端午 の 節句。 端午節とは?中国の端午節文化と日本の端午の節句 [中国語] All About

男の子の初節句「初めての端午の節句」のお祝いはどうする?

端午 の 節句

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 男の子の成長を願う節句。 古代中国では、この日を薬採りの日としていて、薬草を摘んで野遊びをしました。 菖蒲は、煎じて飲んだりして昔から薬草として使われていたそうです。 男の子の節句とされるまでは、厄病を祓う節句で「菖蒲の節句」とも呼ばれています。 5月は悪月(あくげつ)、物忌みの月とされ、その邪気を祓うために菖蒲を浸した酒を飲んだり、蓬(よもぎ)を軒につるして粽(ちまき)を食べたりしました。 平安時代は宮中の儀式でしたが、江戸時代になって、3月3日の女の子の節句と対応させて、菖蒲が尚武と同じ音であることから男の子の節句になり、江戸幕府の公式行事となりました。 鯉のぼり 端午の節句 に「鯉のぼり」を立てるようになったのは、江戸時代の中頃といわれています。 「鯉の滝登り」という言葉はご存知ですよね。 中国の黄河の中流に激流が連なった難所があり、そこは「竜門」と呼ばれていました。 下流からいろいろな魚が群れをなしてさかのぼってきますが、鯉だけが滝を登りきって竜になるという故事です。 このことから、鯉は立身出世のシンボルとされました。 普通、縁起がいいとされるものは食べることが多いですが、鯉を食べるのでなく、なぜ「鯉のぼり」として飾ったのでしょうか。 鯉が滝を勢いよく登る様をイメージして「鯉のぼり」としてを飾るようになったとされていますが、男子誕生の喜びを世間に広く知らせるために戸外に立てられるようになったからのようです。 でも、これがどんどん華美に競い合うようになり、屋外に鯉のぼりを飾ることは禁止されました。 火事の消火活動の邪魔になるという理由もあったようです。 「火事と喧嘩は江戸の花」という言葉があるように、江戸は火事が多かったようですからね。 柏餅(かしわもち) 端午の節句に柏餅を食べるようになったのは江戸時代から。 男の子の節句として祝うようになってからです。 柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないため、家系が途絶えないという縁起かつぎからきているようですね。 粽(ちまき) 茅(ちがや)や笹の葉でもち米を蒸したもの。 5月5日に食べるようになったのは、中国の詩人が亡くなったこの日に供物として笹で包んだ米を川に投げ入れたという故事からきています。 菖蒲(しょうぶ) 菖蒲は、昔から薬草として使われてきました。 良い香りを放つことから、邪気を祓う植物としても用いられています。 端午の節句は、元々厄病を祓う節句であることから、、無病息災を願って菖蒲湯に入ります。 五節句 季節の言葉 風薫る(かぜかおる) 若葉の中を吹き抜けるさわやかな風。 漢語の薫風(くんぷう)からきています。 関連書籍 白井明大 著/東邦出版 二十四節気をさらに3つに分けたものを七十二候といいます。 その七十二の季節を旧暦の暮らしをテーマに紹介しています。 岩下宣子 監修/河出書房新社 赤ちゃん、子どものお祝い事や行事を紹介。 やさしいタッチのイラストで、レイアウトも工夫されていて、とてもわかりやすくまとめられています。 井戸理恵子 著/かんき出版 古くから伝えられてきた行事やならわしには先人たちの知恵が詰まっています。 これらを「しきたり」という形で身につけてにつけて、自然の流れと共に暮らしていこうという本です。 武光誠 著/角川学芸出版 古くから伝わる決まりごとやしきたり、作法などを詳しく解説。 出産や子どもに関するお祝い事についても書かれています。 長澤陽子 監修/東邦出版 日本伝統の和の色を解説すると共に、それぞれの季節ごとの風物詩や植物、食べ物なども紹介されています。 色事典ではなく、やさしいタッチのイラストを交えながら綴られた読み物です。 鳩居堂 監修/マガジンハウス 創業350年の鳩居堂が日本のしきたりや伝統を現代の生活に即して解説。 見開きで1項目ずつ、とてもきれいな写真と共にわかりやすくまとめられています。 キャプションにもちょっとした豆知識や素敵な言葉が綴られています。 Copyright C 2005-2020 koyomigyouji. All Rights Reserved.

