微力ながらお力添え。 「微力ながら」の意味やビジネスでの使い方を関連表現とともに解説

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

微力ながらお力添え

尽力は基本的には「力を尽くす」が本来の意味であり、精一杯努力するというイメージです。 何かに対して、できる範囲のことに精一杯の努力をする意味を込めているのが尽力であり、それに対して尊敬の意味を付加するとご尽力という言葉になります。 そのため、目上の人が努力をしてくれた際にお礼の気持ちをもってご尽力という言葉を使用するのが一般的です。 また、尽力という言葉は自分の努力に対しても使用することができます。 大半の場合には努力という言葉で置き換えができますが、ビジネスシーンでは尽力の方がよく用いられます。 目上の人に対して使用する際には、全力を費やしてくれたという感謝の意味が込められ、自分に対して使用する場合には、ただの努力ではなく全身全霊でがんばっていくんだという気持ちを伝えられるからです。 そのため、基本的には目上の人に対するお礼の文脈と、自分がこれから努力をする決意を示す場面で用いられるのが尽力という言葉であると理解しておきましょう。 「力を添える」というのがもともとの意味であり、より「助ける」に近い意味があります。 手助けをするイメージを持っておくといいでしょう。 力添えは助力、援助、協力といった言葉で置き換えられるのが一般的であり、その謙譲語として目上の人に対して使用するときにお力添えを使用します。 文脈として目上の人に対するお礼やお願いの場面で用いられるのがお力添えの特徴であり、ビジネスシーンではどちらの場合にも頻繁に用いられる言葉です。 ご尽力との違いは自分に対して使用することがない代わりにお願いの文脈でも使用できるという点です。 お礼の文脈ではご尽力とお力添えは置き換え可能な場面がほとんどであり、細かな使い分けを気にする必要はさほどありません。 むしろ気をつける必要があるのが、お願いの文脈ではお力添えを使用し、自分に対して使用する場合には尽力を使用するという点です。 意味の違いから理解しておけば、いざというときに区別をつけて使用できるでしょう。

