アジング シーズン。 アジのルアー釣り(アジング)説明

アジングのベストシーズンはいつなのか?

アジング シーズン

実は一年中楽しめる?アジングの時期は(考えようによっては)通年 アジングを楽しむ時期はいつなのか?よく論ぜられる話ではありますが、そもそもアジは通年釣れる魚であり、考えようによってアジングは、春夏秋冬、通年楽しむことができる釣りなのです。 そのため、そもそもアジングの時期はいつなのか?という論争自体、無な話であり、とにかくアジングを楽しみたいのであれば、時期関係なく、一年中アジを追いかけるのが基本です。 しかし、冒頭でもお話した通り、アジは時期により回遊、居付き場所が異なるため、地域によって釣れる時期、釣れない時期があるのも確かであり、つまりアジングのオンシーズン、オフシーズンがハッキリしていることもあるため、その辺りをハッキリするためにも、春夏秋冬、それぞれのシーズナルパターンについて考えてみたいと思います。 冬の低水温期は一年の中で最も厳しい時期 一年の中で最も気温が下がる時期である冬の季節は、当然ながら海水温も一年の中で最も低い時期となります。 アジの適水温は「16度〜20度」程度であり、水温が10度を下回る冬の季節は、アジにとって最も過酷な時期となるのです。 そのため、アジは「少しでも水温が高い場所」を求め回遊する傾向にあり、例えば沖の深場であったり、温排水絡みの場所へ居着いたり、とにかく水温が高い場所に集まる傾向にあるのです。 また、黒潮の影響を受けるエリアであれば、冬であっても水温が15度以上となっている場所もあるため、冬の季節は黒潮絡みのエリアへ釣行することで、オフシーズンなくアジングを楽しむことが可能です。 このことから、冬の低水温期はアジングのオフシーズンと言え、場所によっては1匹のアジすらいないこともあるため、アジのいる場所を求め場所探しをするか、アジングを楽しむことを諦め、この時期良く釣れるガシラやメバルにターゲットを切り替え、来るアジングシーズンまで懐を温めておくのも1つの手です。 春は産卵前がチャンス! 春の時期はアジの産卵が絡む時期で、この時期は産卵前と産卵中で大きく考え方が異なってきます。 というのも、産卵前は体力増加のための荒食いが一時的に起き、このタイミングであれば、初心者の方であっても、比較的簡単に釣果を残すことが可能です。 また、30cmを超える尺アジ以上のサイズも釣れやすい時期となるため、数型共に狙える良シーズンと言えるでしょう。 しかし、一度産卵が始まると状況は一転し、産卵中はほとんど口を使わなくなってしまいます。 つまり、産卵が始まるとルアーで狙うことが難しくなり、冬の低水温期に次ぐオフシーズンとなってしまうため、春時期にアジングを楽しむときは、産卵を意識した釣行スケジュールを立て、タイミングを合わせた釣行が釣果を伸ばす鍵となります。 