マイル クレジット カード。 マイルが貯まるおすすめクレジットカード決定版!航空会社別に比較

JALマイルが貯まるクレジットカードのおすすめ人気ランキング6選【Suica・PASMO付きも!】

マイル クレジット カード

航空会社が提供するマイレージプログラムは多種多様ですが、日本国内でANAマイルと並んで人気を二分しているのがJALマイル。 日本航空が提供する「JALマイレージプログラム(通称JBM)」で貯まるマイルのことです。 あらかじめJBMの会員になっておくと、JALグループの飛行機に乗った時や、提携先でのショッピングでJALマイルが貯まります。 貯まったJALマイルは、国内・海外航空券や商品券、電子マネーなどに交換可能。 中でも、国内航空券・海外航空券への交換は特にお得なので、それをめざしてコツコツとマイルをためているマイラーと呼ばれる人もたくさんいます。 でも、航空券に交換できるほどのマイルを貯めるのはなかなか大変!何年もかかることもあります。 そこで注目されるのが、クレジットカードを使って、より効率的にJALマイルを貯めるという方法です。 JBMとセットになったクレジットカードや、JBMと提携してポイントをマイルに交換できるクレジットカードを持つことはマイラーへの第一歩とされています。 日常的に便利に使えて、マイルもどんどんたまるクレジットカードはたくさんあるので、じっくり選んで少なくとも1枚は持っていた方がお得ですよ。 先の項目で述べたことと矛盾するようではありますが、還元率が最も高いものが一番マイルを貯めやすいとは限りません。 例えば、100円で1マイル貯まるカードと100円で1. 5マイル貯まるカードがあって、100円で1マイルの方だけ週に1度ポイントが2倍になる日があったとしたら、使う日によっては100円で1マイルのカードの方が貯めやすいかもしれませんよね。 このように還元率と合わせて、ボーナスデーなどでより多くポイントがもらえる日などのサービスがあるかどうかも確認しておくと良いですよ。 このようなチャンスの頻度やその際にどれだけポイントが得られるかなどを細かくチェックして、総合的によりマイルを貯めやすいカードを選んでみてくださいね。 まず最初にご紹介するのは、イオンが発行しているイオンJMBカードです。 こちらは、ショッピング利用で200円ごとに1JALマイルが貯まる便利なカードです。 JALが発行したカードではないため、200円=1マイルから100円=1マイルに変更できるJALショッピングプレミアムへは加入できないので、その点にはご注意を。 しかし、お客様感謝デーなどでWAONのボーナスポイントが貰える機会が多いカードであるため、イオン系列のお店をよく利用する方にとっては大活躍する一枚です。 クレジットカードには珍しく、年会費が無料なのも嬉しいところですね。 国際ブランド MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・WAONポイント 付属電子マネー WAON 年会費 無料 こちらは通常、1000円ごとに1. 5永久不滅ポイントが貯まるカードなのですが、年会費に加えて一年につき約4000円支払ってSAISON MILE CLUBに登録すると、永久不滅ポイントとJALマイルを両方同時に貯めることができます。 SAISON MILE CLUBに登録した場合は永久不滅ポイントもマイルに交換できるため、換算すると100円で1. 1マイル貯まることになり、還元率がとても高くなりますよ。 このカードのもう一つの売りは、付帯保険が充実していること。 他のカードはカードの契約者のみに保険を掛けられるものが多くなっていますが、こちらのカードは家族にも自動付帯保険を掛けられるので、カードを持てない小さなお子さんも安心です。 iDやQUICPayなどの電子マネー機能も搭載されており、使いやすい一枚と言えるでしょう。 国際ブランド アメリカン・エキスプレス JALマイル還元率 100円につき1. 1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・永久不滅ポイント 付属電子マネー iD・QUICPay 年会費 年10,000円(初年度無料) 電子マネーにお金をチャージする時、「チャージでポイントやマイルをお得に貯められたらいいのに…」と思ったことはありませんか?それを実現したのがこのカード。 こちらのカードはJALとSuicaが提携したもので、空でも陸でもお得にマイルを貯めることを可能にした一枚です。 ショッピングで利用する際にはJALマイルが200円につき1マイル貯まり、Suicaへのオートチャージや切符の購入でビューポイントが貯まります。 ビューポイントは1000円につき6ポイント加算され、JALマイルとして換算すると1000円につき約5マイルが貯められる計算になり、とてもお得ですよ。 JALカードSuicaは普通カードとCLUB-Aカードの二種類あり、CLUB-Aカードは普通カードに比べて付帯保険が充実しているのがメリットです。 国際ブランド JCB JALマイル還元率 200円につき1マイル(ショッピングマイル・プレミアムに加入した場合100円につき1マイル) 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・ビューサンクスポイント 付属電子マネー Suica 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円 JALは現在、東急やSuicaなど様々な企業と提携してクレジットカードを発行しています。 