バリスタ メリット。 コーヒー・バリスタを趣味にするメリット・デメリット

バリスタi [アイ]のメリット・デメリット。一年を通して使い続けてわかったこと

バリスタ メリット

FIREムーブメント FIRE MOVEMENT の FIREは Financial Independence, Retire Early の頭文字をとったもので、 経済的独立と早期退職を意味します。 そしてこのFIREを目指して取り組むことや流行そのものを FIREムーブメントまたは ファイア・ムーブメントと言います。 近年アメリカで支持を受けている考え方や生き方です。 若いうちに労働から解放されて、経済的基盤を確保しつつ自由を追求する新時代のライフスタイルと言えます。 詳しくは別の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。 しかし、このタイプのFIREはある程度の資産を形成した後に従来のフルタイムJOBは辞めて、なんらかの形でパートJOBを続けたり、ネットを利用して在宅で仕事をする事により生活費を補填します。 通常なら週5日働くところを2日勤務にしてみたり、8時間勤務のところを3時間勤務にしてみたりするイメージです。 このライフスタイルを バリスタFIRE(Barista FIRE)と呼びます。 勤勉な日本人には向いているタイプかもしれないですね。 また、最近ではこのバリスタFIREから派生した サイドFIREというのも日本ではあるそうです。 私の調べた限り、FIREの本場であるアメリカにはその様なタイプのFIREは確認できなかったので、日本独自のFIREとして生まれたのだと解釈しています。 もしかしたら、見落としているだけで由来等があるかもしれませんが見つけられませんでした。 サイドFIREについては、有名なYoutuberさんが紹介されています。 バリスタFIREのうち、パート勤務ではなく副業収入を得るタイプを特にサイドFIREと呼称する様です。 職業差別という訳ではありませんが、仕事を選ぶ際にバリスタとして、またはバリスタの様にストレスが少ないあるいは給料の少ない仕事をしながらのFIREという意味から来ている様です。 もちろん私自身はバリスタの方に対し、その様なイメージは一切持っておりません。 FIREの最大のメリットは、 身体が健康な若いうちに労働から解放され、自由な時間を持てるようになることです。 バリスタFIRE(Barista FIRE)においては、ある程度の労働を余儀なくされますが、それでもフルタイムでの労働を強いられるよりは、精神的なアドバンテージは大きなものになります。 これは昨今、社会的にうたわれている働き方改革にあたる ワークライフバランスの実現にもつながります。 【ワークライフバランス】 働くすべての方々が、「仕事」と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のこと。 出典:政府広報 また、バリスタFIREは通常のFIREよりも早く達成する事ができます。 たとえば、月20万円の不労所得を得ようとすれば、4%利回りで資産は6000万円必要です。 しかし、月20万円のうち半分の10万円をなんらかのパート勤務または副業により賄う事ができれば、必要資産は半分の3000万円になります。 一気にFIRE達成までの時間短縮できそうです。 FIREとバリスタFIRE(サイドFIRE)の違い 10万円は黙っていても不労所得で入ってきますから、残りの半分をフルタイムに比して負担の軽い労働所得で賄えばいいと考えれば、精神的負担はずいぶんと軽減するはずです。

