ヤフーファイナンス 経済指標。 FX初心者は雇用統計に注意しよう

ヤフー・ファイナンスでわかる!ネット株

ヤフーファイナンス 経済指標

ヤフー株式会社の本社がある 東京ガーデンテラス紀尾井町 本社所在地 〒102-8282 1-3 紀尾井タワー : 設立 を「予定」とする一次的情報が存在 ) 事業内容 運営 関連事業 関連事業 ほか 代表者 (代表取締役社長) 資本金 87億37百万円 (2018年3月31日現在) 売上高 連結:8,971億85百万円 (2018年3月期) 営業利益 連結:1,858億10百万円 (2018年3月期) 純利益 連結:1,311億53百万円 (2018年3月期) 純資産 連結:1兆1,218億87百万円 (2018年3月31日現在) 総資産 連結:2兆5,166億33百万円 (2018年3月31日現在) 従業員数 連結:12,244名 単独:6,330名 (2018年3月31日現在) 決算期 主要株主 100. 売上高は売上収益、純利益は親会社の所有者に帰属する当期利益、純資産は資本合計、総資産は資産合計。 ヤフー株式会社(英称: Yahoo Japan Corporation)は、の。 の完全子会社。 のを運営しており、サイト内の広告、ブロードバンド関連の事業やネットオークション事業等を収益源としている。 なおヤフー社は法人格の観点では1996年設立の初代法人(2019年現在商号「Zホールディングス株式会社」)ならびに初代法人を源流とするとみられ、かつ2019年設立とみられる2代目法人(同年10月現在商号「ヤフー株式会社」)がある。 初代法人の「Zホールディングス株式会社」への商号変更以後の期間については、記事 を参照されたい。 沿革 [ ]• (8年)• 1月 - (現、アルタバ)と(現在のソフトバンクグループ)のでヤフー株式会社(初代法人)を設立。 4月 - 国内初のが4月1日(日)15:20をもってサービス開始。 7月 - が代表取締役社長に就任• (平成9年)• 11月 - 店頭市場(現、)に登録。 (平成12年)• 1月 - 日本で史上初の株価1億円を突破。 2月 - 株価1億6790万円と日本株史上最高値を記録。 3月 - 無料サービスの株式会社及び、音声、動画情報サービス提供のブロードキャスト・コム株式会社と合併。 7月 - 1日あたりのアクセス数が1億を突破。 (平成13年)• - 1号店がにオープン。 9月 - 子会社のビー・ビー・テクノロジー株式会社が、の商用サービスを開始。 12月 - 書店のイー・ショッピング・ブックス株式会社(現、株式会社セブンネットショッピング)を子会社化。 (平成14年)• - を子会社化。 (平成15年)• 10月 - 第一部市場に。 (平成16年)• 7月 - 全国で初めて、のをインターネット(Yahoo! オークション)で実施。 10月 - 1日あたりのアクセス数が10億ページビューを突破。 (平成17年)• 3月 - 年間売上高1000億円を突破。 に採用される。 (平成19年)• - 現在の上場先である東京証券取引所第一部市場に加え、ジャスダック証券取引所にも重複上場。 東証とジャスダックへの重複上場は、に次いで2例目となる。 4月 - 一部事業所がに移転。 本社機能は従来通りのままになる。 5月 - 月間318億PV数を獲得し、米Yahoo! を上回り世界一を記録。 11月上旬 - 新トップページのベータ版を公開。 (平成20年)• - Yahoo! JAPAN 新トップページ公開。 11月 - 初の支社である大阪支社をのに開設。 (平成21年)• 4月 - 登記上の本社をのに移転。 7月 - 名古屋支社をのに開設。 (平成24年)• 3月 - 企業内労働組合のヤフー労働組合が発足。 を退会。 6月 - が代表取締役社長に就任。 7月 - が副社長に就任。 に入会。 大阪支社がに移転。 (平成25年)• 11月 - を株式会社、株式会社を正会員として発足。 賛助会員として株式会社、株式会社も参加。 (平成26年)• - の優先株が普通株に転換され、と並ぶ議決権上の筆頭株主化。 同社が当社のとなった。 (平成28年)• 5月 - 本社をのの紀尾井タワーへ順次移転 開始(2016年9月12日に移転完了)。 - 東京証券取引所第一部上場の株式会社を連結子会社化。 - 本社の登記を東京都千代田区紀尾井町の東京ガーデンテラス紀尾井町・紀尾井タワーに変更。 - 本社内にオープンコラボレーションスペース「LODGE(ロッジ)」がオープン。 (平成30年)• - ジャパンネット銀行を連結子会社化。 - dely 株式会社を連結子会社化。 - ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、バーコードを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋提供開始。 8月 - ソフトバンクグループの連結子会社であるソフトバンクが、株式公開買付けによりが保有する一部株式を取得 、取得数とほぼ同数の株式を自己株式公開買付けに応募。 - アルタバが保有全株式を売却。 - 「」がオンライン決済に対応。 2019年(平成31年)2月以降、「Yahoo! ショッピング」「ヤフオク! 」「LOHACO」で順次導入。 (元年)• 5月 - 事前のヤフー初代法人によるアナウンスによれば、2019年10月に「ヤフー株式会社」へと商号変更される見込みの法人(ヤフー2代目法人)である「紀尾井町分割準備株式会社」が設立。 - ソフトバンク株式会社の連結子会社になることを発表。 9月12日 - の買収を発表。 10月1日 - グループ再編による体制移行。 それにより、ヤフー初代法人は会社名を「株式会社」に商号変更。 また事前のヤフー初代法人によるアナウンスによれば、ヤフー初代法人が行っていた事業のうち「ヤフー事業」はヤフー2代目法人が、「金融系グループ経営管理事業」は「Zフィナンシャル株式会社」が継承。 株式 [ ] 重複上場 [ ] (平成19年)、現在の上場先である第一部市場に加え、にも同月28日に重複上場すると発表した。 東証とジャスダックへの重複上場は、に次いで2例目となる。 ジャスダックには少数特定株主の上限比率による上場廃止基準はなく、仮に東証への上場が廃止になっても、ジャスダックで上場を維持できるため、株式の流動性を引き続き確保できるメリットが考えられる。 しかし(平成25年)、東京証券取引所・の現物市場統合に伴い、重複上場は解消された。 株価1億円の突破 [ ] (平成12年)に東京株式市場で、ヤフーの株価は1株1億140万円で取引が成立し、史上初となる1株1億円を突破した。 その当時のを大いに反映したヤフーによる株価1億円の突破は、大きなニュースとして取り上げられ、世間のヤフーの認知度がこの事により一層に高まる事になった。 2000年(平成12年)に東京株式市場でヤフーの株価は1株1億6790万円の最高値を記録した。 その後は、が何度も繰り返され1株当たりの単元株価は低くなった。 しかし、分割前の株価に単純換算すると当時からあまり変動しておらず、ヤフーが高い株価を保っていることが分かる。 ソフトバンクとの関係 [ ] ヤフー株式会社の親会社、Zホールディングス株式会社のはソフトバンクグループであり、またソフトバンクグループ株式会社の連結子会社である。 会社のがソフトバンクグループを上回った時期もあった。 そのため"Yahoo! "の商標は、その知名度から提携等の形で、ソフトバンクグループ関連のブロードバンドサービス 、のIP接続サービス名()などに使われている。 また休刊したインターネット専門誌「」等にも使われていた。 事件・不祥事 [ ] Yahoo! BB顧客情報漏洩事件 [ ] 2004年(平成16年)、の顧客情報が漏洩した事件。 