そんな提携カードとは一線を画したのがこのJALカード。 JALだけに特化したクレジットカードで、提携カードでは貰えないボーナスマイルをフライトで貰うことができますよ。 ボーナスマイルは、入会後初のフライトで5000マイル、そして毎年初フライト時に2000マイル、その他フライトごとに貰えるフライトマイルが25パーセント増しで貯まります。 お仕事などでJALをよく利用する方にぴったりのカードです。 国際ブランド VISA・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 ポイントプログラム JALマイル 付属電子マネー - 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円 出張などで飛行機を利用する機会の多い20代の方なら、「JAL CLUB EST」がおすすめ。 何と言ってもこちらには、その他のカードにはない特典が満載です!マイルの有効期限を通常の36カ月から60カ月に延長できるようになっている他、国際線の利用時にもビジネスクラスのチェックインカウンターや自動チェックイン機を利用できますし、国内線のみですが、サクララウンジを年5回まで利用できるのも嬉しいところ。 なお、通常の年会費に+CLUB ESTの年会費がかかるため一見割高にも思えますが、こちらのカードでは「e JALポイント」5,000円相当分が毎年プレゼントされますので、この点もカバーされますね。 上級会員向けのサービスを受けられる大変お得なカードになっていますので、対象となる20歳以上30歳未満の方はぜひご検討されてはいかがでしょう? 国際ブランド MasterCard・JCB・VISA・アメリカンエキスプレス JALマイル還元率 100円につき1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル 付属電子マネー - 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円(別途JAL CLUB EST年会費5,400円、ゴールド・プラチナの場合は2,160円が必要) 今回栄えある1位に輝いたのは、こちらのTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード。 このクレジットカードは、2位でご紹介した「JALカード TOKYU POINT ClubQ」に電子マネーPASMOを追加したバージョンです。 JALカード TOKYU POINT ClubQの機能に加え、PASMOへのチャージ額200円につき1TOKYUポイントが貯まるので、さらにJALマイルが貯めやすくなっています。 年会費を考慮すると、コストパフォーマンスがとても良く使い勝手の良いクレジットカードです。 東急ハンズや東急百貨店などの東急系列店をよく利用し、公共交通機関もよく利用するという方に一番おすすめのカードですよ! 国際ブランド VISA・MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 ポイントプログラム JALマイル・TOKYUポイント 付属電子マネー PASMO 年会費 1000円(初年度無料) 商品名 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO JAL CLUB EST JALカード JALカードSuica セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード イオンJMBカード(JMB WAON一体型) 特徴 PASMOオートチャージでポイントが貯まる 国内線のサクララウンジも年5回まで利用できる! JALに多く乗るならこれが一番 公共交通機関を使う機会が多い方におすすめ 家族の旅行保険もこれ一枚あればOK 年会費無料!WAONポイントとマイルが貯まる便利なカード 国際ブランド VISA・MasterCard MasterCard・JCB・VISA・アメリカンエキスプレス VISA・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース JCB アメリカン・エキスプレス MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 100円につき1マイル 200円につき1マイル 200円につき1マイル(ショッピングマイル・プレミアムに加入した場合100円につき1マイル) 100円につき1. 1マイル 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 - 自動付帯 - - - ポイントプログラム JALマイル・TOKYUポイント JALマイル JALマイル JALマイル・ビューサンクスポイント JALマイル・永久不滅ポイント JALマイル・WAONポイント 付属電子マネー PASMO - - Suica iD・QUICPay WAON 年会費 1000円(初年度無料) 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円(別途JAL CLUB EST年会費5,400円、ゴールド・プラチナの場合は2,160円が必要) 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円 年10,000円(初年度無料) 無料 商品リンク•

次の

マイルがざくざく貯まる損をしない最強クレジットカード!

