アイコス 刺さらない。 アイコスブレードの根元の焦げの取り方!黒いこびりつきをなくす3つの掃除テクニック

ヒートスティックが刺さりにくい原因はまさかのアレ!

アイコス 刺さらない

加熱式電子タバコのiQOS アイコス。 全国販売されているので、愛用している方も多いのではないでしょうか。 そんなiQOS アイコス ですが、普通の紙巻きタバコとは違って精密機器のため機器の故障やトラブルに見舞われる方も多いようです。 中には不具合のためにまともにiQOS アイコス を吸うことができなくなるような場合もあるようです。 そのような現象でもっともポピュラーなのが、iQOS アイコス のヒートスティックがうまく刺さらないという問題です。 では、なぜiQOS アイコス のヒートスティックがうまく刺さらないのでしょうか。 今回は、iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因と解決方法を探ってみます。 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因と解決方法は? iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因はいくつかあるようですので、ひとつひとつ見ていきましょう。 iQOS アイコス のヒートスティックの葉は普通は適度に詰まっているものですが、中には葉が詰まりすぎているものや、逆に葉がスカスカで柔らかくなってしまっているものもあります。 つまり、iQOS アイコス のヒートスティックそのものの品質に問題があってiQOS アイコス のヒートスティックが刺さらないわけです。 そういったヒートスティックの場合、うまくiQOS アイコス に刺さらなくてイライラする原因になってしまうようです。 ホルダーキャップの中が少し溶けたみたいで、ボコボコになってるらしく、タバコが奥まで刺さらない。 明日アイコスショップに行かなくちゃ。 一ヶ月経ってないのに…。 こちらの方がおっしゃるように、iQOS アイコス のホルダーキャップが変形してしまって、その結果iQOS アイコス のヒートスティックがうまく刺さらなくない原因になっている可能性があります。 また、iQOS アイコス のホルダーキャップの中にカスなどが詰まってしまっており、それが原因でiQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない場合もあるようです。 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない場合の解決方法 それではiQOS アイコス のヒートスティックがうまく刺さらない場合にはどのように解決したらいいのでしょうか。 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因別に解決方法をご紹介していきます。 それ防止のために吸う前に葉をめっちゃ揉み揉みしてほぐしてからぶっ刺してるけど、これって正しい使い方なのかなーと疑問に思う。 — FE FEninja250 iQOS アイコス ヒートスティックが刺さらない原因の一つに、ヒートスティックそのものの葉が詰まりすぎている場合や逆にスカスカで柔らかすぎる場合がありました。 その場合には、iQOS アイコス のヒートスティックをiQOS アイコス ホルダーへ実際に刺す前に、iQOS アイコス のヒートスティックをよく揉んで葉をほぐしてから刺したり、逆に少し押すようにして葉を詰めてから刺すとすんなりと刺さる場合があるようです。 iQOS アイコス のヒートスティックを刺すときはすぐに刺すのではなく、一度ヒートスティックの葉がどのように詰まっているかと確認してから刺すようにするとうまく刺さるかもしれません。 iQOS アイコス ホルダー内部に汚れが溜まっていると、iQOS アイコス のヒートスティックが刺さりにくくなって、中で折れてしまったりする原因になるようです。 その場合には、通常のiQOS アイコス メンテナンスに加えてiQOS アイコス ホルダー内部を綿棒やクリップのようなもので掃除をするようにすると、ストレスなくiQOS アイコス のヒートスティックが刺さるようになる場合があります。 iQOS アイコス ホルダー内部を綿棒で掃除するのであれば、子供用の綿棒とエタノールを使うとサイズが小さく汚れも落ちやすいので大変便利です。 これで、イライラ解消する人がいるんじゃないかな。 — BigFlowerAmigo BigFlowerAmigo iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因が分からない場合に試してもらいたい解決方法です。 iQOS アイコス ヒートスティック本体を揉みほぐしたり、iQOS アイコス ホルダー内部を掃除してもうまくヒートスティックが刺さらない場合はこの方法を試してみていただければと思います。 iQOS アイコス ヒートスティックを刺す前に、本体の電源を入れてしまって加熱をしながら刺すとすんなり入る可能性が高くなります。 多くの人が試して効果があったと評判のiQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない場合の解決方法なので試してみる価値はあるのではないでしょうか。 iQOS アイコス 本体を加熱をしながらiQOS アイコス ヒートスティックを刺すことで、うまく馴染みながら刺さっていくということなのかもしれません。 どうしてもiQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない場合の解決方法 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらないときに、ご紹介してきた解決方法でも効果がなければ、刺さらなかったiQOS アイコス ヒートスティックを諦めて捨ててしまうのではなく、ためておきましょう。 ある程度の量になってからiQOS アイコス のカスタマーセンターへ連絡してみると、iQOS アイコス ヒートスティックが刺さらない原因がiQOS アイコス ヒートスティックの品質の問題であるならば、iQOS アイコス カスタマーセンターで新しいものに交換してもらえることがあります。 アイコスの刺さらないやつ溜めてたら3箱分ぐらいになった。 CSに電話したら交換してくれることになり封筒送ってもらって3箱と1本を箱に詰めて送った。 4箱と携帯灰皿送られてきた。 うれしい ¥2000分 — あいなな hiyo27 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因と解決方法まとめ iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因は、ヒートスティックが硬いor柔らかい、またはホルダーキャップに問題がある、といったものがあります。 それぞれのiQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない原因に対する解決方法は、ヒートスティックを揉みほぐしてから刺す、ホルダー内部を掃除する、というものになります。 それでもiQOS アイコス のヒートスティックが刺さらないままであったならば、本体を加熱してから刺すという解決方法を試してみてください。 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらない場合に、本体を加熱してからヒートスティックを刺す方法はまだ試していない方も多いのではないでしょうか。 iQOS アイコス のヒートスティックが刺さらないときは、ぜひこれらの解決方法を試してみていただければと思います。 「C-TEC」はニコチンやタールを含まない7種類のフレーバーを楽しむ事が出来、タールを使っていないのでヤニ臭さが無く、有害物質を多く含むタールを使っていない為、将来のの健康が気になる方にもおすすめです。 紙巻きと併用する事で本数を減らす節煙にも最適です 楽天カードに登録でiQOSやPloomTECHを最大5000円引きで買う事が可能、楽天でのお買い物でポイントも常時2倍に。 4PLUS】.

