トイプードル ぼん。 【楽天市場】企画 > モデル犬 > ぼんちゃん(トイプードル) > バディベルト:犬服,ドッグウェア DogSkip

トイプードル 人気ブログランキングとブログ検索

トイプードル ぼん

トイプードルのブラッシングの仕方と注意点 ブラッシングは、スリッカーブラシを使用します。 老廃毛を取り除いたり、毛玉を取ったり、毛のもつれをほぐします。 スリッカーブラシには、ピンの硬さによってソフトタイプとハードタイプがあります。 おうちでお手入れされる場合は、ソフトタイプでいいと思います。 ピンが『く』の字になっているのが特徴なのですが、落としたり、長年使ったらピンが曲がってきたりします。 曲がったスリッカーブラシを使うと、ワンちゃんの皮膚を傷つけてしまうことがあるので、曲がってしまたら、新しいスリッカーブラシと交換しましょう。 スリッカーブラシに慣れるまでは、ワンちゃんの体にあてる前に、飼い主さんの腕の皮膚のやわらかい部分で、痛くないか力加減を確認してからおこなってください。 力を入れ過ぎないように注意してください。 皮膚面と平行を保ち毛並みに沿ってとかし逆からもとかします。 背中からセンター分けにし、ブロックごとに分けて行うと進めやすいです。 耳はふちに太い血管があり、傷つくと血が止まりにくいので、とかす部分の裏側を手でそえながら丁寧にとかします。 脇や足の内側などは、犬を横に寝かせてと行うとやりやすくなります。 コーミングはコーム(クシ)を使ってとかしていきます。 コーミングはブラッシングと同様に、コームを使って体の下のほうをとかしていくと、トイプードルの被毛が艶やかに仕上がります。 とてもわかりやすいブラッシング方法でぜひ我が家も参考にしたいです。 うちはシュナなのでトイプーちゃんと同じく抜け毛は少ないです。 スキンシップもかねて楽しみながらお手入れしていますが、気がついたら毛玉ってできていますよね 泣。 わきの下やお腹側、シャンプー後ドライが完全に出来てなかったときはてきめんに増えます。 (飼い主が悪いです。。 )うちはスリッカーブラシと獣毛ブラシの2つを自宅で使っています。 おそらくスリッカーを毛玉に引っ掛けて痛い思いをさせたことがトラウマになっているんだと思いますが、、お腹側は主に獣毛ブラシでのブラッシングになりました。 用途は違うのかもしれませんが、うちの子はお腹側の毛が薄いので毛玉がない限り獣毛ブラシで事足りています。 また、うちの子の好みは完全に獣毛ブラシのようで、ブラッシング中のくつろぎ方がまったく違います。 ブラッシングが苦手なわんちゃんにはぜひ獣毛ブラシもお勧めしたいです。 私の愛犬はトイプードルですが、ちょっとお手入れを怠ると毛玉ができてしまいます。 トイプードルのモコモコふわふわの毛並みを保つには、日々のお手入れは欠かせません!うちの愛犬を毎月トリマーさんの所へ連れて行っているのですが、ブラッシングはとても大切だということを学びました。 記事にも書いてある通り、皮膚の状態を知ることができるし、こまめなブラッシングで皮膚を強くすることもできます。 また、トリマーさんからもブラッシングのコツを教えてもらいました。 トリマーさんの所へ連れて行っている方は、ぜひコツを直接聞いた方が良いですよ!こちらの記事には詳しくブラッシングのやり方が書いてあって、とても良いですね。 参考にさせてもらいますね。 我が家にもトイプードルがいます!頑固な一面もありますが、比較的しつけをしやすいし、とても甘えん坊で可愛いです。 実は毛抜けもとても少ないので、掃除も楽なのですよ!犬を初めて飼うという初心者さんにもピッタリの犬種だと思います。 ただし、一つだけ「毛玉」ができやすいということは言えます。 日々のブラッシングが重要になってくると思います。 トイプードルは毛はあまり抜けないのですが、毛がカールしているためにとても絡みやすいのです。 これを無理やり引っ張ってしまったり、ブチッとちぎってしまうと、皮膚も傷めることになるので気を付けてください。 この記事にもあるように、我が家でもソフトタイプのスリッカーブラシを使用しています。 ブラシの先が細いので、ブラッシングしやすのと、カールした毛の中にも入りやすい仕組みになっているので、便利です!.

