ヒヒダルマ あくび。 【ダブル】ヒヒダルマ(ガラルのすがた)の育成論と対策【ポケモン剣盾】

ヒヒダルマ(ガラル)育成論 : 狙った獲物は逃がさない!先発あくびヒヒダルマ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヒヒダルマ あくび

技 あくび 分類 へんか タイプ ノーマル PP 10 命中 ー 対象 相手1体 効果 相手をねむけ状態にする。 ねむけ状態のポケモンは、 次のターン終了時にねむり状態になる。 1ターン後の ターン終了時に、相手をねむりにする技です。 相手がすでにねむけ状態だったり、他の状態異常になっている場合は、失敗します。 ねむけ状態は、交代することで解除されます。 ねむり状態についてはこちらで詳しく解説しています。 ダイマックスした場合 あくびをダイマックスして使う場合、 ダイウォールという技になり、相手の攻撃を防ぎます。 逆に、攻撃側のあくびに対して防御側がダイウォールを使えば、あくびを防ぐことができます。 あくびを覚えるポケモン 2020年4月に解禁されている最終進化ポケモンだけでも30匹近くいます。 キョダイスイマ キョダイマックス オーロンゲが、あくタイプの攻撃技を使うと キョダイスイマになります。 他のダイマックス技は相手全体に追加効果がありますが、この技は 使用した対象にしか発動しません。 使い方• 苦手な対面になったとき、 次ターンに確実にねむりになるという圧力をかけることで、相手に交代を促すことができます。 ダイマックスに対しても効果があるため、次のターン、相手がねむりになるにしても交代するにしても、こちらに有利な状況を作ることができます。 ステルスロックを撒いてからあくびを使って相手に交代をさせることで、ダメージを蓄積させる戦術が有名です。 ステルスロックについてはこちらの記事で紹介しています。 みがわり 自分が みがわりを使っていると、あくびを防ぐことができます。 ただし、あくびを受けた後にみがわりをしても、ねむりになるのを防ぐことはできません。 とんぼがえり、ボルトチェンジ これらの技なら、相手にダメージを与えつつ、交代することができます。 バトンタッチ 能力を引き継いで交代する バトンタッチは、 ねむけ状態は引き継がれません。 エレキフィールド、ミストフィールド 場がエレキフィールドのとき、地面にいるポケモンはねむりやねむけ状態になりません。 ミストフィールドの場合は、地面にいるポケモンは状態異常になりません。 ただし、ねむけ状態にはなるため、 次のターンにフィールドが解除されると、ねむり状態になります。 ダイサンダーや ダイフェアリーの追加効果でも、これらのフィールドが発生します。 特性による対策 マジックミラー 相手から受ける 変化技を跳ね返す特性で、あくびを跳ね返すことができます。 この特性を持つポケモン: ネイティオ、 エーフィ、 ブリムオンなど リーフガード 天気が晴れの時、状態異常にならない特性です。 この特性を持つポケモン: リーフィア、 アマージョ スイートベール 自分と味方が、ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。 この特性を持つポケモン: ペロリーム、 アマージョ、 アブリボン、 マホイップ やるき、ふみん ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。 この特性を持つポケモン: バリヤード ガラル 、 デリバード、 ヨルノズク、 パンプジン.

