オーブンレンジ 皿。 失敗しない! 電子レンジ・オーブンレンジの選び方

失敗しない! 電子レンジ・オーブンレンジの選び方

オーブンレンジ 皿

単機能電子レンジ選びのポイント• より安価なターンテーブルタイプか、 ムラなく温められる庫内フラットタイプか• 自動温め機能の有無を確認• 引っ越しが多い人はヘルツフリータイプを 電子レンジには、下皿が回転しマイクロ波を食材に回し当てるターンテーブルタイプと、マイクロ波を金属で拡散し、 多方向から食材にあてる「庫内フラット」タイプがあります。 前者のほうが安価ですが、ターンテーブルの直径以上の食材を入れると引っかかって回らなくなることがあります。 後者は庫内の幅ギリギリの食材でもムラなく温めることができます。 また、「自動温め機能」があると、庫内に置いた物の重量で加熱時間を自動で判断してくれるので便利です。 そのほか、引っ越しが多い人は、西日本、東日本の周波数に対応するヘルツフリータイプを選ぶと安心です。 オーブンレンジ 温め機能のほか、スチーム、グリル、オーブンなどの機能を搭載したマルチタイプ。 焼く、蒸す、揚げる、炒める、煮るなど、1台でさまざまな調理を行いたい人に向いています。 オーブンレンジ選びのポイント• ヘルシー・時短など、こだわりの調理機能で選ぶ• 汚れや臭いを処理する「お手入れ」機能の有無• 設置(予定)場所にレンジを置けるかを確認 オーブンレンジを選ぶ際には、ヘルシー調理や時短調理など、「こだわりの調理機能」を備えたモデルを選びましょう。 ヘルシー志向の人は、「ノンフライ機能」や100度以上の水蒸気で調理する「過熱水蒸気機能」など、油を使わずに加熱調理する機能に注目しましょう。 時短調理を重視する人には、同時に複数の調理が可能な2段調理機能が最適です。 また、高温で加熱調理するオーブンレンジでは食材が飛び散り庫内に頑固な汚れや臭いが付着してしまうケースがあるので、「脱臭機能」や「自動お手入れ機能」があると掃除が非常に楽です。 そのほか、調理中に高熱や水蒸気を発するオーブンレンジは機種ごとに壁との距離(間隔)が定められているので、そのぶんの余裕を持たせて設置できるかを事前に確認しておきましょう。 ガスオーブン 電気ではなく、ガスを燃焼させて加熱するガスオーブンは、電気オーブンよりも火力が強いことが特徴です。 そのため、パリッとした食感にしたいピザやパンなどを作るのに向いています。 電気オーブンと比べて、加熱時間も調理時間も短くて済むので、オーブン機能を重視したい人に適しています。 中には電子レンジ機能を併せ持つ、コンビネーションレンジもあります。 ガスオーブン選びのポイント• キッチンに置けるサイズをチェック• ビルトインタイプかどうかをチェック ガスオーブンは、ローストビーフなどの大きな肉の塊の調理をしたり、パンやピザなどをパリっと焼いたりするオーブン機能を得意としています。 電気オーブンと比較するとサイズが大きく、設置場所も制限されるため、購入前に「ガス栓やコンセントの位置がオーブンと合うか」などを確認してください。 また、ビルトインタイプは設置工事費用がかかるので、その分も予算に組み込んでおきましょう。 最新のオーブンレンジには、庫内にスチームを噴射することで調理を行う「スチーム調理」により、油を使用せずに食材を加熱できる機能(ノンフライ機能、過熱水蒸気機能)が搭載されています。 ヘルシー志向の人はもちろん、生活習慣病予防のために油分や塩分をカットしたい人に最適です。 また、調理の時短を目的にする人は、上下2段の専用プレートで同時に複数の調理を行える2段調理機能に注目しましょう。 そのほか、パンなどを焼くための発酵機能など、ここでは注目すべき4つの調理機能を紹介。 自分の目的に合った機能から最適な製品を選びましょう。 ノンフライ機能 パン生地などの発酵ができる 多くの製品に搭載されている、パン生地などの発酵ができる機能です。 発酵時の霧吹き作業をスチーム機能で行ってくれたり、焼き上がりまで行ってくれたりするものまで、発酵機能は多岐にわたります。 ヨーグルトや甘酒も作れるモデルもあり、手軽に発酵食品を取りたいヘルシー志向の人は要チェックです。 電子レンジ・オーブンレンジに入れた食材が加熱されることによって突沸(急激に沸騰が起こり中身が飛び散ること)して、壁面にこびりついてしまうケースはよくあります。 そんな調理の際の汚れを放置してしまうと、掃除をしてもなかなか取れなかったり、庫内に嫌な臭いが残ってしまったりします。 そんなときに、庫内の汚れなどを高温で焼ききり、臭いのもとを処理してくれる「脱臭機能」や、高温のスチームで庫内の汚れを浮き上がらせてくれる「自動お手入れ」機能などがあると便利です。 脱臭機能 清掃作業の一部を自動で行ってくれる 庫内の壁面、皿、調理網などについた油汚れなどの掃除を簡単にしてくれる機能です。 高温のスチームを庫内に充満させることで、汚れを浮き上がらせて拭き取りやすくします。 掃除の時間と負担を大幅に軽減できるほか、常に庫内を清潔に保っておきたい人に最適な機能です。 購入前に確認! 「放熱スペース」と「扉の開閉方向」 電子レンジ・オーブンレンジを購入するときには、自宅のどこに設置したいのか考え、その場所にあったサイズの商品を選びましょう。 