場面 緘黙 症 治し 方。 場面緘黙症の中3です。場面緘黙の方、もしくは場面緘黙だった方に質...

場面緘黙症の中3です。場面緘黙の方、もしくは場面緘黙だった方に質...

場面 緘黙 症 治し 方

幼稚園入園時から中学卒業まで場面緘黙だった者です。 声自体みんなの前で出せなかったので、首振りで「はい」「いいえ」を表現したり筆談で意思を伝えたりしていましたね。 私の場合、この高校受験の本面接時に声を出せました! いくら筆記試験を頑張っても面接で声を出して話せなかったら不合格になるかも・・・というものすごい不安感が襲い「もう、これはやるっきゃない!」と崖っぷちに立たされたような状態でした。 逆にこの緊張感が良かったんでしょうね。 集団面接の時に同学年の人がいたのですが、勇気を振り絞って声を出し克服することができました! 質問者様も今が一番の克服するきっかけではないのかなぁと思います。 今を逃すと次はない!みたいに追い込まれた状態で私の場合は声を出すことができました。 自分は小学校いっぱいまで場面緘黙症でした。 その頃は学校で首を縦が横に振ることしか出来ませんでした。 面接については、全く知らない人ならばかえって話せるような症状だったので話せはしましたが、何せ人に言葉で伝える経験が乏しかったので落ちました。 笑 克服したのは中学に上がる時に転校して環境が全て変わり、とりあえず笑顔を絶やさず、みんなと仲良くしたいという気持ちでいたら集まってきてくれました。 そこから少しづつ会話の仕方など学んでいきました。 貴方様の先生方やお友達は場面緘黙症を理解してくれているとの事なので、きっと貴方様が話してくれたらとても喜んでくれると思います。 "卒業"すると環境が変わっていきますし、これが最後だ!どうにでもなれ!という思いでたった一言、言葉を出せればと思います。 周りの方の優しさに触れれば、どうしても感謝を伝えたいと思うのならば、きっと伝えられると思います。 頑張ってください。

次の

場面緘黙症の正しい理解。相手が安心できる接し方

場面 緘黙 症 治し 方

緘黙症の治し方について 緘黙症の治し方について 「緘黙症 治し方」と検索される方が多くいらっしゃるようです。 緘黙がある当事者の方でしょうか。 検索される方のために克服方法をお伝えしたいところですが、さすがにこれは、専門家に相談していただくのが一番です。 緘黙の状態像は様々で、人にもよります。 ですが、参考になりそうな情報ならご紹介することはできるかもしれません。 緘黙がある方向けにお伝えしたいと思います。 なお、私は専門家ではありませんのでご注意ください。 話せる場面をスモールステップで増やしていくもので、本格的です。 はやしみこさん作。 サキ君の動画 6分30秒頃から、緘黙の克服の話が始まります。 かつて緘黙だった、ギリシャ系オーストラリア人の若者の動画です。 日本語字幕付き。 サキ君の克服方法については、この動画の字幕を担当された方のブログ記事が参考になります。 ステップの踏み方など、サキ君と同じ方法をそっくりそのまま他の人にも当てはめればよいわけではありません。 Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。 この Facebookページそのものは、北海道を拠点とする緘黙のグループの開催情報が中心です。 臨床心理士の広瀬慎一氏が運営。 ()からダウンロードできます。 英語の資料です。 10代の若者や成人の緘黙児者を対象に、緘黙や不安のメカニズムの理解、それを克服する方法などを10ページのブックレットでまとめています。 よい資料だと思うので、英語に自信のある方は読んでみてください。 なお、この資料は、イギリスでは緘黙治療の定番の本 The selective mutism resource manual(第2版)の付録の一部です。 著者は言語聴覚士。 基本的考え方 上の資料等も参考にしながら、緘黙の克服を考えるにあたっての、基本的な考え方を書いてみたいと思います。 緘黙や恐怖症は克服できる 恐怖症は治せます!何歳ででもです!(phobias can be cured! At any age! ) 先ほどご紹介した英語資料の一文です(6ページ)。 この資料を元々収録した本でも、緘黙や恐怖症は克服可能であると繰り返し書かれてあります(Johnson and Wingtgens, 2016)。 スモールステップで、不安に敢えて身をさらす 「話すことがむずかしいあなたへ」とサキ君の動画に共通するのは、スモールステップで不安に敢えて身をさらしていることです。 先ほどのサキ君の動画の字幕を担当された方のブログの言葉をお借りすれば、エクスポージャーです。 これは、緘黙の治療でも一般的な方法です(例えば、Bergman, 2013; Johnson and Wingtgens, 2016; Kotrba, 2015; Perednik, 2016)。 緘黙はスモールステップで不安に身をさらすことで克服できるというのが、専門家の間での、大体の共通認識ではないかと思います。 勇敢に! 海外では、緘黙児者への支援で、よく「勇敢な」という言葉が使われます(例えば、Johnson and Wingtgens, 2016; Jonge et al. , 2013; Kotrba 2015; Miller, n. 不安に身をさらす時に、勇気を出そうということでしょう。 上でご紹介した資料等にはこの点について書かれてありませんでしたが、海外ではよく言われることなので、敢えてここで取り上げたいと思います。 ただし、やみくもに「勇敢であれ」「勇気を出せ」などと根性論のようなもののみでは、いけません。 場合によっては、逆効果になることもあるでしょう。 あくまで、少し不安を感じるようなことからスモールステップで。 不安のメカニズムの理解、認知行動療法の考え方 10代以上など年齢が上の緘黙児者の場合、認知面への介入が検討されます(Johnson and Wingtgens, 2016; Perednik, 2016)。 「かんもくグループ」の Facebookページや、英語資料 When the words won't come out は、 不安のメカニズムの理解を深めたり、認知行動療法の考え方を知ったりするのに役立ちます。 最後に 色々と書きましたが、できれば自力のみで克服しようとするのではなく、専門家に相談していただきたいです。 サキ君も、プロの心理士に助けを求めた上で、スモールステップでの克服に挑戦しています。 2013. Trreatment for Children with Selective Mutism: An Integrative Behavioral Approach. New York: Oxford University Press. , and Wingtgens, A. 2016. The Selective Mutism Resource Manual 2nd ed. London: Speechmark Publishing. , Pagter de, J. , and van Braam van Vloten-Hairwassers, H. 2013. Dapper worden in het luiderslot - Cognitieve gedragstherapie voor jonge kinderen met selectief mutisme. Kind en Adolescent Praktijk, 12 3 , 122-129. 2015. Selective Mutism: An Assessment and Intervention Guide for Therapists, Educators and Parents. Eau Claire, WI: PESI Publishing and Media. [Kindle version]. Retrieved from Amazon. 2016. The Selective Mutism Treatment Guide 2nd ed. Jerusalem: Oalkands.