夏は所謂「豆アジ」がアベレージサイズ 水温が高くなる夏の時期は、良型サイズのアジは沖の深場を回遊する傾向にあります。 しかし、だからと言ってアジングのオフシーズンという訳ではなく、射程範囲内には〜20cmまでの所謂「豆アジ」が大量に湧いており、豆アジの数釣りを楽しむことが可能です。 場合によっては1回の釣行で100匹以上のアジを釣ることもできるため、敢えて夏の季節に経験を積んでおき、アジングの楽しさを知っておくのも1つの手でしょう。 また、豆アジングは思っている以上に難易度が高いです。 20cm以上のアジが群れている状況下、15cm以下のアジが群れている状況下、同じ条件でアジングを楽しむとなると、サイズの小さな豆アジを釣るほうが、圧倒的に難易度が高くなってしまいます。 豆アジはサイズが小さく、「アタリはあるが乗らない」というケースに陥りやすく、つまり掛けることが難しい釣りとなるのです。 そのため、夏時期の豆アジングはアジングの腕上達のために一役買う時期でもあり、この時期に小さなアタリを掛ける練習をしておくことで、良型アジを釣ることが造作もないことになるため、ある意味の練習期間ということで夏時期にアジングを楽しむことを推奨します。 秋の時期はアジングのハイシーズン! さて、最後に残る「秋」時期ですが、秋の季節は火を見るよりも明らかなレベルで、「アジングのハイシーズン」と言える時期となります。 秋は水温も安定し、沢山のアジが接岸してくる時期となるため、春夏秋冬敢えて時期を限定するのであれば、必ず秋の季節に釣行したほうが良い!と言えるほどは圧倒的にアジが釣れる季節となるため、時間が許す限り、海に立つことをおすすめします。 アベレージサイズの数釣りはもちろんのこと、場所によっては尺アジ、ギガアジなど、良型アジの数釣りも楽しむことができるため、秋時期は紛いもなく、アジングのハイシーズンと言えるのです。 どの時期も、何より「場所選び」がキーポイント アジングは考えようによって通年楽しめる釣りであり、特に秋時期が最もハイシーズンと呼べる釣りではありますが、どの時期であっても、兎にも角にも「場所選び」が最も重要な要素となってきます。 どれだけ水温が安定し、良い時期であっても、アジの姿がどこにも見当たらない場所で釣りをしても、思うような釣果に繋げることはできないでしょう。 そのため、インターネットや釣具店などでアジの釣果を定期的に調べ、また釣り友達同士でネットワークを作り情報交換するなど、アジの動向を探ることがアジングで釣果を伸ばす鍵となるため、1に場所、2に釣行時期と考え、アジングを楽しむためのサイクルを自分の中で作り上げることで、時期問わず通年、アジングを全力で楽しむことができるでしょう。 また、どの時期もアジングの基本は「ジグ単」の釣りとなり、つまりジグヘッド+ピンテール系ワームなどの組み合わせがマストなため、自分の中での一軍ワーム、使うジグヘッドの重さなどを調整し、より釣果に繋げる仕組みを作っておくのが一番です。

