尿 検査 細菌。 [医師監修・作成]膀胱炎になったらどんな検査をする?尿検査、細菌検査、血液検査など

[医師監修・作成]尿路感染症の検査:尿検査・細菌学的検査など

尿 検査 細菌

昔からなじみのある検尿の検査。 その基本的な 知識についてまとめておきましょう 尿検査は大人になってからの検診や人間ドックだけでなく、保育園や小学校の健康診断などでも実施されるポピュラーな検査なので、みなさん受けたことがおありでしょう。 「おしっこを採る」といういわば非日常的な行為は、幼心に強い印象を持っている方も多いのではないでしょうか? 一方、医療の現場、健康診断では尿検査というのは極めて有用な検査です。 それは、検便の検査と同様、身体に負担がかからない検査であるでありながら、色々な臓器の異常や疾病の徴候を見ることができるからです。 検便の検査については、「」を併せてご覧下さい。 尿検査でわかること 尿の異常を理解するためには、腎臓・尿管・膀胱・尿道といった解剖を理解しておくと良いでしょう では、尿検査では何を測定し何がわかるのでしょうか? それは尿が作られるまでの過程を考えるとわかりやすいと思います。 尿は、腎臓と言う臓器で作られます。 腎臓はいわば血液から不要な物質を濾し取る臓器です。 腎臓で作られた尿は、尿管を通って膀胱に集められ、ある程度の量が貯まると尿道を通じて排泄されます。 通常は、ゴミの不要な成分と水分が尿を通じて体外に排泄されるということになりますが、様々な疾病によって、尿中に本来は含まれるはずのないもの、含まれてはならないものが混じってきます。 尿検査では、これらをチェックするわけです。 尿検査の代表的な項目 では、どんなものが混じってはいけないのでしょうか? 代表的なものについて解説しましょう。 蛋白(タンパク) 蛋白は基本的にゴミではありませんので、本来は腎臓できれいに濾し取られて、再び血液中にもどります。 これが尿中から見つかるということは、濾し取る編み目に問題があるということになります。 もし、蛋白が認められた場合には、腎臓の病気(腎炎やネフローゼ症候群)などの可能性を精査していきます。 糖 腎臓の機能そのものが正常でも濾し取る血液に含まれる糖の成分が多ければ、当然、濾し取ったあとの尿にも糖分が含まれます。 血糖を測定するには採血しなくてはなりませんので身体にそれ相応の負担がかかります。 しかし、尿糖は排泄された尿を測定するため身体に負担がかかることはないというメリットがあります。 最近はメタボリックシンドロームで知られるように糖尿病患者さんが増えていることもあり、健康診断での尿糖チェックはほとんどのケースで行われています。 ウロビリノーゲン これも糖と同じく、腎臓の機能そのものではなく濾し採る血液中に多く含まれていると、尿中にも出てくるのでチェックできるというものです。 ウロビリノーゲンは肝臓の細胞や赤血球の中に含まれている成分で、少量は血中にも尿中にも含まれるのが通例です。 しかし、肝臓の細胞がダメージを受けたり、赤血球が多量に壊れたりすると血中の値も上がり、尿中にも検出されます。 潜血 通常は尿中に血液は混じりません。 しかし、腎臓から尿管、膀胱から尿道から出血があると、尿中に血液が混じるようになります。 腎炎や膀胱炎のような疾患の他に、やはり、注意しておきたいのは腎臓・泌尿器系の悪性疾患(がん)です。 基本的に初期は症状が出ることは少ないので尿潜血陽性の場合にはきちんと精査をしておくことが必要です。 尿検査で異常が出たら……再検査・要精密検査.

