千葉 高速 道路 渋滞 情報。 千葉周辺の渋滞情報

千葉・房総 高速道路・有料道路

千葉 高速 道路 渋滞 情報

道路の交通情報をリアルタイムで知るにはパソコンやスマートフォン・タブレットで調べるか、VICS対応カーナビを利用します。 スマホやタブレットを使う場合は、車の運転中は危険ですので必ず同乗者に調べてもらってください。 現在の様にインターネットが普及する以前は、リアルタイム交通情報といってもラジオから定時的に流れる交通情報が主流でした。 放送局がある各地の日本道路交通情報センターへつないで、その時点までに入ってきている一般道と高速道の混雑具合や工事情報が伝えられるのを聞いたり、直接日本道路交通情報センターへ電話で確認するしか方法がありませんでした。 日本道路交通情報センターのリアルタイム交通情報 日本道路交通情報センターのWEBサイトでは、現況の道路交通情報(高速・都市高速・主要地域の一般道路の情報)を5分毎に更新して表示します。 日本道路交通情報センターのサイトはこちら 日本道路交通情報センターはリアルタイム交通情報のほかに渋滞予測も行っています。 高速道路および観光地周辺道路(一般道路)の混雑・渋滞について、各高速道路会社および各都道府県警察および道路管理者から予測情報の提供を受けて、取りまとめてご案内しています。 首都高速道路、阪神高速道路等の渋滞予測、詳細や最新の情報、その他の規制情報等は各高速道路会社のWEBサイトを確認してください。 その他、交通規制予定や道路開通予定の情報が掲載されています。 国土交通省のWEBサイトではドライバーに向けて道路の渋滞情報を表示します。 都市高速道路・高速道路と一般道路に分けて日本道路交通情報センターのサイトにリンクします。 国土交通省の渋滞情報は 過去24時間の道路の通行実績を集計したトヨタの 通れた道マップはこちら 高速道路・都市高速道路のリアルタイム交通情報 NEXCO中日本、NEXCO西日本のWEBサイトには各高速道のリアルタイム交通情報があります。 NEXCO東日本は、E-NEXCOの「ドラとら」へのリンクがあります。 ドラとら(ドライブトラフィック)は渋滞や工事情報以外に全国の高速料金、ルート検索、サービスエリア情報が見られます。 NEXCO 西日本のリアルタイム交通情報は NEXCO 中日本のリアルタイム交通情報は ドラとら のWEBサイトはこちら 首都高ドライバーズサイトは、首都高速道路の渋滞や規制などのリアルタイム情報やリアルタイムルート検索ができる「ミューティー」のサイトへリンクや工事予定・交通規制の情報が掲載されています。 首都高道路状況リアルタイム交通情報は ヤフージャパンの道路交通情報は全国の高速道路の事故と渋滞情報、通行止めやチェーン規制の情報を表示します。 Yahoo!道路交通情報は 主な高速道路 東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、圏央道、アクアライン、上信越道、北陸道、名神高速、東名阪道、山陽道、中国道、九州道、道央道 都市高速道路 首都高速、名古屋高速、阪神高速、福岡高速、北九州高速.