次の

端午の節句の菖蒲の飾り方は?菖蒲の花や由来、菖蒲湯(風呂)について

端午 の 節句

この記事の目次• 「端午の節句」は男の子を盛大にお祝いする日!そして同時に「こどもの日」! 女の子の節句の「桃の節句」に対し、男の子の節句は「端午の節句」と言います。 こちらも古代中国の奇数の重なる節句が由来となる日取りですが、現代ではこどもの日としても祝われていますね! しかし、この日は元々は男の子のお祝いをするための節句です。 男の子の「初節句」の祝い方をしっかりと見ておきましょう! 「端午の節句」は男の子の健康・出世を願う意味がある! 「端午の節句」は、男の子のお祝いを行う日です。 以下のような願いを込めて、お祝いを行います。 男の子が安全に健康に生きて行けるよう祈願する• 男の子が将来出世をしたり、立派な人物に成長するよう祈願する このような願いを込めて、命を守る武具としての鎧・兜や、滝を登った唯一の魚と言われる鯉を象ったこいのぼりを飾り、お祝いをします。 菖蒲=勝負、という語呂からの考え方もあるようですね。 なんで同日?「こどもの日」について また、男の子のお祝いをする日である「端午の節句」と、男女関係なく子どもの成長をお祝いする「こどもの日」が同日であることに疑問を持ったことはありませんか? こちらは、まだ歴史が浅いのですが、1948年に国会で制定をされた祝日のようです。 いつを祝日にするかを審議していた際、5月5日の他に、3月3日(桃の節句)や4月1日(学年が上がる)といった、他の子どものおめでたい日にしようという案も出ていたのですが、以下のような理由でふさわしくないとされ、5月5日になったようです。 3月3日は北海道等ではまだ寒すぎるため• 4月1日はエイプリルフールと重なり良くない そして、多数の請願が出ていた「端午の節句」の日を「子どもの日」と制定するにいたったようです。 「こどもの日」という捉え方では、男女分け隔てなくお祝いをする日となるわけです。 食事会・写真撮影・菖蒲湯でもってお祝いを行うのが一般的です。 「端午の節句」の際に準備をしておきたいもの 女の子の「桃の節句」では、主に準備をしておきたいものは雛人形一点でしたが、男の子の「端午の節句」に準備をしておきたいものは、二点あります。 それは、鎧兜とこいのぼりです。 この二点をお祝い飾りとして用意しましょう。 それぞれの詳細と、その他菖蒲湯、食事や服装等についても順に紹介していきます。 鎧兜・武者人形 鎧や兜は、古来日本の武家社会において、命を守る大切な武具でした。 そのため、現代でも厄除け・守り神といった意味で、男の子の健康や成長を見守るために飾られています。 大人が着衣できるほど大きな立派なものから、飾り棚におさまるコンパクトなものまで、女の子の雛人形同様さまざまなタイプの鎧兜があります。 パパ・ママの希望や、家に飾ったり収納をする際のスペースを考慮しながら選ぶと良いでしょう。 こいのぼり こいのぼりの「こい」は、ご存知、魚の「鯉」ですね。 鯉は、沼や池でも生息することができます。 デリケートな魚は、水質の些細な変化でもすぐに死んでしまいますよね。 