次の

『こう見えてもトイプードルです。』ブログ管理人ぼんファミリーさん登場!

トイプードル ぼん

トイプードルのブラッシングの仕方と注意点 ブラッシングは、スリッカーブラシを使用します。 老廃毛を取り除いたり、毛玉を取ったり、毛のもつれをほぐします。 スリッカーブラシには、ピンの硬さによってソフトタイプとハードタイプがあります。 おうちでお手入れされる場合は、ソフトタイプでいいと思います。 ピンが『く』の字になっているのが特徴なのですが、落としたり、長年使ったらピンが曲がってきたりします。 曲がったスリッカーブラシを使うと、ワンちゃんの皮膚を傷つけてしまうことがあるので、曲がってしまたら、新しいスリッカーブラシと交換しましょう。 スリッカーブラシに慣れるまでは、ワンちゃんの体にあてる前に、飼い主さんの腕の皮膚のやわらかい部分で、痛くないか力加減を確認してからおこなってください。 力を入れ過ぎないように注意してください。 皮膚面と平行を保ち毛並みに沿ってとかし逆からもとかします。 背中からセンター分けにし、ブロックごとに分けて行うと進めやすいです。 耳はふちに太い血管があり、傷つくと血が止まりにくいので、とかす部分の裏側を手でそえながら丁寧にとかします。 脇や足の内側などは、犬を横に寝かせてと行うとやりやすくなります。 コーミングはコーム(クシ)を使ってとかしていきます。 コーミングはブラッシングと同様に、コームを使って体の下のほうをとかしていくと、トイプードルの被毛が艶やかに仕上がります。 とてもわかりやすいブラッシング方法でぜひ我が家も参考にしたいです。 うちはシュナなのでトイプーちゃんと同じく抜け毛は少ないです。 スキンシップもかねて楽しみながらお手入れしていますが、気がついたら毛玉ってできていますよね 泣。 わきの下やお腹側、シャンプー後ドライが完全に出来てなかったときはてきめんに増えます。 (飼い主が悪いです。。 )うちはスリッカーブラシと獣毛ブラシの2つを自宅で使っています。 おそらくスリッカーを毛玉に引っ掛けて痛い思いをさせたことがトラウマになっているんだと思いますが、、お腹側は主に獣毛ブラシでのブラッシングになりました。 用途は違うのかもしれませんが、うちの子はお腹側の毛が薄いので毛玉がない限り獣毛ブラシで事足りています。 また、うちの子の好みは完全に獣毛ブラシのようで、ブラッシング中のくつろぎ方がまったく違います。 ブラッシングが苦手なわんちゃんにはぜひ獣毛ブラシもお勧めしたいです。 私の愛犬はトイプードルですが、ちょっとお手入れを怠ると毛玉ができてしまいます。 トイプードルのモコモコふわふわの毛並みを保つには、日々のお手入れは欠かせません!うちの愛犬を毎月トリマーさんの所へ連れて行っているのですが、ブラッシングはとても大切だということを学びました。 記事にも書いてある通り、皮膚の状態を知ることができるし、こまめなブラッシングで皮膚を強くすることもできます。 また、トリマーさんからもブラッシングのコツを教えてもらいました。 トリマーさんの所へ連れて行っている方は、ぜひコツを直接聞いた方が良いですよ!こちらの記事には詳しくブラッシングのやり方が書いてあって、とても良いですね。 参考にさせてもらいますね。 我が家にもトイプードルがいます!頑固な一面もありますが、比較的しつけをしやすいし、とても甘えん坊で可愛いです。 実は毛抜けもとても少ないので、掃除も楽なのですよ!犬を初めて飼うという初心者さんにもピッタリの犬種だと思います。 ただし、一つだけ「毛玉」ができやすいということは言えます。 日々のブラッシングが重要になってくると思います。 トイプードルは毛はあまり抜けないのですが、毛がカールしているためにとても絡みやすいのです。 これを無理やり引っ張ってしまったり、ブチッとちぎってしまうと、皮膚も傷めることになるので気を付けてください。 この記事にもあるように、我が家でもソフトタイプのスリッカーブラシを使用しています。 ブラシの先が細いので、ブラッシングしやすのと、カールした毛の中にも入りやすい仕組みになっているので、便利です!.