次の

渋滞情報マップ

千葉 高速 道路 渋滞 情報

道路情報 Topics 交通規制・渋滞予測• 交通規制 ・ ・• 渋滞予測 ・ ・• 渋滞ポイントマップ ・ ・• 道路開通• 関越道・東北道・常磐道と京葉道路・東関道が外環道で接続されます。 下りの京葉市川パーキングエリアは旧鬼高PA上りの場所に再整備。 上り線は原木IC〜船橋ICに整備予定。 JR成田線の布佐駅付近に成田線とのアンダーパスを整備。 千葉方面のみのハーフインターだった大木戸ICに茂原方面の出入り口を新たに設置。 未開通だった塩田町誉田町線(ちはら台方面)から県道20号千葉大網線(大網街道)までの区間が開通。 境古河IC〜つくば中央ICの開通により圏央道で常磐道と東北道が結ばれました。 今回の開通区間は千葉ニュータウンの印旛日本医大駅付近から印旛沼を渡る甚兵衛大橋付近までの区間。 京成線とのアンダーパスが整備され、市川市内の南北を結ぶルートが開通。 本八幡周辺の渋滞も緩和へ。 国道357号線で都内唯一の未整備区間だった東京港トンネルがいよいよ開通します。 御殿場JCT以西は東名高速道路を経由することなく東海環状道路経由で伊勢湾岸自動車道へ接続。 圏央道で東北道と関越道・中央道・東名高速が結ばれます。 当初の予定であった2014年3月から開通を延期。 常磐道と東関道が圏央道で接続されます。 無料開放によって流山IC通過時に普通車で通行料金が100円安くなります。 成田空港〜鹿島臨海工業地帯間のアクセスが改善されます。 首都圏の3環状(中央環状線・外環道・圏央道)で初となる全線開通で湾岸線と3号渋谷線が結ばれます。 国道296号八千代バイパス1工区の佐倉市ユーカリが丘〜佐倉市上座の区間が開通。 国道296号線と並行する水道道路の志津霊園区間の用地取得が完了。 総線沿いにある掘割部のバイパス道路。 今回の開通に伴って草深ランプ成田方面が開放されます。 圏央道 相模原愛川IC〜高尾山IC が2014年6月に開通予定。 圏央道で東名高速と中央道が結ばれます。 未開通だった酒々井IC付近から国道409号富里市立第一小学校付近までが開通します。 圏央道 稲敷IC〜神崎IC は暫定2車線で開通。 2014年度に大栄JCTまで延伸し、東関道と常磐道が圏央道経由で接続される予定。 慢性的な渋滞が発生していた新木場交差点・夢の島交差点を立体化。 未開通だった柏市豊上町から篠籠田までが開通し、県道278号柏流山線に接続されました。 京葉道路 武石ICから幕張新都心まで片側2車線で通行可能になりました。 今回の開通により、東京湾アクアラインと九十九里・銚子方面が館山道・千葉東金道路を経由せずに直接結ばれます。 新湘南バイパスと接続する圏央道 茅ヶ崎JCTと寒川北ICの区間が2013年4月14日 日 開通。 また、東名高速道路と接続する圏央道 海老名ICと相模原愛川ICの区間が2013年3月30日 土 開通。 東名高速道路から海老名JCTで圏央道に入り、国道129号と都道47号線(町田街道)を経由して圏央道 高尾山ICに向かうことで都心を経由せずに北関東方面へアクセスできるようになります。 若葉区中田町(若葉消防署泉出張所)から更科町(川崎十字路)までの約2. 6kmが開通。 関越道と東北道を結ぶ圏央道の一部区間となる白岡菖蒲IC〜久喜白岡JCT(東北道接続)が2011年5月29日 日 開通。 関越道上り 花園IC付近および渋川伊香保ICの付加車線が2011年3月17日 木 に供用開始。 道路改良• 暫定2車線で開通していた圏央道 東金JCT〜松尾横芝ICを4車線化(片側2車線)。 2020年度に供用開始見込み。 国道126号沖入口交差点の両方向に右折レーンが整備される予定。 松戸隧道交差点・松戸警察署前交差点に右折レーンが新設されます。 国道357号 千葉西警察暑入口〜千葉市市役所前までの延長5. 6kmで行われている道路改良工事。 稲毛浅間神社前交差点〜運輸支局入口交差点間は2015年5月29日 金 より片側3車線へ。 運輸支局入口交差点〜登戸3丁目交差点間は 2015年9月28日 月 ・29日 火 より片側3車線へ• 国道126号加曽利交差点千葉方面に右折レーンが新設されます。 渋滞対策として幕張IC・花輪ICの加減速車線を延伸、穴川IC〜貝塚IC間へ付加車線を設置。 館山道下り線の市原サービスエリアがリニューアル。 高萩休憩所の食堂・売店の営業が休止されました。 谷津船橋IICは市川IC〜湾岸習志野ICに新しく整備されたICです。 スマートICではない為、ETC非装着車も利用できます。 上り線は東京方面への入口のみ。 下り線は千葉方面への出口のみとなります。 圏央道 東金JCT〜茂原北IC 間に大網白里スマートIC、茂原北IC〜茂原長南IC 間に茂原長柄スマートIC。 酒々井ICは佐倉IC〜富里ICに新しく整備されたICです。 酒々井PA内のスマートICではなく、独立したICになります。 2011年4月28日に東北自動車道路の佐野SAに設置されたスマートICが完成。 佐野アウトレットの渋滞回避に有効。 ETC割引• 2009年8月1日から平日・休日問わず普通車800円に。 大型車等も値下げ。 開通・オープン• 2014年3月14日 金• 2014年3月18日 火• 2014年3月26日 水• 2014年4月12日 土• 2014年4月14日 月• 2014年6月25日 水• 2014年6月28日 土• 2014年7月15日 火• 2014年7月17日 木• 2014年10月18日 土• 2014年11月27日 木• 2015年3月7日 土• 2015年3月11日 水• 2015年3月13日 金• 2015年3月14日 土• 2015年3月23日 月• 2015年4月8日 水• 2015年4月14日 火• 2015年4月17日 金• 2015年5月29日 金• 2015年6月7日 日• 2015年7月14日 火• 2015年9月28日 月 ・29日 火• 2015年10月31日 土• 2016年2月13日 土• 2016年3月26日 土• 2016年4月25日 月• 2016年11月10日 木• 2016年11月20日 日• 2017年2月19日 日• 2017年2月26日 日• 2017年3月2日 木• 2017年3月30日 木• 2017年3月30日 木• 2017年3月30日 木• 2017年4月27日 木• 2018年4月7日 土• 2018年6月2日 土• 2018年度.

