ブエノスアイレス 市場。 【現地で使える】アルゼンチン、ブエノスアイレス治安情報まとめ│ビビりの君が行くWORLDTRAVEL

ブエノスアイレスの観光名所 [アルゼンチン] All About

ブエノスアイレス 市場

Surrounded by historical monuments and the site of political demonstrations and national celebrations, Plaza de Mayo reflects the interesting history of Buenos Aires and Argentina. It was mapped out in 1580 by Juan de Garay during the foundation of the city. Today the square is widely considered to be the most important in Argentina. Plaza de Mayo takes its name from the 1810 May Revolution, which saw Buenos Aires declare itself independent from Spain, thus instigating the Argentine War of Independence. Standing in front of the house is an equestrian statue of General Manuel Belgrano, a significant military leader and the creator of the Argentine flag. Visit the whitewashed Cabildo Old City Hall , which has a small museum and hosts an artisan market on Thursdays and Fridays. One of the most poignant aspects of the square is a weekly vigil held by the Mothers of Plaza de Mayo. Free live music events are common at Plaza de Mayo and contribute to the celebration of important dates in Argentine history. Most notable are May Revolution Day on May 25 and Independence Day on July 9. The square is easily accessible by public buses and the metro. 0 out of 5. 0 Stars Located in Buenos Aires Central Business District, this hotel is within a 15-minute walk of Casa Rosada, Women's Bridge, and Centro Cultural Kirchner. Plaza Dorrego and Cafe Tortoni are also within 1 mi 2 km. Plaza de Mayo Station is 7 minutes by foot and Bolivar Station is 10 minutes. 5 out of 5. 0 Stars Located in Puerto Madero, this luxury hotel is within a 10-minute walk of Women's Bridge, Presidente Sarmiento Frigate Ship Museum, and Centro Cultural Kirchner. Coleccion de Arte Amalia Lacroze de Fortabat and Casa Rosada are also within 15 minutes. Buenos Aires Corrientes Station is 7 minutes by foot and Leandro N Alem Station is 11 minutes.

次の

ブエノスアイレスの観光ならサンテルモ市場の日曜市!魅惑のグルメやショッピングを楽しもう!