逮捕された元社員の中に幹部が2名含まれていたことが明らかとなる。 また逮捕された創価学会幹部の一人は以前でも逮捕・起訴されていた。 個人情報が漏洩した原因として、ソフトバンク社員であれば誰でも閲覧し入手できるような状況であったことを改めて発表。 後日、社内における個人情報の管理を厳守するように徹底されることになった。 詳細は「」を参照 国民生活センターADRに協力拒否 [ ] (平成21年)8月 - 当初年会費無料だった「Yahoo! JAPAN 」を一方的に有料化したことから消費者紛争が発生、カード会員の一人がにを申請したがヤフーがセンター側の出頭要請に応じなかった(手続を拒否した)ため、国民生活センターに実名を公表された。 これは広告を編集コンテンツと誤認させて届ける行為である。 この問題を受け、ヤフー株式会社が自社およびグループ会社を調査したところ、Yahoo! ロコ、carview! 、みんカラ、Yahoo! 映像トピックス、TRILL、Yahoo! BEAUTY、スポーツナビなどで同様に「広告表記のない記事広告」を掲載しており、Yahoo! ロコ、TRILL、スポーツナビでは記事広告が外部メディアに配信されていた。 TRILLにおける著作権侵害 [ ] 「」も参照 2016年秋に、のヘルスケア情報キュレーションサイト()「WELQ」が、不適切な内容や不適切な引用で問題になり、他社のキュレーションサイトにも厳しい目が向けられるようになった。 ヤフーは10月、「TRILL(トリル)」で記事の画像が他サイトから無断で転用されていたとして、外部ライターに外注した記事を全て削除した。 Yahoo! ショッピングにおける不正表示 [ ] 2017年6月28日付の朝日新聞朝刊は、 通販サイト「Yahoo! ショッピング」が、出店者が広告料を多く払う商品を商品検索結果の一つ「売れている順」の最上部にくるように優遇しながら、「広告」と表示していないと報じた。 この問題で消費者庁から「広告の表記としては不十分」と指摘されたことも判明している。 関係会社 [ ] 主な連結子会社 [ ] 掲載順は、Yahoo! 株式会社 (第一部上場) - 付で株式の42%を取得。 2015年にアスクルが行ったの取得により議決権所有割合が増加し、上の連結子会社となる。 株式会社 (東京証券取引所第一部上場) - 付で連結子会社化• - 付で完全子会社化。 株式会社 - 2012年付での保有する全株式を譲受し連結子会社化。 付で完全子会社化。 株式会社 - に合弁化、以前はのグループ企業であった。 株式会社クラシファイド• 株式会社コマースニジュウイチ• 株式会社 - 株式公開買付けにより、2014年10月に連結子会社化。 2015年付で完全子会社化。 株式会社• 株式会社• Techbase VietNam Company Limited• 株式会社 - 100%子会社、2014年7月1日設立。 代表取締役社長:、社員数:11名。 株式会社 51. 株式会社 (第一部上場) - 付でから連結子会社に変更。 株式会社 - 付で子会社化、付で現社名に変更。 旧社名(サイバーエージェントFX)からもわかるように元系。 株式会社 - 2015年1月5日付でより株式取得。 株式会社• 株式会社 60. 株式会社 持分法適用関連会社 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• フォートラベル株式会社• 株式会社 (東京証券取引所第一部上場) - 2014年6月21日付• 株式会社• 株式会社 主なかつての関係会社 [ ]• オーバーチュア株式会社 - 連結子会社だったが、に• - 連結子会社だったが、に吸収合併。 (ジャスダック上場、12月にへの株式譲渡により持分法適用関連会社でなくなる)• ((現:ジャスダック)上場、2009年3月にへの株式譲渡により持分法適用関連会社でなくなる)• (持分法適用関連会社であったが、2月に系ファンド子会社によるに応じ資本関係がなくなる)• 株式会社クロコス - 連結子会社だったが、2014年に吸収合併。 オセニック株式会社 - 連結子会社だったが、2014年に吸収合併。 株式会社 - 連結子会社だったが、2015年1月5日に吸収合併。 株式会社インディバル - 元々はとの合弁企業だったが、に合弁を解消。 3月31日に主要事業を同名の新設会社に会社分割し、株式会社ツナグ・ソリューションズに譲渡。 従前の会社は2015年に吸収合併。 株式会社 - 連結子会社だったが、2018年3月30日にソフトバンクへ全株式譲渡。 株式会社 - 連結子会社だったが、2018年5月1日にソフトバンクへ全株式譲渡。 ワードリーフ株式会社 - 連結子会社だったが、2018年10月1日に吸収合併。 命名権 [ ]• (2004年度まで Yahoo!BBスタジアム のを所有 )• (2005年度から命名権を取得。 2012年まで福岡Yahoo! JAPANドーム、2013年から福岡ヤフオク! ドームの呼称を使用 ) 関連する事件 [ ] 偽 Yahoo! JAPAN 事件 [ ] (平成17年)、Yahoo! JAPAN を装った偽の検索サイトを作成し、利用者のパスワードなどを盗み取るを行ったとして、などは違反との疑いで在住の当時42歳の会社員の男をした。 このフィッシング行為での摘発は日本初の事だった。 男は「Yahoo! 」のスペルを「Yafoo! 」に変えたサイトを Yahoo! JAPAN に無断で作成した著作権侵害行為に加え、利用者の本家・Yahoo! [ — ]のパスワードを不正に入手し個人情報を盗み取った上で利用者のを覗き見した。 2005年、Yahoo! JAPAN が行っているYahoo! ニュースを装った偽のニュースサイトが作成され、偽のニュースを流したページが公開され Yahoo! JAPAN がこのサイトについて警告を出した。 これは、発信で、「アメリカ国防総省は10月18日未明に、軍が、に侵攻したことを発表した」とするもので、あくるに内在住の男から共同通信長崎支局に「9月中旬、ネットの掲示板に同じ内容の虚偽のニュースを書いたが満足が出来ず、Yahoo! JAPANに似せたページに書き込むことを考えた」「Yahoo! JAPAN のページをパソコンに取り込んで改ざんした内容でネット上に公開した」との説明があった。 男はその後、に著作権法違反で逮捕されている。 脚注 [ ]• 日本経済新聞 2019年8月30日. 2019年9月13日閲覧。 INTERNET Watch 1997年11月4日. 2012年9月4日閲覧。 ヤフー 2002年8月20日. 2015年10月3日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 ヤフー株式会社. 2019年5月8日閲覧。 ヤフー株式会社. 2019年4月26日閲覧。 2015年9月4日 TRILL株式会社• ヤフー株式会社 株式会社カービュー 株式会社GYAO TRILL株式会社 ワイズ・スポーツ株式会社 2015年9月15日• 山本一郎 2016年12月8日. yahoo! ニュース. 2016年12月18日閲覧。 朝日新聞 2017年6月28日• 朝日新聞 2017年7月15日• ヤフー株式会社. 2018年10月4日閲覧。 PDF プレスリリース , 2015年8月27日 , 2016年4月19日閲覧。 プレスルーム ヤフー株式会社 TRILL株式会社 2014年7月1日• プレスリリース , 2016年4月19日閲覧。 - YJFX! [ ]• 2004年12月20日 17時30分 更新. 2016年4月19日閲覧。 , , ヤフー株式会社 , 2016年4月19日閲覧。 注釈 [ ].