マイル クレジット カード

年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード 年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード マイルが貯まるクレジットカードは基本的に年会費がかかるため、年会費無料で使えるカードを探しているという人も多いと思います。 マイルを貯めるなら、航空系カードの取得がおすすめです。 航空系カードは年会費がかかりますが、中にはJALカードのように初年度年会費無料のカードもありますし、 一般的なクレジットカードより航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 今回は、 マイルが貯めやすく初年度年会費無料のクレジットカードと、18歳~29歳まで年会費無料で使えるクレジットカードを紹介します。 一般的なカードより航空系カードがおすすめな理由 マイルを貯めるのに一般的なクレジットカードよりも航空系のカードがおすすめなのは、次のような理由があります。 入会時や毎年の更新時に1,000以上のマイルが付帯される• 飛行機に乗って移動した分のマイルが付帯される 航空系カードの入会や更新特典の1,000マイルを獲得できます。 1,000マイルをカード決済だけで貯めるには、標準的なマイル還元率0. また、航空系カードなら、飛行機で移動した距離分だけマイルをもらえます。 例えば、東京-大阪間を飛行機で移動する場合、往復でおよそ600マイルが貯まります。 一般的なカードではフライト分のマイルは加算されませんので、 頻繁に飛行機を利用する場合には航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 飛行機によく乗る人はJALカードがおすすめ 航空系カードの中でも、出張や旅行で頻繁に飛行機を利用する人にはJALカードがおすすめです。 JALカードは初年度年会費が無料で、飛行機での移動でマイルを貯められます。 そのため、飛行機にの乗る人は一般的なクレジットカードよりもJALカードの方が多くのマイルを貯められます。 また、JAL系統のカードは、カード決済をするだけでマイルが貯まっていきます。 JAL以外のカードは貯めたポイントをマイルに変更する手続きが必要なので、JALカードはマイレージを使いやすいメリットがあります。 JALカードのデメリットは、入会後と毎年更新後に1,000マイルを受け取るのに、JAL便に搭乗する必要があることです。 そのため、飛行機に乗らずにマイルを貯めたい場合には、JALカードよりもANA系統のカードの方がおすすめです。 飛行機に乗らずにマイルを貯めたいならANA VISA 一般カードがおすすめ 飛行機に乗らずマイルを貯めたい陸マイラーの人にはANA VISA 一般カードがおすすめです。 ANAカードは初年度年会費無料、2年目以降は2,000円(税抜)の年会費がかかりますが、入会と更新時に自動で1,000マイルを獲得できます。 ANA VISA一般カードの隠れた魅力=年会費実質無料 ANA VISA一般カードで2年目以降にかかる年会費2,000円(税抜)は裏ワザで実質無料にできます。 マイ・ペイすリボに登録すると 次年度年会費が1,025円(税抜)になる上、継続時に1,000マイルが自動的にもらえます。 マイルの価値は使用方法によって異なりますが、1マイル100円以上はあるので実質年会費無料以下でカード利用できます。 通常、リボ払いだと手数料がかかりますが、マイ・ペイすリボ登録後に「毎回支払金額」の設定を「全額」に変更すれば手数料がかからず年会費が割引されます。 ANA VISA一般カードはマイレージを使うのに移行手続きが必要 ANAカードは利用していても自動でマイルは貯まりません。 カード決済で貯めたポイントをマイルに移行する手続きが必要です。 ANAカードは、1,000円利用するごとに1ポイント貯まります。 12ポイント以上をマイルに交換する際は、5マイルコースよりも10マイルコースのほうがお得です。 年会費無料でマイル高還元率「JCB CARD W」 JCB CARD Wはカード利用金額1,000円ごとに2ポイント貯まるクレジットカードです。 貯めたポイントは200ポイント=600ANAマイルに交換することができます。 (JALの場合も200ポイント=600JALマイル) 200ポイント=600ANAを マイル還元率で言うと0. 6%です。 ANA VISAカードは通常マイル還元率が0. 5%なので、JCB CARD Wを使ったほうがマイルを貯めやすいです。 更に、JCB特約店である「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を利用してショッピングをすると、ポイント還元率が2~20倍にアップします。 