次の

チップバリスタへの置き換えメリットと選定のポイント

バリスタ メリット

また、バリスタを使わなかった場合と比べて、 バリスタを使うことでコーヒーの香りが25%もアップします。 2016年10月に発売された旧モデルのバリスタi[アイ]からBlutoothによってスマホアプリの連携ができるようになりましたが、今回のバリスタ50[Fifty フィフティ]もバリスタi[アイ]同様にネスカフェアプリでの連携が可能です。 バリスタ50[Fifty フィフティ]は、旧モデルのバリスタi[アイ]をベースとして、機能とデザインにバリエーションを加えた進化したモデルです。 ネスカフェバリスタのモデルごとの比較表 旧モデルのバリスタと3種類を比較してみました。 バリスタ50 (型名9634) バリスタi[アイ] (型名9635) 初代バリスタ (型名9631) 本体サイズ 幅15. 5cm 高さ32. 3cm 奥行き30. 6cm 幅17. 8cm 高さ32. 0cm 奥行き28. 9cm 幅17. 8cm 高さ35. 9cm 奥行き28. 5cm 本体重量 3. 4kg 3. 4kg 3. 大きさはバリスタ50が2. 3cmスリムになっていますが、高さと奥行きは若干バリスタ50の方が大きいです。 一番大きな違いは、バリスタi[アイ]にだけ本体が無料で使える公式サービスがあるということです。 バリスタアイは本体無料レンタルの唯一のモデル!バリスタ50は対象外 ネスカフェバリスタには本体が無料で使えるネスレ公式サービスがあります。 その無料サービスの唯一の対象モデルがバリスタアイです。 ネスカフェバリスタは本体を購入すると4,000円~6,000円くらいしますが、この本体無料サービスを利用すれば初期費用が6,000円くらい安くすみます。 バリスタi・・・1000ml• バリスタ50・・・800ml 水は入れっぱなしにしておくと鮮度が落ちてコーヒーの味も落ちるので、できる限り頻繁に入れることをおすすめします。 その為、200mlくらいであればそれほど差はないと思います。 丸いデザインが良いか、角張ったデザインが良いかは好みが分かれるところかと思います。 抽出メニューボタンを大きくし操作しやすい配置に変更 バリスタi[アイ]は円形にボタンが配置されていましたが、バリスタ50[Fifty]はボタンが大きくなり横一列の配置に変更されました。 ボタンが大きくなったことにより、押しやすくなり操作性がアップしました。 間違って違うメニューのボタンを押してしまうこともなくなります。 ボタンひとつで洗浄可能なリンス すすぎ ボタンを追加 バリスタi[アイ]で洗浄メンテナンスを行うには、エスプレッソボタンと電源ボタンを同時押しする必要があり、操作が分かりづらかったです。 バリスタ50[Fifty]ではリンス すすぎ ボタンが追加されて、ボタンひとつで簡単に洗浄のメンテナンスを行なえるようになりました。 カプチーノモードの味を濃厚な味わいに変更 ここまでは、機能面の進化をでしたが、バリスタ50[Fifty]では味も進化しています。 カプチーノモードで抽出した際の味を以前よりも濃厚な味わいに変更して、よりコーヒーの味を感じられるようになっています。 私自身はネスレブライトを使用しないので ブライトには砂糖が入っているため 、カプチーノモードの変更に関してはあまり影響はありませんでした。 もちろん、今まで通りスマホアプリを使って自分好みの味に設定して抽出することも可能です。 実際にバリスタ50を使ってコーヒーを淹れてみた感想 バリスタはお湯を沸かさなくて良い代わりに、電源を入れてから抽出可能になるまで数秒待たなければなりません。 バリスタiは7秒ほどで抽出可能になりましたが、バリスタ50の方が若干速く6秒くらいで抽出可能になりました。 コーヒー自体の抽出性能に差はありませんので、出来上がるコーヒーの味はバリスタiもバリスタ50も同じです。 クレマ 泡 たっぷりの香りの良いコーヒーが出来上がります。 普通にお湯を注いで入れるより、バリスタで淹れた方が美味しいです! 最後にバリスタ50とバリスタiどちらを選べばいいかまとめてみました。 本体だけではなくネスカフェアプリも進化 バリスタ50発売にともなって、アプリもバージョンアップしました。 ただし、 アプリ自体はバリスタiと共通なので、新しい機能はバリスタiでも利用可能です。 友達をフォローする【新機能】 フォローした友達が、コーヒーを飲むと通知が届くようになり、コーヒータイムを共有することができます。 もし友達と同じタイミングでコーヒーを飲んでいたら、離れたところにいてもつながりを感じられますね。 友達へのチアーズ送信【新機能】 フォローした友達同士で、定型文のメッセージ交換が出来るようになりました。 定型文なので、「いいね」のように気軽にコミュニケーションができます。 ネスカフェワクワクポイントの表示画面がより分かりやすく コーヒーを飲むことでどんどんアプリに溜まるネスカフェワクワクポイント。 溜まったポイントでネスカフェクリアマグカップや有名シェフのお店のディナーチケットと交換することができます。 そのネスカフェワクワクポイントの確認画面が分かりやすくなり、あと何ポイントでどの景品と交換できるかや、今まで交換してきた景品の履歴を確認出来るようになりました。 まとめ:バリスタを選ぶならバリスタ50が総合的におすすめ ネスカフェゴールドブレンド50周年を記念して発売されたバリスタ50[Fiftyフィフティ]を紹介してきました。 最後にもう一度、バリスタ50とバリスタiの違いをまとめておきます。