ブエノスアイレス 市場

タグ メキシコ プエルトバジャルタ グアダラハラ 移動 長距離バス 安全 バス バス強盗 絶景 タクシー 空港 街 行き方 ローカル 地元民 スーパーマーケット グラフィティ ツアー会社 マリエッタ諸島 乗り方 持ち物検査 船 酔い止め 銀行 観光名所 ATM 中央バスターミナル ホテル 宿 治安 警察 観光 観光警察 メルカド 留学 フィリピン セブ こみあげ塾 ビットコイン アート 美術館 イダルゴ壁画 グアナファト 安宿 グルメ メキシコシティ ペルー マチュピチュ サルカンタイ インカトレイル 用意 イスラムヘーレス ビーチ アルゼンチン ブエノスアイレス トゥルム 遺跡 ウユニ ボリビア 高山病 ウユニ塩湖 ベストシーズン キューバ サンティアゴデクーバ カミオン カリベ ダンス サルサ ライブハウス 遊ぶ イグアスの滝 列車 ヴィジャソン ラキアカ 国境越え サルタ 移動情報 プエルトイグアス プーノ チチカカ湖 ウロス島 アマンタニ島 カンクン 旅費 最安 パタゴニア ペリトモレノ氷河 フィッツロイ アイテム 出会い 入国 ツーリストカード 沈没組 バックパッカー 稼ぐ ブログ 発信 基本情報 エルチャルテン キャンプ キャンピングカー生活 メキシコ、スペイン語 スペイン語 得 モッピー ポイントサイト 旅アイテム ポケトーク 翻訳機 キャンピングカー電気系統 Vlog YouTube 動画 カメラ 三脚 ロードムービー 駐車場 VANLIFE ノマドワーカー DIY 無料アプリ 写真加工 Fotor キャンピングカー プロジェクター ルーフバルコニー キャンピングカー保険 ブログ運営 SEO インバーター キャンピングカーキッチン ソーラーシステム キャンピングカーお湯 サイトスピード キッチン ガスコンロ 冷蔵庫 youutbe 動画制作 Vlog、 こんにちは、 です! 人口300万弱による大都市、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの治安について書いていきます。 率直に言ってブエノスアイレスの街は恐いです。 財政破綻からくる民衆の不安も相まってか、ここ数年は旅行者も被害に合うことが多い。 僕が、この街に到着した時は昼下がりだったけど街の中は異様な雰囲気だった。 しかし、二週間という滞在期間を経てブエノスの素晴らしさを知り大好きな都市になりました。 他の都市同様に、この街にもルールがある。 僕の知り得る情報をお伝えしておくのでぜひ参考にしてください。 街の雰囲気がつかめると思います。 関連記事*アルゼンチンのベストシーズンやチップ、時差なんかの基本情報はこちら サンマルティン公園での強盗事件 バスターミナルから程近いサンマルティン公園。 残念ながら、この場所でショッキングな事件が多発している。 近年では、欧米観光客が早朝にカメラ撮影しながら公園を散歩中、強盗に襲われ命を落としている。 立地的に、バスターミナル付近であることも去ることながら、問題は 「早朝」と言う点。 人気のいない時間帯に、カメラを持って治安の悪い場所を歩いたことが今回の大きなポイントになる。 要点は3つ。 さらにその油断によって、危険地区であってもさほど警戒レベルが働いていなかったこと。 そして、高価なカメラを存分に表に出し、自らを露呈してしまった3点が挙げられる。 本当に残念な事件だけど、これが現実に起こっていることを忘れず十分、この界隈を歩く時は注意してください。 ブエノスの日曜市は素晴らしい! 店も閉まり、街も静かになる日曜に唯一盛り上がっているのが日曜市。 各地から民芸品や、オリジナルの商品を所狭しと並べ、街の通りがお祭りと化す。 数ブロックにわたり日曜市は開催されていて、食事処なんかもあるので1日中楽しめる。 中でも、ストリートタンゴは見もので無料で本場のタンゴを堪能できる。 また、音楽に盛んな街だけにストリートライブもレベルが異常に高くテンションが上げられる。 主にジャズやダブステップにサルサテイストがミックスされた好みのものだった。 分け隔てなくジャムセッションを行ったりなど、南米ならではのノリの良さとリズム感も楽しめる。 紹介してる宿からも、近いエリアで開催されているので是非立ち寄ってみてほしい。 むしろ日曜を目掛けてブエノスに入っても良いくらいオススメ。 日曜市の雰囲気がつかめると思います。 しかし、スリだけは気をつけよう。 油断すると一発でカモられるほどの密集度です! 大衆の多い場所ではこの体制を取るべき。 重要なのは、全ての大切なものを 「自分のテリトリー内」に収めておくこと。 こうすることで異変があった時にすぐ気付くし、大抵のスリ犯はこの防御体制の人間を狙わない。 とはいえ相手は本物のプロ。 ザックを前に抱えていてもI-Phoneを盗まれていた旅人がいたので、念には念を。 大衆の多くいる場所ではザックに鍵を必ずかけよう。 若干の手間がかかるけど、この方法を取り入れることでほぼスリに会うことはない。 実際に現地で起きてしまってからでは遅い。 できる限りの体制を取って万全にしておきましょう。 僕が愛用したワイヤータイプの南京錠。 小さなカギ穴にも通る細いタイプ。 サブバック用として常に使っていた。 このメーカーのこのタイプのものは必ず一個は用意したい。 必ず必要になる。 また、ブエノスは大都会。 なるべく、職員が在中する大きな銀行で引き出そう。 万が一、カードがATM機に吸い込まれるケースのスキミングなら、すぐ対処してもらえる。 ブエノス安全区域まとめ ブエノスを実際に歩いてみて、安全に行動できるスポットをまとめておきます。 逆をいうと、紹介するこのエリアであれば危険なくブエノスを楽しめる。 写真の通り、夜でも散歩できる。 このポイントには カサ・ロサダや メトロポリタン大聖堂がある。 大聖堂に至っては、その美しさと迫力で身震いするほど感動する。 是非行ってみてください。 ただし、あまり遅くに徘徊するのはNG。 僕らは、近くの中華屋で食事をした後、五月広場前の大きな通りを歩いて宿に帰ったけど、急激に人気がなくなり少なからず雰囲気は悪化していた。 とはいえ、交通量も多く街灯も明るいので、あまりにも遅い時間でなければ過剰な警戒は必要のないエリア。 様々な高級ブティックや、ブランドショップが立ち並ぶエリアで観光客も多く常に賑わっている。 コルトバ通りと、このフロリダ通り界隈は商業地区とビジネス街が混在していて、都会的で非常に面白いエリア。 しかし、物価はどこも高くレストランなどは日本と同等の価格。 財布の紐が弛まぬようにしましょう。 ここでビール片手に散歩すると最高の観光気分を味わえる。 また周辺はオープンカフェやレストランなどが多く活気立っている。 広場もカップルや学生たちが憩いの場所として利用していて、日中は治安的に一切危険のないエリア。 夜も人が多く、カメラでの撮影も身構えずにできた。 ただし、 脇道は急激に雰囲気が変わり、一触即発の『南米感』が漂っている。 この界隈を夜に散歩するなら、必ず人気のある道を歩くことと、交通量の多い道を歩くこと。 万が一、怪しければ引き返して大通りを進もう。 まず有名なのが レコレータ墓地。 一見、墓地とは程遠いが歴史上の偉人や富豪たちが静かに眠るれっきとした墓地。 一つ一つの建物を覗くと棺桶が横たわっている。 この建築物群は凄まじく、多くの観光客を引き寄せている。 もう一つ有名なのが、 El Ateneoと言う名の図書館。 なんとこの図書館は、劇場を改造したもので本を買うためでなく、観光で訪れる人がほとんど。 奥のステージ部分はカフェになっていて、ゆっくり館内を眺めながらコーヒタイムを味わうのも粋な時間の使い方。 とにかく写真では伝わらないけど、空間が巨大で抜ける天井は度肝を抜かれる。 レコレータ地区は閑静な住宅街で、高級マンションやワインベーカリーなどが多く非常に落ち着いた雰囲気の場所で好きだった。 注意点としては、スラムエリアに隣接しているので日が暮れる前に訪れたい。 ただ、スラム地区との街並みは歴然なので、一歩足を踏み入れれば、すぐわかる。 僕のグーグルマップを元に現在地を把握しながら行動しましょう。 基本的には、非常に安全なエリア。 ただし、夜に訪れるのは厳禁。 抜ける風と眺望は南米のイメージとはかけ離れている。 長い遊歩道の脇にはレストランや、スタンディングバーなどが点在しているため酒好きにはもってこいの場所。 ちなみに僕はベロベロで散歩して最高の気分だった。 小樽とお台場を足して二で割ったような場所。 ここも危険とはかけ離れた場所。 安全でブエノスの近代的な一面を見れる。