JCB CARD Wは申込資格が18~39歳までと限定されていますが年会費永年無料のカードなので、作っておいて損はないカードです。 ポイント高還元率 JCB CARD Wはポイントに特化したJCBカードなので、 ポイントが貯まりやすいのが特徴です。 クレジットカードは一般的にポイント還元率が0. 5%程度ですが、JCB CARD Wは還元率が常に1%です。 更にネットショッピングや提携しているお店でカードを利用すると追加でポイントが手に入るため、実質マイル還元率は0. 6%以上だと言えます。 マイル移行手数料無料 クレジットカードのポイントをマイルに交換する場合、移行手数料を取られてしまうことがありますが、JCB CARD Wは 移行手数料無料でANAマイルに交換できます。 年会費永年無料 航空系クレジットカードは基本的に年会費がかかってしまいますが、JCB CARD Wであれば年会費永年無料で利用できます。 たまにしかカードを使わないという人でも、全く損をすることなく利用できるのは安心です。 番外:18歳~29歳限定の「ANA JCB ZEROカード」 航空会社のクレジットカードは年会費が高めの傾向がありますが、「ANA JCB ZEROカード」は、年会費が5年間無料です。 年会費が無料のカードは学生専用カードを除いて、他にはない異例のカードといえます。 ただし、このZEROカードの申込みの年齢条件は「18~29歳まで」、そして「JCBカードのみ」なんです。 JCBは海外の加盟店で利用できない場合があるため、海外旅行者の方にはおすすめできません。 このZEROカード、年会費無料の他にもおすすめするポイントがいくつかあります。 ANA JCB ZEROカードのおすすめポイント• その1:マイレージへの移行手数料が無料!• その2:区間マイル+10%のボーナスマイルが付いてくる!• その3:1,000円の利用で5マイル貯まる• その4:家族カードも年会費無料で発行OK• 18~29歳以下の社会人(学生不可)しか申込みできない。 JCBしか選べない(海外で使う場合、VISA・MASTERの方が加盟店が多いため)• 入会時のボーナスマイルがない。 ANA JCB ZEROカードはこんな方におすすめ ANAカードを初めて持つ方、自分はどれだけカードを使うかわからないという方に。 年会費が無料なので、お試し感覚でANAカードの特典を使ってみたいという方には最適なカードといえます。 マイルが貯まるクレジットカードとは? 各航空会社のマイレージサービスに登録して飛行機に乗ると、距離に応じてフライトマイルが貯めることができます。 でも、フライトマイルだけで特典航空券に交換できる分のマイルを貯めるのは結構大変ですよね。 現在、様々なクレジットカード会社が航空会社と提携してポイントをマイルへ移行するサービスを行っています。 なぜ航空会社のクレジットカードが効率的にマイルを貯められるのか?というと、ポイント還元率が良いこと、また航空会社ならではのマイルがもらえるサービスがたくさん用意されているからなんです。 次にそのサービスのひとつひとつをご案内いたします。 航空会社のマイルが貯まるお得なサービス まず、なんといっても大きいのが、航空会社のクレジットカード入会時や搭乗時、カード更新時のボーナスマイルです。 ANAの場合 一般カード• 入会特典…1,000マイル• 継続特典…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード• 入会特典…2,000マイル• 継続特典…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% プレミアムカード• 入会特典…10,000マイル• 継続特典…10,000マイル• 搭乗時…区間マイル+50% JALの場合 一般カード• 初搭乗後…1,000マイル• 契約更新後の搭乗後…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード・プラチナカード• 初搭乗後…5,000マイル• 契約更新後の搭乗後…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% どこの航空会社のクレジットカードがよいのか? では、どこの航空会社のクレジットカードがよいのか?というと、使う方のライフスタイルや好みがあるので一概にこれが一番!ということはいえません。 日本に住んでいると必然的にJALカードまたはANAカードを選ぶ方が多いでしょう。 JALもANAもたくさんカードの種類があってどれが自分に合っているのかわからない…という方は、次のポイントでカードを選ぶといいですよ。 