次の

細菌検査のお話|検査のお話|検査科|診療科等一覧|東京都立大塚病院

尿 検査 細菌

そもそも細菌尿とは? 細菌尿の定義は、 無菌的に採尿した尿の中に、細菌が 1 ml中に10万個以上あるもののことです。 健康な方の尿は無菌ですが、紙コップで採尿する方法の場合は、尿道や外性器の常在菌や雑菌が混入しやすくなっています。 また、室温で長時間放置するとさらに、 外部から落下した細菌も加わることで、細菌が増殖することもあります。 そのため、一般的な尿の検査の場合は尿に細菌が混入することが多くなります。 ですので、できる限り菌が入らないように無菌的に採尿し、短時間で検査を行った上で、多量の細菌が見つかった場合に 「細菌尿」と呼びます。 また、細菌尿と合併して 真菌や トリコモナスなどが出現することもあります。 亜硝酸塩試験(試験紙検査)• 尿沈渣• 塗抹・培養• 定量培養検査• 自動分析法 の5つです。 これら5つの検査は、最初から5つ全部おこなうわけではありません。 一番一般的で簡易な検査は、 尿試験紙法とも言われる 試験紙検査です。 尿試験紙法は、スクリーニング検査として広く用いられています。 ここで細菌尿の可能性がある場合や、腎臓・泌尿器の病気の可能性がある場合に、 尿沈渣が行われます。 試験紙法や尿沈渣で膿尿(尿に白血球が認められる状態)があった場合、 塗抹標本で染色したり、定量培養検査などを行うことで細菌尿を確認し、さらに原因になっている 菌の特定をしていきます。 では、それぞれについて詳しく説明していきますね。 関連記事) 亜硝酸塩試験(試験紙検査) 亜硝酸塩試験などと聞くとなんだか難しそうですが、通常の尿検査と同様に 試験紙で短時間に判定できる検査です。 尿に試験紙をつけて、しばらくすると結果が出ます。 尿中には硝酸塩が存在します。 大腸菌や一部のブドウ球菌、腸球菌、緑膿菌などの細菌は、この尿中に存在する 硝酸塩を亜硝酸塩に還元する機能があるため、この亜硝酸塩を検出することによって、細菌尿か判定します。 この検査は特異度が高いため、検査で陽性であれば、ほぼ 細菌尿と判定されます。 ただし、細菌が陽性か陰性かのみの検査になりますので、 詳しい菌の種類などは特定できません。 ですので、ここで引っかかった場合は、尿沈渣まで調べるのが一般的で、さらに必要に応じて塗抹標本で染色したり、定量培養検査などを菌の同定をおこなっていきます。 尿沈渣鏡検法 尿沈渣とは尿を遠心分離にかけ、沈殿した固形物を 顕微鏡で観察する方法です。 強拡大(400倍)で 10〜20個の細菌がすべての視野で見られれば、尿路感染症と判断されます。 関連記事) 塗抹・培養 スライドガラスに尿を固定した標本を作り、 グラム染色によって見極めます。 グラム染色とは細菌を染色することで分類するための方法です。 この染色によって 紫に染まった場合は「 グラム陽性」で、 赤く染まった場合は「 グラム陰性」となります。 さらに培養することで原因の菌を特定していきます。 定量培養検査 正常な尿の中にも腸内細菌が入ることがありますが、この腸内細菌も尿路感染の原因になります。 そのため、この腸内細菌が尿路感染の原因になっているかどうかを、希釈した尿を培養することで調べます。 コロニーとは、一つだけでは見えにくい小さな細菌を培養することで菌が集まり、見えやすくすることで菌数がわかるようになります。 自動分析法 採尿した尿をそのまま分析装置にかけるだけで 自動的に細菌の有無や形態などを短時間で確認できます。 高感度ではありますが、高価なため、大規模な病院の検査室などで使われており、今後普及していくと思われます。 これらの 5つの検査方法により、細菌尿を同定・診断していきます。 無菌状態で採尿できる方法もありますので以下で紹介しますね。 カテーテル尿(導尿) 尿道からカテーテルという管を入れて、 膀胱から直接尿を採取します。 この場合、無菌的に尿を採取できますが、不快感が大きく、カテーテルによって尿道が傷ついたりすることで尿路感染症になる可能性もあります。 そのため、このカテーテルでの採尿は、 自然採尿が困難な場合の方法となります。 膀胱穿刺尿 膀胱穿刺尿というのは、 恥骨の上の辺りから膀胱に直接針を刺して採尿した尿のことです。 確実に無菌の尿が採尿できますが、痛みや不快感があるため、 自然排尿やカテーテルでの導尿が困難な場合にのみこの方法が取られます。 尿に細菌が出て熱がある場合はどんな疾患が考えられる? 尿に細菌が出ている場合、考えられる主な疾患は 膀胱炎や 腎盂腎炎、 前立腺炎、 腎結核などの 尿路感染症です。 膀胱炎は熱が出にくいことで知られていますが、他の尿路感染症は一般的に発熱を伴います。 ここでは、• 腎結核 についてみていきましょう。 腎盂腎炎 特に急性腎盂腎炎の場合は 高熱が出ます。 戦慄(震え)• 腰背部痛• 下腹部の熱感• 排尿時の不快感 これらの症状が見られます。 腎結核は、肺結核から結核菌が血液の流れに乗って腎臓に伝播することで発症します。 腎結核の場合は、尿中に結核菌が見られます。 尿に細菌が出た場合の再検査時の採尿方法• 自然採尿で中間尿を採る• カテーテル尿(導尿)• 膀胱穿刺尿• 尿に細菌が出た場合の検査方法は• 亜硝酸塩試験(試験紙法)• 尿沈渣• 塗抹・培養• 定量培養検査• 自動分析法• 尿に細菌が出て熱がある場合に考えられる疾患は腎盂腎炎と腎結核 いかがでしたか? 自然に採尿した場合は、細菌が混入しやすく、細菌が陽性と出る方は多いですが、尿道口周辺を清潔にした上で検査することで正しい判断ができます。 また、細菌が検出されても、様々な検査により細菌の種類を特定していくことで、原因菌を特定し、それに合わせた治療をしていきます。 細菌尿が出ても、異常がない場合もありますので、再検査の結果を待ちましょう。

