誹謗中傷 煽り運転。 “ガラケー女”に間違われた女性、人生を変えた壮絶な1日

【イケハヤ】わざと叩かれることで金稼ぎしてる人への「誹謗中傷」って?

誹謗中傷 煽り運転

Contents• 誹謗中傷コメント|表現、言論の自由? まず、「」についてのコメントを集めてみました。 はめを外せば「表現の自由」がなくなってしまうということですね。 自分で、自分や他人の首を絞めないようにしたいです。 無軌道なだけ。 無責任な誹謗中傷は表現の自由ではない。 言論に責任がついて回るから自由な発言ができる。 メディアのしていることがこれを果たしていないから世の中の人も同様なことをする。 匿名による表現の自由も大事ですが、それよりも優先されるべきものがあるのでは。 馬鹿の一つ覚えはやめて欲しい。 批判はさせて欲しい。 しかもほんまにある会社の名前使うのは完全アウトやろ。 有名な方は名前を出す事に違和感はないし、誹謗中傷には厳しくして良いと思う。 受理したら官憲に渡す、電話で削除を命じる。 従わない場合、サイト運営者、スマホを含めた接続業者。 非協力的なら、全てのシステムを差し押え、回収し、捜査出来る法律でも作れ!! 投稿者を逮捕出来る法律を作れ。 捜査する側も一層慎重にならなければならない。 そして著名人が揃って訴えるぞ!って姿勢はちょと不気味。。 木村花さんの事をきっかけに、 政界に対しても誹謗中傷した者を罰する事が出来る事にしようとしている。 無能力者アベ。 アホウ太郎、あきれ婦人、バーコード菅等逮捕も有りうる? 「無意識的な差別」は無知故なので勉強して改める事もできる。 しかしそれをせずに傍観する、考えないようにするという事は暴力への加担であると自負するべき。 「ダサい」とか「不快」とかいう印象論ではなく。 良薬口に苦し。 正しい批判には相手を不快にさせる部分が必ずある。 相手を不快にさせ、傷付ける言葉を全部ダメにしてはならない。 人間に対する洞察力の欠如。 誹謗中傷しちゃいけないのはなんで??ダサいから??違うでしょ???って感じ。 ドートクキョーイク。 ただ、自分の意見をSNSをに発信するだけでなく、違う意見を持っている人たちの話し合いの場をつくるのがまず最初に行うことではないでしょうか、、、.

次の

煽りとはどういう意味?ネットや飲み会などで煽られた時の対処方法まとめ

誹謗中傷 煽り運転

情報が広がるスピードは速く、2時間もあれば数百万人が、自分を犯罪者として叩き始める。 家族まで危険にさらされ、仕事の信用も失う。 そんなこと、自分の身には降りかかるはずがないと思っているのではないだろうか。 しかし、こういったネットでの誹謗中傷事件は10年ほど前から増え続けている。 なぜ、こんなことが起こるのか…。 誹謗中傷書き込みで犯罪者にされた被害者を取材。 彼らもまた、まさか自分にこんなことが…と思っていた。 常磐自動車道で2019年8月10日に発生した「あおり運転殴打事件」では、宮崎文夫被告が、当時24才の男性にあおり運転を仕掛け、その後無理矢理停止させ、「殺すぞ」などと怒鳴りながら殴打した。 その様子を脇でガラケーを使い撮影する「ガラケー女」も注目された。 1件の投稿がツイッターに上がった。 このツイートは瞬く間に広がり、その女性の顔と名は犯罪者として日本中に知れ渡ることとなった。 【2019年8月17日(土) 午前6時】 彼女が事態に気づいたのは午前6時のことだった。 「あの日は、休日だったにもかかわらず、早朝からたくさんのメールが送られてきたんです。 タイトルには『宮崎の女だろう』などと書かれており、わけがわかりませんでした。 電話も執拗に鳴り続けていたのですが、知らない番号だったので無視していると、友人から連絡が。 慌てて出ると、私を犯罪者とする内容の情報がネットに流れており、実名と顔写真も公開されていると教えられました。 何が起こっているのか状況がわかりませんでしたが、自分が犯罪者扱いされている事実に対し、どう対処すべきなのかを考えました」 当時を振り返り、そう話すのは、茨城県で起きたあおり運転殴打事件の容疑者と間違われ、ネットに個人情報を流されてしまった被害女性Aさんだ。 落ち着いた物腰、冷静な語り口調の彼女だが、当時はパニックを起こしたという。 この事件は、8月10日に起こった。 宮崎文夫被告の車に同乗し、その蔵匿・隠避にかかわった、通称「ガラケー女」と、インスタグラムにアップされたAさんの写真の服装やサングラスがたまたま似ていたことと、宮崎被告がAさんのインスタグラムをフォローしていたことから、Aさんが「ガラケー女」だというデマが流されたのだ。 【2019年8月17日(土) 午前7時44分】 苦情の電話が300件以上鳴り、インスタグラムへの誹謗中傷だけでも1000件以上。 