ガオ イエロー。 『キラメイジャー』木原瑠生、心打たれたヒーロー『仮面ライダークウガ』五代雄介への思い (2) ガオイエローみたいなクールでスマートなイエロー戦士に

百獣戦隊ガオレンジャー > シートコレクション ガオイエロー

ガオ イエロー

東映戦隊シリーズ最新作・「百獣戦隊ガオレンジャー」。 その中で ガオイエローを演じておられる 堀江慶さんのホームページの掲示板に先日、次のような書き込みがありました。 「わたしは20歳の 韓國人です。 日本に興味があるので日本人の友達を探しています。 わたしは super-sentai 百獸戰隊 Gaoranger堀江 慶 氏の Fanです。 ぜひ、わたしと友達になって下さい」 この韓国の方、まで運営しておられます。 これを堀江さん自ら、掲示板で 「いやあ、下の韓国の人のサイト、面白かった」と絶賛。 ガオレンジャーで 日韓友好の輪が広がっております。 今日放送された「ガオレンジャー」は 第20話「巫女囚わる!!」でした。 東映戦隊では普通、 カラフル全身タイツ五人衆のほかに、長官や 謎のテクノロジーを授けてくれた宇宙人といった参謀役が存在します。 多くの場合、この役回りは オッサンか 着ぐるみか 夏休みの工作みたいなガラクタロボットが担当します。 しかし百獣戦隊の参謀役は テトムさんという人で、見た目は 若いねーちゃん。 この点、他の戦隊と比べて かなり恵まれています。 ただし、外見は20代でも 実年齢は1022歳。 本当は ちびうさ(900歳)より年上の ババアなので油断は禁物です。 そんなテトムさんに、 ガオイエローがこっそり耳打ちします。 「明日、現地集合で午後3時。 他の奴らに気づかれるなよ」。 これはもしかして、愛し合う男女が人目を忍んで会う 逢い引きというヤツではありませんか。 この会話を 盗み聞いていたガオレッド。 さっそく 他のメンバーにバラします。 紅一点のガオホワイトは 大喜びです。 「テトムとイエローが 二人だけの秘密を持っていてもおかしくないわ。 ガオレンジャーになって、 半年ぐらいは二人っきりだったんだからっ」。 ご参考までに、「テレビマガジン」などの情報から 百獣戦隊年表を作ってみました。 数万年まえ 初代ガオレンジャー誕生 西暦979年ごろ テトム生まれる 西暦980年ごろ 先代ガオレンジャーが怪人を滅ぼす 西暦2001年 ふたたび怪人が発生 1年まえ ガオイエロー入隊 半年~2ヶ月まえ ブルー、ホワイト、ブラック入隊 第1話 レッド入隊 2人の年の差はさて置いて、確かにホワイトが言う通り、イエローが入隊してから半年は テトムとイエローのツーショット戦隊でした。 そして、当日の午後3時。 現地で待ち合わせるイエローとテトムさん。 それを尾行する赤・白・青・黒。 4人の隠れ方は バレバレなのですが、テトム&イエローは 2人の世界に逝ってしまっているので全く気がつきません。 テトム「ねえイエロー、あれから1年経つのよ。 いつまで秘密にしておくつもり?」 黄色「あんなこと、奴らにしゃべれるわけないだろ。 …テトムすまん。 あれは俺の若気の至りだった」 その会話を聞いて 異様に興奮する尾行4人衆。 白「何なの、若気の至りって…。 狂っています。 そうして4人が ホモラブに夢中になっている頃、イエローとテトムさんは 今週の怪人に襲われていました。 怪人「久しぶりだな、ガオイエロー」 黄色「まさか、 原付オルグ!?」 怪人「フヘヘヘヘ、見違えたか。 俺は昔の50ccの原付じゃねえ。 大型二輪免許が必要な、750(ナナハン)オルグにパワーアップしたんだぜ!」 むかし、イエローが駆け出しの新米ガオレンジャーだった頃、はじめて戦った相手が 原付オルグ(当時50cc)でした。 変身アイテムを手渡されて、 「ここ開けて、ここ押して、ガオアクセスって言うのよ」と変身方法を伝授されるイエロー。 テトムさんは、 片手を前に突き出して「ハッ!」と叫ぶポーズまで細かく指導してくれます。 しかし当時のイエローには、怪人を倒せる力はありませんでした。 「だ、駄目だぁ~」と音をあげて、すっかり へっぴり腰です。 そこで、テトムさんが「顔に貼るだけで敵を封じこめられる」という ドラえもんの秘密道具なみに便利なおフダを用意。 ペタリと貼りつけて原付オルグを封印しました。 その封印が解けて、原付オルグが蘇ったのです。 黄色「今度こそ、お前を倒す!」 怪人「 50ccの俺を倒せなかったくせに…、750(ナナハン)にパワーアップした俺は倒せないぜ」 そして対決。 「1年の時間は、俺を戦士に成長させてくれたぜ!」とか叫んで、あっさり勝利するイエロー。 結局、イエローの隠し事は 敵を倒せなかったのが恥ずかしかったというだけでした。 しょせん、 自称「孤高の荒鷲」にテトムとヤっちゃうような甲斐性はなかったみたいです。 その秘密も、テトムさんが 他のメンバーにバラしてしまいます。 百獣戦隊に プライバシーはないのです。 テトム「実はね、イエローのパワーが弱くて、まだオルグを倒せなかったから封印してあったのよ」 ブルー「 あははははははははははははは。 イエローにもそんな時代があったのかよ」 そんな和やかムードに、 「バイクオルグの復讐、引き受けた!」と格好よく叫んで、ガオレンジャー最強のライバル・ロウキが登場。 イエローがタイマン勝負を挑むものの、 速攻で負けます。 「フン、腕を磨いておけ。 1000年経っても勝ちは望めまいがな」などとバカにされて、「1年前の七夕の日から、俺はちっとも強くなってねぇ」とイエローくん 泣き崩れてしまいます。 でも、「 落ち込んでるヒマはないぞ、ガオイエロー。 負けるな、ガオレンジャー」と ナレーションが励ましてくれて、次回に続くのでした。