次の

FX初心者は雇用統計に注意しよう

ヤフーファイナンス 経済指標

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 内容説明 本書は、おカネの総合情報サイト「Yahoo!ファイナンス」の特徴、株式投資の基本、株式投資情報の見方、企業分析、各種指標・株価材料の見方、チャート機能、各種ツールの使い方について解説します。 また、「Yahoo!証券窓口」で紹介しているネット証券を利用して、株売買方法についても解説し、巻末にはYahoo!ファイナンスの今後についてのインタビューも掲載しています。 目次 序章 ヤフー・ファイナンスはおカネの総合窓口! 第1章 株のキホンを確認しておこう 第2章 ヤフー・ファイナンスで株のしくみを理解しよう 第3章 ヤフー・ファイナンスで企業分析 第4章 ヤフー・ファイナンスで株価を動かす材料を知ろう 第5章 ヤフー・ファイナンスで株価の動きを読もう 第6章 ヤフー・ファイナンスをさらに活用しよう 第7章 ネット証券で株式投資をはじめよう.

次の

(株)ゴルフ・ドゥ【3032】:株式/株価

ヤフーファイナンス 経済指標

ヤフー株式会社の本社がある 東京ガーデンテラス紀尾井町 本社所在地 〒102-8282 1-3 紀尾井タワー : 設立 を「予定」とする一次的情報が存在 ) 事業内容 運営 関連事業 関連事業 ほか 代表者 (代表取締役社長) 資本金 87億37百万円 (2018年3月31日現在) 売上高 連結:8,971億85百万円 (2018年3月期) 営業利益 連結:1,858億10百万円 (2018年3月期) 純利益 連結:1,311億53百万円 (2018年3月期) 純資産 連結:1兆1,218億87百万円 (2018年3月31日現在) 総資産 連結:2兆5,166億33百万円 (2018年3月31日現在) 従業員数 連結:12,244名 単独:6,330名 (2018年3月31日現在) 決算期 主要株主 100. 売上高は売上収益、純利益は親会社の所有者に帰属する当期利益、純資産は資本合計、総資産は資産合計。 ヤフー株式会社(英称: Yahoo Japan Corporation)は、の。 の完全子会社。 のを運営しており、サイト内の広告、ブロードバンド関連の事業やネットオークション事業等を収益源としている。 なおヤフー社は法人格の観点では1996年設立の初代法人(2019年現在商号「Zホールディングス株式会社」)ならびに初代法人を源流とするとみられ、かつ2019年設立とみられる2代目法人(同年10月現在商号「ヤフー株式会社」)がある。 初代法人の「Zホールディングス株式会社」への商号変更以後の期間については、記事 を参照されたい。 沿革 [ ]• (8年)• 1月 - (現、アルタバ)と(現在のソフトバンクグループ)のでヤフー株式会社(初代法人)を設立。 4月 - 国内初のが4月1日(日)15:20をもってサービス開始。 7月 - が代表取締役社長に就任• (平成9年)• 11月 - 店頭市場(現、)に登録。 (平成12年)• 1月 - 日本で史上初の株価1億円を突破。 2月 - 株価1億6790万円と日本株史上最高値を記録。 3月 - 無料サービスの株式会社及び、音声、動画情報サービス提供のブロードキャスト・コム株式会社と合併。 7月 - 1日あたりのアクセス数が1億を突破。 (平成13年)• - 1号店がにオープン。 9月 - 子会社のビー・ビー・テクノロジー株式会社が、の商用サービスを開始。 12月 - 書店のイー・ショッピング・ブックス株式会社(現、株式会社セブンネットショッピング)を子会社化。 (平成14年)• - を子会社化。 (平成15年)• 10月 - 第一部市場に。 (平成16年)• 7月 - 全国で初めて、のをインターネット(Yahoo! オークション)で実施。 10月 - 1日あたりのアクセス数が10億ページビューを突破。 (平成17年)• 3月 - 年間売上高1000億円を突破。 に採用される。 (平成19年)• - 現在の上場先である東京証券取引所第一部市場に加え、ジャスダック証券取引所にも重複上場。 