知らない人からのいわれのない悪口や脅迫にさらされ、通常なら、恐怖で思考停止になってもおかしくはない状態だ。 にもかかわらず、彼女の行動は早かった。 「何をしていいのかわからなかったのですが、とにかくなんとかしなきゃと必死でした。 周囲の人に相談しても、誰も経験のないことで、答えが見つからない。 なのに、私への投稿はものすごいスピードで増え続け、一時、インスタグラムが読み込み中のまま開かない状態にまでなりました。 怖くて仕方がなかった。 それでとりあえず、フェイスブックに自分の声明を投稿することにしたんです」(Aさん) それが7時44分のこと。 《起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください》 こう投稿するが、これがさらに火に油を注ぐこととなった。 《捕まれBBA(ババア)》《殺人未遂犯した後にのうのうと生きてインスタ更新できないよね。 (中略)精神異常者》をはじめ、文字にすることもはばかられるような誹謗中傷が殺到。 Aさんは、自分では対応しきれないと、朝9時に知人に相談。 そこからさらに弁護士の小沢一仁さんを紹介してもらった。 ここで、ネット炎上に詳しい小沢さんと巡り合えたのは幸運だったといえる。 【2019年8月17日(土) 午前9時~午前中】 「私はまず、Aさんに警察へ相談に行くこと、そしてデマを否定する声明文を出すことを提案しました。 間違った情報が流れて騒ぎになった場合、なるべく早く、当事者からデマを否定する正式な文書を出した方がいいからです」(小沢さん) とはいえ、Aさんも午前7時の段階でデマを否定する投稿を上げたが、余計に炎上した。 早く弁明することは重要だが、タイミングと文章の内容が大切で、これらは専門家に任せた方がいいと小沢さんは注意を促す。 その後、Aさんは小沢さんの言う通り、警察の生活安全課に相談に行く。 ところが…。 「警察に説明しても信じてもらえませんでした。 相談に来たという記録だけ残すと約束してもらい、帰りました」(Aさん) こういった件で、すぐに警察が動くことはまれだそうだが、後々、脅迫やストーカー行為など、別の刑事事件に発展することも考え、相談の履歴は残すべきだという。 【2019年8月17日(土) 午後~深夜】 Aさんが警察に行き、ネット環境から少し離れている間に、情勢は変わっていた。 それまでは罵詈雑言一色だったのだが、朝7時台に出したAさんの声明などを受け、「人違いだったら大変ですよ」などといった冷静なツイートが増えたのだ。 そして夕方には「デマだ」という声が大きくなっていった。 「Aさんがガラケー女であるという根拠が、サングラスや着ている服が似ているということだけ。 あまりに理由がお粗末なことに気づいた人が増えていったんです」(小沢さん) デマだという声が増えつつある今こそ、あらためて正式な声明文を出すタイミングだと小沢さんは考え、早急に文書を作成。 日付が変わった18日深夜に、Aさんが代表を務める会社のホームページ上に、デマを否定する声明文を公表した。 【2019年8月18日(日) 夕方以降~現在】 声明文のおかげで事態は落ち着いたが、さらにAさんの無実を決定づける出来事が、18日夕方に報道された。 これで完全に解決したように思われたが、実はこの件に関する被害が、事件から半年たった今でも続いている。 「容疑者の逮捕で、私への疑いは晴れましたが、会社関係者や取引先への説明を兼ねて記者会見を開きました。 これですべてが明らかとなり、嫌がらせも収まると思ったのですが…。 一度ネットで炎上すると、思いがけない方向へ飛び火してしまうのだ。 「Aさんは、あくまでも被害者です。 ですから、誹謗中傷の中でも内容が悪質だった人やリツイートして拡散した人などに対して訴訟を起こすべく動いています。 これは当然のことです。 今回の件は、犯罪者を懲らしめたいという思いで多くの人が誹謗中傷の投稿を流したのだと思います。 しかし、たとえ正義感に基づく行動でも、無関係の人を傷つければ、違法行為になるんだということを知ってほしいですね」(小沢さん) 人を貶めるような情報は信じない、拡散しないようにするべきだと小沢さんは続ける。 そしてAさんは、今回のことは誰にでも起こり得ることだと警鐘を鳴らす。 「私に起きた一件が、SNSやインターネットを利用するすべての人の意識を変えるきっかけになってくれればと思っています。 それは被害者になり得るんだ、ということだけでなく、リツイートボタンひとつで簡単に加害者にもなり得て、逆に訴えられる可能性もあるんだということも含めてです」(Aさん) ネットに意見を投稿する際は、一度立ち止まって、情報の真偽を見直す癖をつけるべきだと、Aさんと小沢さんは口をそろえる。 自分の素性をさらした状態で言えないせりふは決して吐くべきではないのだ。

次の