次の

正しく理解し大人になるまでに改善させる

場面 緘黙 症 治し 方

Contents• なぜ緘黙は病院で治療できないのか? 緘黙は一般的な病気とは違って精神的なものなので、薬を飲めば治ると言うものではありません。 本人の気持ちと周りの態度などが重要だったりします。 医者が治すと言うよりこうするといいと言う方針を、医者が作って教師や周りがそれを実行する。 それによって緘黙が改善すると言われています。 しかし 医者は教師の上司ではないので、教師に命令ができません。 なので一般的なこと「話さないことを責めたりしない」などは言えますが、それ以上のことは難しかったりします。 なぜ専門家の治療を勧める人が多いのか? 緘黙を治すために専門家(医者)の治療を受けてください。 本にも書いてありますし、実際に専門家(医者)を勧める人は多くいます。 でも意味がないとまでは言いませんが、言うほどの効果が見られないのが現実です。 専門家(医者)の治療を勧める人の気持ちってこんな感じだと思います。 緘黙を治す専門家がいる!! 「緘黙を治す専門家」なんだかよくわからないけど、なんかすごそうだ。 自分もそんな治療を受けたかった。 だから緘黙の子を持つ親に「専門家の治療を受けてください」と言いうことが多かったりします。 ほとんどの人が自分が専門家に見てもらって治ったわけではありません。 医者って何なの? 医者っていうとなんかすごく感じます。 実際お医者さんって頭が良くなければなれないのは事実です。 なぜ頭が良くないと成れないかと言うと、覚えることが膨大だからです。 世の中にはいろんな病気があります。 同じような症状でも原因は複数あるので、それらを頭に入れておかなければいけません。 今はGoogleで調べられるかもしれませんが、いちいち調べているわけにはいきません。 診察の短い時間でどの病気でどういう、治療法を選択するのか決めないといけません。 ここで名医か名医じゃないかに分かれたりします。 実際に珍しい病気にかかると別の病気と誤解されて、間違った治療方法をされてなかなか回復できないことになったりします。 医者は頭がいい。 でも頭がいいからと言って何でもできるわけではありません。 習っていないことは医者でもわかりません。 病気の場合は治療方法がだいたい確立されています。 どんな病気か突き止めたら、どういう治療方法があってどの治療方法を選択するか?薬をどれくらい出すか?などを決めて治療をしていきます。 緘黙を治す治療方法ってどこかで習うんでしょうか? これをすれば治るっていう治療方法が確立されているのでしょうか?明確な治療方法がなければ、医者には治せないと思うんです。 大元を突き詰めて考えると、医者になるにはどうしたらいいかと言うと大学の医学部を卒業するか、医大を卒業してそのあと、医師国家試験に合格することです。 その後、研修医としてさらに勉強をするわけですが、この中のどこかで緘黙の治療方法を習うのでしょうか? 特に緘黙に関することを習っていない場合は、不安を解消する薬を出すとかあとはカウンセリングで話を聞くくらいになります。 それで治るかどうかは、正直微妙ですね。 「お医者さんにはもっと勉強をして欲しい」と言う人もいますが、そもそも治療方法が確立されていないのでは、勉強のしようがないと思います。 そもそも緘黙を治すって医者の領域なのか? たとえば何かの病気になったから、病院に行った。 レントゲンを撮ったり、点滴をしたり、薬をもらう。 こんなこと医者でなければできないですよね。 どんな時にレントゲンをとればいいかなんてわからないし、レントゲンを見ても何が悪いのかわかりません。 点滴や薬が手に入って自分が勝手に使えるにしても、薬の量を間違えたりしたら怖いですよね。 