あなた の 脳 の しつけ 方。 【言霊の力】言霊の実験で、驚きの結果が出ました!

あなたの脳のしつけ方 (青春文庫)

あなた の 脳 の しつけ 方

僕はムダな努力をしていたのかもしれない... 「あなたの脳のしつけ方」(著、株式会社)を読みました。 著者の中野さんは者で、以前TBSの「」に出ていた時に、電子ピアノでかなんかの曲を弾いていて、ピアノをやっている僕は記憶に残っていました。 ちなみにこの人、東大を出ていてIQの高い人しか入会できない「(メンサ)」の会員だそうです。 そして、実は黒髪は「カツラ」で、カツラをとると茶髪になるという風変わりな方です。 が好きとの事でした。 この本は脳に関する事が沢山書いてあるのですが、日々僕たちが悩んでいる事に関して最新の「」というアプローチで解決法を示唆してくれています。 例えば、• 集中力をだすためにはどうすればよいか• 記憶力を上げるためにはどうすればよいか• 判断力を高めるためにはどうすればよいか• モテ力を高めるにはどうすればよいか• ア力を高めるにはどうすればよいか• 努力ができるようになるにはどうすればよいか• 強運力を持つためにはどうすればよいか• 愛情力を上げるためにはどうすればよいか という事が、この本を読めば理解が深まり、今後の人生でどのように「脳を使って生きていけばいいのか」を教えてくれます。 特に僕自身にとって興味深かったのは、 「努力」について書かれた章です。 生まれつき努力できない人もいる じつはさまざまな研究により、人が努力できるかどうかの多くは、「生まれつきの才能」で決まってしまうことがわかっています。 つまりは努力する才能に恵まれた人もいれば、努力する才能に恵まれない人もいるというわけです。 僕はこの部分でびっくりしました。 つまりは「 努力できることも才能」という事です。 この社会、とりわけ日本はとにかく、「努力をする事」を美徳としていますが、「努力する才能がない人」に対しても、努力する事を無理強いしてきたのです。 これはある意味、「努力する才能に恵まれない人間が、自然と窮屈な思いをしている」という事ではないでしょうか? 僕はまたこの部分で、先日の「 リオのオリンピック」を思い出しました。 選手も、解説者も 「 努力した」 と、口々に言うわけですが、確かにそういうストーリーは美談になりますが、あまりにも「努力」という言葉が、掛け替えの無いもの、崇高なもののイメージがあって、少し閉口したのです。 「 努力の押し売り」とでも言いましょうか。 僕は努力中毒に陥っていた? 中野さんは、またこのように記述しています。 気をつけるべきこととは、「努力中毒」です。 これに陥ってしまうと、努力で目的を達成することより、努力すること自体が目的となってしまいます。 そうなると成果は二の次、三の次となり、努力は苦しければ苦しいほど意味があるといった本末転倒な思考にどんどん傾いていってしまいます。 なるほど。 確かに日本人は「 」みたいなスポ根が好きですからね。 「努力中毒」とは、 努力している状態にあるとき、脳のにある内側というところが「自分はいま、いいことをしている」と判断し、それによって報酬系が活動し、脳に快感をもたらすのです。 との事で、この時に 僕にも思い当たるフシがありました。 僕は幼い頃から両親に「努力しろ」と言われて育ってきました。 中学生の部活でも「努力しろ」と言われて育ちました。 社会に出てからも「努力」をしました。 しかし、今の自分を見ると、努力に見合っただけの成果が出ていないのです。 ひょっとすると、中野さんの書いてある通り「努力中毒」になっていた、つまり 努力をして安心していただけ、なのかもしれません。 終わりに この本にはまだまだ興味深い話題が沢山あります。 例えば7章の 「強運力のしつけ方」では、 人は必ず「幸運な人」と「不運な人」に分かれる 運がいい人と悪い人の差は、どんどん開いていく 等の、一見ではないような記述があり、これもを切り口として強運力をもつためにはどうしたらよいか、が記述されています。 これも「運を良くしたい」と日頃から思っている僕にとって目からウロコでした。 この本を読んで、自分を見つめ直すよい機会になりました。

次の

自閉症スペクトラム障害の特徴とは?親のしつけや環境は関係ないです!