次の

【iQOSユーザー必見】アイコスの吸いムラを防ぐ2つのコツ|刺さらないときにも有効です

アイコス 刺さらない

アイコスを吸っていて、「あれ?全く吸えなかったな・・」「よく吸えるときと吸えないときがある・・」と、 吸いムラにお悩みではないですか? 私はアイコスを吸い始めて約3年経ちますが、 「アイコスの吸いムラ」にずっと悩んでいました。 さあ!吸い始めよう!ってときに、いざ吸ってみると「あれ・・・全く吸えない。 いくら吸っても吸えない。。 なんだコレ」と、 泣く泣く何本もムダに捨てた憶えがあります。 よく吸えたとき、吸えなかったときを振り返ってみると、 なんとなくの規則性が見えてきて、もしやこうやって吸えばこの「吸いムラ」を防げるのでは?と気づきました。 試行錯誤の末、 ほぼ100%吸いムラを防ぐコツを導き出したのご紹介します。 アイコスの吸いムラを防ぐ2つのステップ たった2つのことをするだけで、アイコスの吸いムラを防げます。 先にやることまとめてしまうと、以下の2つのポイントを徹底します。 吸いムラがなくなったアイコスを見てみる アイコスは吸い終わりましたか? 以前よりも吸いムラがなくなり味が濃くなったように感じませんか? 吸い終わったヒートスティックを片手に持ち、 うまくアイコスを吸えたか確認してみましょう。 ステップ1の効果:ブレードの焼け跡がくっきりでる 見難いですが、ヒートスティックの葉の部分に注目してください。 横線(「ー」)が入ってることがわかると思います。 ブレードからまんべんなく熱が供給された結果か、と私は推測しています。 ステップ2の効果:ヒートスティックがよく湿る ヒートスティックを押し込んだ結果、 スティックがよく湿っているんじゃないかと思います。 なぜ湿っているとよく吸えるのか分かりませんが・・。 個人的感想ですが、冬場と夏場とでは、夏場のほうが美味しくアイコスを楽しめる気がします。 湿度が美味しさに関係しているのかもしれませんね。 アイコスをもっとおいしく吸うには ところで、最近はAmazonや楽天で 25本連続吸いできる「iQOS互換機」が売っています! 安くて高性能なので、サブ機としてオススメです。 アイコスやグローの次に流行る喫煙具とは 最後に、アイコスやグローの次に流行ると思われる喫煙アイテムを紹介します。 それが「CBD」です。 高品質な日本製CBD CBDとは カンナビジオール(国際一般名:Cannabidiol)の略称です。 麻の有用性の観点からいま世界的に注目されています。 「麻」の成熟した茎から抽出された 「CBD」は日本国内で合法的な使用が認められており、麻に含まれるカンナビノイドの一つなので違法成分ではありません。 日本でいちばん有名な販売店は「 」で、ネットショップから買うことができます。 日本で違法となる大麻、あるいはマリファナなどの禁止薬物の成分は 「麻」の葉に含まれる「THC(テトラヒドロカンナビノール)」といい「CBD」とは異なります。 「CBD」は医療用途の研究が進められています。 リキッド + VAPE• パウダー(ご飯に混ぜて使う) VAPEタイプのCBD CBDはVAPE(ベイプ)として吸引できます。 CBDを凝縮したリキッドを専用キットに入れて吸引します。 リキッドは1日1箱吸う人でだいたい2週間〜1ヶ月くらいは持ちます。 特徴:コストパフォーマンス重視。 リキッドを充填して使用します。 バッテリー: 電気を出力する本体部分。 アトマイザー:バッテリーから出力された電気を受けリキッドを蒸発させて蒸気にします。 アトマイザーは消耗品になります。 交換タイミングは10日~1ヶ月前後になります。 リキッドを入れた時、アトマイザーを交換した時は、必ず15分間程リキッドを浸透させてください。 ドリップチップ(吸い口):VAPE本体の吸い口の部分。 セットは写真の通りで、本体は白くて清潔感のあるつくり。 細長いのでプルームテックに似ていますね。 特徴:利便性重視。 リキッドの充填不要でそのまま吸えます。 バッテリー: 電気を出力する本体部分。 カートリッジ:予めCBDリキッドが充填されているため、購入後そのまますぐに吸うことができます。 使い終わったカートリッジは廃棄し、新しいカートリッジに交換してください。 カートリッジは全て一体型でパーツは分解できません。 バッテリーから出力された電気を受けリキッドを蒸発させて蒸気にします。 電源が入ると加熱がスタートして、スイッチを長押ししながら吸引します。