次の

百獣戦隊ガオレンジャー 第20話

ガオ イエロー

ガオイエロー 【キャラクター】 がおいえろー 仲間との協力よりも、自分ひとりの力で問題を解決しようとする、鷲尾岳が変身する。 いつも冷静で自信満々。 力を合わせるよりも、ひとりで戦うことを好む。 ガオイーグルに選ばれた空の獣・ワシの化身。 ガオレンジャーのサブリーダー的な存在だが、5人の中では一番最初にガオレンジャーに選ばれた。 一年前の初めての戦いではオルグを倒すことができずに、お札で封印していた。 翼を広げて鳥のように自由に飛び回って敵を攻撃する空中戦を得意とし、イーグルソードを使った剣技で戦う。 ガオイーグル、ガオベアー、ガオポーラー、ガオマジロの宝珠を持つ。 キャッチフレーズは「孤高の荒鷲(NOBLE EAGLE)」。 【スーツアクター:竹内康博】 イーグルソード 【武器】 いーぐるそーど ガオソウルをブレード部に送り込むことで、素晴らしい切れ味を見せる、ガオイエローの破邪の爪。 光の矢を放つことができる。 刀のツバには、羽根手裏剣・フェザーカッターがついている。 フェザーカッター 【武器】 ふぇざーかったー イーグルソードのツバの部分に収納されている羽根型手裏剣。 ノーブルスラッシュ 【武器技】 のーぶるすらっしゅ イーグルソードに送り込むガオソウルを最大にし、一気に袈裟懸けで斬りつけるガオイエローの必殺技。 抜群の威力を誇る。 ジャンピングスラッシュ 【武器技】 じゃんぴんぐすらっしゅ 勢いをつけた横跳びでイーグルソードを突き刺すガオイエローの技。 一瞬の間に決める強力な技。 ダッシュスラッシュ 【武器技】 だっしゅすらっしゅ 全力でダッシュし、敵とすれ違いざまにイーグルソードを振り下ろすガオイエローの得意技。 ウイング 【武器】 ういんぐ ガオイエローの背中から腕を伝って出現する羽根。 自由に空を飛ぶ技のバリエーションの際に広げて使う。 百獣フライング 【武器技】 ひゃくじゅうふらいんぐ ウイングを広げ、時速300kmのスピードで空を飛ぶことができるガオイエローの技。 イーグルシュート 【武器技】 いーぐるしゅーと 敵を捕まえて空高く飛び上がり、次の瞬間に地上へ叩き落すガオイエローの荒技。 イーグルアタック 【武器】 いーぐるあたっく 時速300kmのスピードで低空飛行し、オルグに体当たりして突き飛ばす、ガオイエローの得意技。 イーグルキック 【技】 いーぐるきっく 猛スピードで決めるガオイエローの急降下キック。 その破壊力は、20t以上の威力がある。 封印アタック 【技】 ふういんあたっく 一年前、バイクオルグを倒すことが出来なかった初心者のイエローが使った切り札。 お札の効力でバイクオルグを封印させた。 シャークカッター・ノーブルチョッパー 【技】 しゃーくかったー・のーぶるちょっぱー ガオブルーと武器を交換して編み出した、ブルーとの合同技。 シャークカッターを使った鋭いチョップで敵を切り裂く。 鷲尾 岳 【キャラクター】 わしお がく 23歳。 航空自衛隊に属し、パイロット候補生として大空を飛んでいたが、飛行訓練中にテトムと出会い、ガオイーグルに見出され、ガオイエローとしての道を選んだため、現在は行方不明中となっている。 5人が揃う1年前に誕生していた、最初のガオレンジャーだった。 それから半年間は仲間もなく、たった一人でオルグと戦っていた。 突如現れたリーダー=ガオレッドの存在に戸惑うが、走の大きな考え方に触れ、影響を受け始めた。 パイロット候補生だったため、スカイダイビングや英語が得意。 趣味はウクレレ。 戦士としてのプライドが高く、リーダーに反発することもしばしば。 他人の力に頼るのを嫌い、いつも自分ひとりで頑張ろうとするところがある。 戦いが終わったあとは、再度パイロットになるためにチャレンジしている。 【活躍エピソード】 3「荒鷲が消える!! 」 9「双子が微笑む」 20「巫女囚わる!! 」 34「鉄人鬼、泣く!?