その際に、「放熱スペース」と「扉を開閉できるスペース」を十分に確保することを忘れないようにしましょう。 放熱スペースを確保する 熱を発生させて調理する電子レンジ・オーブンレンジは、高温になるため放熱スペースを確保しなくてはいけません。 基本的に天面、背面、両側面それぞれに放熱スペースが必要です(数値は各メーカーによって異なります)。 新製品を購入する際には、この放熱スペースも考慮したうえでサイズを決めてください。 中には背面や側面を壁にピッタリと設置できる機能を備えた製品もあります。 ピッタリ設置機能 背面に放熱スペースが不要で、背面の壁にピッタリと設置可能です。 ただし、天面や側面に放熱スペースを確保する必要があります。 扉の開閉方向 電子レンジ・オーブンレンジの購入前に、扉の開き方も確認しておきましょう。 「横開き」と「縦開き」タイプがありますが、中の食材を取り出すときに扉が開きにくいと引っかかって落としてしまう可能性があります。 そのため、「横開き」「縦開き」ともに「扉を全開にできる十分なスペースを確保する」ことが大切です。 横開き 圧倒的なデザイン性で支持を獲得 2003年に東京で設立されたバルミューダは、デザイン性の高い製品をクリエイトする注目の家電メーカー。 シンプル操作で直感的に使えるオーブンレンジ「The Range K04A」は、圧倒的なデザイン性で支持を獲得。 レンジ調理からオーブン料理までのモードを装備しているほか、モードを切り替えるときにユニークな操作音が流れ、キッチン作業を楽しく演出します。 機能やスペックについてもっと詳しく テーブルタイプの違い 庫内のテーブルタイプはターンテーブルタイプと庫内フラットタイプの2種類があります。 より安価なモデルはターンテーブルタイプですが、ターンテーブルの直径より大きな器は使えません。 一方で、庫内フラットタイプは庫内を広く使えるため、幅も高さも大きな器を加熱することができます。 ターンテーブル マイクロ波を金属で拡散し、 多方向から食材にあてることで、ムラを軽減 下皿がなく直接食材を置けるのが庫内フラットです。 マイクロ波を多方向から拡散するため、回転させる必要がなく、容量いっぱいのサイズの食材を入れてもムラなく調理できます。 下皿がないので、庫内の拭き掃除なども楽に行えます。 庫内容量をチェック 庫内容量の選択基準は、家族の人数が1つの目安になりますが、よく作る料理や温める食材のサイズもポイントになります。 たとえばチキンを丸ごと焼きたい場合には30L以上を目安にしましょう。 また、コンビニの基本サイズのお弁当を温める場合には、フラットタイプであれば20L以下でも問題ありません。 ただし、大きめのサイズのお弁当になると、ターンテーブルタイプでは引っ掛かってしまうモデルもあるので、自分がどのくらいのサイズのものを温めたいのかをイメージしたうえで、購入するとよいでしょう。 最高温度が高いと予熱に必要な時間は短くて済む オーブンレンジの最高温度は、モデルによってさまざまです。 最高温度が高いほうが予熱に必要な時間が短くなり、素早く表面を焼き上げたり、野菜の水分の蒸発を抑えた調理を行ったりできます。 あくまでも目安ですが、カステラやケーキなどのお菓子は200度以下で焼けますし、パンなどは250度で焼くこともできます。 パリッとした生地のピザを焼いたり、本格的な調理をしたりする場合には、最高温度が300度以上あるとよいでしょう。 センサー方式をチェック 電子レンジ・オーブンはさまざまなセンサーが搭載され、稼働しています。 食材の表面温度や重量、温度、湿度を各センサーが検知し、最適な加熱や調理を行います。 加熱や解凍時に発生するムラなどは、搭載されているセンサーの精度によって左右される場合もあります。 300度程度の高温での調理なので焦げ目はつきます。 水蒸気というと、お湯の湯気をイメージしがちですが、調理に使われるのは比較的湿度が高い熱風のようなものです。 てんぷら油の温度が200度前後、300度の熱風であれば焼く、揚げるといった調理も十分に可能です。 もちろん焦げ目もつきます。 用語集 オートOFF機能 調理が終了したり、無操作状態が一定の時間を越えたりすると自動的にすべての電源が切れる機能で、節電につながります。 ドアを開ける、ボタンを押すなどの操作で再び電源が入ります。 オーブン最高温度 オーブン最高温度が230度以上ならば、ほとんどのオーブン料理を作ることができます。 最高温度が高ければ高いほど、予熱時間を短縮できるほか、より本格的な料理を作ることもできます。 グリル皿 電子レンジのマイクロ波を吸収して発熱する素材でできているのがグリル皿。 上面はヒーターで、下面はグリル皿で焼けるので裏返さなくてもこんがりと焼き上げることができます。 最大レンジ出力 電子レンジの出力数(定格高周波出力)はワット数(W)で表示され、食材を温める際のエネルギーの強さを表しています。 最大レンジ出力が大きいほど、短時間で温めができるため、節電につながります。 ズーム式ヒーター 食材の高さや種類、調理方法に応じて、ヒーターの高さが変わる機能です。 近火、遠火などメニューに合わせて最適な加熱を実現します。 関連カテゴリの選び方ガイド.