あなた の 脳 の しつけ 方

僕はムダな努力をしていたのかもしれない... 「あなたの脳のしつけ方」(著、株式会社)を読みました。 著者の中野さんは者で、以前TBSの「」に出ていた時に、電子ピアノでかなんかの曲を弾いていて、ピアノをやっている僕は記憶に残っていました。 ちなみにこの人、東大を出ていてIQの高い人しか入会できない「(メンサ)」の会員だそうです。 そして、実は黒髪は「カツラ」で、カツラをとると茶髪になるという風変わりな方です。 が好きとの事でした。 この本は脳に関する事が沢山書いてあるのですが、日々僕たちが悩んでいる事に関して最新の「」というアプローチで解決法を示唆してくれています。 例えば、• 集中力をだすためにはどうすればよいか• 記憶力を上げるためにはどうすればよいか• 判断力を高めるためにはどうすればよいか• モテ力を高めるにはどうすればよいか• ア力を高めるにはどうすればよいか• 努力ができるようになるにはどうすればよいか• 強運力を持つためにはどうすればよいか• 愛情力を上げるためにはどうすればよいか という事が、この本を読めば理解が深まり、今後の人生でどのように「脳を使って生きていけばいいのか」を教えてくれます。 特に僕自身にとって興味深かったのは、 「努力」について書かれた章です。 生まれつき努力できない人もいる じつはさまざまな研究により、人が努力できるかどうかの多くは、「生まれつきの才能」で決まってしまうことがわかっています。 つまりは努力する才能に恵まれた人もいれば、努力する才能に恵まれない人もいるというわけです。 僕はこの部分でびっくりしました。 つまりは「 努力できることも才能」という事です。 この社会、とりわけ日本はとにかく、「努力をする事」を美徳としていますが、「努力する才能がない人」に対しても、努力する事を無理強いしてきたのです。 これはある意味、「努力する才能に恵まれない人間が、自然と窮屈な思いをしている」という事ではないでしょうか? 僕はまたこの部分で、先日の「 リオのオリンピック」を思い出しました。 選手も、解説者も 「 努力した」 と、口々に言うわけですが、確かにそういうストーリーは美談になりますが、あまりにも「努力」という言葉が、掛け替えの無いもの、崇高なもののイメージがあって、少し閉口したのです。 「 努力の押し売り」とでも言いましょうか。 僕は努力中毒に陥っていた? 中野さんは、またこのように記述しています。 気をつけるべきこととは、「努力中毒」です。 これに陥ってしまうと、努力で目的を達成することより、努力すること自体が目的となってしまいます。 そうなると成果は二の次、三の次となり、努力は苦しければ苦しいほど意味があるといった本末転倒な思考にどんどん傾いていってしまいます。 なるほど。 確かに日本人は「 」みたいなスポ根が好きですからね。 「努力中毒」とは、 努力している状態にあるとき、脳のにある内側というところが「自分はいま、いいことをしている」と判断し、それによって報酬系が活動し、脳に快感をもたらすのです。 との事で、この時に 僕にも思い当たるフシがありました。 僕は幼い頃から両親に「努力しろ」と言われて育ってきました。 中学生の部活でも「努力しろ」と言われて育ちました。 社会に出てからも「努力」をしました。 しかし、今の自分を見ると、努力に見合っただけの成果が出ていないのです。 ひょっとすると、中野さんの書いてある通り「努力中毒」になっていた、つまり 努力をして安心していただけ、なのかもしれません。 終わりに この本にはまだまだ興味深い話題が沢山あります。 例えば7章の 「強運力のしつけ方」では、 人は必ず「幸運な人」と「不運な人」に分かれる 運がいい人と悪い人の差は、どんどん開いていく 等の、一見ではないような記述があり、これもを切り口として強運力をもつためにはどうしたらよいか、が記述されています。 これも「運を良くしたい」と日頃から思っている僕にとって目からウロコでした。 この本を読んで、自分を見つめ直すよい機会になりました。

次の

ぼんやりで脳が若返る!?知られざる脳の神秘!

