう一度逃げちゃいましょう。 あの時のように二人で」 一ノ瀬に言われたことで二人は逃亡生活の未来を想像します。 前回が海だったので今回は山で。 自給自足で何もない生活だけど幸せな生活。 子供もいっぱい産んで皆に見守られながら死んでいく。 「ははっねぇな」 絵にかいたようなハッピーエンドですが悠介はすでに心に決めていることがあります。 一ノ瀬に別れを告げ 「さて、死ぬか」 そう決心する悠介の袖を一ノ瀬が掴みます。 「死ぬなら一緒よ。 悠介」 一ノ瀬もまた、悠介に消えない傷を負わされ、毎日を生きていくことに苦しんでいましった。 幼いころに両親を殺され、引き取られた先で悠介のオモチャにされ・・・。 全て忘れて学校に通い始めても呪いの言葉が聞こえてきます。 そんな苦しい日常からやっと解放された悠介との逃避行。 しかしストーカー野郎の悪魔によって長くは続きませんでした。 だけど悠介の結末を見届けたくて、今まで生きてきたのです。 悠介が死んだ後、彼女には何も残りません。 そんな2人が選んだのはとあるビルの屋上でした。 そこから見える夜景はキラキラとしていてまるで一面のお花畑にいるみたいだと一ノ瀬は言います。 「お花畑に私を葬って」 かつて一ノ瀬からそう言われたことがある悠介。 その約束がやっと果たされようとしていました。 そんな二人の元へ環が駆け付けてきます。 「見守ろうと思ってたけどそれだけは見たくない! 入る隙間が無いなら無理やりこじ開けてやる!!」 そう言って二人の間に割り込もうとします。 そんな環に一ノ瀬はビンタをします。 「大っ嫌い」 邪魔されたことに腹を立てる一ノ瀬。 そんなことお構いなしに環は話を進めます。 話にならないので悠介が環に 「俺たちは楽になりたいんだ」 といいますが、環は聞きません。 「結局また逃げるんだね。 なんてズルい人なの?斉藤悠介」 自分の罪に向き合うのであれば被害者たちにちゃんと謝るべきだと言う環。 その考えを一ノ瀬が否定します。 「分かってる?地獄を見るコトになるわよ?」 過去の被害者に謝罪することを決めた悠介。 向かったのは兄と妹のところでした。 兄の方は悠介が何度も足の指を砕き、妹の方は過去の傷をエグるように寸前まで追いつめました。 2人の前で土下座する悠介。 「本当にすまなかった。 好きにしてくれ」 兄の方はカナヅチを手にしておりそれを悠介に向かって殴ろうとします。 しかし、それを振り落とすことはできませんでした。 「一体これは何の茶番だ?今度は何を企んでる?」 裏には魂胆があると兄妹は考えたのです。 「お願いだ。 もう僕等を許してくれ。 歯向かう気なんてもう残ってない」 被害者の二人には過去の恐怖体験が根強く残っており必死に謝罪しました。 二人には二度と関わらないと約束し返します。 その後、悠介は自ら指をハンマーで殴り壊します。 しかしそんなもので今まで犯した罪を償えるわけがありません。 そこに現れたのは猫のユースケを連れたシュウ。 あの兄妹にハンマーを渡したのはシュウで、様子を伺っていたのです。 悪友・会澤から悠介を死なせるなと言われているようです。 理由は悠介が死ぬと復讐の矛先が自分に向くからです。 「むしろこいつは生き続けるべきだ」 しかし今の悠介には生き続けることが一番の罰です。 自分の過去に悶え、怯え、苦しみ続ける悠介を今日一日見てきた環もその意見に賛同します。 ですが一ノ瀬は納得出来ませんでした。 彼と再会したら一緒に死ぬと心に誓っていたからです。 ずっと一人ぼっちだった一ノ瀬に光を与えたのは悠介だったのです。 しかし彼女の伸ばす手に飛びついてきたのは猫のユースケでした。 「ちゃんといるじゃんか。 すぐにお前の側に来てくれる奴が」 一ノ瀬は夜空に響くほど泣き叫びました・・・。 -ー悠介と一ノ瀬が死のうとしたあの日から1年後ー- 環は一ノ瀬のアパートへとやってきました。 目的はユースケ(猫)の子供を貰うためです。 一匹は自分用に、もう一匹は悠介の母親用に。 あの日以来、悠介は姿をくらまし、彼の母はかなりやつれていました。 明るくなるようにきっかけになるようにと猫を飼うことをすすました。 一体被害者や関係者を放って悠介はどこに消えたのでしょうか。 5巻いかがでしたか? 悠介は一ノ瀬と死ぬことはしませんでした。 しかしどこに行ってしまったのでしょうか。