次の

【楽天市場】【GAONA】【ガオナ】 詰め替えそのままミニ ホルダーとポンプセット (パックそのまま・簡単取付)【イエロー/グリーン/オレンジ】【カラー単品/フック付属なし】【※3色セットではありません】:ものうりばPlantz

ガオ イエロー

概要 [ ] スーパー戦隊25作目を記念作品として制作された第8弾。 ビッグワン(『』)、レッドファルコン(『』)、ギンガブルー(『』)、ゴーイエロー(『』)、メガピンク(『』)からなる「ドリーム戦隊 」とガオレンジャーが共闘する。 当時、すでにメジャーになりつつあったが、ギンガブルー・ゴウキを再び演じた。 ゴーイエロー・巽大門役のは唯一4作品連続出演となった。 総集編的な要素もあり、アクションシーンでは歴代の戦士たちが戦隊ごとではなく、一人一人活躍する構成になっている。 クライマックスでは歴代のレッド戦士24人全てが勢揃いしている。 名乗りのない戦隊も多くレッドターボは現地急造、『』のレッドマスクは音をずらして使用している。 巨大戦では全レッドの操縦するメカが参戦する。 デンジファイター(『』)は本作で初めて戦闘シーンが描写された。 また、タイムレッド(『』)のマシンとして登場したのはタイムジェット1ではなくタイムファイヤーから譲り受けたブイレックスである。 バンク映像ではあるものの、メカ軍団の司令官として『』の三浦参謀長と『』の新命明が登場しており、宮内は一人三役となった。 スーパー戦隊Vシネマおよびスーパー戦隊VSシリーズの中では最も長尺(約70分)な作品となっている。 また、全員名乗りの際に「我ら、スーパー戦隊! 」のフレーズが入ったのは本作が初めてである。 前作まではDVDの特典映像にバトルセレクションが収録されていたが、本作より廃止された。 脚本を手掛けたは『ガオレンジャー』の脚本家の一人であり、その他の戦隊には関与していない。 幻に唯一惑わされなかったガオレッド(獅子走)はガオホワイト(大河冴)に戦えなくなった3人を連れて逃げ出すように告げ、一人でラクシャーサに立ち向かう。 一方、残された4人のガオレンジャーの前に現れたのは、かつて悪と戦った歴代スーパー戦隊の5人であった。 先輩たちのおかげで3人は再び魂を取り戻し、ガオレンジャーとスーパー戦隊は共闘しラクシャーサに立ち向かう。 登場キャラクター [ ] 『百獣戦隊ガオレンジャー』の登場キャラクターについては、を参照。 ゲストキャラクターについては、各リンク先を参照。 オリジナルキャラクター [ ] はぐれハイネス・ラクシャーサ テトムも恐れるほどの伝説のはぐれハイネス。 一人称は「俺」。 あまりに強大で邪悪な衝動を溜め込みすぎたために角を傷つけてしまい、長い眠りについていた。 自らの邪悪なる衝動の力でツエツエ、ヤバイバをはじめとするオルグ全員の力を強化(強化されたオルグは角が金色になる)させた。 オルグシード無しに巨大化も可能。 ガオレンジャーの破邪百獣剣を受けた後に巨大化。 」と言い残し粉砕された(ガオレンジャーはテトムに「はぐれハイネスを倒してきた」と報告するが、テトムは「はぐれハイネスが復活した夢を見ていた」と信じなかった)。 名称はに登場する鬼神から。 デザインモチーフは。 スーツは『ガオレンジャー』本編に登場した百鬼丸に改造された。 再生オルグ軍団 ラクシャーサの力で甦ったオルグたち。 自らの実体を持つ。 タービンオルグ、プラズマオルグ、タイヤオルグ、シグナルオルグ、ブルドーザーオルグの5名が復活した。 幻想世界内のオルグたち ラクシャーサが作り出した幻想世界にいたオルグたち。 実体は持たないが戦うことはできる。 