堂本剛 パニック障害。 堂本剛(ENDRECHERI)“パニック障害”がテーマの新曲は、岩橋玄樹・松島聡に向けた応援ソングか

堂本剛

堂本剛 パニック障害

今回のテーマは、 『あのKinKi Kids堂本剛も悩んだ「パニック障害」』 です。 皆さん、「パニック障害」ってご存じですか? Wikipediaで調べると、 パニック障害とは、 定期的なパニック発作に特徴付けられる不安障害の一種。 強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつとして、 不安神経症と呼ばれていた疾患の一部である (不安神経症の方が広い疾患概念であり、 不安神経症と呼ばれていたものの、全てがパニック 障害には当たらない)。 原因についてはそれぞれ異なるが、当人のそれまでの 経験から心理的あるいは身体的に危険だと察知した 状態の場合、潜在意識が「発作」を起こす事で 顕在意識に再認識させるために起こす症状。 その要因としては、脳の病気や心の病などではなく 「思い込み」や「思い違い」による発作であるために 投薬では寛解までは可能でも完治する事は不可能だと言える。 とあります。 ここで注目すべき点は、 パニック障害の原因は、 『「思い込み」や「思い違い」による発作』 だということです。 パニック障害とは、病気などではなく 脳の優れた防御本能で、「その考え方が間違っているよ」 という脳からのサインなのです。 パニック障害に限らず、私たちが思っている 病気というものは、単に身体の出している サインなのです。 それに気付いて、自分の考え方を修正してあげれば 自然に治るってことです。 INDEX• あのKinKi Kids 堂本剛さんもパニック障害だった さて、話は変わり、 KinKi Kidsってご存じですか? 普段テレビをご覧の方なら、多分誰でも知ってる 大スターのお二人です。 そのKinKi Kidsの堂本剛さんは、 実は当時パニック障害だったそうなのです。 堂本剛さんが、パニック障害で闘病中であることを 発表したのは、1997年。 1997年とは、 何の年だったのでしょうか? この年は、ジャニーズ事務所がレコード会社 「ジャニーズ・エンタテイメント」を設立し、 その第1弾アーティストとしてKinKi Kidsがデビュー することが決定した年です。 そんな彼は、KinKi Kids結成と、その重圧から、 パニック障害を発症してしまったのでしょう。 その重圧たるは、当時「硝子の少年」を歌っていた 18歳の彼には計り知れないものだったと思います。 なんせ、いちジャニーズジュニアが、 いきなりジャニーズを背負って立つみたいな 重圧を課せられたのですから。 「18歳からの5年間死にたいと思っていた。 死にたい、死ねない、死にたい、死ねない、死にたい、 を繰り返していた」 18歳から5年間ということは、 デビュー直後から5年間ということです。 あの華々しいデビューと、ヒットの裏側では、 こんな壮絶な症状との闘いがあったんですね・・。 私は、このことを偶然ネットで知るまで、 全く気付きませんでしたし、知りませんでした。 堂本剛さん、本当に頑張ったんですね。 そんな彼も、ソロ活動をすることで 徐々に症状が軽減されたそうです。 ソロ活動は、KinKi Kidsで活動している時のような責任がなく、 ありのままの自分の姿で好きに歌うことが症状の回復に 繋がったのでしょう。 堂本剛さんのパニック障害の原因 この二人ならジャニーズ・エンターテイメントの 第一弾アーティストとして相応しい、そう思ったから、 ジャニーさんはKinKi Kidsを、このタイミングで デビューさせたのだと思います。 それを堂本剛さんは、ファンやジャニーさんが期待することよりも 深く、大きく、過剰に考えすぎてしまったことが この病気の原因だと私は思います。 きっと、堂本剛さんの頭のなかでは、 ジャニーズ・エンターテイメントの 第一弾アーティストでとして決して泥を濡れないという重責、 KinKi Kidsのイメージを壊してはいけないという 重責がのしかかり、耐えれなくなってしまったのです。 