医者でなければできないことはわかると思います。 緘黙を治す場合はどうでしょうか? 本に書いてあることを見てみましょう。 話すことを強要しない• はい・いいえで答えられる質問をする• 先生と交換日記• スモールステップ これって医者じゃなければできないことですか?医者でなくてもできそうですよね? それとも本に書いていないよな、緘黙の治療方法を知っているお医者さんがいるんでしょうか?だったらいいと思いますが… 病院に行くべきか?行かないべきか? それにもともと医者に見せる(専門家にみてもらう)というのは、外国の話でそれを日本に持ち込んだものです。 そもそも専門家というのは誰を指す言葉なんでしょうか?精神科のお医者さんはすべて専門家と言っていいんでしょうか? それとも精神科のお医者さんのなかでも、緘黙に詳しい人のことを指すんでしょうか? 日本に緘黙に詳しい専門家というのはいるのでしょうか?もし日本に緘黙の専門家がいないのなら、存在しない専門家を一生懸命探すことになります。 自分の子供が緘黙だった場合親はどうしたらいいのでしょうか? 日本に緘黙の専門家いるけど数が非常に少ないとか人によっては病院が効果があるという場合も、ないとはいいきれないので一概に病院は効果がないと断言はできません。 緘黙に効果のある病院をどうやって探すか? 問題は緘黙の専門家をどうやって探すかだと思います。 タウンページを開いて近所の病院を順に回ってみますか? 大変ですよね。 金銭的と言うより肉体的 精神的に疲労してしまいます。 それでは片っ端から病院に電話して緘黙に詳しいか?どうか?聞いてみますか? 実際に回るよりはいいかもしれませんが、これも結構大変ですよね。 だいたい電話をとるのって看護婦さんで自分の病院の医者が緘黙に詳しいか?とか治療をして治した経験があるかどうかなんてわからないと思います。 効率よく緘黙に詳しいお医者さんを探すなら、まずは病院に行く前に緘黙の親が入っているグループなどに参加して他の人の意見を聞いてみましょう。 病院に行って良くなった人がいたらその人に直接聞いてみましょう。 病院に行って緘黙は改善したのか?• どういう治療を受けているのか?• 自分も通える距離なのか?• 通えない距離ならどうやって緘黙に詳しいお医者さんを見つけたのか?• 料金はいくらなのか? などいろいろ下調べをしてから、行ってみるのがいいと思います。 リアルに会って聞くのが一番ですが、無理な場合は掲示板やメールで聞いてみるのもいいでしょう。 とにかく病院に行けば何とかしてくれると思って、期待して近くの病院に行っても多分空振りに終わるでしょう。 病院に関しては効果があったらラッキーぐらいの気持ちで行ったほうがいいでしょう。 病院に行くデメリットはあるの? 親としては学校でも普通に話せるようになってほしい。 だから治療できるなら病院に通わせたいと思うのは当然ですよね。 ただし病院に行くデメリットもあります。 病気だと思うことで悪影響を及ぼす• 病院に行く時間• 病院で嫌な思いをすることもある 病気だと思うことで悪影響を及ぼす・・・自分は病気だと思うことで精神的に悪影響を及ぼすこともないとは言い切れません。 病院に行く時間・・・確実に言えるのは病院に行くことによって、その子の時間を削ることになります。 病院で嫌な思いをすることもある・・・実際に病院に行った人の体験談で、病院で嫌な思いをした人もいます。 病院に行くデメリットもあることを理解しましょう。 まとめ 緘黙は病院に行けば治るというものではありません。 行くことによって改善する可能性もありますが、効果のない人も多いです。 他の人の意見を参考にして病院に行くかどうかは、病院に行くことのプラス面とマイナス面の両方を考えて決めましょう。

次の