天保 12 年 の シェイクスピア。 舞台「天保十二年のシェイクスピア」を観てきました

【東京公演は】『天保十二年のシェイクスピア』という舞台がありましてね【予定枚数終了みたい】

天保 12 年 の シェイクスピア

おはようございます。 底辺作家、略して「ていらの」です。 皆さん、舞台って見に行ったりします? 私、昔はけっこう見に行ってたんですが、ここ数年はさっぱりです。 しばらくは貧乏暮らしで生きていくことを決めたので、舞台というエンタメはちょっとお金がかかりすぎます。 ですが、そんな状況でも公演情報を見て「おっ?」と思った作品がありました。 それが『』です。 作: 作品の全要素を パロって盛り込んでます! 公演時間4時間オーバー! そんな作品です。 こんだけ煽っておいて大変申し訳ありませんが、私は来年のこの公演には行きません(笑)実は、2002年に、の主催である、氏が演出をしたときの公演を見てるんですね。 そのときはフリーターで昼間は暇だったので、公演期間中は毎日のように当日券を求めて電話してたと記憶しています。 そしてやっと立ち見のチケットをゲット。 後にも先にも、舞台公演を立ち見で見たのはこのときだけです。 まあ舞台を2本見る感じですね(笑) 見てる方も(私は立ち見だし)そりゃ大変ですが、おそらく役者さんはもっと大変だったでしょう。 しかもこれを連日やるわけです。 ただ、このときのキャストが豪華すぎて……。 、、、、……etc。 もうね、このキャストを見るまで、 「のナマの芝居を見たことがある」 ということをすっかり忘れていましたよ。 この公演の5年後に、 『』にて、 はアンチスパイラルを。 はロージェノムを。 それぞれ演じることになるわけですが、を視聴していたときは、そんなことをすっかり忘れていましたよ。 それと比べてしまうと、どうしても今回の公演は「行かなくていいかな……」と思ってしまうわけです。 (と言っても、もう東京公演はチケット買えないですが) それとね、「エンタメとしてどうだった?」と感想を問われたなら、一番最初に出てくる言葉は「長かった」と「有名人の芝居超すげえ」くらいです。 もっとも、当時の私は今以上にちゃらんぽらんですので、観劇に値する知見が大いに不足していたはずです。 そういった意味では多少は知識をつけた今、本作を見れば、また違った感想があるかもしれないのですが、「2002年と同じキャストでみたい……」と思ってしまいますよね。 隔てるものなく、演者と観客が時間と空間を共有してるってすごくないですか? お笑い事務所主催の若手芸人主体のライブも、ナマで見るとめっちゃ面白かったりします。 テレビでは絶対やれないようなネタが見られるので(笑) チケットの予約、安くないチケット代、交通費、劇場までの移動時間、観劇時間……これだけ費やしても、見てみたら「つまらんかった……」なんてのはザラだったりしますが、ちょっとでも興味があったら劇場に足を運んでみてはいかがかしら? teiranox.