次の

2020年初夏の横浜アジング調査で強烈な突っ込みを見せた魚は!?│ACTION

アジング シーズン

2015年の同時期は9. ベイトも乏しいためか、アミパターンで表層スローリトリーブで食ってきました。 この時期にアジングできるのは熱いですが、活性は低くなかなかフッキングには至りません。 を活用して拾っていく感じでしたが、ロッドはソリッドティップでバイトを弾きにくくしたほうが良いです。 しかし、ピンポイントな時合いでアミを捕食していたようで、 に食ってきました。 時合いは日没後30分頃と超ピン。 常夜灯に集まってきたアミを捕食していたんでしょうね。 大潮・満潮前後(潮止まりは除く)・夕マズメが重なると爆釣。 完全にイカナゴを偏食しており、20cmクラスが面白いように釣れました。 ちなみに、イカナゴは高水温に弱く、18度を超えたあたりから夏眠してしまうそうです。 また、時合いとなる条件は微妙にシビアで、潮止まりと夕マズメが重なってしまうと反応は微妙でした。 個人的な感覚では日没後30分程度のローライトな頃合いが一番釣れた気がします。 イカナゴだけでなく、港内へエサを求めて入ってきた群れも多くありました。 アジの活性が高すぎて、ワームを追って海面からジャンプして飛び出す個体も・・・。 参考記事: 4月のアジのメインベイトはイカナゴだったようで、 に非常に好反応でした。 ショートバイトが多いものの、アミパターンのそれとは違い、小魚をいたぶってから捕食するようなバイトでした。 参考記事: 魚食性が高いショートバイトは掛けにくいですが、 にはガッツリジグヘッドをくわえてくれました。 おそらく、ベイトのイカナゴが港に寄らなくなってしまったことが原因の一つにありそうです。 もう一つの原因は、いよいよ産卵期に突入したということでしょうか。 この時期のアジは群れを探し当てるか?がキーになっており、真っ暗闇でも潮通しの良いポイントでは当たれば数釣りができるような状況だったようです。 そんな中で、豆アジが混じるようになってきました。 アジは2ヵ月で6㎝程度にまで成長するので、この時期に釣れるアジはおそらく今春(3~4月?)に産卵されたもの、と考えられます。 逆算すると、4月頃に釣ったアジは産卵絡みだったのかな?というタイミングですが、4月に捌いたアジは抱卵していませんでした。。 いつか、卵をもったアジを釣ってみたいな~と思います。 そうすれば、季節ごとの行動パターンもわかりやすくなるような。 狙って5cm(親指サイズ)の豆アジを釣ったことがあります。 タックルは34の に。 微かなアタリを感じ、軽くアワセ、まったく引かずに上がってきました。 ものすごい集中力を要して小魚を釣る釣りですので、万人にはおススメできません。 11月の漁港アジング 漁港ではプランクトンを捕食しているアジが多いので、1g前後のジグヘッドを使ったオーソドックスなアジングで楽しめます。 この時期にプランクトンを追うアジを狙うには、 をはじめとしたリブ付き小型ワームがおすすめです。 11月のリバー(河川)アジング 河川では小魚(ベイト)を熱心に捕食するアジが多いので、2g~3gのジグヘッドを遠投して高速リトリーブするとガツン!とヒットしてきます。 魚食性の強いアジがメインとなるため、アタリも自動フッキングとなることが多いです。 繊細なアジングと比べ、メッキゲームのような要素が強いですね。 結果が出るのも速いので、個人的には大好きです。 ジグヘッドは 、ワームはリブがハイアピールしてテールがピンピン動く が個人的鉄板セッティングです。 11月の淡路島外洋アジング キャロなどを使って、外洋へ遠投し潮通しの良い場所を探ると狙って尺アジを釣ることができます。 (淡路島では25cmオーバーで十分ビッグサイズではあるのですが・・・) 特に岸寄りに接岸してきやすい朝マズメと夕マズメ、同じ海域にイワシが回っているとヒット率が上がります。 イワシが確認できなくても、サバが回っている海域は結構有望ですね。 釣り方は、11月と同様です。 時には、海面一面のアジの群れを目にすることもあります(詳細は下記記事参照) 参考記事: 水温にもよりますが、年明けまで釣り続けることができます。 2016年12月追記:尺オーバー38cm 淡路島観光ホテルさんで、尺オーバー38cmのアジが上がっています。 4g 12 レベロクアンダーインチ のスプリット仕様 (出展:ゴッドハンドのブログ「」) 淡路島観光ホテルのポテンシャルもさることながら、釣り上げた方の熱意も相当なものだったとお見受けします。 自己新記録より0. 5cm小さかったとのことですが、ゴッドハンドさん、おめでとうございました! 以上、 『【追記あり】淡路島アジング時期(シーズン)別攻略法』でした! こちらの記事もよく読まれています•

