ウォークマン 40 周年。 ソニーのウォークマン 40周年記念モデル NW

ウォークマン40周年イベントが銀座で。歴代機登場、限定ブックレットも

ウォークマン 40 周年

今年2019年7月1日でウォークマン発売40周年を迎えました。 当ブログでもここ数日「【買取情報】SONY ウォークマン」がよく読まれているのは、この影響かもしれませんね。 SONYでは、40周年を記念したイベントを開催しています。 009 WALKMAN IN THE PARK「音楽が歩き出した日」から40年。 開催期間:2019年7月1日(月)~9月1日(日) 場所:Ginza Sony Park 内容を見てみると4フロア全部がウォークマンというのもすごいですが、ウォークマンの現物が230台ずらりと展示されているWalkman Wallというのが圧巻ですね。 カセットからMDウォークマン、CDウォークマン、ネットワークウォークマンなど、忘れていたものや、きっとこれ、懐かしい!と思うものに出会えるはずです。 My Story, My Walkmanというコーナーでは、40名のアーチストやクリエイターが昔聞いていた音楽とその時のエピソードをあわせて聞いて楽しむ事ができます。 ここでは、実際にウォークマンの音をヘッドホンで聞く事ができますので、カセットというものを知らないという若い方も体験に行かれるてはいかがでしょうか。 私が一番気になったのは、この会場の中でスタンプラリーをやっていてスタンプを集めてまわると特典として、カセットテープのケースに入ったブックレットをもらえるというものです。 ウォークマンの歴代モデルが年代ごとに紹介されているものなのですが、これはぜひとも手に入れたいですね。 そういえば家の中のどこかにウォークマンがあるはず、と思った方はぜひ探してみてください。 想い出にひたるのもいいですし、さすがにもう聞かないというのであれば、是非電脳遊幻組へお譲りください。 思わぬ高値という場合もありますよ。 電脳遊幻組では、各種ウォークマンやアナログ・オーディオを積極買取中です。 お部屋の中で眠っているアイテムがありましたら是非お知らせください。 無料でお見積り査定も行っています。 出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。 宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

次の

【エモい】ウォークマン(A100)40周年記念モデルがエモすぎる!|12月中旬まで予約受付中!|たくまろ。ブログ

ウォークマン 40 周年

ウォークマンは1979年にソニーが発売したポータブルカセットテーププレーヤー。 今年、誕生40周年を迎えた。 過去、何十年にもわたって音楽業界を支配した。 レコード音楽は蓄音機とともに、およそ150年前に始まった。 トーマス・エジソンが発明した蓄音機は、。 もちろん、音楽の聞き方はその時から大きく変わっている。 我々はどのように音楽を聞いてきたのか、1800年代から振り返ってみた。 ウォークマンだ。 発明されたのは40年前の1979年だが、ウォークマンはレッグウォーマーとレーガノミクスがアメリカを支配していた時代を象徴するものだった。 ウォークマンの登場によって、人々は音楽を外に持ち出せるようになった。 以来、我々はCDやiPod、そして今ではSpotifyやApple Musicのようなストリーミング・サービスの時代へと進化してきた。 ウォークマンの登場が当時、どれほど革命的なものだったか、そして、およそ150年の歴史を持つレコード音楽が大きく変わった瞬間だったことを思い返すことは難しい。 だからこそ、我々はどのように音楽を聞いてきたのか。 1800年代から現代までを振り返ってみた。

次の

我が青春のウォークマン ~40周年を迎えたウォークマン®のあゆみを歴史的65製品でふり返る~

ウォークマン 40 周年

今年2019年7月1日でウォークマン発売40周年を迎えました。 当ブログでもここ数日「【買取情報】SONY ウォークマン」がよく読まれているのは、この影響かもしれませんね。 SONYでは、40周年を記念したイベントを開催しています。 009 WALKMAN IN THE PARK「音楽が歩き出した日」から40年。 開催期間:2019年7月1日(月)~9月1日(日) 場所:Ginza Sony Park 内容を見てみると4フロア全部がウォークマンというのもすごいですが、ウォークマンの現物が230台ずらりと展示されているWalkman Wallというのが圧巻ですね。 カセットからMDウォークマン、CDウォークマン、ネットワークウォークマンなど、忘れていたものや、きっとこれ、懐かしい!と思うものに出会えるはずです。 My Story, My Walkmanというコーナーでは、40名のアーチストやクリエイターが昔聞いていた音楽とその時のエピソードをあわせて聞いて楽しむ事ができます。 ここでは、実際にウォークマンの音をヘッドホンで聞く事ができますので、カセットというものを知らないという若い方も体験に行かれるてはいかがでしょうか。 私が一番気になったのは、この会場の中でスタンプラリーをやっていてスタンプを集めてまわると特典として、カセットテープのケースに入ったブックレットをもらえるというものです。 ウォークマンの歴代モデルが年代ごとに紹介されているものなのですが、これはぜひとも手に入れたいですね。 そういえば家の中のどこかにウォークマンがあるはず、と思った方はぜひ探してみてください。 想い出にひたるのもいいですし、さすがにもう聞かないというのであれば、是非電脳遊幻組へお譲りください。 思わぬ高値という場合もありますよ。 電脳遊幻組では、各種ウォークマンやアナログ・オーディオを積極買取中です。 お部屋の中で眠っているアイテムがありましたら是非お知らせください。 無料でお見積り査定も行っています。 出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。 宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

次の