あなた の 脳 の しつけ 方

あなたは、自閉症スペクトラム障害(自閉症スペクトラム症)という言葉は聞いたことはありますか?? 以前までは 、• 「アスペルガー症候群」• 「広汎性発達障害」 などに分けられて別の障害と解釈されていました。 しかし、ここ最近では、別の障害として捉えるのではなく、同じような 一つの障害として考えるようになってきたことから包括して 、 「自閉症スペクトラム障害」といわれるようになってきました。 このようなこともあり、自閉症スペクトラム障害について、正しく理解されていることがまだ少ないことから、今回は 自閉症スペクトラム障害の特徴から日本における人数、支援方法まで分かりやすく書いていきます。 自閉症児を持つ 親御さんや 周囲の支援者の方にお伝えしたいメッセージも込めておりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。 お好きなところからお読みください• 自閉症スペクトラム障害と診断されている人数 自閉症スペクトラムは、 女性よりも男性に多い障害といわれ、その割合は 女性の約2~4倍程です。 生活に支障があり、 医療的・福祉的なサポートが必要な人数として、 20~50人に1人が診断されています。 以前までは、広汎性発達障害、アスペルガー症候群などは別の障害と考えられていたため、今回の人数は増えているはずです。 もちろんこの中には、診断を受けていない方は含まれていません。 ただ、診断をされていないだけで、困難さを抱えている人(いわゆるグレーゾーンの方)を考えると、より人数は増えててくると思います。 自閉症スペクトラム障害( ASD)とは 自閉症スペクトラムは簡単にいうと 、「対人関係が苦手」や 「強いこだわりがある」などの特徴がある 発達障害の一つ です。 英語では、(Autism Spectrum Disorder: ASD)と呼ばれています。 最近では、 1歳半頃に指摘されることもあるそうです。 この障害をイギリスの精神科医であるローナ・ウイングは、• 社会性の障害• 社会的コミュニケーションの障害• 社会的イマジネーションの障害 の3つの障害と定義しました。 この3つについては、次の項目で一つずつ説明していきます。 1:社会性の障害 社会性障害とは、 他社と関わりをもつことが基本的に困難なことです。 例えば、集団に合わせながら行動していくことが苦手、他の人と交流することに関心がない、他社と交流をとることが困難などがあげられます。 この社会性の障害は全く成長しないわけではなく、 ゆっくり と発達していきます。 何事にも チャレンジし、 経験させていくことで発達していきます。 2:社会的コミュニケーションの障害 他者とコミュニケーションをとることが基本的に困難な方です。 先ずは、他者とコミュニケーションをとるためには、• バーバルコミュニケーション(言語的コミュニケーション)• ノンバーバルコミュニケーション(非言語的コミュニケーション) の両方を読み取り、感じ取ることが大切になってきます。 しかし、自閉症スペクトラム障害の方は、 相手の表情を読み取ることが苦手で、自分のことを一方的に話をしたり、 言葉をそのまま繰り返したりしてしまうことがあります。 そして、難しい言葉を使うこともありますが、その言葉を理解して使用していない場合もあります。 会話をする場合には、 言葉のみを読み取り、意味を理解できていないことも多々あります。 自閉症スペクトラムの方と関わる場合には、 分かりやすい表情で、かつ、 簡単な言葉で説明していくと相手が理解しやすくなります。 自閉症スペクトラムの方とのコミュニケーションについては、サポートひろがり代表の山田由美子さんが、詳しく解説してくれていますので、参考にしてみてください。 そのため、 安定したいということから、 いつもと 同じパターン・ 同じ行動をしがちになります。 同じ行動をとろうとしている時に例えば急に予定を変更することで、見通しが持ちにくくなり、パニックを起こすことがあります。 なるべく、 相手の安定のために意思を尊重させてあげることが必要になってきます。 ただ、日常を送っていると、急に予定を変更しなければならない時もたくさんあると思います。 その場合には なるべく早めに分かりやすく、伝えてあげてください。 本人が納得することで、スムーズに動いてくれることもありますので、イライラせず、本人との駆け引きを楽しむことが大切なのかもしれません。 パニックになってしまった際の対処法についても、サポートひろがり代表の山田由美子さんが、詳しく解説してくれていますので、参考にしてみてください。 自閉症の子供の特徴 (1)名前を読んでも振り向かない。 (2)ひとり言が多い。 (3)言われた言葉をそのまま繰り返す。 (4)こだわりが強い (5)食べ物の好き嫌いが強い。 (6)視線が合わない。 (7)表情が乏しい。 (8)触られることを嫌がる。 上記8つが、自閉症スペクトラムの特徴です。 ただ、 以上の項目に当てはまるからといって、全てが障害というわけではありません。 子どもが生まれ、 心配の場合には 医師や 専門家に相談してください。 自閉症スペクトラムの当事者の周りの方へ 自閉症スペクトラムの障害は、 脳機能の障害から興奮して 大きな声を出してしまったり、 パニックになったりしてしまうことがあります。 それは、自分の中で予定が変わってしまった場合や納得できなった場合など、様々なことが考えられます。 しかし、自分で 納得したり、 見通しを持つことができたりした場合には、 自然と落ち着いてくることが多いです。 周りの方は、 冷ややかな視線を送る というのではなく、 難しいかもしれませんが、 暖かい視線を送って あげてください。 自閉症スペクトラムの方は、周りの 視線をとても敏感に感じとります。 冷ややかな視線を感じることで、他者とコミュニケーションをとることに距離をおいてしまうこともあります。 周りの方はどうか暖かい視線を送り、 救いの手を少し伸ばし、 たすけあえる関係を作ってあげて下さい。 自閉症児を持つ家族や当事者の方へ 周りの人に迷惑をかけないように、なるべく他者と関わらないようする等、最初から生きづらさを感じている方は多いと思います。 今は少しずつ障害の理解も深まりつつありますが、まだまだ差別的に思う方、良くは思わない方もいるとは思います。 しかし、障害のことを受け入れてくれる人は必ずいます。

次の