パワプロ フリート 三塁手。 【パワプロアプリ】ポジション別オススメ能力【パワプロ】

【サクセススペシャル】起用ボーナス対象金特査定・取得可能キャラまとめ

パワプロ フリート 三塁手

十文字東高校(クロスナイン)シナリオ関連記事 ポジション別適正金特至高の一塁手の解説 現状では不確定のキャラしかいませんが、「 高査定」で野手育成の際に非常に査定を上げるのに効率が良い金特になります。 表示査定210の高査定金特である至高の一塁手 下位コツ「 ファースト〇」、メインポジション一塁手の選手の時に取得できる金特である。 ポジション別適正金特コツをくれるイベキャラ(至高の一塁手) 十文字東高校(クロスナイン)至高の一塁手デッキ目次• 十文字東高校(クロスナイン)至高の一塁手デッキ 制作者と育成条件• 【シナリオ】• 【初期】凡才• 【センス〇】なし• 【アイテム】ビルドパワリン、なかよしスタンプ• 【ランク】PG1• 前イベ(打撃)• タイプ:レンジャー• 『 至高の一塁手』の金特のコツを不確定で獲得できる。 大量の精神ボーナスを所持。 ミート上限アップ• 前イベ(相棒)• タイプ:ガード• 『 大番狂わせ』の金特のコツを確定で獲得できる。 筋力+精神ボーナス。 走力上限アップ• 後イベ(打撃)• タイプ:バウンサー• 『 勝負師or情熱エール』の金特のコツを確定で獲得できる。 肩力上限アップ• Lv50で練習効果アップ30%• タイプ:バウンサー• 『 エースキラー』の金特のコツを確定で獲得できる。 ミート上限アップ+捕球上限アップで査定を伸ばせる• 筋力+技術ボーナスの2種ボーナス。 タイプ:レンジャー• 筋力ボーナス+精神ボーナスの2種類ボーナス持ち• パワー上限アップ• 体力減少イベントが多い。 タイプ:ガード• 『明鏡止水or恐怖の満塁男』の金特のコツを確定で獲得できる。 守備力上限アップで査定を伸ばす。 至高の一塁手デッキのポイント 各セクションごとの共通の立ち回り解説はを参考にしてください。 このデッキのメリットポイント• 6上限デッキなので査定を伸ばせる。 回復イベントがそこそこ多いので、育成序盤が進行しやすくなる。 岸田が入っている為、打撃タッグで 大量の精神ptを稼げるようになる。 至高シリーズの中でも成功率高めな岸田なので、 失敗のストレスが軽減できる。 このデッキのデメリットポイント• アイドルステータスが「ビジュアル」がいないので意識して稼がないと 精神pt不足しがち。 途中で誰かを「ダンス」にタイプ変更しないと、 敏捷ptが不足する。 岸田の至高の一塁手に失敗すると 大幅に査定が下がる。 至高の一塁手デッキの立ち回りの解説 セクション1• 全体の評価アップとレベル調整を中心に行う。 約結果約1800点。 セクション2• レベル調整を行う。 クロス練習を発生できるタイミングでは優先して行う。 ここでアミティを「ダンス」に変更。 結果約5200点。 クロスナインでは、レベルの上がってきたセクション4で如何に「スーパークロス」「パーフェクトクロス」のタッグ練習をできるかがカギになりそうです。 至高の一塁手育成デッキの結果 このサクセスでよかった点• 凡才でセンス〇無しでもPG1まで行けたこと。 開放の進んでいない、社長が含まれていたが、岸田の精神ボーナスでカバーできた。 全体的に 足りないptを意識して、アイドルハートの獲得やアイドルタイプの変更を行えた。 真・特殊能力無しでもPG1育成が出来た。 まねき猫無しでもイベント完走ができた。 このサクセスでの反省点• 開眼で「」が引けず、真・特殊能力0になってしまった。 センス〇があればもっと上を目指せると思ったが、セン〇厳選が出来ていなかった。

