検索 ショートカット キー。 137個のWindowsショートカットキー一覧表(PDF有)

Windows10でタスクバーにある検索ボックスのショートカットキー

検索 ショートカット キー

次のメッセージに切り替える メッセージを開いたまま。 Tab Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動する。 F6 Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動し、Outlook リボンにアクセス キーを表示する。 方向キー フォルダー ウィンドウ内を移動する。 Space [閲覧ウィンドウ] 内で 1 ページ下のテキストに移動する。 Esc 検索結果をクリアする。 F4 開いているアイテムの中でテキストを検索する。 開いているアイテムの [閲覧ウィンドウ] で機能します。 F12 名前を付けて保存する [メール] のみ。 F7 スペル チェックを実行する。 F2 フィールド内の編集を有効にする [メール] ビューまたは [アイコン] ビューを除く。 Insert 未読メッセージにクイック フラグを追加する。 F4 検索または置換を実行する。 次の予定に移動する。 F11 [アドレス帳の検索] ボックスに名前を入力する。 F5 配布リストのメンバーの一覧を更新する。 開いている連絡先で、リストに記載されている次の連絡先を開く。 F11 連絡先を検索する。 Esc 連絡先を閉じる。 Insert アイテムにフラグを設定するか進捗状況を終了にする。 テキストの書式を設定するのショートカット表 Web情報をアイテムに追加する ショートカットキー 説明 Home 稼働日の開始時刻を選択する。 End 稼働日の終了時刻を選択する。 PageUp 1 画面上の時間のブロックを選択する。 PageDown 1 画面下の時間のブロックを選択する。 Home 一覧の最初のカードを選択する。 End 一覧の最後のカードを選択する。 PageUp 現在のページの最初のカードを選択する。 PageDown 次のページの最初のカードを選択する。 起点より後のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 起点より前のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 Enter 選択したアイテムを開く。 Home アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最初のアイテム、またはグループ内の最初のアイテムを選択する。 End アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最後のアイテム、またはグループ内の最後のアイテムを選択する。 アイテムが選択されているときのショートカット表 グループが選択されているとき.

次の

[039493]ショートカットキー一覧

検索 ショートカット キー

次のメッセージに切り替える メッセージを開いたまま。 Tab Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動する。 F6 Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動し、Outlook リボンにアクセス キーを表示する。 方向キー フォルダー ウィンドウ内を移動する。 Space [閲覧ウィンドウ] 内で 1 ページ下のテキストに移動する。 Esc 検索結果をクリアする。 F4 開いているアイテムの中でテキストを検索する。 開いているアイテムの [閲覧ウィンドウ] で機能します。 F12 名前を付けて保存する [メール] のみ。 F7 スペル チェックを実行する。 F2 フィールド内の編集を有効にする [メール] ビューまたは [アイコン] ビューを除く。 Insert 未読メッセージにクイック フラグを追加する。 F4 検索または置換を実行する。 次の予定に移動する。 F11 [アドレス帳の検索] ボックスに名前を入力する。 F5 配布リストのメンバーの一覧を更新する。 開いている連絡先で、リストに記載されている次の連絡先を開く。 F11 連絡先を検索する。 Esc 連絡先を閉じる。 Insert アイテムにフラグを設定するか進捗状況を終了にする。 テキストの書式を設定するのショートカット表 Web情報をアイテムに追加する ショートカットキー 説明 Home 稼働日の開始時刻を選択する。 End 稼働日の終了時刻を選択する。 PageUp 1 画面上の時間のブロックを選択する。 PageDown 1 画面下の時間のブロックを選択する。 Home 一覧の最初のカードを選択する。 End 一覧の最後のカードを選択する。 PageUp 現在のページの最初のカードを選択する。 PageDown 次のページの最初のカードを選択する。 起点より後のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 起点より前のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 Enter 選択したアイテムを開く。 Home アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最初のアイテム、またはグループ内の最初のアイテムを選択する。 End アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最後のアイテム、またはグループ内の最後のアイテムを選択する。 アイテムが選択されているときのショートカット表 グループが選択されているとき.

次の

[039493]ショートカットキー一覧

検索 ショートカット キー

Word 2010以降、 [Ctrl]+[F]で ナビゲーションウィンドウが表示されるようになりました。 それまでに起動していた [検索と置換]ダイアログボックスは、 [高度な検索]となり、 [ホーム]タブの右端の [編集]グループから起動することになりました。 私はいまだに [検索と置換]ダイアログボックスを多用しているので、 [Ctrl]+[F]でこれまで通りに起動するようにしているのは、このブログでさんざん紹介しているとおりです。 とは言っても、 ナビゲーションウィンドウを普段から使っている方のほうが多数派だろうと思いまして、 ナビゲーションウィンドウで役立つショートカットキーを紹介します。 もちろん、 [検索と置換]ダイアログボックスでも同じように使えます。 この記事でできること ナビゲーションウィンドウの検索結果の個所に、ショートカットキーで自在にジャンプできるようになります。 以下のように「タッチパネル」と検索した際に、前の検索箇所や次の検索箇所にジャンプできます。 ショートカットキー [Ctrl]+[PgUp] 文書の先頭側の検索箇所にジャンプします。 [前の検索]です。 [Ctrl]+[PgUp] 文書の末尾側の検索箇所にジャンプします。 [次の検索]です。 ナビゲーションウィンドウにフォーカスがあるときには使えません。 文書にフォーカスを移動してから(文書をクリックしてから)ご利用ください。 対応するボタンは? 実は、この前後の検索箇所にジャンプする機能は、以下の小さなボタンに対応しています。 ボタンの色が変わっていますよね。 これらのキーは ナビゲーションウィンドウのようなウィンドウ(ペイン)内や通常の操作ダイアログでフォーカスを移動するときに使います。 [Tab]キーを押すと次のところにフォーカスが移動します。 [Shift]+[Tab]で前の個所にフォーカスが移動します。 慣れると便利なので、いろんなウィンドウやダイアログで試してみてどのようにフォーカスが移動するのかご確認ください。 応用技 今回のショートカットキーは ナビゲーションウィンドウでの例を紹介しましたが、これは [検索と置換]ダイアログボックスの検索結果に対しても同じように使えます。 [検索と置換]ダイアログボックスを表示したままだと検索キーワードの周辺を見渡せないし、場合によっては検索箇所がダイアログの裏に隠れてしまって見えない場合があります。 このような場合にはダイアログを閉じて(しつこいかもしれませんが、ダイアログを閉じるためのショートカットキーは [Esc]キーです)、上記の2種類のショートカットキーで検索箇所をジャンプします。 お試しください。 関連記事•

次の