次の

ブエノスアイレス市野外市場 #FeriaBarrial パレルモ地区編 アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

ブエノスアイレス 市場

コルドバは、コロニアル時代の建築が並ぶ町並みが魅力。 アルゼンチンの都市といえば、やはり首都のブエノスアイレスが真っ先に思い浮かびます。 でも、もう一カ所くらい町を見たいなあと思ったなら、少し足を伸ばしてコルドバに行ってみるのはいかがでしょうか。 コルドバは、ブエノスアイレスから西北西に向かっておよそ700kmほどの場所に位置するアルゼンチン第二の都市。 日本でいえば、東京に次ぐ大阪のような位置付けです。 とはいえ、ブエノスアイレス首都圏が1000万人以上の人口規模であるのに対し、コルドバは140万人にも満たないほどなので、大都会というイメージとは少し違う落ち着いた雰囲気があります。 そういった意味でも、喧噪に惑わされることなく居心地よく過ごせる町といってもいいでしょう。 世界遺産を抱えるコロニアルな町並み 世界遺産にも登録されているマンサナ・へスイティカと呼ばれる一角が見どころ。 コルドバの特徴といえば、やはり植民地時代そのままに残されたコロニアルな雰囲気の町並みではないでしょうか。 16世紀末に創設されたこの町には、南米大陸にキリスト教を布教することに燃えていたイエズス会の拠点が作られました。 その際の建築や施設などは、「コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群」という名前で世界遺産にも登録されています。 アルゼンチン最古の大学といわれるコルドバ国立大学を筆頭に、モンセラ中等学校、ラ・コンパニア・デ・ヘスス教会などが集まって構成されているマンサナ・へスイティカと呼ばれる一角は、とにかく雰囲気がよくコルドバの居心地の良さを象徴するエリア。 石造りの堂々としながらも、どこか優雅な雰囲気のある建築を眺めながら、学生になった気分で散策するのはなかなか楽しいものです。 都心部から郊外まで楽しめる豊かなエリア コルドバでは、町並みだけでなく町の中を流れる川にも癒される。 コルドバは、イエズス会の史跡以外にもいくつかの特徴があります。 散策していると気付くのが、町の中心を流れる川。 ラ・カニャダと呼ばれる石造りで囲われた流れは、とても風情が感じられ川岸の木々とともに優しい雰囲気を醸し出しています。 古い宮殿を改装して作られたエビータ・ペロン博物館や、倉庫を利用した巨大なショッピングモールのパティオ・オルモス、広大なサルミエント公園などもコルドバの顔と言っていいでしょう。 また、少し郊外に行くと、開拓時代の農園跡が残っていたり、コンドルが見られる渓谷があったりと、自然が間近にあるのも魅力的です。 コルドバの散策は、市内だけであれば半日程度、郊外も楽しむなら1日もしくは1泊2日くらいのコースで考えておけばいいかと思います。 飛行機移動だとブエノスアイレスからの日帰り旅行も可能です。 <DATA> ブエノスアイレスからのアクセス 飛行機だと約1時間15分~1時間半。 空港から市内まではタクシーで約30分(金額は300~500円程度)。 長距離バスだと8~12時間程度(金額は3000円前後。 会社やランクによって変動)。 ブエノスアイレスのレティーロ駅のターミナルから運行しています。 また、高速鉄道が開通するという計画もありましたが、現在は中断したまま進展していません。

次の