そして、当時の堂本剛さんの潜在意識の中では、 「自分にはこんな大役は無理だ・・・、 これは本当の自分じゃない、 自分はそんなことをできる人間じゃない」 と、思っていたのかもしれません。 パニック障害は、 「思い込み」や「思い違い」による発作なのです。 繊細で真面目な彼は、全て自分で 背負い込もうとしていたのかもしれません。 他の芸能人にも多い 【長嶋一茂さん】 「プロ野球界の英雄 長嶋茂雄の息子」ということで 過剰なプレッシャーがかかり、そのストレスから パニック障害を発症してしまったようです。 【女性ボーカリストYUIさん】 映画「タイヨウのうた」主題歌 『Good-bye days』で紅白にも出場し 一躍有名になったYUIさん。 2012年にYUIとしての活動を停止し、 2013年「FLOWER FLOWER」として活動を再開するも、 2014年パニック障害であることを告白。 売れ出して過剰な期待をされ、もっと良い曲を 出さなくてはというプレッシャーからでしょうか? 【お笑い芸人 中川家・中川剛さん】 M-1グランプリ覇者に輝いたこともある お笑いコンビ「中川家」のお兄さんの方です。 芸人として舞台に立てなくなってしまうどころか、 エレベーターも怖くて乗れなくなってしまったそうです。 後輩が次々出てくるお笑い界で、 さらに面白いことをやらなきゃという、 プレッシャーからでしょうか。 なぜ、芸能人はパニック障害になりやすいのか? 芸能人がパニック障害になりやすい理由として 4つあるそうです。 芸能人でなくともパニック障害になる そんなパニック障害ですが、芸能人でなくとも 一般人でも普通に起こる病気だと言われています。 その症状は、何の前触れもなく 息切れや動悸、胸痛、めまい、呼吸困難、 大量の発汗、吐き気などが起こるそうです。 その特徴は、検査しても身体的な異常は見当たらないこと、 パニック的発作を繰り返すことだそうです。 どんな人がなりやすい? 繊細でストレス弱く、完璧主義な人、 ストレスの発散が上手く出来ない人は要注意だそうです。 男女比では、女性に多く、男性の3倍 パニック障害になりやすいそうです。 パニック障害に限らず、これら精神的疾患は、 普通の人より感受性が優れているからこそ なってしまう病気とも言えます。 人の感じないことも敏感に察知できてしまうから、 人よりも多くの情報を一気に受けてしまうんですね。 ですから、パニック障害になったとしても 全然悪くないと思います。 むしろ、これって 「誇るべき個性」ですよね。 『人より多くを感じてしまうから、 人よりより多くを考えてしまう』 これって凄くないですか? 真面目で優秀だからこそなる病気なんですよ。 これらの病気は、 本当の自分(潜在意識)の言葉を無視して、 他の人に無理に合わせようとしてしまうから起こる症状 なのだと思います。 本当の自分との対話の時間が もっと必要だと思うんです。 「人と比べる必要なんてないんだよ」• 「今の自分のままでも十分に素晴らしいよ」• 「今のままであなたは十分に個性的だよ」• 「今のままであなたは十分に凄いよ」• 「今のままでいいんだよ」 そんなに自分に刃を向けないで、 ひとりになれるゆったりとした時間を持ち、 もっと自分に優しい言葉を掛けてほしい。 許しが大事 繊細で、真面目で、完璧主義だと 鬱やパニック障害になりやすいとご紹介しました。 完璧主義は、自分にも厳しいですが 相手にも厳しいのです。 なぜ厳しいのか? それは、自分も他人も「許せないから」なのです。 完璧主義の人は、 他人の悪いところ、弱いところばかりを指摘する。 その感情が自分にも向けられる。 自分が苦しいから、相手にもその感情が ぶつけられてしまうんですね。 「別に完璧じゃなくてもいいんだよ」 「完璧な人間なんていないんだよ」 まずは自分を許そう。 人の悪いとこばかり見ないで、 いいところを見よう。 人って、よく観察すると いいところばかりあるものだよ。 「あなたには、あなたにしか出来ないことが必ずある」 あなたが当たり前だよって思ってることって、 実は他の人から見たら凄いことだよ。 だから、もし近くにパニック障害の人がいたら 優しくしてあげてね。 ただ感受性が強い、 真面目で努力家の人なんだからね。 ブログランキングに参加しています ブログランキング ブログ村.

