東京 ロック ダウン いつ。 本田健氏が東京のロックダウン(都市封鎖)を予想。時期はいつから?必要になるものとは?

小池知事「東京ロックダウン」発言 あなたも3週間後の近未来に備えよ 封鎖されたミラノからの伝言(上)(木村正人)

東京 ロック ダウン いつ

1日での新規感染者数は、2日連続で300人を超えています。 東京都では、4月3日の新規感染者数は+89人と、2日連続で90人規模です。 東京都の新規感染者は118人と、初めて1日当たりの新規感染者が100人を超えました。 また、118人中、約7割(81人)が感染経路不明となっています。 日本では、そもそもPCR検査の数が限られている下でのこの数字ですから、実際の感染者数は、はるかに多いと推測されます。 そして、同日、東京都が確保している新型コロナ用の病床の数(900床)を、要入院者が上回りました。 日本の首都としてあらゆる機能が集中する東京で、病床の「オーバーフロー」が生じ、医療崩壊が現実化する恐れが極めて高くなっているわけです。 政権幹部は、「緊急事態宣言は、経済への影響が大き過ぎる」と話していました。 安倍晋三は、国民に自粛を求めつつも、経済活動は止めない、という「感染抑制と経済維持の『いいとこ取り』」を狙っていたわけです。 しかし、東京を中心に新型コロナウイルスの感染拡大は続き、いよいよ、こうした「いいとこ取り」狙いでは、「二兎を追う者は一兎をも得ず」になってしまう展開がみえてきました。 国内での感染爆発(オーバーシュート)が起きて、医療崩壊が現実かすれば、長期的に、極めて深刻かつ重大な経済への悪影響が生じてしまいます。 こうした認識は、遅ればせながらも、安倍政権の中で広がってきていると思われます。 4月1日に発表された「布マスクを2枚、全世帯に配布する」という政策は、政府のコミュニケーションの拙さから、国民の大きな反感を買い、大炎上となってしまいました。 安倍政権としては、政治的に、このアベノマスクの失点をどうやって取り戻すのかを考えているはずです。 緊急事態宣言に慎重な理由として、「自粛を求めるなら補償とセット」という要求への対応のあります。 この点、安倍政権は、「税金で補償することは難しい」というスタンスを変えていません。 しかし、4月7日には、新型コロナに対応した「経済対策」が決定される見込みです。 そこには、収入が減った世帯に対して、1世帯あたり30万円の現金を給付する枠組みも入る予定です。 もちろん、自粛で売上が激減している人達への対応として十分ではありませんが、一定の対応にはなるでしょう。 そこで、安倍政権は、この「経済政策」とセットで、緊急事態宣言を決定することにより、アベノマスク大炎上の失地挽回を図るのではないか、と考えます。 まとめ 今後も政治日程を考えても、経済対策の決定後は、それを具体化する補正予算の成立(4月中の見込み)くらいしか、タイミングはありません。 その間も、新型コロナウイルスの感染拡大は続き、いつ感染爆発(オーバーシュート)が起きてもおかしくありません。 短期的な経済への悪影響を恐れ過ぎてズルズル引き延ばしていると、結局、緊急事態宣言を出す機会を逸して、対応が後手に回ったとして、政治的に強い批判を受けるリスクが高くなってきます。 場合によっては、支持率がガタ落ちして、安倍政権にとって致命傷になりかねません。 であれば、首相の安倍晋三としては、アベノマスクで落ちた支持率を一気に取り戻すべく、【4月7日】に、経済政策とセットで緊急事態宣言を出す方が、政治的に主導権を握れると考えるはずです。 また、小池百合子東京都知事としても、ここで東京ロックダウンを宣言して、一段の自粛を訴えて感染者の増加を抑えたいので、利害関係は一致しています。 7月5日に投開票が予定されている東京都知事選にも有利に働く、という見込みもあるでしょう。 過去の記事で説明しているとおり、日本の法律では、緊急事態宣言が出ても、罰則付きで外出が禁止される、といったことはありません。 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、国民一人一人がより自覚を持って、新型コロナウイルスに対応していく必要がある局面です。 自分と家族の健康、そして日本の医療体制が崩壊することを防ぐため、皆で一丸となって頑張る必要があります。 このために、早期に緊急事態宣言・東京ロックダウンを行う必要があると考えます。 記事をご覧いただき、どうもありがとうございました! <追記> 4月5日、東京都の資金感染者数は143人に増加。 このうち、92人が感染経路不明となっています。 同日のTV番組で、西村康稔経済財政・再生相(新型コロナ対策担当)は、「非常に緊迫した雰囲気になっている」と説明。 また、小池百合子は、改めて政府に対して、早く緊急事態宣言を出すように求めました。 そして、4月5日深夜には、「4月6日にも、首相の安倍晋三が、緊急事態宣言に向けた準備を始めるよう表明する見通し」との報道が流れてきました。 いよいよ、情勢が切迫してきています。 緊急事態宣言・ロックダウンなどについては、以下の記事で色々な観点で整理していますので、是非参考にしてみてください。 <この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!>.