サービス内容が自分に必要かどうか• 年会費やポイント移行手数料の有無• ポイント還元率がいいか• よく行く場所(帰省先、出張先など)、将来行ってみたい場所に就航路線があるか• その航空会社が好き、気に入っている ほかにもある!ANAマイルの便利な使い方 マイルを使って無料航空券に交換したくても、なかなか必要なマイレージ数まで貯まらない、とか、繁忙期で座席が空いてなくて使えない、という方もきっと多いのではないでしょうか。 そんな方にぜひ活用してほしい「ANA SKYコイン」についてご紹介します。 「ANA SKY(スカイ)コイン」って何? ANA SKYコインとは、ANAウェブサイトで10コイン=10円相当で利用できる電子クーポンのことです。 1マイルから交換可能なので余ったマイルも無駄なく使えるのが魅力です。 ANAマイルからSKYコインへ交換する他にも、SKYコインを貯める方法は「ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法」と「提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法」の2つあります。 ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法 ANA SOCIAL SKY PARKからtwitterやfacebookで決められたテーマに沿ってコメントを投稿したり、動画を見るだけでSKYコインがゲットできます。 提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法 他社(下記、提携パートナー参照)ポイントのポイントをSKYコインに移行して使うこともできます。 ポイント交換率は各社異なるのでANA WEBサイトを参照ください。 また、一度交換したSKYコインは各他社ポイントに戻すことができないのでご注意ください。 利用方法はいたって簡単、航空券や旅行商品の支払い画面で、事前に交換したSKYコイン数を入力するだけです。 マイレージで取る特典航空券と違って、空席があれば取れるので便利です。 燃油サーチャージの支払いにも使えます(特典航空券との併用はできません)。 また、ANA SKYコインの支払いでももれなくフライトマイルが貯められますよ。

次の

陸マイラー初心者におすすめしたい、マイルが貯まりやすいクレジットカードは?

マイル クレジット カード

年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード 年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード マイルが貯まるクレジットカードは基本的に年会費がかかるため、年会費無料で使えるカードを探しているという人も多いと思います。 マイルを貯めるなら、航空系カードの取得がおすすめです。 航空系カードは年会費がかかりますが、中にはJALカードのように初年度年会費無料のカードもありますし、 一般的なクレジットカードより航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 今回は、 マイルが貯めやすく初年度年会費無料のクレジットカードと、18歳~29歳まで年会費無料で使えるクレジットカードを紹介します。 一般的なカードより航空系カードがおすすめな理由 マイルを貯めるのに一般的なクレジットカードよりも航空系のカードがおすすめなのは、次のような理由があります。 入会時や毎年の更新時に1,000以上のマイルが付帯される• 飛行機に乗って移動した分のマイルが付帯される 航空系カードの入会や更新特典の1,000マイルを獲得できます。 1,000マイルをカード決済だけで貯めるには、標準的なマイル還元率0. また、航空系カードなら、飛行機で移動した距離分だけマイルをもらえます。 例えば、東京-大阪間を飛行機で移動する場合、往復でおよそ600マイルが貯まります。 一般的なカードではフライト分のマイルは加算されませんので、 頻繁に飛行機を利用する場合には航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 飛行機によく乗る人はJALカードがおすすめ 航空系カードの中でも、出張や旅行で頻繁に飛行機を利用する人にはJALカードがおすすめです。 JALカードは初年度年会費が無料で、飛行機での移動でマイルを貯められます。 そのため、飛行機にの乗る人は一般的なクレジットカードよりもJALカードの方が多くのマイルを貯められます。 また、JAL系統のカードは、カード決済をするだけでマイルが貯まっていきます。 