鎧兜同様、コンパクトなものや壁掛け飾りのものなど、住まいの実情に合ったものを用意するのでも十分です。 一番大切なのは、飾りそのものの大きさや価値ではなく、子どもを祝いたいという親心です。 お祝い飾りの言われを理解しておき、各家庭ごとの祝い方をしてあげましょう。 節句のお祝いは誰が用意する? 鎧兜・こいのぼりといった「端午の節句」のお祝飾りを誰が用意をするのかについてですが、時代や地域によって以下の考え方があるようです。 一般的には、母方祖父母が贈る• 雛人形は母方が贈るが、五月人形(「端午の節句」のお祝飾り)は父方が贈る地域もある• 両親に負担をかけたくない、自宅の状況を考慮したい、といった理由でパパ・ママ自身が選び購入する その代わりに、縁起の良い食べ物というものがあり、お祝に来てくれた方々へのおもてなしとしても振る舞いたいものがあります。 それがこちらです。 柏餅 柏の葉は、次の葉が出てくるまで落葉しないと言われています。 そのことから、その家の跡継ぎが絶えない・子孫繁栄を願う食べ物として、柏の葉にくるまれた柏餅が縁起物とされています。 ちまき 漢字では「粽」と書き、もち米やうるち米で作った餅を笹の葉等に巻き、加熱(蒸す・茹でる)した食べ物です。 中国から節句の言われと一緒に伝わってきた伝統的な食べ物のようで、縁起物とされています。 縁起の良い食べ物としてこれらが挙げられますが、もちろん、親戚等を招いて食事会としている場でこれだけだと物足りないですよね。 そんな際には、縁起の良さそうなものから、ママが用意しやすいものや、皆の好みを考慮しながら献立を考えてみてください。 参考までに、「端午の節句」のお祝に適した献立をリストアップしておきます。 現代ではお祝いの食事に対しての細かい決まりはないため、気楽に用意できそうなものを取り入れてみてくださいね。 お赤飯• お寿司• 尾頭付きの鯛• 筍を使った料理…「どんどん伸びる」ことから縁起が良い• 出世魚使った料理…ぶり、すずきなど「出世魚」と言われる魚が、男の子の「出世」にかかっている• えびを使った料理…長寿を願う たくさんの人が集まる場合には、「端午の節句」用のお祝献立のデリバリー等を活用するのも良いでしょう。 服装 「端午の節句」の際の赤ちゃんの服装は、男の子らしいものを選ぶと良いでしょう。 といっても、カバーオール等普段着の上から、陣羽織を着せてあげるだけでぐっと男の子らしさが引き立ち、雰囲気が出ます。 記念写真も映えますね! 鎧兜と陣羽織がセットになっていない場合は、陣羽織に近いアイテムを用意しておくと良いでしょう。 なお、ベビー服は正装である必要はありませんが、陣羽織は隙間から下に着ている服が見え写真にも写るため、キャラクターものや派手なものよりは、落ち着いたものにしておいた方が良いでしょう。 パパ・ママをはじめ、大人の服装に特に決まりはありません。 男の子の節句「端午の節句」意味や由来を子供にも話してあげましょう 端午の節句についてご紹介してきましたが、全部を取り入れようと思うと結構大変です。 また、前述した端午の節句の由来についてもさらっと教えてあげるといいですね。 菖蒲についてはダジャレなので、子供たちには覚えやすく興味があるところではないでしょうか。