次の

トイプードル 人気ブログランキングとブログ検索

トイプードル ぼん

トイプードルのブラッシングの仕方と注意点 ブラッシングは、スリッカーブラシを使用します。 老廃毛を取り除いたり、毛玉を取ったり、毛のもつれをほぐします。 スリッカーブラシには、ピンの硬さによってソフトタイプとハードタイプがあります。 おうちでお手入れされる場合は、ソフトタイプでいいと思います。 ピンが『く』の字になっているのが特徴なのですが、落としたり、長年使ったらピンが曲がってきたりします。 曲がったスリッカーブラシを使うと、ワンちゃんの皮膚を傷つけてしまうことがあるので、曲がってしまたら、新しいスリッカーブラシと交換しましょう。 スリッカーブラシに慣れるまでは、ワンちゃんの体にあてる前に、飼い主さんの腕の皮膚のやわらかい部分で、痛くないか力加減を確認してからおこなってください。 力を入れ過ぎないように注意してください。 皮膚面と平行を保ち毛並みに沿ってとかし逆からもとかします。 背中からセンター分けにし、ブロックごとに分けて行うと進めやすいです。 耳はふちに太い血管があり、傷つくと血が止まりにくいので、とかす部分の裏側を手でそえながら丁寧にとかします。 脇や足の内側などは、犬を横に寝かせてと行うとやりやすくなります。 コーミングはコーム(クシ)を使ってとかしていきます。 コーミングはブラッシングと同様に、コームを使って体の下のほうをとかしていくと、トイプードルの被毛が艶やかに仕上がります。 とてもわかりやすいブラッシング方法でぜひ我が家も参考にしたいです。 うちはシュナなのでトイプーちゃんと同じく抜け毛は少ないです。 スキンシップもかねて楽しみながらお手入れしていますが、気がついたら毛玉ってできていますよね 泣。 わきの下やお腹側、シャンプー後ドライが完全に出来てなかったときはてきめんに増えます。 (飼い主が悪いです。。 )うちはスリッカーブラシと獣毛ブラシの2つを自宅で使っています。 おそらくスリッカーを毛玉に引っ掛けて痛い思いをさせたことがトラウマになっているんだと思いますが、、お腹側は主に獣毛ブラシでのブラッシングになりました。 用途は違うのかもしれませんが、うちの子はお腹側の毛が薄いので毛玉がない限り獣毛ブラシで事足りています。 また、うちの子の好みは完全に獣毛ブラシのようで、ブラッシング中のくつろぎ方がまったく違います。 ブラッシングが苦手なわんちゃんにはぜひ獣毛ブラシもお勧めしたいです。 私の愛犬はトイプードルですが、ちょっとお手入れを怠ると毛玉ができてしまいます。 トイプードルのモコモコふわふわの毛並みを保つには、日々のお手入れは欠かせません!うちの愛犬を毎月トリマーさんの所へ連れて行っているのですが、ブラッシングはとても大切だということを学びました。 記事にも書いてある通り、皮膚の状態を知ることができるし、こまめなブラッシングで皮膚を強くすることもできます。 また、トリマーさんからもブラッシングのコツを教えてもらいました。 トリマーさんの所へ連れて行っている方は、ぜひコツを直接聞いた方が良いですよ!こちらの記事には詳しくブラッシングのやり方が書いてあって、とても良いですね。 参考にさせてもらいますね。 我が家にもトイプードルがいます!頑固な一面もありますが、比較的しつけをしやすいし、とても甘えん坊で可愛いです。 実は毛抜けもとても少ないので、掃除も楽なのですよ!犬を初めて飼うという初心者さんにもピッタリの犬種だと思います。 ただし、一つだけ「毛玉」ができやすいということは言えます。 日々のブラッシングが重要になってくると思います。 トイプードルは毛はあまり抜けないのですが、毛がカールしているためにとても絡みやすいのです。 これを無理やり引っ張ってしまったり、ブチッとちぎってしまうと、皮膚も傷めることになるので気を付けてください。 この記事にもあるように、我が家でもソフトタイプのスリッカーブラシを使用しています。 ブラシの先が細いので、ブラッシングしやすのと、カールした毛の中にも入りやすい仕組みになっているので、便利です!.

次の