寒暖 差 アレルギー 漢方。 寒暖差アレルギーの症状とは?対策は?市販薬は効くの?

寒暖差アレルギーに効く鼻炎薬(市販薬)を見つけるコツ☝

寒暖 差 アレルギー 漢方

薬で抑えられないのですが、どうすれば良いですか?」というものです。 志保先生:うちのお客様にも、何か寒いなと思ったら、クシャンクシャンとくしゃみをする方がいらっしゃいます。 これは、未病のうちに対応しておくべきところですね。 これは、漢方でいう「衛氣(えいき)」というものが弱っている状態です。 この衛氣というものは、皮膚の表面にバリアをはっているような氣で、暑くなると毛穴が開いて熱を発散させて汗を出す、寒くなると毛穴がキュっと閉まって体を温めるという作用をします。 暑さ寒さで毛穴が開いたり閉じたりしている作用は、衛氣がもっているのですが、この衛氣が弱ると、どちらかというと、毛穴がだらっと開きっぱなしの状態になり、風がスッと体の中に入ってきてしまいます。 そうすると、寒さによって刺激されてくしゃみが出たり鼻水が出たりします。 結構、お年寄りの方によくみられる状態ですね。 これは「衛氣虚(えいききょ)」といって、氣が足りない、毛穴を閉める力が足りないので、このような状態がおこってしまいます。 寒暖差アレルギーによるくしゃみ アレルギーと言われた場合、病院で出る薬は、だいたい、抗ヒスタミンや、抗ロイコトリエン薬などのアレルギーを抑えるようなものだと思います。 でも、この寒暖差によるアレルギーで出るくしゃみというものは、ヒスタミンが出てくしゃみが出るのではなくて、どちらかというと風に刺激されるものです。 寒い所から暖かい所に行ってくしゃみが出る人はあまりいないと思います。 どちらかというと暖かい所から寒い所に行くと、くしゃみが出たり鼻水が出たりする人が多いと思います。 これは、暖かいところにいて緩んでいる毛穴をキュっと閉めることができないためです。 なので、その場合は抗アレルギー薬を飲んでもおさまりません。 これは漢方的には未病ですので、この間に衛氣を補う漢方薬を続けて飲んで、体の外にあるバリア機能がしっかりしていないと、なかなか変化が見られないのではないかと思います。 衛氣(えいき)というのは漢方の考え方なのですか?.

次の

寒暖差アレルギーに効く鼻炎薬(市販薬)を見つけるコツ☝

寒暖 差 アレルギー 漢方

こんにちは、さくらの森 登録販売者の奥です。 最近、急に寒くなってきましたね〜。 寒暖差アレルギーとは? くしゃみ、鼻水、、等の症状で「アレルギーかな??」と思って 病院で検査をしても、特定の原因物質が見つからない・・・。 これは、周囲の環境に 自律神経が過敏に反応して症状がでる と考えられています。 病院などでは 「血管運動性鼻炎」と診断されるそうです。 自律神経は周囲の影響を強く受けます。 では、どういう理由で寒暖差アレルギーになるのでしょうか? 原因は… 『気温の差が激しいと自律神経の乱れを引き起こす』 のです。 その名の通り、昨日までは暖かかったのに、寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります。 見分け方のひとつの目安としては、 風邪の鼻水は黄色いですが、寒暖差アレルギーの鼻水は透明です。 抗原があると発症するアレルギーと違って、 自律神経が反応するアレルギーは、必ず発症するわけではなく、 環境の改善や慣れで克服することが出来ます。 アレルゲンはないので対処療法が中心となります。 自律神経の乱れが原因ですから、一番の予防策は体調管理をしていくこととなります。 簡単な運動(ウォーキングなど)意識的に取り入れて、まずは 基礎代謝をあげましょう!あと、体を冷やさないこと。 寒い日はマスクやスリッパ、膝掛けなどを使い、体が感じる温度差を少なくしましょう。 寒暖差が激しい日はとくに注意。 血流をよくするように心がけることも予防策の一つです。 「めぐりの漢方」で血流をよく 「めぐりの漢方」は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)にヨクイニンをプラスした処方です。 桂枝茯苓丸は 🌿桂皮(ケイヒ)・・・・ 胃腸を整えるとともにのぼせや頭痛に効果 🌿芍薬(シャクヤク)・・痛みを緩和 🌿茯苓(ブクリョウ)・・むくみを解消 🌿桃仁(トウニン)・・・血液の循環をよくする 🌿牡丹皮(ボタンピ)・・血液の循環をよくする この5つの生薬の組み合わせによって、痛みをとり、血液循環と水分量を正常にする働きがあり ます。 これに 🌿 薏苡仁(ヨクイニン)・・肌のターンオーバーを正常化 これを加えているので、お肌の調子も整えてくれます。 血流が普段から良くないと感じている人は、寒暖差アレルギーにもなりやすいみたいです。 「めぐりの漢方」で普段から寒さに負けない体作りを初めてみませんか? 読んで下さってありがとうございました。