次の

尿培養検査(細菌検査)|検体検査

尿 検査 細菌

A ベストアンサー こんにちは。 突然ですが回答させてもらいます。 >何故尿に血液が混ざるのでしょうか? 尿の潜血反応は、通常試験紙法によって検査されます。 この検査は、非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざつただけで も陽性となるため、健康診断では、かなりの比率で陽性になってしま います。 特に女性では、生理の影響で陽性率が高くなつてしまいます。 また、 生理の直後などでもほんの少しの血液が尿に混入して陽性となりま す。 痩せ型の方は、ナットクラトカー くるみわり 現象 先天的に動脈が挟 まれて血管から赤血球が染み出しておしっこに混ざってくる が多い です。 これは、あっても問題ないです 尿潜血反応が陽性になる原因には、非常に多くのものがあります。 健康診断で陽性となり、二次検査にまわった方は、尿検査のほか、 血液検査、超音波検査、レントゲン検査など、非常にたくさんの検査 をおこなった記憶があるかもしれません。 その結果、「原因がはっきりしないので、このまま様子を見ましょう」 という結論になった方も少なくないでしょう。 >何か生活習慣を変えた方がいいのでしょうか? 尿潜血が陽性となる病気の多くは、ほかにこれといった症状がみら れません。 したがって、健康診断などでたまたま見つかることが大半です。 腎臓病などでは、以前から健康診断のたびに 尿潜血をいわれてい たが症状もないため放っておいて、気がついたら腎不全で透析をし なくてはならなかった、ということもありますので、原因がはっきりわ からない場合でも定期的な健診が有効になります。 塩分の摂りすぎに注意して、疲労を貯めない生活を心がけましょう。 こんにちは。 突然ですが回答させてもらいます。 >何故尿に血液が混ざるのでしょうか? 尿の潜血反応は、通常試験紙法によって検査されます。 この検査は、非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざつただけで も陽性となるため、健康診断では、かなりの比率で陽性になってしま います。 特に女性では、生理の影響で陽性率が高くなつてしまいます。 また、 生理の直後などでもほんの少しの血液が尿に混入して陽性となりま す。 痩せ型の方は、ナットクラトカー くるみわり 現象 先天的に動脈が挟 まれて血管から... A ベストアンサー 細菌検査が陽性であるからと行って必ずしもそれが病気というわけではありません。 通常は細菌が体に対して悪さをし、体が防御反応を示してはじめて病気 症状出現 となります。 ですから、まずは慌てることなく泌尿器科の先生に再検査をしていただいて、 治療の要否を判断してもらいましょう。 ただのコンタミ 検査の際の細菌混入 ということもあり得ますし。。。 また泌尿器はその性格から性交による細菌感染が割合多いとされています。 奥様も同様の結果とのことですので、一緒に見てもらった方が良いかもしれませんね。 もし治療が必要な場合でも、ちょうど抗生剤の排泄経路に当たる部分ですので、 高度耐性菌 薬の殆ど効かない菌 でない限りそれほど難しくはないと思われます。 A ベストアンサー まず、個人医院で良いので検診の結果を持って泌尿器科又は腎臓内科に受診してください。 血の繋がった方で腎臓病の人がいないかどうか、あらかじめ確認して行ってください。 最初にエコー 超音波 で膀胱と腎臓をみます。 この時、膀胱にある程度おしっこが貯まっていないと膀胱壁がちゃんと見えないので、家から出る時におしっこをしないで行ってくださいね。 次に検尿です。 