煽りとはどういう意味?ネットや飲み会などで煽られた時の対処方法まとめ

誹謗中傷 煽り運転

相手をわざと怒らせ、ボロを出させるなど、色んなシーンで見られる煽りですが、そもそも煽りとは一体どういうものなのでしょうか。 実際問題として、煽りを受けた結果、事件が発生し被害者が亡くなられているなんて話も耳にします。 これは、決して他人事では済まされないことだと思います。 そこで、本記事では、煽りとはどういうものなのかを考えていきたいと思います。 また、煽りを受けた際に、被害を最小限に留めるには、どのような対応を取れば良いのかご紹介していきます。 「煽り」の意味 ネットなどでもよく見かける『煽り』というフレーズですが、みなさんはその意味をご存知でしょうか? 端的に言うと、誹謗中傷などを繰り返し、相手を挑発し逆上させることで問題行動を起こさせることです。 怒り狂うさまを見て楽しんだりと、かなり卑劣な行為を指す言葉として、煽りは使われています。 ただし、これは、ネット上などで見られる煽りの一側面でしか無いのです。 実際に死亡者が出ている煽り運転は、相手を脅迫するかのように後ろから猛烈に追いかけてみたり、隣の車線から幅寄せして運転してきたりする行為も一種の煽りといわれています。 その他にも、政治家たちが民衆を焚き付けて、選挙戦を戦っているのも一種の煽り行為と言えるでしょう。 正直、筆者自身、本気で政治と向き合い政治家として活動していた政治家は、ただの一人すらいなかったように感じます。 あえて名前は伏せますが、犠牲はつきものと言っておきながら、自分の家族がマスコミから叩かれると猛反発して職権乱用された政治家もいました。 一方では、大きなマニュフェストを打ち立て公約をかかげるものの、舌の根が乾かぬうちに違う制作を打ち立て、マニュフェストそのものをスルーしてしまう政治家もいらっしゃいます。 この様に、煽りというのは、対象の相手に対して感情を逆撫でたり、恐怖心を高めたりするためのけしかける行為のことをいいます。 または、他の関係ない人たちを巻き込むで私利私欲に用いようとしている、極めて身勝手極まりない愚行なのです。 煽り煽られが行われている現場 先程、少し煽りの現状をお話しました。 ここで具体的にどのような現場で煽りが行われているのか、煽りの実態を少しでも詳しく理解するために見ていきましょう。 匿名性の高いネットの掲示板 ネット上で煽りがよく見られるという話も耳にします。 その正体は一切明かされること無く、匿名で利用できるネット掲示板にはびこっては、相手を中傷して怒りを買わせ、そのさまを見てほくそ笑んでいる卑劣な行為を繰り返しています。 特にその光景が如実に出ているのが2ちゃんねるネット掲示板です。 筆者も、J1ヴィッセル神戸のファンでネット掲示板をよく拝見させていただいています。 何故かアビスパ福岡のファンを語る「あらし」と呼ばれる悪質なネットユーザーが、有る事無い事煽り立て、誹謗中傷を繰り返しています。 何かにつけて選手を兼ねて買い叩く金満と罵り、明らかに投稿を読むと気分を害するようなものばかり…。 まぁアビスパ福岡そのものもい原監督を含めて、生え抜き選手ばかりで戦っているわけではありません。 それに、選手を金で買い叩くという風に言ってしまえばお互い様だと思うのです。 自分が気に入らないことがあると、必ずと言っていい程、ヴィッセル神戸のスレッドに潜り込んで誹謗中傷することで煽り立てて、ヴィッセルサポの感情を逆なでしようと動くのです。 これは一つの例でしかありませんが、この様に卑劣な人間が、ネット掲示板に匿名で潜り込み煽り立てることで、面白がっているわけです。 記者会見などでもよく見られる ここ数年で見られる芸能人の浮気報道を始め、様々なスキャンダルが報道され、そのたびに記者会見を開くタレントさんたちもよく見られます。 そういう記者会見の席で、何故か真実を聞き出そうとはせずに、でたらめなことを事実と決めつけているかのように問いただすという、あまりにも失礼極まりない質問を平気でしてしまう、モラルなき芸能リポーターもかなりいます。 もちろん、全部がそうだとは言いません。 しかし、事実としてある地方局のアナウンサーですら、番組演出の一環と考えているのか、あまりにも卑劣極まりない煽りとも受け取られる失言を、平気で連発させ、コメンテーターとして出演しているタレントさん達にもダメ出しされています。 筆者は、そのアナウンサーのあまりにも不謹慎な発言を耳にし、それ以来、その番組は一切見ないようにしています。 それでも、たまにチャンネルを変えてしまい一瞬でも見てしまうと、あまりにも失礼な言動が多く、強い憤りを感じてしまいます。 そういったいい加減で不誠実な姿勢で、事実無根な事も伝えてしまう考えを持つアナウンサーがいるくらいです。 ですから、事実無根を煽り立てて、誌面が売れるためなら対象となる芸能人の人生も壊してしまおうと企む芸能リポーターがいても決しておかしくありませんよね。 