JAL以外のカードは貯めたポイントをマイルに変更する手続きが必要なので、JALカードはマイレージを使いやすいメリットがあります。 JALカードのデメリットは、入会後と毎年更新後に1,000マイルを受け取るのに、JAL便に搭乗する必要があることです。 そのため、飛行機に乗らずにマイルを貯めたい場合には、JALカードよりもANA系統のカードの方がおすすめです。 飛行機に乗らずにマイルを貯めたいならANA VISA 一般カードがおすすめ 飛行機に乗らずマイルを貯めたい陸マイラーの人にはANA VISA 一般カードがおすすめです。 ANAカードは初年度年会費無料、2年目以降は2,000円(税抜)の年会費がかかりますが、入会と更新時に自動で1,000マイルを獲得できます。 ANA VISA一般カードの隠れた魅力=年会費実質無料 ANA VISA一般カードで2年目以降にかかる年会費2,000円(税抜)は裏ワザで実質無料にできます。 マイ・ペイすリボに登録すると 次年度年会費が1,025円(税抜)になる上、継続時に1,000マイルが自動的にもらえます。 マイルの価値は使用方法によって異なりますが、1マイル100円以上はあるので実質年会費無料以下でカード利用できます。 通常、リボ払いだと手数料がかかりますが、マイ・ペイすリボ登録後に「毎回支払金額」の設定を「全額」に変更すれば手数料がかからず年会費が割引されます。 ANA VISA一般カードはマイレージを使うのに移行手続きが必要 ANAカードは利用していても自動でマイルは貯まりません。 カード決済で貯めたポイントをマイルに移行する手続きが必要です。 ANAカードは、1,000円利用するごとに1ポイント貯まります。 12ポイント以上をマイルに交換する際は、5マイルコースよりも10マイルコースのほうがお得です。 年会費無料でマイル高還元率「JCB CARD W」 JCB CARD Wはカード利用金額1,000円ごとに2ポイント貯まるクレジットカードです。 貯めたポイントは200ポイント=600ANAマイルに交換することができます。 (JALの場合も200ポイント=600JALマイル) 200ポイント=600ANAを マイル還元率で言うと0. 6%です。 ANA VISAカードは通常マイル還元率が0. 5%なので、JCB CARD Wを使ったほうがマイルを貯めやすいです。 更に、JCB特約店である「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を利用してショッピングをすると、ポイント還元率が2~20倍にアップします。 JCB CARD Wは申込資格が18~39歳までと限定されていますが年会費永年無料のカードなので、作っておいて損はないカードです。 ポイント高還元率 JCB CARD Wはポイントに特化したJCBカードなので、 ポイントが貯まりやすいのが特徴です。 クレジットカードは一般的にポイント還元率が0. 5%程度ですが、JCB CARD Wは還元率が常に1%です。 更にネットショッピングや提携しているお店でカードを利用すると追加でポイントが手に入るため、実質マイル還元率は0. 6%以上だと言えます。 マイル移行手数料無料 クレジットカードのポイントをマイルに交換する場合、移行手数料を取られてしまうことがありますが、JCB CARD Wは 移行手数料無料でANAマイルに交換できます。 年会費永年無料 航空系クレジットカードは基本的に年会費がかかってしまいますが、JCB CARD Wであれば年会費永年無料で利用できます。 たまにしかカードを使わないという人でも、全く損をすることなく利用できるのは安心です。 番外:18歳~29歳限定の「ANA JCB ZEROカード」 航空会社のクレジットカードは年会費が高めの傾向がありますが、「ANA JCB ZEROカード」は、年会費が5年間無料です。 年会費が無料のカードは学生専用カードを除いて、他にはない異例のカードといえます。 ただし、このZEROカードの申込みの年齢条件は「18~29歳まで」、そして「JCBカードのみ」なんです。 JCBは海外の加盟店で利用できない場合があるため、海外旅行者の方にはおすすめできません。 このZEROカード、年会費無料の他にもおすすめするポイントがいくつかあります。 ANA JCB ZEROカードのおすすめポイント• その1:マイレージへの移行手数料が無料!• その2:区間マイル+10%のボーナスマイルが付いてくる!• その3:1,000円の利用で5マイル貯まる• その4:家族カードも年会費無料で発行OK• 18~29歳以下の社会人(学生不可)しか申込みできない。 JCBしか選べない(海外で使う場合、VISA・MASTERの方が加盟店が多いため)• 入会時のボーナスマイルがない。 ANA JCB ZEROカードはこんな方におすすめ ANAカードを初めて持つ方、自分はどれだけカードを使うかわからないという方に。 