試験紙で検査したあと、顕微鏡で赤血球が見えるかどうか確認します。 毎視野5個以上の赤血球がある場合が異常とみなされます。 試験紙で潜血の反応があっても、顕微鏡で赤血球を確認しなければ「出血している」とは判断しません 年齢的に若い方では腎臓や膀胱のがん等は考え難いですが、念のため尿中にがん細胞が無いかどうか尿を細胞診に提出する事もあります。 最後に採血をして、腎臓の機能に異常がないかどうか確認します。 細胞診も採血結果も結果が出るまで1週間位かかります。 全ての結果を総合して判断しますが、採血で腎機能障害が無い場合はCT等を追加で行います。 尿潜血で考えられるのは、腎臓結石 尿管結石 腎膿胞 IgA腎症 日本人に一番多く見られる腎臓病です 腎臓がん 尿管がん 膀胱がん 急性腎炎 慢性腎炎 などさまざまありますが…。 痩せ型の方は、ナットクラトカー くるみわり 現象 先天的に動脈が挟まれて血管から赤血球が染み出しておしっこに混ざってくる が多いです。 これは、あっても問題ないです。 検査や診察料金は、はっきりわからないのでお答えできませんが…。 検診で尿潜血を指摘され、精密検査をしても問題無い事も多いです。 しかし、現段階では何も無いとも言い切れませんので、まずは、早めに受診して検査をしてもらいましょう。 まず、個人医院で良いので検診の結果を持って泌尿器科又は腎臓内科に受診してください。 血の繋がった方で腎臓病の人がいないかどうか、あらかじめ確認して行ってください。 最初にエコー 超音波 で膀胱と腎臓をみます。 この時、膀胱にある程度おしっこが貯まっていないと膀胱壁がちゃんと見えないので、家から出る時におしっこをしないで行ってくださいね。 次に検尿です。 試験紙で検査したあと、顕微鏡で赤血球が見えるかどうか確認します。 毎視野5個以上の赤血球がある場合が異常とみなされま... Q 糖尿病かもしれないと内科に行ったところ、尿検査で白血球が出ました。 25歳男です。 先日、家族に「トイレ行ったあと、中にはいると結構甘い匂いがする」「最近やたら甘いもの食べてる」「わたしも糖尿病の気があるし、血液検査してもらったら」と勧められ先ほど個人の内科医院に行ってきたんです。 尿検査と血液検査をして、尿には糖もなく血液検査の血糖値も正常だそうです。 しかし、「尿に白血球が出ている。 腎臓の病気したことあるか」と訊かれ、数年前に急性腎盂腎炎になったと答えました。 急性腎盂腎炎のときは点滴をして家で抗生物質を飲んで数日で治っています。 糖尿病の血液検査はセンターに送って過去三ヶ月の数値を調べるそうですが、おそらく糖尿病の心配はないそうで、それは安心したのですが、尿検査で引っかかったのが初めてでとても怖いんです。 ただただ、「おしっこにばい菌があったので五日間抗生物質飲んで、また尿検査しますからね」「腎臓がちょっと悪いのかな」と言われただけなので素人にはわかりません。 そう言われば少し前から、朝起きてから午前中は、熱はないけどちょっと体が火照ったりだるい感じがすることが多いんです。 体温計で何度測ってもたいてい熱はないのですが、時々微熱があるんじゃないかっていうだるさがあります。 今度の検査まで不安です。 何の病気が疑われるでしょうか? ものすごい大きな病気が隠れてないか怖いんです… 糖尿病かもしれないと内科に行ったところ、尿検査で白血球が出ました。 25歳男です。 先日、家族に「トイレ行ったあと、中にはいると結構甘い匂いがする」「最近やたら甘いもの食べてる」「わたしも糖尿病の気があるし、血液検査してもらったら」と勧められ先ほど個人の内科医院に行ってきたんです。 尿検査と血液検査をして、尿には糖もなく血液検査の血糖値も正常だそうです。 