流石にこれ以上は強く言えませんが、確実にジャーナリストや芸能リポーターたちの中には、いい加減な取材をして事実無根な話を番組で取り上げ放送している人がいます。 しかもたちの悪いことに、会見の席でわざと事実無根のことを質元してぶつけ、相手の感情を逆なでさせる煽りを繰り返しているのです。 人の道にすら反するようなこの反則行為を、大の大人がやって良いのかという疑問は尽きませんが、残念ながらそれが認められていることが現状なのです。 大勢が集まる飲み会 皆さんは、宴会の席で、急性アルコール中毒に罹り、若い成年が亡くなってしまったというニュースを聞いたことはありませんか。 実は、この手の被害に遭っている若者達の大半は、まだお酒になれていないのです。 それほど飲めないにもかかわらず、先輩たちに『男らしく一気飲みしろ!! 』などと色々煽られた結果、断ることも出来ずに一気飲みしてしまいます。 そして、最悪の事態を招いてしまっていると言われています。 特に、少人数ではなく、新人歓迎会のような大勢が集まる飲み会の席でこのような煽りは起こりやすくなっています。 その結果、大勢の先輩たちの前で断りづらく煽りを受けた後輩たちが、一気飲みをしてしまい急性アルコール中毒にかかってしまう場合があるそうです。 そして、この煽りは、社会人の間でもよく耳にする話でですよね。 特に新入社員歓迎会などの席で、本来ならば親睦を深める意味もある会であるにも関わらずです。 体育会系のノリもあって、変に煽られお酒を飲まされ続けている新入社員が増えているようです。 中には、女性社員に無理矢理お酒を飲ませて性的暴行を追わせたなんて話も…。 ここまで来ると煽りを超えて犯罪といえますよね。 程度の良し悪しはあるかもしれません。 しかし、いずれにしても、無理な煽りを受けている人たちが、このような被害を受けてしまっているわけです。 煽る人の特徴や意図とは? 煽りというのは、直接それだけで犯罪になるわけではありません。 しかし、極めて卑劣極まりない行動であることがここまでの解説でご理解いただけたことと思います。 しかし、現実には、その罪の意識を全く持たずに、ただのノリで煽りを繰り返す人たちが多数います。 では、その人達の主な特徴や、煽りをする意図を具体的に掘り下げて見ていきましょう。 ネットで煽る人はリアルの世界ではおとなしい これは特にネット掲示板で煽る人の主な特徴ですが、大抵の人は、あまり荒波を立てられず、普段おとなしくしている人である可能性が高いです。 『もし少しでも反論して、相手の逆鱗に触れ、よりいっそう激しく攻撃されたらどうしよう…』 と、恐怖心に駆られ、なにも意見が言えないような人たちがいます。 その人たちは、匿名であることを良いことに、ネット掲示板でストレス発散として、好き放題相手の感情を逆なでするようなことを言っては煽りまくります。 そして、相手が怒るさまを見て楽しんでいるのです。 ネット掲示板で匿名を良いことに煽ることで、全く関係ない第三者として利用している人たちや、対象となる人の気分を害しているのです。 直接本人の感情を逆なでするだけでなく、他の第三者が自分に代わり、その相手を批判してくれると期待して煽り続けているところもあるそうです。 まぁ、いずれにしても匿名であることを隠れ蓑として煽りを入れているのは非恐喝卑劣な行為で、人としては絶対に許すことはできません。 ましてや、全く関係のない他者をも巻き込んで煽りを入れるなんて言語道断です。 とはいえ、特に罪の意識もなく、普段おとなしいと言われるこの人達は、煽りを入れながら不平不満を爆発させるのです。 自分の考えは絶対正しいと思っている 筆者も、一度だけ、匿名で煽りを入れてくる連中に対して反論したことがあります。 しかし、それは消磁器暖簾に腕押しで、全く意味のないことをしているのだと、改めて気付かされた気がします。 なぜなら、その人は、全くと言っていい程、自分が間違っていることをしていると微塵も感じていません。 また、彼らの主張そのものが間違っているのに、自分の意見は絶対正しいと思いこんでいるのです。 人の話が全く耳に入らずに、さらに煽りを入れられてしまうだけなのです。 また、煽り運転に関しては、『危ないよ! 』という意味を込めてクラクションを鳴らしただけで、逆上して、さらに煽りを入れられて死亡事故を起こすなんて悲劇も生まれています。 実際に煽り運転に酔って怖い思いをして家族を亡くし、さらに自身も足を損傷して救急車に運ばれるという方がいたそうです。 その方は、相手が無免許の上に時速100キロ(制限速度60キロの道路で…)で走り、いきなり追い抜いていったために、自身の車の運転手が初心者マークを付けていた事もあって、危ないという意味でクラクションを鳴らしただけだったと語られていました。 