次の

ジャニーズはパニック障害だらけ?松島聡や岩橋玄樹の他には誰がいる?

堂本剛 パニック障害

堂本剛さんってどんな人? 名前:堂本剛 どうもとつよし• 生年月日:1979年4月10日• 出身地:奈良県奈良市• 職業:シンガーソングライター、俳優、タレント• 所属事務所:ジャニーズ事務所 病気はうつと公表し支えた堂本光一の感動秘話とは!? 2003年 パニック障害を患っていたことを告白• 2017年 突発性難聴を患っている事が判明 「うつ」とのキーワードも浮上していましたが、過換気症候群やパニック障害、突発性難聴であることは公表していますが、現時点ではうつ病とは発言していないようです。 堂本剛さんは、14歳で奈良を離れて上京、ジャニーズ事務所の合宿所での生活を始めます。 環境が激変したことでホームシックにかかり、さらに本当の自分とアイドルの自分のギャップに悩んでいたこともあり、15歳というあまりに若い頃から体調に異変が現れるようになります。 無理してアイドル活動をしていましたが、2003年のコンサートの途中にパニック障害の症状が出たことで、過換気症候群およびパニック障害の闘病中であると明かします。 支えた堂本光一の感動秘話とは? 心に嘘をつかない、ありのままの自分を表現できる音楽が心のよりどころになったこと、堂本光一さんが良き理解者であったことが、パニック障害を克服する事ができた理由だそうです。 若い頃から「そのままの剛がいい」と公言し、一番剛さんの近くにいたようですので、剛さんの異変にいち早く気付いていたそうです。 普段光一さんは、あまり前に出てくるタイプではなく、不器用だと自分で仰いるようですが、常に人の立場になって考えることもできるタイプだと評判なんだとか。 剛さんがパニック障害になった時には、パニック障害について本を読み、どんな風に対処していたらいいのか勉強し、剛さんを支えていたそうです。 番組収録中やコンサート中に剛さんが話せない状態になった時は、瞬時にその状況を汲み、すかさず光一さんがフォローし喋りだしたりしていたようです。 ここまで親身になりフォローしてくれる人はなかなかいないでしょう。 最高の相方ではないでしょうか。 オススメ記事:水樹奈々 堂本剛と3年間同じ学校だった!? パニック障害がコンサート中に発症は当然だった?! webry. html 堂本剛さんの パニック障害が起きたコンサートについて 堂本剛さんがパニック障害だったことは有名ですが、 調べてみるとコンサート最中にもなったと聞きます。 そのままステージで歌ったり踊ったりしたのですか? それとも一旦はけて、光一さんがフォローしたのでしょうか? どなたか詳細をご存知の方いましたら 教えてください。 よろしくお願いいたします。 という質問に対し、 名古屋コンに参加していました。 剛君は開始早々に辛そうな感じで笑顔がありませんでした。 ソロコーナーの時になかなか出てこなくて心配しました。 その後も帽子を目深に被り後ろを向いて歌ったりしていました。 ダンスも踊れないところがあり、私の周りは皆さんとても心配していました。 光一君は剛君を気遣って誰よりも走り、ファンを煽り、バックについていたKAT-TUNも一生懸命、ステージに出られない剛君をフォローしていました。 剛君も何とか頑張って最後までコンサートをやり遂げました。 二人の絆を感じました。 でもその時に光一君に対して「デシャバリ」とか「おまえのソロコンじゃない」とか後輩に対しても酷い罵声を浴びせていたファンがいたことがとても残念でした。 このコンサートは伝説になっているほど内容的には残念なコンサートでしたが、それぞれが出来ることを頑張ったコンサートでした。 ただ、その後、オンリーさんが増えたりファンが分裂してしまいました。 倒れたとか出られなかったと言うことは無いです。 捌けてから倒れたとファンの間では言われていました。 という回答がありました。 コンサート中にパニック障害の症状が出てしまったことはさぞ辛かったことと思います。 その姿を見た人は驚きを隠せないでしょう。 ですが、その姿を知り理解を深め剛さんを支えようという気持ちがあったからこそ、光一さんはじめ、KAT-TUNもフォローすることができたのだと思います。 こんな状況でも罵声を浴びせられたら・・・症状が悪化してしまうでしょう。 オススメ記事:松井珠理奈 鼻くそが原因で休養?! 実はパニック障害だった!? まとめ 堂本剛さんは、14歳で奈良を離れて上京、環境が激変したことでホームシックにかかり、さらに本当の自分とアイドルの自分のギャップに悩んでいたこともあり、15歳というあまりに若い頃から体調に異変が現れるようになりました。 2003年 パニック障害を患っていたことを告白• 2017年 突発性難聴を患っている事が判明 堂本光一さんは、パニック障害について本を読み、どんな風に対処していたらいいのか勉強し、剛さんを支えて続けています。 2003年のコンサートの途中にパニック障害の症状が出たことで、光一さんは誰よりも走り、ファンを煽り、バックについていたKAT-TUNもフォロー、剛さんも何とか最後までコンサートをやり遂げましたが、その時の光一さんに対し「デシャバリ」とか「おまえのソロコンじゃない」とか後輩に対しても酷い罵声を浴びせていたファンがいたことも事実でした。 パニック障害はなかなか理解されない病気です。 「気持ちの持ちよう」「甘えてるだけ」など言われてしまいがちですが、それができるなら病気になんてならないハズです。 剛さんは病気を克服しようとまた根からの真面目さが感じられますが、それが逆に剛さんを苦しめないと良いなと思います。 奈良が大好きなら、一度奈良に帰るのも全然アリだと思います。 剛さんが自分らしく生きられますように!.

