洗濯 マグ ちゃんと は。 シンプルライフ♡洗濯マグちゃんを自作【手作りはコスパ最強】だった!お手入れ方法や水素浴についても【節約&eco】

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

洗濯 マグ ちゃんと は

これは、市販の洗濯用洗剤と同様であり、洗剤と併用することでさらに汚れを落とすことができます。 臭い成分の分解 洗濯マグちゃんを使用した臭い成分の分解率は、市販の洗濯用洗剤よりも強いです。 汗まみれのユニフォームなどなかなか落ちない臭いも、洗濯マグちゃんですっきり落とすことができます。 洗濯槽や排水ホースも綺麗になる 洗濯マグちゃんは、洗濯物を綺麗にするだけでなく、 洗濯槽や排水ホースの汚れを落とすことも可能です。 アルカリイオン水が、洗浄中、すすぎ中、脱水中も最後まで汚れを落としてくれます。 節約につながる 水野洗浄力が上がるため、 普段使用している洗剤の量を減らすことができます。 また洗濯槽を綺麗にする洗濯槽クリーナーも必要ありませんし、それにかかる水道代も減らすことができます。 洗たくマグちゃんの使い方 洗濯マグちゃんは、 洗濯物と一緒に洗濯機の中に入れて通常通り洗うだけです。 洗濯だけでなく、すすぎ、脱水も入れっぱなしで問題ありません。 全自動式、ドラム式、2槽式洗濯機に使用することができます。 洗剤と併用する場合には、洗濯マグちゃん1個に対し、洗剤は通常の半分使用するようにしてください。 部屋干し派ですが、部屋干し用の洗剤よりも、乾いたときの臭いがしないです。 今年の買い物のベスト3に入るかも。 洗い上がりの匂いは、少し海っぽいような感じ?がしましたが、乾いたら消えました。 私は柔軟剤と併用してます。 マグちゃんを使い始めて一ヶ月くらいしてから、洗濯槽自身も掃除されるとは聞いてましたが、本当にそのようで、洗濯槽にこびりついているゴミが落ちてきました。 小さい子供もおり、洗濯物は沢山あるが、ほとんど洗剤を使わずに洗う事ができて、大変重宝しています。 結論から言いますと、 洗濯マグちゃんを乾燥機で使用するのは避けたほうが良いでしょう。 洗濯マグちゃんの中身であるマグネシウムは、乾燥機の熱に対して耐熱性があります。 しかし、その側の布製のカバーが、乾燥機の熱や回転しこすれることによって縫い目がほつれ、マグネシウムが出てしまうことがあります。 なるべく、脱水後は天日干しや室内干しを行い、乾燥機の使用は避けてください。 ましょう。 漂白剤は一緒に入れても大丈夫? 洗濯マグちゃんを使用するとき、過酸化ナトリウムの酸素系漂白剤は一緒に使用しても問題ありません。 しかし、 塩素系漂白剤の使用は避けましょう。 使用後は乾燥させよう 洗濯マグちゃんを使用した後は、洗濯物と一緒に洗濯マグちゃんも天日干しをするなどしっかり乾かすようにしてください。 洗濯マグちゃんの取り換え時期 洗濯マグちゃんの使用期限は約1年です。 重さが変わったり外観が変わることがないので、取り換え時期の目安が分からないかもしれません。 取り換えは1年を目安に行うようにし、忘れないようにメモしておくと良いでしょう。 洗たくマグちゃん以外にもある!マグちゃんシリーズ ランドリーマグちゃん 他のマグちゃんに比べ、内容量が100gと多いのがランドリーマグちゃんです。 洗濯時にも洗剤と併用する必要がなく、汚れをしっかり落とすことができます。