さらに続けて、そのことに逆上されて危険な運転で、執拗に煽り運転されて、結果、運転を焦ってしまいガードレールに激突して死亡事故が発生してしまったと、病院のベッドで大激怒!! それもそのはず、当時同乗していた娘が、この事故により死亡しているわけです。 自身も重症を負わされたわけで、絶対に許したくないと思うのは当たり前だと思います。 しかし、それも相手の耳には一切入っておらず、クラクションを鳴らしてきた向こうが悪いと思われているのです。 煽りをする人の多くは、まず、自分の過ちに全く気づいておらず、 何があっても自分が正しいと正当化する特徴を持っているので、相手にすることそのものが時間のムダと言えるでしょうね。 相手を不快にさせることが自分にとっての快感 正直な話、筆者には全く理解できないことです。 物事の善し悪しが判断できない人の中には、相手を不快にさせることで快楽を得るという奇抜な考え方の持ち主もいらっしゃいます。 一種のフェチシズムといえばそれまでなのかもしれません。 でも、そんな理由で煽りを入れられたらたまったものではありません。 しかし、芸能リポーターが囲み取材で煽りを入れているのも同じです。 写真週刊誌が記事を面白くするために煽りを入れて相手を怒らせてしまうのもそうですね。 どこかにこのような考えを持つ視聴者(または読者)のニーズに応えたいという、ネジ曲がった考え方がそうさせているところもあるのです。 声を大にして煽りをやめるように警告したとしても、まともにその声を聞き受けてもらえないのです。 芸能リポーターや写真週刊誌も煽りをしているから、自分たちもやっていいと正当化されたら、それ以上何も言うことが出来ません。 この様に、相手に不快な言葉を何度も執拗に投げかけることで快感を得る鬼畜が存在しているからこそ煽りはいつまでたっても無くならないのでしょうね。 わざと怒らせて、その姿を見るのを楽しんでいる これも、先程の相手を不快にさせて喜ぶ鬼畜に合い通じるところがある特徴です。 煽りの特徴の一つとして、相手を不快にさせるだけが目的ではなく、相手を怒らせてボロを出させ、そのひとコマを見て楽しんでいる特徴があります。 芸能リポーターや写真週刊誌が、時折煽りを入れているのは、むしろこちらの理由のほうが大きのかもしれませんね。 そのたびに事実無根のことを平気で書き立てられ、被害を受けているタレントさんたちは、本当に可愛そうに見えます。 大の大人が、煽りをしなければ仕事一つも満足にできないかと思うと、非常に情けない思いがします。 そういう人達に限って、ここで発言している批判そのものもすべて煽りと受取り逆上してくるのです。 もう、法律で徹底的に縛らない限り、永遠にやったもの勝ちとなってしまうのかもしれませんね。 いずれにしても、ネット上だけに限らずありとあらゆるところで、相手をわざと怒らせてその姿を見て楽しむ煽りがいることを把握しておきましょう。 より真相をついた議論をしたいと思っている これは、誰しもが陥りがちな傾向で、煽りの中でもまだ理解できるタイプです。 例えば、一つのニュースに対して、意義を持っていたとします。 おそらくその人は、意義を唱えることで、相手と議論したいという気持ちがどこかしらにあり、たまたま反論したことがきっかけとなり煽りとなってしまったパターンが、まさにこのタイプ!! 誰しも十人十色の意見・考えを持ち合わせていて、一つの意見に賛同することもあれば、反論したいと思うことも多々あります。 たまたまその人は反論しただけだったのだと思うのですが、それを煽りと受け取り議論が大きく展開されていくことで、周りもその議論に乗っかってしまい、結果として煽りになってしまうのです。 本人は、あくまで議論したいだけで、何一つ悪気は無いのですが、実際に一度火がついてしまうと、炎上騒動などと同じように、一気に煽りも拡大していきます。 そのために、不謹慎と根幹にある反論者を叩く方もいらっしゃるとは思いますが、このような特徴を持つ煽りもいるということは理解していただけたらと思います。 盛り上げてサイトのアクセス数を上げようとしている 写真週刊誌のウリがゲブ数を増やすために、あえて対象者を煽って怒らせるのです。 そして、その反論に対して、第2、第3の煽り記事を載せて販売している手法は、今や珍しい話でもなんでもありませんよね。 某写真週刊誌が、まさにそれをやっています。 昨年流行語大賞にノミネートされたなんて話も遭ったくらいです。 ブログで収益を稼ごうとされている方などは、同じ考えを持ち、当たり前のように煽りを繰り返しているのです。 ブログを盛り上げるのは大いに結構な話ではあるのですが…。 そのために煽りを繰り返して、人の感情を意図的に逆なでさせるというのが、一種の心への傷害行為に当たるのではと思えて仕方ありません。 