次の

ロックダウン(東京封鎖)はいつ起きる?外出禁止はどんな感じ?ご飯や美容院も閉まる?徹底解説

東京 ロック ダウン いつ

政治関係者やマスコミ各位だけではなく、一般の方にも広まっていたようで、支援者の方や友人たちからも「これは本当か?」という問い合わせが相次ぐような状態で…。 結論から申し上げれば、 いま飛び交っている「4月冒頭ロックダウン説」はほぼすべてスルー推奨案件だと思っています。 これは緊急事態宣言やロックダウンが「行われない」という意味ではありません。 事態は切迫しており、むしろいつ出されてもおかしくない状態だと思います。 だからこそ、 もはや最後の「政治決断」が首相に預けられている状態であり、その胸中は本人のみぞ知り得るということです。 「ロックダウンがくるぞ!」と言っていれば、とりあえず2分の1の確率で当たるわけですから、そんな情報に振り回されても仕方がないわけですね。 感染症法の政令を一部改正し施行 建物封鎖など可能 これについては、他党ですが後藤祐一議員の発信が詳しいです。 政府が意味もなく政令改正を行うとは思えませんので、 いざとなれば公共交通機関の停止も厭わないということでしょう。 これに伴う経済的ダメージは計り知れないものとなり、それこそがこれだけ周囲から強く言われながら、総理が緊急事態宣言に踏み切れない理由です。 〉緊急事態宣言を出すかどうか、「まさにギリギリの状態」だ。 このウイルスは潜伏期間も長く、軽症状も長期にわたる。 その間に感染拡大。 ステルス戦闘機みたいに見えにくい。 指数関数的に増加し始めたら、爆発感染して手に負えなくなる。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura 極めて難しい政治判断ではありますが、私は ここはやるしかないと思います。 その際には、何度も繰り返し述べている通り、 自粛・制限には経済的補償がセットです。 交通機関の停止は強制的にできても、外出制限等がまだ「要請」である以上、補償がなければ宣言の効力は半減します。 仮に緊急事態宣言を考えているのであれば、緊急経済対策は10日を目処という悠長なことを言う暇はなくなり、 宣言と同時にある程度のプランをパッケージで示す必要があります。 こうしたことも含めて、首相や官邸内ではギリギリまで検討が続くでしょうが、やはり最終決断を下すのは総理一人。 巷に流れる怪情報には一喜一憂せずに、いずれにしても必要な政策提案を適時適切に示していけるよう、明日以降も地に足をつけて、しかし迅速に行動していきます。 それでは、また明日。