しかし、「尿に白血球が出ている。 腎臓の病気したことあるか」と訊かれ、数年前に急性腎盂腎炎になったと答えました。 急性腎盂腎... A ベストアンサー 泌尿器科が抵抗あるなら、 内科で良いですよ。 尿検査で膀胱炎の診断がつけば、 血液検査は不要かもしれません。 患部を見ることは、よほど症状がひどかったり、 肉眼的血尿で、陰部に出血が考えられる場合以外はありません。 膀胱炎で症状がひどくないなら、 水分をたくさんとって、 膀胱内の細菌を洗い出せば治るかもしれません。 1日水2リットルを飲み、普通に食事をして、 コーヒーやココアなどの利尿作用があるものも 1日数杯飲みましょう。 数日で症状が軽減されれば 病院に行かなくても良いかもしれませんよ。 ただ繰り返しやすいので、 尿意を我慢しない、日ごろから水分をしっかり取るなど 気をつけたほうが良いと思います。 Q 先月 人間ドックに行きました。 ・尿潜血 3+ ・尿沈渣 赤血球と白血球が増加 で、要精密検査とありました。 血液検査は、赤血球と白血球がやや増加ぎみですが他は 標準値で尿たんぱくも陰性でした。 自覚症状は、左肩甲骨と 右腹部の鈍痛くらいです。 膀胱炎のような症状はありません。 最近、近所の内科に行きましたが 「潜血はよくある事だから様子をみましょう。 また、1年後に」との事でした。 親戚に2人も 透析をしている人がいるので心配です。 また、近くの泌尿器科は大学病院しかないのですが、この程度で 大学病院に行ってもいいのかな?と思っていますが・・・ 1度は内科でみてもらったから 再度 泌尿器科に行く必要はありませんか? アドバイスよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 質問者さんが女性の場合、月経血混入などが考えられるので、これだけでは全く評価のしようがないです。 仮にそれが全くないといえるのなら、以下、男性の場合に準じます。 男性であれば、通常、尿に赤血球や白血球が大量に出るという事はありません。 ただ、一過性の血尿というのもいろんな原因で結構あるものです。 ドックで引っかかった後、内科でも受診時に血尿が確認されたのでしょうか? 状況から想像すると、どうも内科受診時には何でもなかったような感じです。 こういう場合は、「経過観察でいい」のではなくて「経過を観察しなければいけない」のです。 一過性の血尿の原因を探るっていうのは、結構大変な事なので、本格的に調べまくるか、ある程度の期間観察を続けて、一過性だったのか、再現性があるのかをチェックする必要があるという事です。 内科で「一年後」って言われたのはもし、体の病気に起因する物ならば、一年後には何かしら他の兆候が出てるだろうという事です。 内科ではまずは様子見と考えたようですが、泌尿器科というのは、とても専門性の高い科で、腎臓の事なんかも当然内科よりよく知っています。 なので、内科で「様子見」だからそれで十分安心と言い切る事もできません。 もし私なら「右腹部の鈍痛」が少し気にかかります。 ぜひ泌尿器科で見てもらっておきたいですね。 なお、「この程度で大学病院~」は当然行って構わない事です。 最初に見た内科に遠慮する必要は全くありません。 こんにちは。 質問者さんが女性の場合、月経血混入などが考えられるので、これだけでは全く評価のしようがないです。 仮にそれが全くないといえるのなら、以下、男性の場合に準じます。 男性であれば、通常、尿に赤血球や白血球が大量に出るという事はありません。 ただ、一過性の血尿というのもいろんな原因で結構あるものです。 ドックで引っかかった後、内科でも受診時に血尿が確認されたのでしょうか? 状況から想像すると、どうも内科受診時には何でもなかったような感じです。 