とはいえ、この手の煽りも、結局はグレーゾーンでスルーされてしまうのが今の法律です。 法律の網目をかいくぐり、多少の悪さは自分たちの利益ののためならかまわないと、多くの人たちが考えてしまっているのが現状なのです。 結局、綺麗事など一切通用せず、何かしらの犠牲を作らないと人間は生きられない生き物なのだと、 自ら、人間の価値を下げてしまうような行動を起こしているのが、自分の損得だけを考え、ブログのアクセスのために煽りまくっているタイプの人たちであると言えるでしょうね。 煽られたら普通の人はどうなる? これは、筆者の持論でしかありませんが、筆者自身も含めて、人間は決して万能ではなく、些細な事でも怒りを爆発させ、復讐を企ててしまうことも多々あります。 戦争やテロががいい例だと思いますが、彼らも、決死いて自ら戦いたくてテロや戦争をしているわけではありません。 いろいろ政府に締め付けに遭い、生活が苦しくなっていくことでなんとか自分たちの暮らしを取り戻そうと、革命を起こしていく結果の一つとして、テロや戦争は存在するのです。 もちろんこのようなことを許して良いわけではありませんが、煽られたときも同じように、逆上するか精神的に落ち込んでいくかのいずれかの反応を示します。 では、具体的にどのような反応が見られるのか、その幾つかを見ていきましょう。 頭にカッと血がのぼる 煽られた人たちの反応として、最もわかりやすい反応といえば、頭にカッと血が上り、怒り心頭で冷静さを見失ってしまうという反応だと思います。 『風習からは復讐しか生まれない』という名言があります。 何故このような言葉が名言として残っているかというと、人間は、本能的に自身を護るために、相手が傷つけたり追い詰めたりしてくると怒りの感情を募らせるようになっているのです。 だからこそ、復讐したところで復讐しか生まれないと言われているのです。 このメカニズムは、煽りの場合でも同じことがいえます。 煽っている本人にとっては、それほど、相手を傷つけるような言動を取っていると自覚していなかったとしても、意外とそのことで相手は傷つき深い憤りを感じてしまうものなのです。 それも、普段真面目で曲がったことが大嫌いな誠実タイプほど、その傾向に陥りやすいのです。 最悪殺人事件などが発生するなんてこともあるというのですから、煽りが、如何に人をカッとさせる行動であるのかよくわかりますよね。 どうしても人は怒りの感情をすべて取り払うことはできません。 ある種まともな反応として、煽りに対してカッとしてしまう反応を示してしまうのです。 煽ってきた人に激しく反論する 煽ってくる人の大半は、大抵自分と真逆のことを提示し、怒るように誘ってきます。 当然、その煽りに乗ってしまった人は、激しく『それは違う』と反論してしまうのです。 きっと、みなさんも経験があるかと思います。 大好きなのものを激しく傷つけられ誹謗中傷された時、思わず冷静さを欠いてしまい、激しく反論してしまったことってありませんか? みなさんにとって大事なものであれば、その思いはひとしおだと思いますし、それがアイテムであれ人(ファンと言える芸能人など…)であれ、 誹謗中傷されたら思わず反論したくなったとしても、決しておかしなことではなく、一人の人間として至って自然な反応だと思います。 そして、この反論という反応が大きくなると、ネット上では大炎上となり、一つの大きな騒動に発展してしまう場合もあるのです。 激しく反論することは時に必要なことでもあり、人間にとって至って自然な反応であると思います。 しかし、煽られた人の中には、激しさの度合いが想像以上で、その結果悲しい結末を生む場合もあることを、煽る側も、煽られる側も理解すべきだと思いますよ。 殺意すら覚える かなり物騒な話ですが、怒りの感情がMAXに到達すると人は、憎しみの感情を持ち始め、殺意を感じてしまうようになってしまいます。 先程お話した、反論の感情(反応)が激しすぎると、最悪悲しい結末を生むとお話したのは、まさに、このことを予見した話なのです。 実際に、ニュースになっている事件の中に、同じような事件もしばしば報道されています。 本来ならば、怒ること無く笑顔で接することができたかもしれません。 しかし、一つの煽りという行動が、相手を逆上させてしまう結果となり、殺意を抱かれてしまうのです。 実際に殺害されたとあったら、これほど馬鹿馬鹿しい話はありませんよね。 殺害された方はもちろんのこと、殺害してしまった側も、殺人罪という罪を償わなければならなくなるわけです。 当然罪を償い出所したとしても、偏見の目で見られ、人生露頭をさまよう羽目になりかねませんし、どちら側にとっても悲しい結末であるといえるでしょう。 この様に、煽りを受ける人に酔っては、一つの反応として殺意を覚えることもあるのです。 気にし過ぎて精神を病む 人は、不完全なものですから、必ずと言っていい程、一度や二度のミスは犯してしまいます。 