次の

ご尽力/お力添えの正しい意味と使い方|目上の人に使ってもいいのか

微力ながらお力添え

「微力ながら」の読み方・意味 「微力ながら」の読み方は「びりょくながら」 「微力ながら」は「びりょくながら」と読みます。 「微力」を「びりき」「びちから」と読むのは間違いですので注意しましょう。 「微力ながら」の意味は「自分の力量の謙譲語」 「微力(びりょく)」は、「力が弱く足りないこと」「自分の力量をへりくだっていう語」になります。 「微力ながら」は、 自分の力量の謙譲語です。 「少しの力しかないけれど」「ろくな足しにはならないが」といった意味になります。 例えば、「微力ながらご協力させていただきます」と言った場合は、「僅かな力ではありますが、精一杯お手伝いします」というニュアンスになります。 「微力ながら」はビジネスで使う定型句の一つで、相手を手助けする際の言い回しとしてよく用いられます。 「微力ながら」の使い方 「微力ながら」は相手の手助けするときに使う 「微力ながら」は、相手に対して手助けする・手を貸すときに使います。 相手に協力する際に「手伝ってあげます」と言うと、少し傲慢な印象を与えてしまう可能性があります。 また協力したとしても大した成果が出せない場合もあります。 このようなことから相手に不快な思いをさせないため、また自身の保身を兼ねて 「微力ながら」を使用するのが無難です。 「微力ながら」を使うことによって、自分の力に対する期待が高まりすぎるのを抑止する効果をもたらすことができます。 また、「微力ながら」を使うことによってハードルが下がるので、「微力ながら」と前置きしておいて、いざやり始めて力を発揮した場合などは評価が上がるかもしれません。 「微力ながら」は、 「ご協力」「尽力」「お力添え」といった言葉と一緒に使われる場合が多いです。 「微力ながら」はビジネスシーンでも使われる 「微力ながら」は、ビジネスシーンでも日常会話でも使うことのできる表現です。 ビジネスメールでも「微力ながら尽力させていただく所存です」といった表現がよく用いれられます。 「あまり力にはなれませんが」という意味合いのクッション言葉「微力ながら」ことによって、相手に敬意を払うことができます。 また年賀状では、「微力ながら会社に貢献できるよう、より一層努力致します」といった表現が使われます。 この表現を使うことによって会社の力になるというアピールをすることができます。 「微力ながら」は 謙譲語です。 謙譲語は相手に対して敬意を表すために、自分の動作をへりくだる表現になります。 そのため「微力ながら」は、 目上の相手や取引先の相手に対して使います。 目下の相手や同等には、堅苦しい表現となるためあまり使うことはありません。 特に取引先とのプロジェクトなどで使ってしまうと、「自身がないなら結構です」と断られてしまう可能性もあります。 実力を求められているような場合に、「微力ながら」は相応しいとは言えません。 また、謙遜しすぎた言い回しは、慇懃無礼と感じる人もいます。 状況や相手を考慮して使うのが良いでしょう。 「微力ながら」は「僅かな力なので」「大した足しにはならないが」といったマイナスな意味合いが含まれるので、 履歴書であったり、自己アピールの場ではなるべく使用を控えた方が良いでしょう。 「微力ながら」は嫌味に聞こえてしまう可能性がある 「微力ながら」は、自分をへりくだっていう表現です。 しかし使い方を間違ってしまうと嫌味に聞こえる場合もあるので注意が必要になります。 例えば、明らかに自分の方が力量が上なのに「微力ながら」と使ってしまうと、相手の力量を見下しているような印象を与えてしまいます。 こういった場合は 「力を貸します」と言うのが良いでしょう。 「微力ながら」の類語・言い換え 「微力ながら」という表現は、比較的頻繁に使われますが、いつも同じ表現を使うのはつまらないです。 謙遜の際に使う表現のバリエーションを知っておくと、より豊富な言い回しができます。 僭越ながら 「僭越(せんえつ)」は、「自分の地位や立場をわきまえず、出過ぎたことをすること」を意味します。 「僭」には「身分不相応に思い上がる」という意味があり、「越」には「こえる」という意味があります。 つまり「僭越ながら」は、 「失礼を承知の上で、出過ぎたことをいたしますが」という意味になります。 「僭越ながら」は、行動をする前や意見を伝える前に「申し訳ありませんが」といった意味合いで使います。 例えば、「僭越ながらいお話させてください」と言った場合は、「自分のような者が出過ぎた真似をして申し訳ありませんが、お話をさせてください」という意味になります。 「僭越ながら」は相手の機嫌を伺いつつ、自らをへりくだるフレーズとしてスピーチなどの話し始めの言葉としてよく使われます。 「僭越ながら」は、自分より立場が上の相手に使うので、目下の相手や同等など自分がへりくだる必要がないときは使用しないようにしましょう。 「僭越ながら」は、「恐れ入りますが」や「恐縮ですが」と言い換えることもできます。 <「僭越ながら」の例文> ・僭越ながら本日は私が司会を務めさせていただきます。 ・この度は真に僭越ながら、この場を取り仕切ることとなりました山田と申します。 ・僭越ではございますが、田中さんの提案が一番相応しいと思います。 ・僭越ながら会議に参加させていただきます。 憚りながら 「憚りながら」は、 「はばかりながら」と読みます。 「憚る」には、「遠慮する」「気を使って控える」「敬遠する」といった意味があります。 つまり「憚りながら」は、 「出過ぎたことですが・生意気な言い分かもしれませんが」という意味で、 目上の相手に対して意見を述べる時などの表現として用いることができます。 <「憚りながら」の例文> ・憚りながら私の意見を申し上げても良いでしょうか? ・憚りながらもお願いに上がりました。 ・憚りながらもお話をさせていただきます。 及ばずながら 「及ばずながら」は、 「およばずながら」と読みます。 「及ぶ」には「匹敵する」「達する」「普及する」という意味があります。 つまり「及ばずながら」とすると、 「力不足ながら・不十分ではあるが」という意味になり、 謙遜の意を含み助けを申し出るときの表現として用いることができます。 <「及ばずながら」の例文> ・及ばずながらお手伝いいたします。 ・及ばずながらご協力いたします。 ・及ばずながら加勢いたします。 「微力ながら」の英語 「微力ながら」の英語表現を考えていきましょう。 「微力ながら」という表現はいかにも、日本人らしい表現でとても謙虚です。 (あまり技術はないのですが... (優秀ではないのですが... (能力はないのですが... (十分得意ではないですが... ) などと英語で言ってしまうと、かなり不自然です。 ネイティブはこのような表現をしません。 代わりに、「貢献できるように努めます」というニュアンスを出すのがよいでしょう。 (できることは何でもやります) などの表現を使う方が自然です。 英語のビジネスシーンでは、「自分に能力がない」といういうようなネガティブなことを言わない方がベターです。 一方、日常会話では、 ・I don't know how much I can do, but(どれくらいできるか分からないけど) ・I'm not sure how it will go, but(どうなるか分からないけど) などの表現はネイティブも使います。 相手に謙虚なニュアンスが伝わります。