こういう場合は、「... A ベストアンサー 円形上皮細胞、扁平上皮細胞を調べるのは、異常があったときにそれが膀胱由来なのか、尿道由来なのか、腎臓由来なのか、など、部位を特定するためでもあります。 正常値は10視野の中に1個以下なんですが、炎症が起こると細胞がばらばらと剥がれ落ちてくるのですごい数になります。 元技師さんの中にもありますが、扁平上皮は膣由来でもありますので、経過観察ということで大丈夫だと思います。 ただ、痛みがあったり、出血したり、血尿が出たりといった変化があった場合には、必ず検査を受けましょう。 自分の尿や便を観察するという習慣をつける事をオススメします。 ちなみに私の家は便器も白、洗浄剤は無色で、必ずチェックしてます。 自分の体は自分が一番知っておく、位の気持ちで、汚いものと思わずに良くチェックしてみてくださいね。 A ベストアンサー こんにちは。 尿沈渣とは、尿の中に含まれる固形成分 つまり放っておくと沈む物 を顕微鏡で見る検査の事で、非常に多くの情報を医師に与えてくれます。 なので、これで異常が出たというだけではどんな異常なのか判らないと答えようがありません。 大抵は、ドックでもやった検査をまた行い、再現性があるかどうか、尿を取る時間を指定される事も多いです。 大抵は早朝 他に採血して血液検査各種、エコー等、尿路のレントゲンを取る為に点滴や注射で造影剤を入れてレントゲンを何枚も取る尿路造影や、尿に排出される薬を注射して排出される時間と量を見るPSP検査、などが有名です。 どれが必要かというのは、ご質問の内容だけでは全く判別できません。 こんにちは。 尿沈渣とは、尿の中に含まれる固形成分 つまり放っておくと沈む物 を顕微鏡で見る検査の事で、非常に多くの情報を医師に与えてくれます。 なので、これで異常が出たというだけではどんな異常なのか判らないと答えようがありません。 Q 半年前あたりから残尿感、大事なところを触られてるような感覚で 何だろう? すぐ治るからいいかな と 思い放ってたのですが 12月頃になって治らなくて 気になってネットで調べたら膀胱炎とわかりました 年明けに泌尿器科に行って 膀胱炎と診断されました。 そして5日分の薬をいただいて、飲んだのですが治りませんでした。 その数日後耐えられず 今度は抗生剤をいただいて飲んだのですが 少しは良くなったもののやはり治らず そして今日病院にいって尿検査をしたのですが尿は少し綺麗になってきてますよ と言われました 親に相談しようと思ったのですが 恥ずかしくてなかなか相談できずに時が過ぎてしまいました。 もしかして性病なのかな・・?などいろいろと想像してしまい 駄目でした 膀胱炎は慢性化してるのでしょうか 自分でいうのもなんですが若いので これからずっと薬を飲まないといけないと思うと 心配で 涙が出てきてしまいます A ベストアンサー 何をされてるのか分かりませんが、膀胱炎はストレスが強いほど免疫力が低下しておこりやすくなります。 ストレスは排便や排尿など排泄を抑制しますので知らず知らず排尿の回数が減るようになります。 なかなか治らないのは思いのほか強いストレスが慢性的に続いてるからです。 もともと体温が低い人にストレスが上乗せされるとなおさらです。 なにかハードになったこととか思い当たることはありませんか。 膀胱炎だけでなく、便秘や冷え、疲れ易い、疲れがとれない、など他に不調はありませんか。 とりあえず水分補給をしながら毎日お風呂でしっかり体を温めてください。 また睡眠時間もふやさないといけません。 体を温めたり休養を増やしたりできるだけ心や体をリラックスさせることが免疫力を回復させ治癒への近道となります。

次の