ウエディングドレスオルグ、帆船オルグ、携帯電話オルグが登場。 幻想世界内でガオレッドと戦った。 強化オルゲット ラクシャーサに強化されコブが金色の角になったオルゲット。 ガオブルーと同様の技やガオブラック以上のパワーを誇り、一度は彼らを破る。 ただしこの強さは幻でしかなく、スーパー戦隊には相手にならず圧倒され、戦士の魂を取り戻した鷲尾、鮫津、牛込にもなすすべなく叩きのめされた。 装備・戦力 [ ] キャプチャースナイパーフルパワー メガピンクの技。 バトルライザーの03モードでキャプチャースナイパーをパワーアップさせた。 ガオレンジャーストーム 再生したラクシャーサを倒した必殺技。 スーパー戦隊魂を受け継いだガオレンジャーが上空にエネルギー球を作り出し、レッドが他の4人の腕を組んだスクラムを踏み台にしてジャンプ、「邪鬼浄散」の掛け声とともにオーバーヘッドキックでエネルギー球を蹴り放つ。 その名称や技の演出などは、『』の必殺技「」を髣髴とさせるものとなっている。 スタッフ [ ]• 原作 - 、• プロデューサー - 高橋由佳(テレビ朝日)、加藤和夫(東映ビデオ)、(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)• 脚本 -• 音楽 -• 撮影 -• 助監督 - 福島耕二• 計測 - 佐々木伸敏• プロデューサー補 - 横塚孝弘• アクション監督 - ()• 製作 - 、、、• 監督 - キャスト [ ]• テトム -• デュークオルグ・ツエツエ - スーツアクター [ ]• ガオレッド -• ガオイエロー -• ガオブルー -• ガオブラック -• ガオホワイト -• メガピンク -• ガオイエロー -• レッドファルコン :• ビッグワン -• ギンガブルー -• ゴーイエロー -• アカレンジャー :• 声の出演 [ ]• デュークオルグ・ヤバイバ -• はぐれハイネス・ラクシャーサ -• ウエディングドレスオルグ -• 帆船オルグ -• 携帯電話オルグ -• タイヤオルグ -• オルゲット - 塩野勝美、、• ナレーション - 音楽 [ ] オープニングテーマ「ガオレンジャー吼えろ!! 2001年8月10日レンタル開始。 2001年VHS発売。 2001年12月DVD発売。 2019年7月21日、『』と同時収録の廉価版DVD発売。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』第5弾のダイバトルはこのドリーム戦隊と同じメンバーで構成されている。 挿入される名乗りのカットは、上記のレッドファルコンと、個人名乗り自体が存在しない『』のレッドターボを除いては各放映当時のバンク映像を使用したもの。 このシーンは『』で紹介されたほか、2006年9月27日放送のの番組『』でも紹介された。 アカレンジャーの名乗りはJAC(現在の)による後期版ではなく、版の映像が使用された。 また、バルイーグルの名乗りは初代の大鷲ではなく2代目の飛羽の映像が使われている。 出典 [ ]• 他のVシネマ作品は40-50分程度、劇場版に移行後のVSシリーズは60分前後となっている。 , p. 136. , p. 135. 2020年6月1日閲覧。 2011年12月22日閲覧。 2012年6月23日閲覧。 2012年8月16日閲覧。 100(2002年5月号)、、2002年5月1日、 168頁、 雑誌コード:01843-05。 参考文献 [ ]• 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』グライドメディア、2012年10月16日。

次の