次の

「ご尽力」の意味は?間違えやすい「お力添え」との違いも解説

微力ながらお力添え

では、「微力ながら」という言い回しは、どのようなシチュエーションや場面で使われるものなのでしょうか?続いては、「微力ながら」という言い回しの使い方について、考察していきます。 上記でもご紹介したように、「微量ながら」は謙遜のニュアンスを含んでいる言葉です。 主に、相手のことを手伝ったり協力したりする際に、相手に大して自分が言うパターンが多いように思います。 相手に協力する際に、「手伝ってあげますよ」などと申し出るのは、少々恩着せがましい印象を与える可能性があります。 また、協力したり手伝ったりしても、相手が思うような成果を出せないかもしれません。 このような背景から、相手に不快な思いをさせない為、また自分の保身という意味も兼ねて、「微力ながら」という言葉を使うのが、ベストな使い方だと考えられます。 基本的には、目上の人に対して使う言い回し 「微力ながら」という言い回しは、比較的頻繁に使われるものですが、いつも同じ言い回しをしているのも、つまらないものですよね。 メールの文書などで、毎回「微力ながら」という言い回しばかり使っていると、どうしても文面がマンネリしてしまいますし、後に続く言葉や文章も同じようなものになりがち。 そこで、「微力ながら」という謙遜の言い回しも、レパートリーを増やすことをおすすめします。 謙遜の際の言い回しのレパートリーが増えれば、より豊富な言い回しができる為、文章などもマンネリしにくくなります。 また、使える言葉や文章のバリエーションが増える為、より会話の幅が広がるはずですよ! ・お役に立てるか分かりませんが~ ・僭越ながら~ いずれも、自分の力を謙遜して表現する言葉ですが、あまり謙遜し過ぎてしまうと、相手に「それなら協力しなくて良い」と思われてしまう可能性も。 「微力ながら」を含め、謙遜の意味を含む言い回しをする際は、あまりにも自分を謙り過ぎないようにすることも大切です。 いかがでしたでしょうか?今回は、ビジネスシーンでよく使われる「微力ながら」という言い回しをテーマにして、意味や正しい使い方、例文などをご紹介しました。 日本には、謙遜を美とする文化があります。 あまり謙遜をし過ぎて、自分のことを大袈裟に謙ると、卑屈に見えてしまう可能性はあります。 しかし、上手く謙遜のニュアンスを含んだ言動を取り入れることで、恩着せがましい印象を払拭したり、奥ゆかしさを表現したりすることが可能になります。 「微力ながら」は、目上の人へお手伝いや協力を申し出る際などに使える、便利な言い回しです。 さまざまな言い回しや言葉との組み合わせを覚え、社会人としてワンランク上の会話をしたり文章を書いたりできるようになりましょう!.

次の