次の

【5月5日】端午の節句とは?お祝いでは何が必要?地域によっての祝い方の違いなど!│ママとれ

端午 の 節句

ちまきを食べるのは共通している 5月5日は端午の節句ということで、日本では「男の子の節句」「子供の日」として定着しています。 中国にも 【端午節】[Duan1wu3jie2]がありますが、中国では旧暦の5月5日です。 同じ「端午」の言葉を使うことから、やはり中国の暦からのルーツを感じさせますが、日本の「端午の節句」と中国の【端午節】はどこが似ていてどこが違うのでしょうか?【端午節】「端午の節句」両方について知ることで、中国人の友達の話題の種も増えるかもしれませんね。 諸説ある中から、ガイド個人が有力と思われるものを選んだ、個人的見解をもとに記事を作成しておりますことをご理解・ご了承願います。 <目次>• 端午節は「こどもの日」ではない!中国の「こどもの日」は6月1日 中国の「こどもの日」にあたる【児童節】[Er2tong2jie2]は6月1日です。 「児童節」を中国政府が定めたのは2002年。 まだ歴史の新しい祝日です。 それに対し「端午節」は、春節・中秋節に並び、中国の三大伝統節句とされています。 つまり、日本の「端午の節句」は、中国の端午節が伝わったものであるけれど、日本の習慣の中で独自なアレンジが加わって発展するうちに、「こどもの日」という意義も加わったことがうかがえます。 それでは、中国の端午節は、いつ、どのように生まれたものでしょうか? 「端午」という言葉のそもそもの意味は? 「端」には「はじめ」という意味があります。 「端午」は「午のはじめ」のことであり、十二支を各月にあてはめた時「午の月」は5月になります。 ということで「端午」は「5月の初旬」という意味なのです。 「端午」の【午】[wu3]は、数字の【五】[wu3]と同じです(日本語も「ご」の発音は同じですね)。 おそらく、暦が生活の中に浸透しつつあった素朴な時代に、5月の初旬の5日はゾロ目で語呂もいい……、ということで、やがて「端午」という言葉が5月5日に結びついていったのではないかと思われます。 それでは、中国の人々は「端午節」をどのように過ごしているのでしょうか? 中国の端午節にはドラゴンボートのレースが行われる 【端午節】に行われる有名な行事といえば、ドラゴンボートレースです。 「ドラゴンボート」とは、国際大会も開かれているスポーツ競技です。 舵取り1名、太鼓手1名と18~20人の漕手からなる細長いボートで、龍を模した飾りが施されています。 中国語で 【龍船】[Long2chuan2]と言います。 中国発祥のスポーツであるドラゴンボートレースは、春秋戦国時代の政治家かつ詩人であった屈原の入水自殺がきっかけとなって生まれました。 楚の政治家であった屈原は、正義感の強さと愛国心で多くの人の人望を集めていましたが、その反面、王に自分の忠告を聞き入れられなかったり、同僚の陰謀で地位を追われたりなど、不遇の人でもありました。 中国古典文学の名作として現在も読み継がれている「楚辞」の「離騒」は、屈原が国を憂い、その想いが届かず世を儚んでいる心情が詠われています。 そしてその詩のように、彼は楚の将来を儚んで5月5日に入水自殺してしまいました。 人々は屈原の遺体を探すために、川に船を出しました。 しかし遺体は見つかりません。 屈原の体が川の中で魚の餌になるのはしのびないと考えた人々が、船から太鼓を叩くなど大きな音を立てて魚を追い払いました。 それ以降、5月5日は屈原を偲んで川に船を出すという習慣が生まれ、それがやがてドラゴンボートレースとして発展することとなったのです。 現在では、公式なスポーツとして行われるドラゴンボートレースと、民俗的行事のお祭りとして行われるドラゴンボートレースがあり、旧暦5月5日には中国各地で様々な形で楽しまれています。 そんな中国の【端午節】で食べられるものといえば? 端午節には粽(ちまき)を食べます 屈原の体が魚に食べられないように、という配慮から、大きな音を立てて魚を追い払ったと同時に、魚が空腹にならないように(または、屈原への供養のため)川へちまきを投げたという言い伝えがあります。 ちまきは中国語で【粽子】[Zong4zi]です。 米を竹などの植物の葉で包み、それをゆでたり蒸したりすることで植物から出る灰汁が防腐剤代わりとなる保存食でした。 中国では古い時代からある食べ物で、各地方や民族独特の工夫が凝らされて進化し、現在も中国各地に「ご当地ちまき」があります。 旅先の屋台などで、できたてのちまきを食べたことのある人もいらっしゃることでしょう。 ちまきは、平安時代には日本に伝わっていました。 