次の

マグちゃん公式オンラインショップ |「うれしいね。マグちゃんのある暮らし」

洗濯 マグ ちゃんと は

php? 洗濯のたびにこの反応が起きているので元のマグネシウムは徐々に小さくなっていきます。 そのためにメーカーさんでも 300回以上は十分に使えますと言っていますが、 使用限度もあるということになります。 この反応が素直に発生するのは、マグネシウムの表面に 酸化膜が形成されていないときだけです。 洗濯マグちゃんを開封すると空気中の酸素の影響でマグネシウムの表面が酸化して されていきます。 表面が酸化していないマグネシウムは、綺麗なシルバーですが酸化するとくすんできます。 イメージは銀製品がだんだんと酸化して黒っぽくなっていくイメージです。 洗濯マグちゃんは使用するたびにマグネシウムの表面に酸化膜が出来てきて、水に入れても正規の反応が鈍くなってきます。 そうすると本来の洗浄力も消臭効果もだんだんと落ちてきて、洗濯物がまた臭ってくるということになります。 この解決策は、 マグネシウムの酸化膜を除去してあげればいいということになります。 どうするのか? 水で5~6倍に薄めた酢水に洗濯マグちゃんを10~15分程度浸けておけばOKです。 酢は、台所にある食酢で十分です。 浸けすぎるとマグネシウムが溶けていくので注意です。 クエン酸でも同じような効果が得られるようです。 クエン酸ではまだやったことがないので今度やってみたいとおもいます。 洗濯マグちゃんの中のマグネシウムの表面が見えればいいのですが、布の中でみえませんので洗濯物の臭い具合でメンテナンス時期を見極めるしかありませんね。 ただ何度か経験するとこれくらいの期間で臭ってくるというのがわかってくるので、ある程度の期間でメンテナンスしようと決まってくると思います。 この辺りのメンテナンス期間は、自宅の水道水の水質や使用頻度でも変わってくるので使いながら体得していくのがいいですね。 スポンサーリンク 洗濯マグちゃんのメンテナンス(洗浄)お手入れをクエン酸でやってみた! ちょうど1年ほど使用した洗濯マグちゃんが出てきたので、そろそろ新しいマグちゃんに交換のタイミングがやってきました。 メーカーでは、交換の目安を 300回程度の使用と言っていますので、やや使いすぎの状態ですね。 そしてさらにマグネシウムの粒が入っているもっと目の細かいポリエチレン製の小袋があるという状態でした。 つまり3重構造でかなりしっかりとしています。 これなら何百回洗濯しても破れてマグネシウムが出てきてしまうことはないでしょう!耐久性抜群ですね。 しっかりとした品質です。 1年使用したマグネシウムの粒はどうなっていたのか!? 洗濯マグちゃんパッケージの裏側 ということは、 -18. 5g! かなり小さくなっていることに驚きました! クエン酸で洗浄してみると! 【用意したもの】• ガラス製容器• 水 約200ml 洗浄方法 クエン酸を水で溶かしてクエン酸水をつくります。 ここに使用済みのマグネシウムを入れます。 10分~15分そのまま放置。 マグネシウムをクエン酸水に入れるとすぐにブクブクと泡が発生し、水が白濁していきます。 反応してますね!マグネシウムの表面から細かな泡が激しく発生しているのがわかります。 それに伴ってマグネシウムの表面が綺麗な銀色になっていきます。 15分ほどするとだんだんと泡の発生もおさまり、水が透明になっていきます。 これで洗濯マグちゃんのメンテナンス・洗浄は完了です。 洗浄後のマグネシウムの輝きにビックリ! 洗浄後のマグネシウムは、ほんとにピカピカです。 本来はこんなに綺麗なんだと感動! 表面のまだら状のものもなくなり、銀色の輝きが眩しいです。