東証とジャスダックへの重複上場は、に次いで2例目となる。 4月 - 一部事業所がに移転。 本社機能は従来通りのままになる。 5月 - 月間318億PV数を獲得し、米Yahoo! を上回り世界一を記録。 11月上旬 - 新トップページのベータ版を公開。 (平成20年)• - Yahoo! JAPAN 新トップページ公開。 11月 - 初の支社である大阪支社をのに開設。 (平成21年)• 4月 - 登記上の本社をのに移転。 7月 - 名古屋支社をのに開設。 (平成24年)• 3月 - 企業内労働組合のヤフー労働組合が発足。 を退会。 6月 - が代表取締役社長に就任。 7月 - が副社長に就任。 に入会。 大阪支社がに移転。 (平成25年)• 11月 - を株式会社、株式会社を正会員として発足。 賛助会員として株式会社、株式会社も参加。 (平成26年)• - の優先株が普通株に転換され、と並ぶ議決権上の筆頭株主化。 同社が当社のとなった。 (平成28年)• 5月 - 本社をのの紀尾井タワーへ順次移転 開始(2016年9月12日に移転完了)。 - 東京証券取引所第一部上場の株式会社を連結子会社化。 - 本社の登記を東京都千代田区紀尾井町の東京ガーデンテラス紀尾井町・紀尾井タワーに変更。 - 本社内にオープンコラボレーションスペース「LODGE(ロッジ)」がオープン。 (平成30年)• - ジャパンネット銀行を連結子会社化。 - dely 株式会社を連結子会社化。 - ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、バーコードを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋提供開始。 8月 - ソフトバンクグループの連結子会社であるソフトバンクが、株式公開買付けによりが保有する一部株式を取得 、取得数とほぼ同数の株式を自己株式公開買付けに応募。 - アルタバが保有全株式を売却。 - 「」がオンライン決済に対応。 2019年(平成31年)2月以降、「Yahoo! ショッピング」「ヤフオク! 」「LOHACO」で順次導入。 (元年)• 5月 - 事前のヤフー初代法人によるアナウンスによれば、2019年10月に「ヤフー株式会社」へと商号変更される見込みの法人(ヤフー2代目法人)である「紀尾井町分割準備株式会社」が設立。 - ソフトバンク株式会社の連結子会社になることを発表。 9月12日 - の買収を発表。 10月1日 - グループ再編による体制移行。 それにより、ヤフー初代法人は会社名を「株式会社」に商号変更。 また事前のヤフー初代法人によるアナウンスによれば、ヤフー初代法人が行っていた事業のうち「ヤフー事業」はヤフー2代目法人が、「金融系グループ経営管理事業」は「Zフィナンシャル株式会社」が継承。 株式 [ ] 重複上場 [ ] (平成19年)、現在の上場先である第一部市場に加え、にも同月28日に重複上場すると発表した。 東証とジャスダックへの重複上場は、に次いで2例目となる。 ジャスダックには少数特定株主の上限比率による上場廃止基準はなく、仮に東証への上場が廃止になっても、ジャスダックで上場を維持できるため、株式の流動性を引き続き確保できるメリットが考えられる。 しかし(平成25年)、東京証券取引所・の現物市場統合に伴い、重複上場は解消された。 株価1億円の突破 [ ] (平成12年)に東京株式市場で、ヤフーの株価は1株1億140万円で取引が成立し、史上初となる1株1億円を突破した。 その当時のを大いに反映したヤフーによる株価1億円の突破は、大きなニュースとして取り上げられ、世間のヤフーの認知度がこの事により一層に高まる事になった。 2000年(平成12年)に東京株式市場でヤフーの株価は1株1億6790万円の最高値を記録した。 その後は、が何度も繰り返され1株当たりの単元株価は低くなった。 しかし、分割前の株価に単純換算すると当時からあまり変動しておらず、ヤフーが高い株価を保っていることが分かる。 