次の

【ポケモン剣盾シングル】【シーズン2】選出誘導脱出コータス展開【最終92位】

ヒヒダルマ あくび

初めまして、あかりぽけといいます! TNあかざあかりで潜っていました。 自身の目標としてた最終2桁順位を達成できたため構築を書き残すことしました。 しかしこのピクシーはに隙を見せやすく何度も悪巧みの起点にされてなかなか勝ち切れない状況が続きました。 相性の良いを探していた時Aえぎすさんが使用していたあくび襷が相性いいのではないかと思い採用しました。 このはいるだけで炎技持ちのの選出を強制しやすく相手の選出が読みやすくなりました。 8世代で初めて使うだったが炎技にさえ気をつければすごく強いだと感じました。 ギャラナットとの相性補完がよく、対面操作ができ環境に多かったにトリックが打て構築単位で重いアーマーガアに強く出れる点で採用。 受け回しもこのに任せています。 環境に多いミミドラパカビに強いステロ巻き。 使ってて本当に強かったです。 物理アタッカーが多くトリックがよく刺さる環境なためすごく使いやすかったです。 キッス、ドリュに隙を見せやすいので気を付けて立ち回りましょう。 中の鬼火力は簡単に受け切れないため初手にこいつに強いが出てきやすく初手が読みやすくなりました。 ヒトムと共にピクシーの苦手なキッスの選出抑制の役割も果たしました。 あくびは読まれにくく単体としても対面性能が非常に高くもっと評価されていい型のダルマだと思いました。 シンプルに強かった。 ミラー意識するなら最速の方がいいです。 珠を持たせたかったがギャラに取られているためラムを持たせたが鬼のように刺さって笑いました。 砂ドリュ初めて使ったけど環境トップにいるだけの強さはありました。 【まとめ】 S1最終173位、S3最終103位と目標であった最終2桁にはギリギリ届きませんでした S2は爆死しました笑 なのでS4にして初めて最終2桁になれたのはとても嬉しいです! この並びを使い始めたのが最終日前日だったため完全には煮詰めれてはいませんがすごく強さを感じました。