次の

寒暖差アレルギーの咳やたんなど症状の対策。鼻水を止める漢方薬は?

寒暖 差 アレルギー 漢方

朝晩の冷え込みに一歩一歩冬の足音が近づいていることを実感するこの頃ですが、みなさんは「寒暖差アレルギー」という言葉を耳にされたことはありますか。 今回はこの「寒暖差アレルギー」と、それに深い関わりをもつ「自律神経」について取り上げてみたいと思います。 鼻水の分泌を調整する自律神経の機能が弱くなってしまう病気で、まわりの環境に合わせた鼻水の分泌がうまくできなくなって症状が現れます。 具体的な場面の例を挙げてみます。 (アレルギー性鼻炎では花粉・ハウスダスト・ダニなどのアレルゲンが存在します) 以下のようなことから寒暖差アレルギーを見分けることができます。 しかし、自律神経の機能を回復する、寒暖差を小さくする、という観点から次のような対策が考えられます。 このため、自律神経の調子を整えることは間接的に働きかけるしか方法がないので難しいといえます。 自律神経は心臓の動きや胃腸の働きなどを休みなく調節しているので、生命を維持するための自動制御装置といわれます。 また、検査結果に異常がなく、頭痛・肩こり・めまい・不整脈・不安・不眠などの不定愁訴がある場合、「自律神経失調症」と診断される人が多く、病院を訪れる患者さんの約1割に達するといわれています。 ・ 交感神経・・・「元気が出る」神経で、活発になると心臓がどきどきと速く拍動し、筋肉は緊張、血圧は上昇します。 ・ 副交感神経・・・「ゆったり休む」神経で、活発になると心臓の鼓動は遅くなり、筋肉は弛緩、血圧は下降します。 また胃腸は活発になり消化吸収が進みます。 この2つの神経がバランスよく働くことで「体の正常な状態を保つ」ことができます。 また図のように「体にリズムをつくる」という役目もあります。 日中は交感神経が優位、夜は副交感神経が優位になることで一日のリズムがつくられます。 季節によってもリズムがあり、一生の間でも発育期や働き盛りは交感神経が優位、老年期は副交感神経が優位に転じるというリズムがあるといわれています。 この2つの神経の綱引きのバランスがくずれると「自律神経失調症」のような症状が現れてくるのです。 自律神経が乱れる原因はいろいろありますが、最大の原因はストレスだといわれています。 そこで、次は自律神経とストレスについて考えてみます。 このうち自律神経に大きく影響を与えるのは内部的ストレッサーによるストレスです。 ストレスが加わり交感神経が緊張し続けると自律神経のリズムの切りかえがうまくいかなくなり、症状が現れてきます。 ところで、ストレスを強く感じる人とそれほど感じない人がいますが、ストレスそのものが有害なのではなく、その人のストレスに対する適応力いかんによってストレスを有害にするのだということです。 ストレスのメカニズムを学び、人生における出来事に対し「悪いストレス」を「良いストレス」に変える姿勢をとることが大切です。 「ビタミンB1・ビタミンC・カルシウム・タンパク質」がストレスに強い体をつくる栄養素です。 玉ねぎ・にんにく・にらなどに含まれる硫化アリル(玉ねぎを刻んだとき目にしみる成分)は、肉類に含まれるビタミンB1の吸収を高めるといわれているので、ニラレバー、玉ねぎを使った酢豚、焼き鳥ならねぎまなどがオススメの食べ方です。 自律神経を整えることは心身の健康にあらゆる良い効果があると考えられます。 自分なりのストレス対策をもって自律神経をいたわってあげましょう。 ワークステーション静岡 T.

次の