ソフトバンクとの関係 [ ] ヤフー株式会社の親会社、Zホールディングス株式会社のはソフトバンクグループであり、またソフトバンクグループ株式会社の連結子会社である。 会社のがソフトバンクグループを上回った時期もあった。 そのため"Yahoo! "の商標は、その知名度から提携等の形で、ソフトバンクグループ関連のブロードバンドサービス 、のIP接続サービス名()などに使われている。 また休刊したインターネット専門誌「」等にも使われていた。 事件・不祥事 [ ] Yahoo! BB顧客情報漏洩事件 [ ] 2004年(平成16年)、の顧客情報が漏洩した事件。 逮捕された元社員の中に幹部が2名含まれていたことが明らかとなる。 また逮捕された創価学会幹部の一人は以前でも逮捕・起訴されていた。 個人情報が漏洩した原因として、ソフトバンク社員であれば誰でも閲覧し入手できるような状況であったことを改めて発表。 後日、社内における個人情報の管理を厳守するように徹底されることになった。 詳細は「」を参照 国民生活センターADRに協力拒否 [ ] (平成21年)8月 - 当初年会費無料だった「Yahoo! JAPAN 」を一方的に有料化したことから消費者紛争が発生、カード会員の一人がにを申請したがヤフーがセンター側の出頭要請に応じなかった(手続を拒否した)ため、国民生活センターに実名を公表された。 これは広告を編集コンテンツと誤認させて届ける行為である。 この問題を受け、ヤフー株式会社が自社およびグループ会社を調査したところ、Yahoo! ロコ、carview! 、みんカラ、Yahoo! 映像トピックス、TRILL、Yahoo! BEAUTY、スポーツナビなどで同様に「広告表記のない記事広告」を掲載しており、Yahoo! ロコ、TRILL、スポーツナビでは記事広告が外部メディアに配信されていた。 TRILLにおける著作権侵害 [ ] 「」も参照 2016年秋に、のヘルスケア情報キュレーションサイト()「WELQ」が、不適切な内容や不適切な引用で問題になり、他社のキュレーションサイトにも厳しい目が向けられるようになった。 ヤフーは10月、「TRILL(トリル)」で記事の画像が他サイトから無断で転用されていたとして、外部ライターに外注した記事を全て削除した。 Yahoo! ショッピングにおける不正表示 [ ] 2017年6月28日付の朝日新聞朝刊は、 通販サイト「Yahoo! ショッピング」が、出店者が広告料を多く払う商品を商品検索結果の一つ「売れている順」の最上部にくるように優遇しながら、「広告」と表示していないと報じた。 この問題で消費者庁から「広告の表記としては不十分」と指摘されたことも判明している。 関係会社 [ ] 主な連結子会社 [ ] 掲載順は、Yahoo! 株式会社 (第一部上場) - 付で株式の42%を取得。 2015年にアスクルが行ったの取得により議決権所有割合が増加し、上の連結子会社となる。 株式会社 (東京証券取引所第一部上場) - 付で連結子会社化• - 付で完全子会社化。 株式会社 - 2012年付での保有する全株式を譲受し連結子会社化。 付で完全子会社化。 株式会社 - に合弁化、以前はのグループ企業であった。 株式会社クラシファイド• 株式会社コマースニジュウイチ• 株式会社 - 株式公開買付けにより、2014年10月に連結子会社化。 2015年付で完全子会社化。 株式会社• 株式会社• Techbase VietNam Company Limited• 株式会社 - 100%子会社、2014年7月1日設立。 代表取締役社長:、社員数:11名。 株式会社 51. 株式会社 (第一部上場) - 付でから連結子会社に変更。 株式会社 - 付で子会社化、付で現社名に変更。 旧社名(サイバーエージェントFX)からもわかるように元系。 株式会社 - 2015年1月5日付でより株式取得。 株式会社• 株式会社 60. 株式会社 持分法適用関連会社 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• フォートラベル株式会社• 株式会社 (東京証券取引所第一部上場) - 2014年6月21日付• 株式会社• 株式会社 主なかつての関係会社 [ ]• オーバーチュア株式会社 - 連結子会社だったが、に• - 連結子会社だったが、に吸収合併。 (ジャスダック上場、12月にへの株式譲渡により持分法適用関連会社でなくなる)• ((現:ジャスダック)上場、2009年3月にへの株式譲渡により持分法適用関連会社でなくなる)• (持分法適用関連会社であったが、2月に系ファンド子会社によるに応じ資本関係がなくなる)• 株式会社クロコス - 連結子会社だったが、2014年に吸収合併。 オセニック株式会社 - 連結子会社だったが、2014年に吸収合併。 株式会社 - 連結子会社だったが、2015年1月5日に吸収合併。 株式会社インディバル - 元々はとの合弁企業だったが、に合弁を解消。 3月31日に主要事業を同名の新設会社に会社分割し、株式会社ツナグ・ソリューションズに譲渡。 従前の会社は2015年に吸収合併。 株式会社 - 連結子会社だったが、2018年3月30日にソフトバンクへ全株式譲渡。 株式会社 - 連結子会社だったが、2018年5月1日にソフトバンクへ全株式譲渡。 ワードリーフ株式会社 - 連結子会社だったが、2018年10月1日に吸収合併。 命名権 [ ]• (2004年度まで Yahoo!BBスタジアム のを所有 )• (2005年度から命名権を取得。 2012年まで福岡Yahoo! JAPANドーム、2013年から福岡ヤフオク! ドームの呼称を使用 ) 関連する事件 [ ] 偽 Yahoo! JAPAN 事件 [ ] (平成17年)、Yahoo! JAPAN を装った偽の検索サイトを作成し、利用者のパスワードなどを盗み取るを行ったとして、などは違反との疑いで在住の当時42歳の会社員の男をした。 このフィッシング行為での摘発は日本初の事だった。 男は「Yahoo! 」のスペルを「Yafoo! 」に変えたサイトを Yahoo! JAPAN に無断で作成した著作権侵害行為に加え、利用者の本家・Yahoo! [ — ]のパスワードを不正に入手し個人情報を盗み取った上で利用者のを覗き見した。 2005年、Yahoo! JAPAN が行っているYahoo! ニュースを装った偽のニュースサイトが作成され、偽のニュースを流したページが公開され Yahoo! JAPAN がこのサイトについて警告を出した。 これは、発信で、「アメリカ国防総省は10月18日未明に、軍が、に侵攻したことを発表した」とするもので、あくるに内在住の男から共同通信長崎支局に「9月中旬、ネットの掲示板に同じ内容の虚偽のニュースを書いたが満足が出来ず、Yahoo! JAPANに似せたページに書き込むことを考えた」「Yahoo! JAPAN のページをパソコンに取り込んで改ざんした内容でネット上に公開した」との説明があった。 男はその後、に著作権法違反で逮捕されている。 脚注 [ ]• 日本経済新聞 2019年8月30日. 2019年9月13日閲覧。 INTERNET Watch 1997年11月4日. 2012年9月4日閲覧。 ヤフー 2002年8月20日. 2015年10月3日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 ヤフー株式会社. 2019年5月8日閲覧。 ヤフー株式会社. 2019年4月26日閲覧。 2015年9月4日 TRILL株式会社• ヤフー株式会社 株式会社カービュー 株式会社GYAO TRILL株式会社 ワイズ・スポーツ株式会社 2015年9月15日• 山本一郎 2016年12月8日. yahoo! ニュース. 2016年12月18日閲覧。 朝日新聞 2017年6月28日• 朝日新聞 2017年7月15日• ヤフー株式会社. 2018年10月4日閲覧。 PDF プレスリリース , 2015年8月27日 , 2016年4月19日閲覧。 プレスルーム ヤフー株式会社 TRILL株式会社 2014年7月1日• プレスリリース , 2016年4月19日閲覧。 - YJFX! [ ]• 2004年12月20日 17時30分 更新. 2016年4月19日閲覧。 , , ヤフー株式会社 , 2016年4月19日閲覧。 注釈 [ ].

次の