次の

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ

漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」4巻ネタバレ 空白の過去から思い出した、もう一人の悪魔… 一ノ瀬と過ごし、記憶喪失になっていた空白の半年間を思い出した悠介。 一緒に記憶を呼び戻す旅に来ていた環に全てを語りだします。 高校で別々となりながら再び出会う悠介と一ノ瀬。 二人は一ノ瀬の故郷にやってきて半年間を過ごしていました。 中学時代は被害者と加害者だった二人ですが、二人の関係は良好。 そして悠介はある自分の気持ちに気が付きます。 それは一ノ瀬明里の事が好きといった気持ち。 海辺で二人が思い思いの言葉を投げかけていると突如、後ろから殴打される悠介。 突然現れた大男は一ノ瀬を見て一言… 「10年ぶりくらいかな? 大きくなったねぇ」 この大男は一ノ瀬の両親を殺した犯人。 さらに悠介は大男から自分と同類の匂いを嗅ぎ取ります。 悠介は一ノ瀬を逃がそうと大男に掴みかかりますが力の差は歴然。 悠介など雑魚扱いするようにして大男は一ノ瀬へ襲いかかっていきます。 しかし、一ノ瀬が犯されそうになる直前でスナックのママが二人を呼びに来てくれてギリギリの場面で事なきを得る二人。 悪魔が悪魔を殺す日が訪れる… 突然、二人の前に姿を現したもう一人の悪魔。 そして翌日から一月もの間、1日も欠かさず二人のアパートに訪れドアを叩き続ける大男。 二人は眠ることもできず衰弱していきます。 さらに大男は悠介たちの住むアパートの隣に引っ越してきて悠介に挨拶。 ちなみにここで大男が名前を名乗ります。 男の名前は小向。 小向から逃げる事に限界を感じた悠介。 台所から包丁を取り出して小向を殺りに行こうとします。 しかし、それを止める一ノ瀬。 それに従い小向から逃げる道を選ぶ事に。 町の住人からバイクを借りて二人は中学時代の廃校舎へと辿り着きます。 同時に後ろから不穏な影が…。 そう、小向が現れたのです。 どうやら悠介は小向がストーキングしている事に気がついており、わざと廃校舎まで誘き出していました。 『狩りの時間』と称して小向との決着をつける覚悟を決める悠介。 結果的に悠介は小向をナイフでメッタ刺し…。 作中にあった悠介が誰かを殺す描写というのはこの場面だったんですね。 そのまま小向の死体を廃校舎の花壇に埋めることに。 全ての記憶を取り戻し一ノ瀬明里と再会を果たす…!? 空白の過去を全て語った悠介。 一人になりたいと環を一旦、外に出します。 そして一ノ瀬から悠介に宛てた手紙を開封。 手紙の内容を確認した悠介は環を置いて地元へ戻っていきます。 電車の中で手紙に記されていた番号へ電話をかける悠介。 相手は一ノ瀬明里でした。 二人は会う約束を。 街中にて一ノ瀬を探す悠介ですが自分への嫌悪から吐き気。 フラフラになりながらポツンと座っている女性を見て… 「…一ノ瀬明里……?」 「…何よそれ…クスッ…何て表情してんの? 斉藤悠介」 髪も伸びて少し大人びた雰囲気の一ノ瀬明里と再会を果たして4巻は幕引きとなります。 漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」4巻の感想 4巻で悠介が会澤と共に掘り起こした廃校舎裏の死体の正体が判明。 当初は一ノ瀬明里の死体だと匂わていましたが実は一ノ瀬の両親を殺したもう一人の悪魔…小向といった男でした。 さらに一ノ瀬明里は生きており、全ての記憶を取り戻した上で再会を果たす形に…。 ここから悠介はどのように犯した罪に対してケジメをつけていくのか…大きな見所となりそうです。 個人的には悠介がどうして中学時代に悪魔になったのか…そのキッカケなんかも深掘りしてもらえるとさらに楽しめそう。 この漫画は悠介が「悪魔」と呼ばれていた頃がスタート地点。 そんな悪魔がどのようにして生まれたのか非常に気になります。 言うなれば「君達が僕を悪魔と呼び出した頃」でしょうかね(笑)読んでみたいモノです。 いよいよ佳境が迫ってきた漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」…主人公である悠介がダーク過ぎますが非常に引き込まれるストーリー。 そして悠介の結末が気になる漫画に仕上がっています。

次の