それ以降、中国のちまきに近いお弁当系ちまきが伝わっているほか、独自アレンジで生まれた羊羹やお饅頭に近い和菓子系ちまきがあります。 個人的に、お弁当系ちまきは「中華料理」、和菓子系ちまきは「和菓子」というイメージがありますが、いかがでしょうか? 日本は、中国からちまきを食べる習慣を取り入れた上に、柏餅も食べるという習慣を加えて発展しました。 これは、「端午の節句」が「こどもの日」に変わって行った背景が影響しています。 屈原の追悼だけでなく、端午節にはある願いが込められていて、それが日本では「こどもの日」という方向へ発展することとなったのです。 端午節は無病息災を願う行事 「端午節」=「愛国詩人屈原を偲ぶ行事」であることをご紹介しましたが、もうひとつの側面として、無病息災を祈念する行事であることも忘れてはなりません。 中国ではこの時期に薬草を摘み健康を祈願する習慣がありました。 中でもよもぎや菖蒲は邪気を払う力があるとされ、菖蒲酒を作って飲んだり、よもぎで人形を作って飾ったりなどしていました。 端午節は、日本には奈良時代には既に伝わっていたと考えられていますが、日本に伝わったのは無病息災を願う行事としてでした。 それは現在でも、お風呂に菖蒲の葉を入れて菖蒲湯にするなどの形で伝わっていますね。 まずは貴族が薬草を贈り合ったり、菖蒲を飾ったりという「端午の節句」が行われていたのですが、それがやがて武士の台頭とともに鎌倉時代頃から色合いが変わっていくのです。 日本の「端午の節句」の意味や目的とは 無病息災を願う行事に 飾られる菖蒲(しょうぶ)が、尚武(武芸を重んじること)に通じる上、菖蒲の葉の形が刀に似ているということから、「端午の節句」が武家社会の中で重要な行事に変わっていきます。 武士にとって大切なことは、武芸で名を挙げ、家名を守るべく立派な後継者を育てていくことです。 こういった日本の社会の願いが反映し、「端午の節句」は武家の男子のお祝いとして定着していきました。 五月人形が鎧兜であること、そしてそれらと一緒に菖蒲を飾ることは武家社会の中で形が固まったのです。 柏餅を食べるようになったのもこの流れの中で発生した習慣であると思われます。 柏の木は、新芽がちゃんと育ってから古い葉が落ちます。 そこから「家が断絶しない」「子孫繁栄」をイメージさせる縁起のよい植物であるとして武家社会で重宝されたのです。 とはいえ、武家社会の中で発展していった端午の節句の縁起物の中にも、中国からの影響は見てとれます。 鯉のぼり=これは「登竜門」という言葉を産んだ中国の故事成語にちなんだものです。 日本でも「鯉の滝のぼり」としてなじみ深い言い伝えですが、「川の急流にある『竜門』を登り切った鯉は竜になれる」ということで、立身出世の象徴です。 立身出世の象徴から、やはりこれもお家繁栄の縁起物として、家族が増えるごとに鯉の数も増やして楽しまれるようになりました。 端午節は、長い歴史の中で様々な願いが込められていった 【端午節】「端午の節句」にまつわる様々な伝承をご紹介してきましたが、個人的な意見としては、まず「健康祈願」が主となる季節の行事が発生し、屈原の命日と時期的に近かったのと、日づけの語呂がよいことから両者の行事が合体したのではないかと思います。 古い時代の人々には十分な医療設備もなく、薬草は貴重品であったろうと思います。 欲しい時にすぐ手に入るというものではないですから、薬草を摘む仕事は、おそらく最優先の作業として集落総出で行われていたのではないかと思われます。 やがて、集落のみんなが集まれば、何かイベントごとが欲しくなる……。 あちらの集落、こちらの村も同時期に総出で集まっているとなれば、ただ追悼の儀式で船を出すだけでなく、漕手の技量を競ってみたくなる……、そんな流れを想像しました。 また旧暦の5月5日頃は、春の農作業が一区切りつき、入梅を前にする季節の変わり目でもあります。 こうした時期は特に体調を崩しやすく、また、梅雨の影響で衛生環境も悪化します。 これらの状況を考えると、「薬草を確保する」「無病息災を願う」のは、現代に生きる我々が想像する以上に切実なものであったと思われます。 日本の場合は、それが「せっかく授かったお世継なのだから健やかに成長して欲しい」という想いへ、そして武家社会のお家存続の願いとマッチして、今のような方向へ流れていったのではないかと思います。 中国の暦のことを知り、中国の暦の文化を受け取った日本がどのようなアレンジを施していったのかを知り、それらについていろいろと考えをめぐらせるのは面白く、興味がつきませんね。 中国人の友人との話題の種にしてみたり、日中両国の文化や習慣を知る種にしてみたり、あなたなりに暦の雑学を楽しんでみてください。 【関連記事】•

次の