次の

【見るならコレ!】走塁キャラの金特 依存一覧

パワプロ フリート 三塁手

ポジション別オススメ能力 試合での勝率が上がる 各ポジションのオススメ能力をいくつか紹介していく。 査定値より試合での勝率を優先したいという人は下の表を参考にして選手育成をしてみると、試合での勝率が上がるだろう。 高査定選手育成には向かない 守備能力は打撃能力に比べて査定効率が悪く、守備能力を重視することは高査定選手の育成に繋がるわけではないので注意しよう。 捕手 キャッチャー の解説 捕手にオススメの能力 基礎能力 肩力 守備力 捕球 特殊能力 金特 虹特 捕手の試合での役割 味方投手の投球を受ける、守備の要とも言えるポジション。 求められる能力 盗塁阻止のために肩力・守備力、投手が投げた球を後逸しないように捕球の能力を上げておきたい。 一塁手(ファースト)の解説 一塁手にオススメの能力 基本能力 ミート パワー 捕球 特殊能力 金特 虹特 一塁手の試合での役割 他の野手からの送球を受け、一塁において打者走者をアウトにすることが主な役割のポジション。 守備よりも打撃能力が重視される傾向にある。 求められる能力 送球を受ける機会が多いポジションであるため、高い捕球能力が求められる。 他の内野手と比べてゴロの処理や送球をする機会が少なく、走力や肩の強さはあまり重視されない傾向があるため、打撃に特化した選手が置かれやすい。 二塁手(セカンド)の解説 二塁手にオススメの能力 基本能力 守備力 走力 捕球 特殊能力 金特 二塁手の試合での役割 内野では遊撃手と並んで高い守備技術が要求される、守備の軸を担う重要なポジション。 求められる能力高い守備力、走力、捕球能力が求められる。 肩の強さはさほど求められないが、際どいプレーや中継プレーの際に必要となるので、余裕があれば上げておきたい。 三塁手(サード)の解説 三塁手にオススメの能力 基本能力 ミート パワー 肩力 守備力 捕球 特殊能力 金特 虹特 三塁手の試合での役割 右打者の痛烈な打球が飛んできやすいことから「ホットコーナー」とも呼ばれるポジション。 守備よりも打撃能力が重視される傾向にある。 求められる能力 内野の中でも最も遠い一塁に送球をするため時間の余裕が少なく、高い捕球能力と肩の強さ、正確な送球能力が求められる。 守備範囲はそこまで広くないため、走力はさほど求められない。 そのため、一塁手同様打撃に特化した選手が置かれやすい。 遊撃手(ショート)の解説 遊撃手にオススメの能力 基本能力 肩力 守備力 走力 捕球 特殊能力 金特 遊撃手の試合での役割 二塁手と並び、内野で最も高い守備技術を要するポジション。 求められる能力 多くのプレーに関係し、ボールに触る機会が全ポジションの中でも特に多いため、もっとも運動能力・野球センスを要求されるポジションであり、高い守備力、走力、捕球能力、そして肩の強さが求められる。 左翼手(レフト)の解説 左翼手にオススメの能力 基本能力 ミート パワー 守備力 走力 特殊能力 金特 虹特 解説 フライの捕球やヒット性の打球の処理が中心となるポジション。 守備よりも打撃能力が重視される傾向にある。 求められる能力 そこまで肩力や走力が求められない傾向にあるため、打撃に特化した選手が置かれやすい。 中堅手(センター)の解説 中堅手にオススメの能力 基本能力 肩力 守備力 走力 特殊能力 金特 解説 フライの捕球やヒット性の打球の処理が中心となるポジション。 求められる能力 守備範囲が広く、ホームまでの距離が一番遠いため、肩の強さと高い走力が求められる。 右翼手(ライト)の解説 右翼手にオススメの能力 基本能力 肩力 守備力 走力 特殊能力 金特 解説 フライの捕球やヒット性の打球の処理が中心となるポジション。 求められる能力 サードまで最も遠いことから、肩の強さが特に求められる。 先発投手の解説 先発投手にオススメの能力 基本能力 球速 コントロール スタミナ 変化球 特殊能力 金特 先発投手の試合での役割 相手打者に対し、投球をする役割のあるポジション。 失点を最小限に抑え、チームの勝利に貢献することが求められる。 先発投手は第1イニングから投げることから、その重要度はリリーフよりも高い。 求められる能力 第1イニングから投げ、多くの打者を相手にすることから、球速、コントロール、スタミナ、変化球の豊富さ・キレ等、投手における全ての能力が高いレベルで求められる。 中継ぎ・抑え投手(リリーフ)の解説 リリーフにオススメの能力 基本能力 球速 コントロール 変化球 特殊能力 金特 リリーフの試合での役割 試合途中で登板をし、先発投手から引き継いだ試合の状況を守りきること(勝てる試合を逆転させないこと、点差を広げないこと)が主な役割のポジション。 求められる能力 先発投手に比べて球数がそこまで多くないため、スタミナはさほど求められない。 大事な場面でホームランを打たれたり、連打を浴びないよう、緻密なコントロールが求められる。 パワプロアプリ他の攻略記事 デッキまとめ• リセマラランキング• キャラ評価一覧•

次の

『パワプロアプリ』フリート高校の新キャラ登場

パワプロ フリート 三塁手

私のパワプロとの出会いは「実況パワフルプロ野球2000年開幕版」からでした。 そこから最新の2018まで、ほぼ前作品を購入しております。 その中で1番面白いと感じたのが最新作のパワプロ2018です。 1番の理由としては、2018年版1本で、2019年の最新NPBデーターも遊べるところです。 過去のパワプロはご存じの通り、毎年シーズンが変わる度にソフトを買いなおす必要がありました。 正直、どの作品も大きくゲーム性は変わらなのに毎年6000円近くのソフトを買わなければならないのには不満を抱いていました。 しかし昨今はインターネットとゲームが繋がる時代となり、選手能力のデーターをアップデートすることで新しいソフトを買いなおす必要がなくなりました。 正に、パワプロの抱いていた不満を解消してくれたのです。 これがパワプロ2018を面白く、好感を抱いた理由の一つです。 この記事見た人が騙されないように貼っといてやるよ。 発生した時点でフリーズから強制終了。 特にパワフェスで多く発生するが、栄冠やペナントでも確認) 大きく点差リードしている場合、強制的に接戦になるように調整が行われて、その後調整されたまま戻されない可能性が高い 『原則的に、対戦相手がCPUの場合に、プレイヤー側が極めて不利になる現象が多発している』 【試合モード関連】 ・試合前のオーダー設定画面で投手が紛失するバグあり(ペナントでも確認されたらしい。 発生したら強制終了+高確率で進行中データ消滅) ・オート進行による試合中に選手能力が突然大幅に減少する 手動でも低確率で試合中に能力減少を確認 ・全力ストレートを投げると、パワーがE以下の打者は打球をまともに飛ばせなくなる(小さいフライやゴロのみになる) ・送球査定が極めて厳しい。

次の