次の

丸皿、角皿│オーブン/電子レンジ|サポート・お問い合わせ:シャープ 形名で検索する/頭文字から探す

オーブンレンジ 皿

【電子レンジで加熱はNGな素材】 木製・ガラス製・プラスチック製・ 陶器 これらは電子レンジで加熱するとお皿が破損したり、最悪事故になりかねない素材です。 木製のお皿は他のお皿と比べて水分含有量が多く、電子レンジで加熱すると変色したりひび割れが発生する可能性があるのでやめておきましょう。 プラスチック素材は熱に弱く、簡単に変形してしまうため電子レンジ・オーブン共にNGです。 ただ中には耐熱ガラス皿や耐熱プラスチック皿のような製品もあるので、その場合は電子レンジで使用してもOKです。 きちんと 「電子レンジ可」と明記された物を使うようにしましょう。 陶器も木製のお皿ほどではありませんが、水分を多く含んだ材質なのでおすすめできません。 陶器と似たような見た目をしている磁器という材質もありますが、 磁器であれば電子レンジでの加熱はOK。 陶器は磁器とは違いザラザラとした感触、叩いたときの音が響かないという特徴があります。 またオーブントースターではよくアルミホイルを使っての加熱をしますが、 電子レンジでアルミホイルを使用するのは極力避けましょう。 最悪火災の原因になります。 どうしてもという場合は ワット数を低く設定して加熱するようにしたいですね。 オーブンで使えるお皿や素材 【オーブンで加熱してもOKな素材】 「オーブン対応」と明記されたお皿や容器・金属製のお皿 など オーブンは電子レンジとはまた違った加熱方法なので使用できる素材も変わってきます。 オーブンで加熱しても大丈夫な素材は限られているため注意が必要です。 「耐熱」と記載されたお皿は安全なことが多いですが、中には電子レンジでの加熱はOKでもオーブンほどの熱量には耐えられないという製品もありますので油断はできません。 「オーブン対応」と明記されていればバッチリですね。 使っても大丈夫な製品です。 ただ耐熱性の高いお皿であっても水などで急に冷まそうとするのはやめましょう。 急激に温度を下げるとお皿に負荷がかかってしまいひび割れや破損の原因になります。 基本的には付属されているオーブン用のお皿や台を使うのが安心です。 「電子レンジ対応・オーブン対応」と明記されている製品が確実 「お皿の素材なんてわからないよ!」という方は少なくありません。 失敗もありませんし、他のお皿よりも値段が高いというわけでもないので気軽に購入できるはずです。 電子レンジとオーブンによって使えるお皿が違うというのはちょっと面倒だと感じますが、お気に入りのお皿を割ってしまわないためにも、あらかじめ把握しておきたいポイントです。