次の

堂本剛が抱える重い病気パニック障害等、光一に支えられてのKinkikids20周年!突発性難聴で入院した病院はどこ?原因はストレスなのか

堂本剛 パニック障害

King & Prince(キンプリ)の岩橋玄樹(21)が、長年抱えていたパニック障害の治療に専念するため、11月初旬から芸能活動を休止することを発表しました。 岩橋本人が10月19日のドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)で「僕、ずっとパニック障害というものと闘ってきて」と告白したことも。 デビューシングル『シンデレラガール』が初週に57万枚以上を売り上げるなど、ジャニーズの新時代を担うグループとして期待が高まっていた矢先だったため、ファンを中心に心配する声が広がっています。 パニック障害とは、突然訪れる恐怖感や不安感により、激しい動悸、めまい、呼吸困難などの症状が出るもので、実は芸能人でパニック障害を患っていたという人は少なくありません。 そこで今回は、パニック障害の過去をカミングアウトした芸能人を紹介。 みんな乗り越えて今も活動しているわけで、きっと岩橋玄樹さんも大丈夫…と希望がわいてきます。 NHK BSプレミアムにて放送されていた『堂本剛のココロ見』を書籍化した本書にも、苦悩が綴られていた(堂本剛著『ココロのはなし』より) ジャニーズ事務所で岩橋玄樹の先輩にあたるKinKi Kidsの堂本剛(39)も、過去にパニック障害を患っていたと告白しています。 15歳で地元・奈良から単身上京した彼は、その頃から精神的に不安定な状態になり、パニック障害や過換気症候群(極度の緊張などから過呼吸状態になること)を患うようになったそうです。 著書では「10代の頃の記憶はほとんどない」、「死にたいと思って生きていた時期があった」といった衝撃的な内容も語っています。 彼が10代の頃と言えば、数多くのドラマに主演し、バラエティ番組では明るい笑顔を絶やさなかった印象がありますが、その裏ではパニック障害に苦しんでいたんですね……。 テレビなどのメディアに多く登場するようになる以前に、パニック障害が発症していたというIKKO(IKKOオフィシャルサイトより) 最初にパニック障害の症状が現れたのは、IKKOがテレビタレントとして活躍するようになる数年前の39歳のときだったそうです。 顔面まひやめまいといった症状が現れ、電話恐怖症のような状態にもなっていたとか。 また、「閉鎖された中にいると、苦しくなったときに、ここから出られるのかな?」といった不安に襲われたそうで、飛行機や新幹線にもなかなか乗れなかったといいます。 ですがその後、友人のやさしさやアドバイスもあり、気持ちにゆとりを持って生活できるようになると、症状も改善していったそうです。 精神安定剤を服用しても症状は治らず、高校生の頃には家から出られなくなり、登校できなくなったとか……。 けれど、そんな高校時代に、クレイジーキャッツの『だまって俺についてこい』という曲の、「そのうちなんとかなるだろう」というフレーズに感銘を受け、心が前向きになれたのだそうです。 クレイジーキャッツの曲で彼が救われたように、今度は彼の歌でパニック障害を患っている方が少しでも快復に向かうといいですね。

次の