次の

「天保十二年のシェイクスピア」を観劇しました/愛憎は時代を超えて

天保 12 年 の シェイクスピア

日生劇場で上演中の舞台「天保十二年のシェイクスピア」を観てきました。 この演目は映像で観たことがありましたが、舞台は初めて。 高橋一生さんを舞台で観るのも初めてだし、木場勝己さんや辻萬長さんも出てらっしゃるしで、そりゃもう楽しみにしておりましたとも! 大悪党なのに魅力的なのがフシギ 井上ひさし氏作の、悪党が主人公の作品といえば「藪原検校」がありますが どちらも共通してると感じるのが、 悪党なのに魅力的なの。 天保十二年のシェイクスピアの三世次(高橋一生さん)も、悪辣で醜いのになんともいえず憎めないのよ~ 日生劇場にて激賛上演中の『天保十二年のシェイクスピア』舞台写真集を、東宝演劇Facebookページにアップいたしました。 下総国清滝村の旅籠を取り仕切る鰤の十兵衛は、老境に入った自分の跡継ぎを決めるにあたり、三人の娘に対して父への孝養を一人ずつ問う。 腹黒い長女・お文と次女・お里は美辞麗句を並べ立てて父親に取り入ろうとするが、父を真心から愛する三女・お光だけは、おべっかの言葉が出てこない。 十兵衛の怒りにふれたお光は家を追い出されてしまう。 月日は流れ、天保十二年。 跡を継いだお文とお里が欲のままに骨肉の争いを繰り広げている中、醜い顔と身体、歪んだ心を持つ佐渡の三世次が現れる。 謎の老婆のお告げに焚き付けられた三世次は、言葉巧みに人を操り、清滝村を手に入れる野望を抱くようになる。 tohostage. html 「天保十二年のシェイクスピア」は、井上氏の初期作品群のひとつだそうですね。 ナンセンスでエログロだけど、構造が巧みで、登場人物は善い人も悪い人も人間くさくて魅力的。 「天保水滸伝」という講談にシェイクスピアの戯曲を入れ込むという、一見なんの意味があるのか?!と思ってしまう趣向の中に、強烈な批判精神を感じてしまいます。 だいたい、シェイクスピアって下世話だしね、もともと(笑) 観てすぐに満足のつぶやきを投下したわたくし 天保十二年のシェイクスピア めっちゃ良かったです 前に映像で観たのより こっちのが好き! ふうかちゃんとうらいくんが 可愛すぎてニヨニヨ止まらず 一生さんはまぁ台詞もだけど 動きが凄い そして手指がエロい 指先ね指エロい 何度でも言う 木場さんは絶対歌が上手いはずと思ってたらやはり字数 — まみろう mamirow 一生さんの指にやられてる(笑) 笑えるくらい、どんどん死ぬ この表現は語弊があると思いますが、ほんとーーーに 笑えるくらい登場人物が死にます。 この点も「さすがシェイクスピア作品」って思っちゃうけどね。 だって、観ていてわかるわけですよ、 「あ、このネタはあの作品のあのあたり・・・」 って。 そうすると、すぐに見当がつくわけです。 「この人はこういう展開の後に死ぬな」 三世次(この名前がもうすでにリチャード三世だよね)の策略にハマッたり、誤解やすれ違いで悲劇が起きたり。 「ああこれはロミオとジュリエット・・・あれ、でもこのふたりはすれ違って死なないのね」 と思っていたら、 別の場面で別のカップルがすれ違いで死ぬ(笑) そうきたか!と思って笑ってしまうという流れ。 うまいよね~ でもね、どの場面がシェイクスピア作品のパロディなのかを見極めようとして観ると、つまんないとも思う。 話の流れで、後から 「あ、これは」 って気づいてクスッと笑えるくらいがいいよね。 だいいち、ひとつのシーンに色んな作品の台詞や設定が込められていて、全部を瞬時に見極めることなんてできない。 冒頭、侠客の親分が3人の娘に財産分けするところなんて、「リア王」はすぐわかるけど、その場の台詞には ヘンリー8、ヘンリー5世、ロミオとジュリエット、ペリクリーズ、終わりよければすべてよし、じゃじゃ馬ならし も入れ込んであるんだって。 (パンフレットより) 全然わかんない!w どうしても解明したかったら、DVD・Blu-rayの発売が決定しているので、じっくり見返してみても良いかもね。 ハムレットの超有名な台詞 「to be or not to be」 の 各年代・翻訳者ごとの訳を叫ぶシーンでは爆笑しました(笑) アラフォーとは思えないほど若いし。 ふうかちゃんと並んで全然違和感ないw 高橋一生さんも台詞が聞き取りやすくてめっちゃ気持ちよかった。 動きもすごくて、足が悪いのに身が軽い三世次を飄々と演じてましたね~。 醜い外見で悪事を重ねていくんだけど、生きるためにはそうならざるを得ない悪党の悲しさ弱さもちらほら。 とても魅力的な三世次でした。 私の大好きな木場勝己さん・辻萬長さんも相変わらず声が良く芝居も締まってる。 ふうかちゃんは可愛いのとカッコいいのの両方が楽しめてトクした気になるw ただのお祭り騒ぎで終わるんじゃなく、ナンセンスな中に 「で、あんたはどっちを向いて生きるのか、決めてるの?」 と尋ねられたような気持ちになる。 和物でありながら豪勢なミュージカルともいえて、楽しめました!.