年会費が無料なので、お試し感覚でANAカードの特典を使ってみたいという方には最適なカードといえます。 マイルが貯まるクレジットカードとは? 各航空会社のマイレージサービスに登録して飛行機に乗ると、距離に応じてフライトマイルが貯めることができます。 でも、フライトマイルだけで特典航空券に交換できる分のマイルを貯めるのは結構大変ですよね。 現在、様々なクレジットカード会社が航空会社と提携してポイントをマイルへ移行するサービスを行っています。 なぜ航空会社のクレジットカードが効率的にマイルを貯められるのか?というと、ポイント還元率が良いこと、また航空会社ならではのマイルがもらえるサービスがたくさん用意されているからなんです。 次にそのサービスのひとつひとつをご案内いたします。 航空会社のマイルが貯まるお得なサービス まず、なんといっても大きいのが、航空会社のクレジットカード入会時や搭乗時、カード更新時のボーナスマイルです。 ANAの場合 一般カード• 入会特典…1,000マイル• 継続特典…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード• 入会特典…2,000マイル• 継続特典…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% プレミアムカード• 入会特典…10,000マイル• 継続特典…10,000マイル• 搭乗時…区間マイル+50% JALの場合 一般カード• 初搭乗後…1,000マイル• 契約更新後の搭乗後…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード・プラチナカード• 初搭乗後…5,000マイル• 契約更新後の搭乗後…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% どこの航空会社のクレジットカードがよいのか? では、どこの航空会社のクレジットカードがよいのか?というと、使う方のライフスタイルや好みがあるので一概にこれが一番!ということはいえません。 日本に住んでいると必然的にJALカードまたはANAカードを選ぶ方が多いでしょう。 JALもANAもたくさんカードの種類があってどれが自分に合っているのかわからない…という方は、次のポイントでカードを選ぶといいですよ。 サービス内容が自分に必要かどうか• 年会費やポイント移行手数料の有無• ポイント還元率がいいか• よく行く場所(帰省先、出張先など)、将来行ってみたい場所に就航路線があるか• その航空会社が好き、気に入っている ほかにもある!ANAマイルの便利な使い方 マイルを使って無料航空券に交換したくても、なかなか必要なマイレージ数まで貯まらない、とか、繁忙期で座席が空いてなくて使えない、という方もきっと多いのではないでしょうか。 そんな方にぜひ活用してほしい「ANA SKYコイン」についてご紹介します。 「ANA SKY(スカイ)コイン」って何? ANA SKYコインとは、ANAウェブサイトで10コイン=10円相当で利用できる電子クーポンのことです。 1マイルから交換可能なので余ったマイルも無駄なく使えるのが魅力です。 ANAマイルからSKYコインへ交換する他にも、SKYコインを貯める方法は「ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法」と「提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法」の2つあります。 ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法 ANA SOCIAL SKY PARKからtwitterやfacebookで決められたテーマに沿ってコメントを投稿したり、動画を見るだけでSKYコインがゲットできます。 提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法 他社(下記、提携パートナー参照)ポイントのポイントをSKYコインに移行して使うこともできます。 ポイント交換率は各社異なるのでANA WEBサイトを参照ください。 また、一度交換したSKYコインは各他社ポイントに戻すことができないのでご注意ください。 利用方法はいたって簡単、航空券や旅行商品の支払い画面で、事前に交換したSKYコイン数を入力するだけです。 マイレージで取る特典航空券と違って、空席があれば取れるので便利です。 燃油サーチャージの支払いにも使えます(特典航空券との併用はできません)。 また、ANA SKYコインの支払いでももれなくフライトマイルが貯められますよ。

次の