次の

渋滞情報をリアルタイムで確認する

千葉 高速 道路 渋滞 情報

渋滞情報をリアルタイムで確認する 渋滞情報をリアルタイムで確認しながら運転出来ると、渋滞を避ける道や寄り道などを考える事が出来ます。 いち早く渋滞情報を確認する方法が今では簡単になりました。 今ではGoogleマップやNavitimeなどで所要時間を調べても、その渋滞情報や所要時間をリアルタイムで反映して表示してくれます。 その他にも高速道路や一般道路の渋滞情報を確認するスマートフォン用のアプリも数種類出ており、それらを導入することで、ほぼリアルタイムで情報を確認することが出来ます。 全国の高速道路の渋滞情報、一般道の渋滞情報も地域の交通情報も、明日の渋滞予測まで可能となっています。 最も広く全ての道の網羅しているのは「 JARTIC」こと、公益財団法人の日本道路交通情報センターの提供する「 道路交通情報Now! !」(下記にリンクあります)です。 この道路交通情報は5分おきに更新され、 ほぼリアルタイムと言えます。 渋滞情報をリアルタイムで表示してくれるスマートフォン用のアプリの多くはこのJARTICの情報を取得して表示しています。 今ではハイウェイラジオを含むラジオ放送よりも精度が高く、ほぼリアルタイムで確認出来ると言えます。 無料のサービスが主流になってきましたが、カーナビも負けていません。 カーナビでもリアルタイムで対応する商品も出てきています。 高速道路の渋滞情報を確認する 高速道路もJARTICの「 道路交通情報Now!! 」から確認が可能です。 ただし、高速道路のみを確認したい場合であれば、Nexco(ネクスコ)の提供する 「 iHighway」というサービスがあり、こちらのが見やすく、渋滞予測の他にサービスエリアの混雑状況や、雨量情報も確認することが出来ます。 この他にも高速道路の中には都市高速道路、というタイプもあります。 例えば首都圏高速道路。 首都高速は都市型高速道路の中でも非常に複雑で有名ですが、 こちらも、首都高速のみを確認したい、という事であれば、専用のサイトがあります。 首都高速道路株式会社Webサイトが運営している「Mew-ti」のように、特化してあるために交通規制や交通状況を色で表示した地図、リアルタイムのルート検索機能など、非常に分かりやすくなっています。 これらの都市高速道路は使用する高速道路から予め確認しておくと良いでしょう。 全ての道路の渋滞情報を知るには 高速道路のハイウェイ交通情報「iHighway」を運営するNexcoのサービスもスマートフォン用のアプリもほぼ全てのサービスはJARTICの情報を元に表示しています。 そのため、「道路交通情報Now!! 」さえチェックすれば、日本中の道路の渋滞情報を把握出来ると言えるでしょう。 このトップページの地図から「高速道路」「都市高速道路(首都高速など)」「一般道路(都道府県から)」を選んでクリックするだけで、その道路の交通情報を確認する事が可能です。 (リンクは以下の画像をクリックしてください) 「道路交通情報Now! !」 一般道路は国道で調べることも出来ますし、千葉県の渋滞情報や沖縄県の渋滞情報、のように県や都市から確認することも可能です。 高速道路も東名高速や阪神高速など、名前で確認することも出来ます。 交通情報は事故を防ぐためにも必要な情報です。 事故による渋滞を予め知っておくことで、危機管理がしやすくなります。 また現在の情報のみではなく明日の渋滞情報など、交通情報の予測機能も計画を決めるうえで非常に役立ちます。 安全なドライブのためにも使いやすいウェブサービスやアプリの導入をお奨めします。

次の