しかし、そのことを激しく突かれ責め立てられてしまうと、多かれ少なかれ気落ちしてしまうこともあるでしょう。 中には、激しく煽られた結果、精神的に落ち込んでしまい、鬱に陥ってしまったという方もいらっしゃるそうです。 煽られた人の反応は、何も逆上刷るものばかりではないのが現状です。 煽りによって、最悪人を死に追い詰めてしまうこともあるので、一つの反応として落ち込んで鬱になってしまうこともあることはしっかり理解しておきましょう。 煽られた時の対処の仕方 基本的に、煽られた時に、逆上して激しく反論したり、煽ってきた人と同じように誹謗中傷刷るような言動を撮ったりするほど、相手の思うつぼで、どんどん深みにハマってしまいますしまいかねません。 では、実際に、煽られた問いにどのような対応を取るのが好ましいのか、その幾つかの対策案をご紹介しておきます。 キレたら負ける 煽りをしている大半の人は、相手を怒らせることを目的として煽りを入れているか、 もしくは自分たちの場を盛り上げたり、快楽を得たいために、全く罪の意識もなく煽りを入れているかのどちらか言っていいほど、その数は実に多いです。 そのため、間違っても反論をしてしまうと、必ずと言っていい程、正当化した言い訳をされてしまいます。 さらに逆上され煽りを入れられたり、さらに怒らせようと誹謗中傷し始め煽られてしまうだけなので、怒るほど相手の思うつぼなのです。 そもそも、原色の国会議員ですら、パフォーマンスのために煽りを入れて相手を怒らせるというとんでもない輩がいるくらいです。 一般人が彼らの真似をして煽りを入れているのもやむを得ないでしょうね。 本来ならば、大人から直していかなければいけない話ですが、それを期待することは皆無に近い話ですね。 今のところ、対策としては、まずキレないことが大前提と言えるでしょうね。 相手は揚げ足を取ろうとしているということを認識する 皆さんは、国会中継を見ていて、これほど無駄なことはないと思ったことはありませんか? 正直、高い税金を払って、こんな無駄な大人の道楽に付き合わされなければいけないのかと。 政治家一人ひとりのやる気の無さに絶句扠せられたことが何度もあります。 大抵は法案を議論することよりも、与党・野党の揚げ足の取り合いをやっている部分だけが目立っているのが現状です。 そのため、まさに幼稚園児の喧嘩を見せられているかのようで、一体この人達は、何のために政治家になったのだろうと、首をかしげたくなります。 ただ、彼らにとっては、何よりも政権を奪うことが絶対と考えているところがあり、どうしても与党を引きずる堕ろすためにあの手この手を使おうと必死なのです。 民主党が解散した時に、安倍晋三現総理大臣が約束した政治家の縮小も全くの嘘でした。 最終的にはほとんど縮小されること無く、未だに数で圧倒させ、国民置き去りの法案を数々通しています。 そして、この暴挙を食い止めようと、言葉の綾を捉えて、無駄に与党を攻め立てているのが、民主党から名前だけが変わった民進党… 本当に彼らを見れば見るほど茶番しか出来ないかわいそうな人達という気がしてなりませんが、実は、これはほんの一例にしか過ぎません。 ネット掲示板などを見ると、まさに重箱の隅をつついた揚げ足取りのオンパレードです。 言い間違いや誤字脱字を捉えて、その投稿者を侮辱し煽りを入れている人は実に多いです。 まぁ、政治家だってやっていることだから別に悪いことをしているわけでも何でも無く、ごく自然のアタリマエのことだと、彼らも捉えているのでしょう。 一番の見本にならなければいけない大人たちが、全くと言っていい程誰ひとりとして見本になれていないのですから。 実に悲しい現実だと思いますが、この揚げ足取りは、残念ながら永遠になくならないものと思います。 彼らによって煽りによる被害者はますます増えていくので、まずそのことを理解し、この人達は揚げ足を取ろうとしていることを確認するようにしましょう。 完全に無視する はっきり言って煽りに対して、無反応(無視)の対応を取ることが、何よりもの対策だと筆者は考えています。 相手は、明らかにあなたを怒らせたり、場を盛り上げさせたりすることを目的として煽ってきているわけですし、一切相手にせずに無視をすれば、何一つ問題は起こりません。 ただ、煽られて冷静に居られるというのも難しいものです。 それがネットであればまだスルーできても、職場の先輩や上司など、無視できない相手だっているわけで、非常に難しい話であることも事実です。 なので、あくまで、相手を見た上で、この人なら無視したとしても問題ないと判断できる人にだけ有効手段として活用することをおすすめします。 わざと論点をずらしていく 特に先輩や上司など、煽ってきた人を無視できない関係にある人への対策として使ってほしいのが、論点をわざとずらしていく作戦です。 