次の

【剣盾S2】最高53位 最終69位 あくびヒヒダルマ+カバナットキッス

ヒヒダルマ あくび

どうも、とがみんです。 シーズン2では主に2パターンのパーティを使用しており、この記事では、シーズンが終わる5日前ぐらいまでに使用していたパーティについて紹介します。 このパーティでは、約300戦ほどしており、最高順位はシーズン2序盤での28位、中盤から後半にかけては3桁順位をひたすらうろうろしていました。 環境にごろごろいた、ヒヒダルマやパルシェン等のポケモンにきつく、中盤から後半にかけては2桁順位になかなかあげることができなかったため、強い構築とは言い難いですが、 今後のパーティ構築の参考とするため、このパーティで考えてきたことをまとめ、紹介していきます。 ニンフィア、カバルドン、ギャラドス、シルヴァディ、ドラパルト、ドリュウズ辺りをパーティに組みこもうとしている人の参考になれば幸いです。 パーティのポケモン紹介 物理積みエースシルヴァディ シルヴァディ 電 性格 ようき 特性 ARシステム 持ち物 エレクトロメモリ 努力値 H4 A252 S252 技 マルチアタック 起死回生 燕返し 剣の舞 育成論 ダイマックスを前提とした、全抜き用積み物理アタッカーです。 剣の舞を積み、ダイマックスして、ダイジェットやダイナックルで素早さや攻撃力をあげながら全抜きしていきます。 主に、トゲキッスやギャラドス、アーマーガア、ドヒドイデがいる場合によく選出していました。 それらのポケモンと対面させ、剣の舞を積んで全抜きを狙います。 後出ししてくるドリュウズに対して、突破し、そのまま全抜きと行ったケースが多くありました。 育成論、立ち回りの詳細は以下の記事に記載しています。 命の珠ギャラドス ギャラドス 飛 水 性格 ようき 特性 自信過剰 持ち物 命の珠 努力値 A116 B140 S252 技 たきのぼり とびはねる パワーウィップ 竜の舞 育成論 命の珠ギャラドスは、火力が相当出るため、受けだしを許さず、相当強かったです。 襷エースバーンや襷ネギガナイト、カビゴン等のカウンターで対処されたり、ミミッキュのトリックルームによる切り返しをされたり、ジュラルドンやドラパルトといった、スカーフ電気技持ちポケモンので突破されることがありましたが、 そこさえ気おつけていれば相当強かったです。 育成論、立ち回りの詳細は以下の記事に記載しています。 スカーフ特殊ドラパルト ドラパルト 霊 竜 性格 控えめ 特性 すりぬけ 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 H252 B212 S44 技 シャドーボール 流星群 大文字 10万ボルト 育成論 素早さはスカーフリザードン抜きまで振り、主にスカーフヒヒダルマの上をとって大文字で倒す役割を担っていました。 しかし、3桁順位帯に置いて、ドラパルトの大文字を耐えるぐらいに耐久を振っているヒヒダルマが増えてきたため、返討ちにされる試合も多々ありました。 他にも、意地っ張りパルシェンの殻を破る後の素早さの上をとっており、氷の礫を耐えるため、パルシェンに一撃を入れにいったり、 ギャラドスがダイジェットを一回積んでも上を取れるため、10万ボルトをいれにいったりしました。 その他は、削られた相手を上から一掃しにいくといった感じですが、火力不足感を感じる場面が多かったです。 すなかきドリュウズ ドリュウズ 地 鋼 性格 ようき 特性 すなかき 持ち物 気合の襷 努力値 H4 A252 S252 技 じしん アイアンヘッド ロックブラスト 剣の舞 育成論 ドリュウズは基本的にカバルドンやニンフィアで起点を作った後に、剣の舞を積んで全抜きを狙う型です。 すなかきで最速のため、砂状態ではほとんどのポケモンの上を取れるため、抜き性能は相当高かったです。 ダイスチルや、ダイアースで耐久もあげることができ、結構活躍しました。 ニンフィア ニンフィア 妖 性格 控えめ 特性 フェアリースキン 持ち物 食べ残し 努力値 H190 C252 S68 技 ハイパーボイス マジカルフレイム あくび まもる 育成論 ニンフィアは先発で出すことが多かったです。 相手の初手は、カバルドンに強い特殊ポケモンが選出されることが多いため、それが予測できる場合にニンフィアを初手に出していました。 相手の交代読みであくびをいれたりし、いい感じに対面操作をしたり、そこそこ火力のあるハイパーボイスをいれたりしました。 特にニンフィアでロトムを倒しに行くことを意識した立ち回りをしていました。 カバルドン カバルドン 地 性格 わんぱく 特性 すなおこし 持ち物 ごつごつメット 努力値 H252 B252 S4 技 ボディプレス 岩石封じ かみなりのきば ステルスロック 育成論 3桁順位に乗るまでは、「じしん、あくび、ステルスロック、なまける」で使用していましたが、 3桁順位に乗ってからは、あくび対策されていることが多く、あくびを打つ回数が減っていったため、攻撃技を採用しました。 基本的には、有利対面でのステロを巻き、 カバルドンを起点に積んでくるような相手に対して攻撃技を撃ちます。 ラムのみホルードとの対面ではボディプレス連打、ギャラドスが交代出しでくると読めるタイミングでは、かみなりのキバ、 トゲキッス等その他ポケモンに対しては、岩石封じで素早さを下げに行くといった感じです。 比較的対処に苦労したポケモンと対策・具体的な立ち回り ウオノラゴン 高火力エラがみで押し切ってくるウオノラゴンは、相当きつかったポケモンの一匹です。 基本的には立ち回りで以下のような状況に持ち込み突破しました。 ドラパルトの流星群を当てる。 基本的にドラパルトと相手のウオノラゴンが対面した場合、相手は引いてくるので、序盤は引き先を倒すことを意識し立ち回っていました。 ニンフィアでダイマックスして、ダイフェアリーを打つ。 ダイマックスをすれば、ウオノラゴンのエラがみを耐えるため、耐えた後にダイフェアリーを撃ち倒します。 ギャラドスでダイマックスしダイジェットで倒す。 ウオノラゴンのエラがみは半減のため、ダイマックスし、ダイジェットで押し切ります。 砂下で上から殴る。 すなかきで素早さが2倍になり、ウオノラゴンがスカーフをもっていても上から殴れます。 じしんで一撃で倒せないため、できるだけ襷を残して対面させることを意識します 基本的に上記の方法でウオノラゴンを突破していました。 ヒヒダルマ ヒヒダルマも超高火力で、受け出しできるポケモンがいないので、相当きついポケモンでした。 相手のパーティにヒヒダルマがいた場合、選出はほぼドラパルト、ドリュウズ、カバルドンでした。 カバドリュがキツそうな場合は、ギャラドスを選出しました。 ヒヒダルマはスカーフをもっていることが多いため、基本的にはスカーフドラパルトの大文字で対処していましたが、ドラパルトが大文字を外した場合や、ヒヒダルマがドラパルトの大文字を耐えるまで耐久に努力値を割いていた場合は相当きつかったです。 そういった場合に備えて、すなあらしにできるカバルドンと、すなかきにより、スカーフヒヒダルマの上から殴れるドリュウズを選出していました。 カバドリュがキツそうな場合は、ギャラドスを選出し、ダイジェットで確定で倒せるため、ヒヒダルマ起点にギャラドスで全抜きを狙いました。 このパーティ使用時の成績.

次の