次の

洗濯マグちゃんを買ってみた・使ってみた体験談。すすぎ・風乾燥も。

洗濯 マグ ちゃんと は

洗剤が不要• 洗剤なし、洗剤併用の使い方ができる• 皮質汚れの分解率は洗剤と同等• 消臭効果が高い• 臭い成分の分解率は洗剤の10倍• 環境に優しい• 排水が環境を汚染しない• 排水で植物の有機栽培ができる• 洗濯槽や排水ホースの汚れが落ちる 正直、信じられない内容です…。 私も半信半疑でしたが、実際にテレビで紹介された内容や、商品紹介ページを調べてみると効果が期待できそうな商品。 そして、実際に使ってみても、汚れ落ちや消臭効果は普通の洗剤と変わらない印象です。 — 2018年 8月月23日午前2時23分PDT• 環境に優しい• 洗剤を補充・小分けにして持って行かなくて良い というポイントは、かなりのメリット。 洗剤の代替品として使えると言われても信じがたかったのですが…、メーカーから発表されている試験結果をみると、「洗浄」「消臭」「抗菌」のどれをとっても劣らない事が分かります。 皮質汚れの分解率は洗剤と同様• 臭い成分の分解率は洗剤の10倍• 菌の繁殖も防ぐ 文句なしです。 それぞれ掘り下げてご紹介します。 アルカリイオン水による界面活性効果 洗濯マグちゃんの洗浄力の秘密は、アルカリイオン水。 洗濯マグちゃんの中には、マグネシウムの粒が入っているため、水をアルカリイオン水にします。 そして、 アルカリイオン水は、石鹸と同様に界面活性効果で油脂分を落とす効果があるんです。 試算の条件前提 試算は、実売価格と我が家の洗濯実績から算出しています。 細かい条件はこちら。 洗剤は、我が家 4人 のリアルな洗濯量で試算。 1日1回 洗濯量 7kg 57Lコース。 洗濯マグちゃんは実売安値の1,520円 税込・送料込• 洗剤は、液体アタック 770g 、地元安値の214円 税込• 柔軟剤は、フレア フレグランス 530ml 、地元安値の214円 税込• 洗剤不要、洗濯マグちゃん使用で洗濯槽や排水ホースの洗浄が不要• マグちゃんと洗剤併用の場合はマグちゃん1個。 洗剤半分、洗たく槽クリーナー2回• マグちゃんのみの場合はマグちゃん3個。 柔軟剤、洗たく槽クリーナーなし• マグちゃんを使う場合は、洗剤が少ないため、すすぎの回数が1回。 その分の水道代 57L を減算• 洗濯マグちゃんの使い方について 洗濯マグちゃんの使い方について調べた内容をまとめます。 洗剤なしで使う場合は、ベビーマグちゃんの情報をもとにしています。 使い方 洗濯マグちゃんの使い方は、基本的には普通の洗濯と同じでOK。 マグちゃん1個 50g と洗剤を半分• マグちゃんのみで洗濯 選択量による 200gほど 洗剤が少なくて済むため、すすぎの回数や、柔軟剤を調整することができます。 また、マグネシウムが水をアルカリイオン水にするには時間がかかるため、念のため「洗い」の時間は少し長めにすると良いと思います。 目安としては「洗い」時間は、20分~30分ぐらいが良いと思います。 我が家の場合は、洗濯機で設定できる洗いの最大時間で使っています。 洗濯 20分 お風呂の残り湯• すすぎ 1回 水道水• 脱水 5分 洗濯マグちゃんの個数について 洗濯マグちゃんは、洗剤と併用して使う場合と、マグちゃんのみで使う場合で必要な個数が違ってきます。 洗濯マグちゃん 50g は洗剤と併用して使うことが想定されている商品です。 中身のマグネシウム量が違うのですが、マグネシウム量を合わせれば同じように使えるはずです。 「つけおき洗い」で消臭効果を高める ベビーマグちゃんの商品説明には、「ニオイの落ちにくい洗濯物は漬け置き洗いが効果的です」と記載があります。 消臭効果を高めたい時には、つけおき洗いが効くようです。 交換の目安は1年 洗濯マグちゃんが使用できるのは1年 1日1回 が目安。 取り替え時期は、どうやって判断すればいいのでしょうか? A. 重さや外観上ではわからないので、1年を目安に交換をお願いいたします。 (例えば、使用開始日を洗濯機の見えるところにシールを貼るなど。 ) 引用: 300回使用しても、洗浄力はほとんど変わらないようです。 Photo by 洗濯マグちゃんの交換目安は、1年とされています。 300回はOKで「365回で交換」というのが、ちょっと気になるとこですが…。 使用回数と、経年劣化によって、1年とされているのだと思います。 ドラム式洗濯機には向いている 洗濯マグちゃんは、ドラム式の洗濯機でも使えます。 洗濯時の水量が少ないドラム式であれば、洗濯水をより速くアルカリイオン水にできるため、効果が高いです。 洗濯時にマグちゃん1個を投入して、どれくらいの時間で洗濯水がPh7. 5~8. 5のアルカリイオン水になるのでしょうか?その時に洗濯水の水量は関係あるのでしょうか? (たとえば水量が多いと時間がかかる、少ないとすぐにできる) A. 標準的な洗濯時間(洗濯~すすぎ~脱水で20~30分くらい)であれば、効果は問題ございません。 水量についても、6~8kgの洗濯槽容量であれば、効果を発揮できます。 ドラム式洗濯機のように、少ない水量であれば、より速くアルカリイオン水になります。 引用: 柔軟剤を使ってもOK 洗濯マグちゃんは、洗剤と比べて10倍の消臭効果があるため、柔軟剤を使わずに洗濯する方も多いようです。 洗濯マグちゃんのみで洗濯する場合は、柔軟剤が不要 ただ、タオルの手触りを良くしたかったり、香り付けがしたい方も多いと思います。 洗濯マグちゃんを使っていても、柔軟剤を使うことができるため、好みで使い分けると良いと思います。 柔軟剤を入れても柔軟剤の効果はなくならないのでしょうか? 柔軟剤の芳香は残っているのでしょうか? A. 柔軟剤と一緒にご使用いただいても、問題ございません。 芳香も残ります。 引用: すすぎの回数が減らせる 洗濯マグちゃんを使うことで、洗剤を減らすことができます。 洗剤と併用する場合には、洗剤の量は半分• 洗濯マグちゃんのみで洗濯する場合には、洗剤が不要 となると、すすぎの回数を減らすことができますね。 洗濯物 7kgで57Lの水の量• 24円(東京都水道局の標準値)= 13. ガイアの夜明けで紹介されていた時には、マグちゃんの排水は、肥料の3大要素「窒素」「リン酸」「カリウム」の含有率が高くなっているので、農作物に撒いて育成させることが可能とのこと。 マグちゃんのマグネシウムも肥料の中量要素とされいます。 実際に、一部の農園で洗濯マグちゃんの排水を使って農産物を育てる取り組みが紹介されていました。

次の