煽りを入れてくる人は、無神経で人としても非常に卑劣である可能性が非常に高いです。 あkまで、意見が食い違い議論上で煽ったり煽られたりしているだけならまだしも、相手の怒りを煽って楽しむなんて悪趣味にもほどがありますよね。 間違いなく、そういう人とまともな会話などできるわけがありませんし、だったら、論点をずらしてその場のお茶を濁して逃げるのが得策です。 真っ向から立ち向かったり無視したところで、結局先輩や上司という立場を振りかざします。 人間関係が悪化してしまいろくなことが起きないと思いますし、それだったら適当に流したほうが無難です。 ぜひ、いやあ人の前では、適当に時間が過ぎていくように話の論点をずらし、それ以上煽られないように心がけましょう。 逆に相手の話を楽しむ余裕を持つ 器の大きく精神的にゆとりのある方ほど、煽ってくる相手の言動を見て、その話を楽しむ余裕を見せつけていらっしゃいます。 何度煽っていても、ただ笑われるだけで、思ったような反応を示してくれないとなると、煽る側も労力のムダ使いと考え、煽ることそのものがバカバカしく思えてしまいます。 確かに、煽られるとカッとなってしまいやすく、冷静な判断が取れなくなります。 結果として怒りの感情を露わにしてくることを期待して、相手もも煽っているわけです。 その期待の反応を示してもらえず、逆に笑われるとなると、煽っている自分が恥ずかしいという気持ちになってしまってもおかしくありません。 相手の話を楽しむ余裕があれば、いちいち煽りの振り回されることはありません。 なかなか難しいことではありますが、心のゆとりを少しでも持てるよう心がけておくおとも大切だともいますよ。 幼稚で可哀想な人だと哀れむ 何度もお話しているように、大の大人ですら、人を誹謗中傷し煽ることがいけないことであると理解できずにいる人がたくさんいらっしゃるわけです。 もちろん議論上で結果的に煽りになったというケースは除外して、意図的に煽ることで相手を怒らせて楽しもうという卑劣な考えの持ち主は、その考えを持っている時点で、幼稚で可愛そうな人へと変貌しているわけです。 そのことを徹底的にかわいそうと哀れんであげれば、いちいち怒らずに住むと思います。 無駄な煽りを平気で仕掛けてくる輩など、相手するだけ時間のムダです。 極力相手にすること無く、いちいち苛ついて反応しないようにしましょうね。 煽り過ぎると犯罪になる? ネットなどで、煽って楽しむのは、その人の勝手と言われてしまうかもしれません。 しかし、いずれにしても匿名性を盾にして煽りまくり、人の感情を逆なでさせるなんて、非人道的で、とてもまともな人間のするようなことではなく、卑劣極まりない行動だと思います。 当然、度が過ぎると、いくらグレーゾーンだと言っても、色々法的処分で裁かれることだってあるわけです。 では、その幾つかをご紹介します。 名誉棄損罪 その名の通り、相手の名誉を傷つけたということで被害届が出されると、最悪、名誉毀損罪が適用されます。 法定刑の場合では、金粉3年かもしくは50万円以下の罰金が課せられてしまいます。 あくまで、相手の社会的地位を大きく怪我してしまった場合に適用される刑罰です。 主に使うのは、イメージを重んじるタレントや、批判などから身を護るために訴えることの多い写真週刊誌が大半だと思います。 しかし、それは一つの思い込みであり、一般人であっても大きく社会的地位が下がり、職場にいられなくなるなんてこともあるでしょう。 煽った結果、冷静に名誉毀損罪で訴えられ、その後の人生が真っ暗闇になる何てこ止まるので、くれぐれも相手から訴えられないよう程々にしておきましょう。 侮辱罪 ほとんど名誉毀損罪と同じようなものと考えていいと思います。 基本的に、社会的地位を貶められなくても侮辱された(誹謗中傷を激しく受けた)ことに対して訴えることのできる罪状ですから、その適用範囲は、名誉毀損罪以上にぐっと広がります。 ただし、実際のところ、刑罰としては、ほとんど禁固刑などを受けるケースは無く、最大でも29日間の拘留が関の山ということらしいのです。 まぁ、前科はつくとしても、大した罪として扱われていないのが現状と見て良さそうですね。 とはいえ、近年は、煽りをきっかけに殺人事件へと発展するケースも増えているみたいです。 もしかしたら、近い将来、刑罰が重くなるなんてこともあるかもしれませんし、注意は必要だと思いますよ。 煽りに悩んでいるなら対処法を試してみよう いかがでしたか? 煽りは様々な場面で起きることです。 自分には関係ないと思わずに、煽る人にも、煽りたくなる感情にも注意しましょう。 また、煽りで悩んでいるという人は早めに対処方法を試してみてください。 煽りが大きな事故や事件につながることも少なくありません。 自分の身は自分で守っていかなければなりませんからね。

次の