次の

セミリタイアするならバリスタFIRE(サイドFIRE)を目指そう

バリスタ メリット

バリスタとは バリスタという言葉は多くの人が一度は聞いたことがある言葉であると思います。 バリスタは、イタリア語でエスプレッソを出す店で働く人のことを表します。 一般的にバリスタと聞くと、インスタントコーヒー専用のコーヒーサーバーのことを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 私もバリスタと聞くとネスカフェのコーヒーメーカーを思い出します。 自宅で手軽に美味しいコーヒーが作ることが出来るため、人気のマシンですよね。 バリスタのメリット 充実した種類 ネスカフェバリスタは専用のコーヒーを1つセットするだけで、 5つのカフェメニューを楽しむことができます。 詰め替えコーヒーをセットし、 エスプレッソ・ブラックコーヒー・ブラックコーヒーマグサイズ・カフェラテ・カプチーノから自分の飲みたいメニューを選びます。 機械から抽出されるコーヒーはふわふわの泡がたった本格風味で、手軽にカフェに来たかのような気分を味わうことができます。 バリスタは作り方がとても簡単なのが特徴です。 エスプレッソ・ブラックコーヒー・ブラックコーヒーマグサイズなら、カップをセットし、ボタンにタッチするだけです。 カフェラテ・カプチーノはネスレブライトを使えば、ふわふわのミルクの泡が作ることができます。 驚きの安さ バリスタで作るコーヒーのコストは 1杯約15円です。 普通にコーヒーショップで購入したら、1杯300円くらいしますよね。 それに比べると、バリスタで飲むコーヒーは とてもコスパが良いというメリットがあります。 特に家族みんなが毎日コーヒーを飲むなんていうご家庭には最適です。 お手入れが簡単 バリスタはマシン自体のお手入れや掃除も簡単というメリットがあります。 給水タンクやコーヒーを抽出する部分はすぐに取り外すことができ、普段の洗い物と同じように洗えば大丈夫です。 慣れてしまえば、手軽に10分くらいでお手入れが出来るので、清潔な状態を保つことができます。 また、一般的なコーヒーメーカーのように頻繁に豆やフィルターを交換する必要もありません。 本体価格が安い 先ほど、1杯約20円でコーヒーが飲めるとお話しましたが、バリスタ自体の価格も安いのがメリットの一つです。 1万円以下で購入が可能なため、いつものコーヒーが楽に美味しく飲めるためには全然安いお値段だと思います。 補充用のコーヒーも気軽に購入できる値段であるので、職場や家庭に一台あっても良いのではないかと思います。 電気代が安い バリスタでコーヒーを淹れた場合にかかる電気代は約0. 7円です。 ミルク系のコーヒーを飲んだとしても1杯1円程度の電気代で済むことができます。 1日に3杯コーヒーを飲んだとしても、 月の電気代は90円ほどです。 つまり、バリスタを使う時に電気代は気にしなくて良いということです。 ポイントが貯まる バリスタアイやバリスタ50といったマシンは、アプリと連動させてコーヒーを淹れると、ネスカフェワクワクポイントというポイントが貯まるというメリットがあります。 このポイントは1杯淹れるごとに貯まっていきます。 貯めたポイントはオリジナルの商品との交換ができます。 ポイントの貯め方にはいろいろあるので、自分でいろいろな使い方をみつけながらバリスタを楽しむことができます。 こんな人はバリスタを使うべき 「本格的なコーヒーを飲みたいけど、豆から挽くほどではないな」 「普段インスタントコーヒーを飲んでいるが、もう少し美味しいコーヒーが飲みたい」 「コスパが良くて手軽にコーヒーが飲みたい」 このようなことを思っている方に、バリスタはぴったりなマシンです。 コーヒー豆から挽くタイプのコーヒーメーカーはたくさんの種類のコーヒー豆から好みの豆を選ぶことができます。 しかし、豆から挽くとなると少し手間がかかり片付けも面倒だなと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。 一方で、一般的なコーヒーメーカーで作れるのはコーヒーとエスプレッソの2種類の物が多いです。 しかし、バリスタを使えば、手間を減らして、5種類ものメニューを楽しむことができます。 まとめ ここまでネスカフェバリスタの特徴とメリットについてご紹介してきました。 ボタン一つで簡単に本格的な1杯が飲めるのはとても魅力的です。 他のコーヒーメーカーと比べてもコーヒー豆やフィルターを用意する手間がないのがメリットのひとつです。 また、最新のネスカフェバリスタは、専用のアプリを使ってなんとスマートフォンからもコーヒーを淹れることができます。 水の量を調整して、自分好みの濃さに仕上げることができます。 1杯あたりのコストも安く、電源を入れて1分でコーヒーを淹れられるバリスタをぜひ使ってみませんか。

次の