次の

【追記あり】淡路島アジング時期(シーズン)別攻略法|淡路島ライフ【釣り・グルメ】

アジング シーズン

アジングのベストシーズンはいつ? 結論から言っちゃいますと、アジングのベストシーズンは、 秋です。 理由は主に2つあるのですが、1つめはアジの 「サイズ」です。 秋に釣れるアジはサイズが大きく、 尺アジも多く混じっています。 サイズが大きければ、その分引きも楽しむことができますし、釣りごたえがあると思いますよ。 2つめの理由としては、釣れるアジの 「数」です。 秋は釣れる アジの数も多く、初心者の方でも簡単に釣り上げることができますよ。 アジのサイズも良くて数も多い秋こそが、まさにアジングのベストシーズンではないでしょうか。 季節別に釣れるアジについて アジングのベストシーズンは秋ですが、その他の春や夏、冬はアジングに向いていないかといえばそうでもありません。 むしろ、季節別の釣れるヒットパターンなどを理解すれば、アジングは年中楽しめる釣りでもありますよ。 それでは四季のアジについて、そして四季別のヒットパターンについてもっと踏み込んでいきましょう。 春は大型のアジが狙える!でも釣れる時間はほんの一瞬 春のアジングは大型のアジが狙いやすいですが、釣れる時間はほんの一瞬です。 春はアジの荒食い期間としても知られ、比較的釣りやすいのは確かなんですが、その荒食い期間が非常に短いんです。 そのため、アジの荒食い期間に運良く当たれば尺近くの大型アジが爆釣するのは夢ではありません。 ですが、なかなか荒食い期間に当たるのは難しく、その日は釣れたけど次の日は全く釣れなくなるなんてことも珍しくないのが春のアジングの特徴なんです。 しかし、アジの群れもさまざまいますから、釣れなかったからといってアジの荒食い期間が終わったと思うのではなく、なるべく通い続けることが大切だと思いますよ。 春はアミパターンが効果的! 春の産卵を控えたアジは小魚はあまり捕食はせず、プランクトンであるアミをエサにします。 そのため、春はプランクトンが集まりやすいポイントが非常に狙い目で、ルアーもアミパターンに効果的なワームがおすすめですよ。 また、アミパターンはワーム自体にアクションはあまりつけず、 プランクトンのように潮の流れで動くアクションを心がけるとより効果的です。 夏は数が狙える!でもサイズは小さい 夏のアジングは数が狙えますが、豆アジサイズのアジが釣れることが多いです。 そのため、サイズは気にせずアジングを楽しむには最適な季節と言えるでしょう。 また、夏は日中にやるというよりも、夜にやる ナイトアジングがおすすめです。 夜は比較的涼しくなり快適に釣りを行うことができますし、もともとアジは夜行性であるため、夏はナイトアジングが有効ですよ。 夏はさまざまなヒットパターンがある! 夏のアジングは甲殻類パターンや、ベイトパターン、アミパターンなどのさまざまなヒットパターンがあります。 しかし、その中でも夏はアミパターンが多いような気がしました。 そのため、 プランクトンが集まりやすいポイントでやるのに向いていると思います。 もっと具体的に言えば、プランクトンは常夜灯などの明かりに集まりやすい習性があるため、明かりなどがあるポイントが狙い目です。 秋はアジングのベストシーズン!絶対に逃せない時期 秋のアジングは、サイズも数も狙うことができ、アジングをやるうえでこの時期は絶対に外せません。 そのため、ワームやジグヘッドも大きめのものを使っても問題なく食いついてきますよ。 秋はいろんなパターンで狙ってみよう! 秋もヒットパターンが多数あるため、アジングの基本のルアーであるワーム、またはプラグやメタルジグといったルアーなどを使っていろいろ試してみましょう。 ワームをメインで使い、なかなか釣れない時にはプラグやメタルジグを使うなどと 状況に応じて使うルアーを変えることが大切だと思います。 冬はアジは釣れない?適水温を見つければ一発逆転も! 冬は気温も水温も下がってしまい、魚全般に活性が落ちてしまう時期でもあり、もちろんアジの活性も落ちてしまいます。 しかし、そんな冬でもアジングはできないこともはなく、しっかりとアジの適水温であるポイントを見つければ釣り上げることはできるでしょう。 具体的に、 アジの適水温とは、約16〜20度と言われています。 そのため、 16〜20度の水温であるポイントを見つけることが冬のアジングで釣果を出すか出さないかの境目になるかと思います。 冬のヒットパターンは手探りで見つけよう! 冬のアジングのヒットパターンは決まったものはありませんが、とにかく冬は水温が低くなってしまうため、ベイトの活性も下がり、ベイトパターンでヒットさせるのが少し難しいと思います。 基本的にはワームとジグヘッドの組み合わせでやり、なかなか当たらなければ他のルアーを試してみましょう。 結論:アジングは年中楽しめる! アジングは基本的には年中楽しめる釣りです。 季節別にアジのパターンを攻略することが年中アジングを楽しむ鍵だと思います。 アジングで使うルアー、時間帯、ポイント、そして季節を上手くマッチさせることが非常に大切です。 ぜひアジングを年中楽しんでみてはいかがでしょうか! それでは良いフィッシングライフを!•

次の