次の

「天保十二年のシェイクスピア」を観劇しました/愛憎は時代を超えて

天保 12 年 の シェイクスピア

蜷川組の役者を揃え、アングラかつシェイクスピアをとことん魅せた2005年蜷川版。 ロックと爆発するような小劇場のパワーで魅せた2002年いのうえひでのり版。 上記に比べると、今回の東宝版はややパンチ不足。 特に一幕前半が弱い。 エロがあっても、何だかマイルド。 とはいえ今回唯月ふうかさんが素晴らしいので、お光再登場から一気に盛り上がる。 賭場に乗り込む場面、着物がお端折りの無い男性の着るもののようで格好良い。 男装という事か? (蜷川さん版の篠原さんも男装だった気がする。 記憶違いだったら済みません) 改めて過去2本は上手い役者さんを揃えていたと痛感。 今回は木場さんの上手さが際立っている。 きじるしの王次の浦井くん、恋バカっぷりはさすがだし、アクションも軽々こなす。 To be or not to beの翻訳をちゃんと語るのも良い。 (藤原王次は有り。 サダオ王次は無し) ただ「きじるし」と名付けられている人物には見えないのは、今回の芝居の方向性なのだろうか。 過去2人が登場シーンの狂いっぷりのインパクトが凄かったので、どうしても思い起こされてしまった。 肝心の高橋一生くん。 声のトーン、台詞の抑揚、何故こんなに上川さんに似せているのか。 本人の演技プランか演出の指示なのかわからないが、存在感も凄いし、上手いのだけど、良い印象が持てなかった。 アンサンブルさんの歌が良い。 コーラスが綺麗。 宮川さんの音楽も楽しい。 1曲目「もしも」はちょっと蜷川さん版を思い出せる。 演出もだが、良い意味で蜷川さん版のリスペクトがあるのが嬉しい。 佐吉と浮舟太夫のサイドストーリーが、とても良かった。 舞台美術が綺麗。 季節感もあり、また高さのあるセットは迫力がある。 過去の天保はリピート観劇したが、確かに一回目の観劇は物足りなさが残った事を考えると(2回目以降は面白くて夢中になった。 )、今後の盛り上がりに期待。 改めて『天保十二年のシェイクスピア』というのは、良い脚本だと感じた。 でもシェイクスピア全作品がどこに隠されているかの解き明かしは、かなり難しい。 (主要なものしか判らん…) 【書き忘れた事を追記】 よりミュージカルっぽさを目指したと思われる今回の東宝版だが、芝居面では圧倒的に木場さんの存在感が際立つ。 上手さもだけど、戯曲の世界観を存在だけで見せてくれるのだよね。 とはいえ『Take me out 2018』 で注目した章平さん、『宝塚Boys』が良かった木内健人さん等、若手陣が頑張っているのをみるのは嬉しい。 特に幕兵衛は前任2人が上手いので大変だと思う。 体格に恵まれているのが大きな利点だが、刀に重さが欲しい所。 ラスト鏡の場面。 舞台全面鏡にしたのは、いのうえ版と同じ。 蜷川版は確か姿見だけだったと思う。 いのうえ版から年数がたっていない事もあり、同じ演出は避けたのだろうが、効果を考えると、絶対全面鏡のほうが良い。 舞台の魅せ方は、所々いのうえ版を思い起こさせる。 ただ前述の通り、三世次の台詞まわしが上川さんそっくりなのは何だかなぁ。 一回のみの観劇なので、音楽を覚えられないのが心残り。

次の