次の

緊急事態宣言・東京ロックダウンはいつから?【4月7日】説が急浮上するこれだけの理由!【最新解説】

東京 ロック ダウン いつ

ロックダウンでの買い物リスト• 冷凍食品• カップ麺• 飲料水• トイレットペーパー• ティッシュペーパー• 石鹸やシャンプー• 洗剤 不要不急の外出禁止、そして品薄となることを考えると日持ちする食べ物を用意しなくてはいけないでしょう。 その他にもティッシュペーパーやトイレットペーパー、石鹸やシャンプーなどの生活必需品も間違いなく必要になってくるので事前に準備しておくべきです。 また、現在薬を服用している方は多めに用意するなどの準備を行っておきましょう。 現金の準備 ロックダウン時のATMの使用や金融機関の営業が未知数なことを考えると最低限の現金は用意するべきです。 現在は様々な電子マネー決済が利用可能となっていますが、それでも手元には現金を用意しておいたほうが無難なのは言うまでもないでしょう。 また、新型コロナウイルスの影響によって経済は大打撃を被り、その結果、預金封鎖となる可能性もささやかれています。 ここだけの話、金融界に精通してる友達が預金封鎖の可能性もあるかもって言ってたよ。 コロナショックで ・新卒者の就職取消 ・派遣切り ・連鎖倒産 ・預金封鎖 ・都市封鎖 世界的経済危機は 全然あり得るからね。 俺はもう備えてるから心配してないけどね。 現在、日本国内では預金封鎖に関する発表は行われておらず実施の有無は不明ですが、ロックダウン時に現金を用意する事と合わせてある程度お金を引き出し手元に置いておいたほうが無難でしょう。 ガソリンの準備 ガソリンは遠出の為の準備ではなく、発電を考え用意しておきましょう。 ロックダウン中に万が一停電が発生すると電源として最も利用価値が高いのが車です。 この事については東日本大震災で経験した方もいるかも知れませんね。 しかし、ガソリンが入っていなければ当然発電は出来ませんし、ロックダウン中にスタンドが開くかも不明です。 遠出や移動の為ではなく、万が一の電源確保のために車にはガソリンを給油しておきましょう。 東京封鎖・ロックダウンの準備で買い占めに注意を 3月23日に東京都知事・小池百合子氏が発言した東京封鎖・ロックダウン。 この発言後、スーパーやコンビニでは買い占めが多発しており、店舗によっては食料品や生活必需品が品薄となっています。 どの店も袋麺はもちろんカップ麺も殆ど売り切れ…渋谷ツルハ薬局もご覧の通り…残ってたのは韓国の韓美味火ラーメンとかいうやつだけ。。。 — 伊蔵 izozero 多くの方がロックダウンに向けて準備に入っているためある程度はしょうが無い事なのは間違いないでしょう。 しかし、イオンなどからは十分な在庫があるため、買いだめは必要ないという発表がありました。 買い占めする気が失せるぐらい在庫をアピールするイオン、イケてるね。 イオン 買いだめせずに大丈夫 — つぁい Cy6er 不要不急の外出を避けるため、そして店舗封鎖を考え、準備が必要なのは間違いないですが、在庫は十分に有るため必要以上に焦ることもないでしょう。 ロックダウンに向けて買い占めという行為を行う事は避けましょうね。 東京封鎖・ロックダウンの可能性や期間は? 最後にロックダウンが行われる可能性やその期間を考えてみたいと思います。 3月23日に小池百合子都知事から発表されたロックダウンですが、現状のまま新型コロナウイルスの感染者数は推移すると実施される可能性は十分に考えられます。 会見と同時に発表された新型コロナウイルスと実際の感染者の推移を見比べて見ましょう。 実際の新型コロナウイルス感染者数• 3月23日:14人• 3月24日:14人• 3月25日:40人 3月25日までのデータをまとめてみたのですが、試算では51人と考えられていた感染者数が実際には68人となっており既に上回っている状況です。 さらに3月25日から感染者数が大幅に増えていることを考えると今後も同じ傾向となる可能性は否定できません。 東京都が考えていた感染者数を大きく上回る状況が十分に考えられるため、東京封鎖・ロックダウンの可能性は大いにあり得るでしょう。 では、ロックダウンが行われたらどの程度の期間、東京が封鎖となるのでしょうか?こちらは現在ロックダウンが実施されている国から考えてみたいと思います。 各国のロックダウン期間• フランス:当初15日、数週間延期の可能性も• イギリス:3週間• となると東京封鎖も同程度となる可能性が高いです。 できればロックダウンという状況に向かわないことを祈りたいですが、現状を考えると可能性は十分にあり得るでしょう。 今後、東京から発表されるロックダウンに関する情報を聞き逃さないように注意して下さいね。 東京封鎖・ロックダウンへの準備についてまとめると 今回は、東京封鎖・ロックダウンへの準備について見てきました。 新型コロナウイルスの蔓延で現実味を帯びてきた東京封鎖。 不要不急の外出が禁止となる事から既に多くの人が準備に向けて動いています。 ロックダウンが実施されると食料品や生活必需品は絶対に必要となるでしょうから、今から準備を怠らないように気をつけて下さいね。 ただし、沢山の在庫が用意されていることも発表されていますので買い占めなどの行為は行わないようにしましょう。 可能ならロックダウンを行わず収束に向かってほしいですが、現状を考えるとそれも難しそうです。 今後、東京から発表されるロックダウンに関する情報を聞き漏らさないようにして下さい。 当サイトでも何かしらの発表がありましたら追記していく予定です。

次の