次の

オーブン電子レンジのおすすめ人気ランキング20選【パナソニック・日立など!】

オーブンレンジ 皿

山崎春のパン祭りのお皿はレンジでも使える? 結論から言えば、 山崎春のパン祭りのお皿はレンジでも使えます! 電子レンジ使用の際は、 加熱しすぎ、やけどに十分注意してくださいね。 ただし耐熱ガラスではないので、 電子レンジの使用は長時間に及ぶものは避けて、 短時間の温め調理などに使うといいですでよ。 そのほかにも実際に使用している人達や私が使った感想ですが、 電子レンジは温め調理程度では問題なく利用できるので便利ですよ。 山崎春のパン祭りのお皿はオーブンで使っても割れない? 山崎春のパン祭りのお皿は耐熱皿ではありませんので、 長時間に及ぶオーブン料理に使用するお皿には適していません。 オーブン、直火で使用すると割れてしまう可能性があります! 山崎春のパン祭りでもらえるお皿は強化ガラスで丈夫なつくりはしていますが、 耐熱皿ではないのでオーブン調理は避けるようにしましょうね。 山崎春のパン祭りのお皿は強化ガラス! スポンサードリンク 山崎春のパン祭りでもらえるお皿は、 アルク・フランス社製の強化ガラスのお皿なんです。 まぁ、絶対に割れない、欠けないということではないですが、 丈夫に出来ているというのはうれしい点ですよね! 山崎春のパン祭りのお皿を使うにあたっての注意点! ・お皿は強化ガラスで出来ているので一般のガラス製品より丈夫だけど、 決して割れない、欠けないということではないです。 ・耐熱ガラスではありません。 ・金属のたわしや粒子の粗いクレンザーなどで洗わないようにしましょう。 ・急激な温度変化や衝撃は避けてください。 ・電子レンジでの利用には、 電子レンジの取り扱い説明書に従って利用するようにしましょう。 加熱しすぎや、やけどに十分に注意してください。 ・食器洗い乾燥機での使用は、 食器洗い乾燥機の取り扱い説明書に従ってください。 ・オーブン、直火では使用しないでください。 ・底が抜けるようにして割れることがありますので、 洗浄やご使用時は丁寧に扱いましょう。 ・お皿が熱いうちに冷水を入れると急冷され、 破損の原因になるので避けましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 山崎春のパン祭りのお皿の使い方の疑問は解決したでしょうか? ポイントをためるのはちょっと大変ですが、 毎年デザインの変わるお皿はシンプルながらもどれも素敵で欲しくなりますよね。 我が家は今年も頑張ってパンを買ってポイントをためたいと思います。 電子レンジでの使用は大丈夫ですが、 オーブン調理は避けたほうがいいというのが山崎春のパン祭りのお皿です。 他にも諸々の注意点をふまえて、 お皿を楽しく使っていただけたらいいなと思います。

次の