次の

【ちょっとコツがいるIQOS3 MULTIのメンテナンス】

アイコス 刺さらない

アイコスの裏技アイコースト こんにちは、 モクログ 管理人のげんちゃんです。 今回も今更シリーズですが、 今でも活用できる 裏技なので書かせてくださいね(汗) 本題ですが、 アイコスを長く吸っていると、 ヒートスティックの クオリティに ムラがある!そんなことを感じたことはありませんか? なかなか 刺さらなかったり、 妙にスッと刺さったり、それでもって ミストが全然出ないヤツとか・・・ こういったムラのあるヒートスティックに当ってしまったときの対処法は、先人が色々試して対策を編み出してくれているワケですが、そのうちの1つで、もっともネーミングがイケてる「 IQOOST( アイコースト)」をご紹介します。 考案者はHIROGALE. com管理人のYAFUKUさん、残念ながら更新は止まってしまっておりますが、非常に有用な裏技なので知らなかった方は参考にどうぞ。 IQOOST(アイコースト)の応用 ヒートスティックがめちゃくちゃ硬くて刺さらない!っていうの、ありませんか? そんな時もIQOOSTは役に立ちまして、とりあえず 刺さるトコロまで挿したら加熱するワケです。 たばこ葉が柔らかくなってきたところで、再度押し込むと、大抵の硬いヒートスティックも問題なく差し込めますよ。 どうしても刺さらないヒートスティックがあったら、IQOOSTとは関係ないのですが、2本目以降は挿し込む前に、 たばこ葉側から息を吹き入れることで、水分補給させてからやってみて下さい。 応急処置的な方法ですが、それなりに効果があります。 IQOOST(アイコースト)まとめ こんなに簡単なことなのに、効果は絶大なんですよね、考案者さんはネーミングセンスも含めて凄いです。 この裏技は、あくまでもダメなヒートスティックに遭遇してしまったときの対処法ですので、問題なく吸えるのであれば通常使用がやはりオススメです。 余談ですが、どうしても刺さらない、面倒はいやだ!ということであれば、 カスタマーセンターに電話すれば交換してくれるようです。 無理くり刺してブレードを折っちゃった・・・なんてことになるくらいなら、面倒でもカスタマーセンターに電話するのが吉かも知れませんね。 繋がらない、 融通が効かない、 対応が悪いと 評判の カスタマーセンターなので、出来れば電話はしたくないんですけどね(汗) あとがき もう1年以上も前ですかね、この記事を読んだときは。 当時プルームテック・オンラインというブログ(モクログの前身)を書いていたときはアイコスの記事は書かない、という掟を自らに課していたので、一切触れませんでしたが、ブログを書くってこういうことなのかー、と勉強になったのを思い出します。

次の